猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の画像・ジャケット写真
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / ジェームズ・フランコ
全体の平均評価点:
(5点満点)

149

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の解説・あらすじ・ストーリー

記番:FXBB50196,FXWC50196,FDR50196の収録内容は同じです。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1chサラウンド
2.日本語5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBB50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
152枚 11人 4人

【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語5.1ch DTS
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
72枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全149件

なんと!DVDとブルーレイの2枚組で借りれましたゾ♪

投稿日:2012/02/28 レビュアー:飛べない魔女

DISCASさんでは人気につき、すぐには借りれそうもないと思い、TSUTAYAさんでレンタルしたら
なんと、なんと、ブルーレイお試し企画ということで、同じ内容が収録されているDVDとブルーレイの2枚組でした!
何ともお得感がありますね〜(笑)
リビングの大きいテレビでブルーレイで鑑賞。3Dみたいで、シーザーが飛び出してきそうでしたよ!(笑)


これは面白かった〜!

スピード感あり、ドキドキ感あり、躍動感あり、105分というコンパクトな尺の中で見事にまとめ上げていますね。
チャールトン・ヘストンの「猿の惑星」の衝撃のラストに繋がるエピソードとしても捉えられますが、どちらかと言えば今までの猿の惑星シリーズとは切り離しで考えるべき作品なのでしょう。
この”創世記”を起点に新たなシリーズが作られていくと考えて良いと思います。
シーザーなどの複数の猿は演じる人がいて、それをCGI処理をするという高度なテクニックで、よりリアルな細かい、そして感情豊かな表情を作り上げています。
心憎い演出としては、劇中に”宇宙船イカルスが消息不明になった”と報じられますが、これこそがまさにチャールトン・ヘストンが乗って猿の惑星にたどりついた宇宙船だということです。

そして映画はちゃんと最後まで観て下さいね。
メインクレジットが流れた後に、ちゃんと次回に繋がる描写を入れてますから。
こうして人類は滅びの道へと突き進むわけです。

あと、ハリーポッターシリーズのマルフォイが出てますが、やはりここでも嫌な奴なんですね(笑)
もう彼にはそういう役どころしかこないのでしょうか?


このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こうして人間は滅びていく、まさに人類への警告かもしれない

投稿日:2012/02/28 レビュアー:飛べない魔女

これは面白かった〜!

スピード感あり、ドキドキ感あり、躍動感あり、105分というコンパクトな尺の中で見事にまとめ上げていますね。
チャールトン・ヘストンの「猿の惑星」の衝撃のラストに繋がるエピソードとしても捉えられますが、どちらかと言えば今までの猿の惑星シリーズとは切り離しで考えるべき作品なのでしょう。
この”創世記”を起点に新たなシリーズが作られていくと考えて良いと思います。
シーザーなどの複数の猿は演じる人がいて、それをCGI処理をするという高度なテクニックで、よりリアルな細かい、そして感情豊かな表情を作り上げています。
心憎い演出としては、劇中に”宇宙船イカルスが消息不明になった”と報じられますが、これこそがまさにチャールトン・ヘストンが乗って猿の惑星にたどりついた宇宙船だということです。

そして映画はちゃんと最後まで観て下さいね。
メインクレジットが流れた後に、ちゃんと次回に繋がる描写を入れてますから。
こうして人類は滅びの道へと突き進むわけです。

あと、ハリーポッターシリーズのマルフォイが出てますが、やはりここでも嫌な奴なんですね(笑)
もう彼にはそういう役どころしかこないのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ミッシング・リンク−或いはクロニクルの一挿話−ネタバレ

投稿日:2011/12/04 レビュアー:さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この作品は最初、あまり期待して観に行ったものではありませんでした。カミさんが観たいというので出かけましたが、意外に面白く拾い物でした。
 ただし、映画自体の評価とは別にシリーズというかクロニクルのどこに位置づけるかについては少し納まりの悪いところがあり、それが人によってプラスマイナスのどちらに天秤が傾くか違うと思います。
 物語は現代(というか近未来?)のアメリカ、製薬会社でアルツハイマーの特効薬を研究しているウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は開発した薬をチンパンジーに投与して実験を重ねていました(この辺り、正常な猿にアルツハイマーの薬を投与して効果をどうやって確認するのかとか疑問なんですが。)。その中で最も知能の発達が見られた雌が突然、狂暴化し、射殺されてしまいます。その雌が死ぬ直前に産んでいた子猿をウィルは自宅に連れ帰り“シーザー”と名付けて育てることになります。
 成長するに連れて次第に知性を表し始めるシーザーを家族同然に愛し始めたウィルですが、彼の父チャールズ(ジョン・リスゴー)にアルツハイマーの兆候が発現し、無断で自分の薬を投与してしまいます。一時は恢復に向かうかと見えたチャールズでしたが、再び病の進行が始まり、そのせいで隣人とトラブルを起こしてしまいます。チャールズが傷つけられると思ったシーザーが隣人を襲ったことからシーザーは霊長類保護施設に送られてしまいます。
 その保護施設を経営しているジョン・ランドン(ブライアン・コックス)とドッジ・ランドン(トム・フェルトン)の親子は力でもって猿たちを管理しており、特に息子のランドンの虐待はひどいものでした。また、他の猿と違い知能を持ったシーザーは猿の中でも浮いた存在となっていました。
 この境遇を抜け出すため、シーザーはある夜、密かに脱走し、ウィルの家から彼の研究していた薬を大量に盗み出し、保護施設中に散布します。保護施設に収容されている猿に知能を与えたシーザーは彼らを統率して人間に対する闘いに臨むことになるのです。
 と、ここまであらすじを書いたところで、オリジナルとの関係について考えると、ちょっと本作は微妙な位置にいることに気がつきます。というのは68年公開の、もう古典と言っていい『猿の惑星』から『続・猿の惑星』『新・猿の惑星』『猿の惑星・征服』そして最終話『最後の猿の惑星』へとつながるオリジナル版は一種の円環構造となっており、それを尊重すると本作の入る余地がないことになってしまいます。
 それが最初に書いた納まりの悪さということです。ただ、本作を時間線の分岐の一つの流れ(パラレル・ワールドですな。)と捉えると、これも「猿の惑星」クロニクルの一つの挿話と見ることもできるのではないかと思うのです。ついSF者の拘りを長々と書いてしまいました。
 話は変わって、今回の映画の出来の良さは、CGの貢献も大きいと思います。それもコンピュータの中だけのものでなく、シーザーに扮した(と言っていいのかどうか)アンディ・サーキスの力演によるところが大きいでしょう。シーザーの瞳の中の知性、哀しみ、怒り、そうした諸々のものを表現できたことと動きの自然さにより観客にCGを意識させずにシーザーに感情移入させ得たことが物語にすんなり入っていけた原因だと思います。
 ただ、映画はオープンエンドになっていますが、今後、続編を作るのであれば、よっぽど覚悟しないと観客をがっかりさせることになると考えます。何故なら本作はラストで猿たちが人間と決別し、自分たちだけのエリアで生きていこうとしますが、これは辛うじて全面的な衝突の寸前で一応の解決を見たという形になっております。
この続編を作るならば必然的に猿と人間との全面対決、そして人間側の敗北という形になっていくでしょう。果たして、そのような描写を観客がどう受け止めるかということです。相当、シナリオを練らない限り、観客の感情移入が難しい映画になってしまうでしょう。
或いは、この作品は本当にクロニクルの一挿話とし、1作だけに留めておいた方がいいのかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

単品としてなら楽しめる

投稿日:2012/05/14 レビュアー:エコエコアザラク

現代のCG技術ってすごいですね。猿の瞳、表情、動きなど違和感ないし、とってもリアル。
知能が発達してしまった故の心情の変化や葛藤、外界への憧れなども伝わってきます。
そして、元祖「猿の惑星」の舞台へと長い時間をかけて変貌していく・・・という
ことになるんですが、元祖世代の私にはしっくりきません。映像の作風が全く違うので
仕方がないと思うけど。っていうかこんな愚かな若者のせいで、人類の英知と文明が崩壊した
のかと考えるとちょっとガッカリ(笑
アルツハイマーの父を治したいからって、未知の新薬を使用しちゃうなんて。人体実験じゃん(笑
可哀想だからと、会社に内緒で子猿を持ち帰ってしまうのも非常識です。医療に関わる開発には
動物実験は不可欠。だからある程度、感情を抑えて冷静に対処しなきゃいけない職業でしょ!!
お前のせいでこーなったのかっっ!! と突っ込んでしまいます(笑
ただ、万人向け娯楽作として楽しむには充分な出来なので、これはこれで良作だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おもしろいはおもしろいネタバレ

投稿日:2012/04/16 レビュアー:ロンリー火真西

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

身体能力は人間より上なわけですから、知能が人間並みかそれ以上ならこうなるんだろうなぁとは思いました
彼らが生物として強いのは個人より種の存続・繁栄を大事にしますから個人を犠牲にして種のための行動をとることですね
人間以外の生き物は自然と調和し、事故・捕食・保身のため以外では他の生き物を殺さないのも、環境を無駄に破壊することなく種を繁栄させていく強みになりますね

なんて真面目に考えるまでもなくSFアクションとしておもしろかったです
CGが良くできてますね

アクション以外に特に見どころがないのが残念でした
ジャケの一人と一頭(シーザー)で泣かしどころでもほしいところでした
シーザーのおかげで出会った人間主人公と女性獣医との関係も薄いですね

それとやっぱりあの「猿の惑星」のラストの衝撃、「実は猿の惑星はどこかほかの星ではなくて、地球だった!」という記憶が鮮明なので衝撃度でもものたりないです

それでどうやって猿が人間に代わって地球を征服するにいたったのかですが、人間の自滅なんでしょうね
はっきり描かれてはいませんがあのシーンを見る限り
ウィルスの感染力は恐ろしい

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全149件

猿の惑星:創世記(ジェネシス)