ザ・フィールド

ザ・フィールドの画像・ジャケット写真

ザ・フィールド / デヴォン・グレイ

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ザ・フィールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

全米のホラーファンを虜にした「アフター・ダーク・オリジナルズ」シリーズ第3弾。ドライブ中に事故に巻き込まれた5人の男女。気が付くと仲間のひとりが見当たらない。やがて日没を迎えた頃、謎のクリーチャーの叫び声と共に仲間がまた姿を消し…。

「ザ・フィールド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: HUSK

「ザ・フィールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ペイン〜PAIN〜

レッドファクション 地球防衛軍 VS 火星反乱軍

13の選択

かごの中の瞳

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 12件 / 全12件

かかしホラー笑

投稿日:2018/06/24 レビュアー:トミー

油断してました。
驚かせ方が上手い!動くよ!来るよ!と分かっていながら、突然動く!分かってるんだけどな〜驚いちゃう笑
悲しい家族の過去が引き起こしてしまった事件がこんなことになるなんて
トウモロコシ畑の悲劇ですね。
スピード速くて展開も早いし
こんなホラー見たことないです。キャスト少なく低予算な感じですが良く出来てます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

よく見えないし退屈でした

投稿日:2012/02/17 レビュアー:よふかし

 限定された空間でのB級ホラー映画ということになるのでしょうが、面白いかと言えば、うーん面白くはないです。若者たちのグループが乗った自動車が事故って、ひとりが消えてしまう。どうやら周囲のコーン畑の中の一軒家に行ったらしいというので、追いかけてみると大変なことになるという、プロットは見慣れたもの。アメリカの田舎は恐いという系譜に属します。
 これで殺人者の正体がサイコキラーだとまさに観飽きた感じですが、そうではなかったのが少し意外でした。最初はその正体が分からないのですが、結局そのものずばりの描写はありません。穀物袋を覆面に縫い直すミシンのシーン、ついでに自分の指にクギをうっちゃうあたり。覆面で顔が見えないモンスター(?)がなかなか気持ち悪いところです。一度に一体ずつしか動けないというので、トラックで逃げだした青年を二体が襲撃するシーンがおかしいですね。
 しかし霊によって、いや例によって、コマ切れのカッティング(ボーンシリーズみたいなの)で、何が起こっているのか詳しく分からないのが消化不良です。どうやって殺しているのかも、いまひとつ判然としない。青年たちのひとりがなぜか霊感があって、事件の背景を全部知ってしまうというのも、ちょっと説明過多な演出にしか見えません。それが分かってしまえば特に目をみはるような面白い仕掛けや意外な演出もなく、スタンダードなホラー。よく見えないし退屈でした。10点

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 12件 / 全12件

ザ・フィールド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

かかしホラー笑

投稿日

2018/06/24

レビュアー

トミー

油断してました。
驚かせ方が上手い!動くよ!来るよ!と分かっていながら、突然動く!分かってるんだけどな〜驚いちゃう笑
悲しい家族の過去が引き起こしてしまった事件がこんなことになるなんて
トウモロコシ畑の悲劇ですね。
スピード速くて展開も早いし
こんなホラー見たことないです。キャスト少なく低予算な感じですが良く出来てます。

よく見えないし退屈でした

投稿日

2012/02/17

レビュアー

よふかし

 限定された空間でのB級ホラー映画ということになるのでしょうが、面白いかと言えば、うーん面白くはないです。若者たちのグループが乗った自動車が事故って、ひとりが消えてしまう。どうやら周囲のコーン畑の中の一軒家に行ったらしいというので、追いかけてみると大変なことになるという、プロットは見慣れたもの。アメリカの田舎は恐いという系譜に属します。
 これで殺人者の正体がサイコキラーだとまさに観飽きた感じですが、そうではなかったのが少し意外でした。最初はその正体が分からないのですが、結局そのものずばりの描写はありません。穀物袋を覆面に縫い直すミシンのシーン、ついでに自分の指にクギをうっちゃうあたり。覆面で顔が見えないモンスター(?)がなかなか気持ち悪いところです。一度に一体ずつしか動けないというので、トラックで逃げだした青年を二体が襲撃するシーンがおかしいですね。
 しかし霊によって、いや例によって、コマ切れのカッティング(ボーンシリーズみたいなの)で、何が起こっているのか詳しく分からないのが消化不良です。どうやって殺しているのかも、いまひとつ判然としない。青年たちのひとりがなぜか霊感があって、事件の背景を全部知ってしまうというのも、ちょっと説明過多な演出にしか見えません。それが分かってしまえば特に目をみはるような面白い仕掛けや意外な演出もなく、スタンダードなホラー。よく見えないし退屈でした。10点

11〜 12件 / 全12件