トランスポーターの画像・ジャケット写真

トランスポーター / ジェイソン・ステイサム

全体の平均評価点:(5点満点)

238

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

ジャンル :

「トランスポーター」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

南仏に暮らすフランクはプロの運び屋。“契約厳守”“名前は聞かない”“依頼品は開けない”という3つのルールの下、高額な報酬と引き換えにワケありの依頼品であろうが正確に目的地まで運ぶ。この日も依頼品である3人の強盗犯を愛車に乗せ、追走する警察を見事に振り切って目的地に送り届けた。そんなフランクにある組織から新たな仕事が入る。いつも通り車のトランクに依頼品のバッグを積み、目的地へと向かう。が、道中でバッグに不審を感じたフランクは、自らのルールを破ってつい開けてしまう。すると、そこには手足を縛られた中国人美女が入っていた…。 JAN:9999203189541

「トランスポーター」 の作品情報

作品情報

製作年:

2002年

原題:

THE TRANSPORTER

「トランスポーター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スー・チーinヴィジブル・シークレット<オリジナル・ノーカット・バージョン>

LOCK,STOCK&TWO SMOKING BARRELS

クローサー

百年恋歌

ユーザーレビュー:238件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全238件

足手まといな小悪魔 ネタバレ

投稿日:2005/06/09 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もっと「運び屋」の仕事ぶりとカーチェイスを見たかったのだが期待はずれ。全然「トランスポーター」じゃなかった。
冒頭、スーツで決めて黒のBMWを手足のように操るフランクが最高にかっこよかっただけに、その後のグダグダぶりがただただ残念だ。
家の襲撃シーンと、警部の飄々とした味はとてもよかった。

「キス・オブ・ザ・ドラゴン」や「WASABI」などを合わせて考えると、リュック・ベッソンはあれかね、タフな男に足手まといな小悪魔をまとわりつかせるのが大好きなのかね。そしてアジア人も多分好きなのだな。力を持つ男のみが、可愛らしい小悪魔に困りつつもヤニ下がることができる、というのはまあひとつの憧憬かも知れないが、だとしたら私タフな男じゃなくてよかったよ。^^;
「クローサー」ではかっこよかったスー・チーも、足手まといな小悪魔にされちゃったらもう魅力半減以下。

監督ルイ・レテリエ、編集ニコラ・トレンバジヴィック、撮影ピエール・モレルによるコメンタリー付。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

妙なこだわりがどこかしらしらユーモラス

投稿日:2010/10/08 レビュアー:はらぺこ

本作の続編がパート3まで出たので、とりあえず第1作目を観てみました。

さすが、主人公の、徹底した完璧主義で仕事をこなす姿はカッコイイですね。

妙なこだわりが、時にどこかしらユーモラスにも映っていてバランスのいい仕上がり。
また、抱えてしまった「お荷物」の彼女もいい具合にペースを乱してくれます。

カーアクションが見所なのはもちろんですが、肉弾戦もなかなか。
身につけているモノや、その辺に有ったモノを利用して繰り出す小技はジャッキーチェンのカンフーアクションを彷彿とさせる感じで、大変小気味よく、中だるみせずに最後まで楽しめる作品でした。

ただ、ストーリー的には昔の刑事ドラマ並みの作り。
なので評価は中の上くらいかな。

とりあえず、続編も観てみようと思いました。

評価 ★★★☆☆

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★出色の娯楽アクション

投稿日:2010/07/27 レビュアー:かづしげ

 90分に詰め込まれたアクションはどれも見応えのあるものばかり。ガンアクションもフィジカルも兵器攻撃からの脱出劇も中々のもの。特に油を使ったフィジカルは目新しかった。そして何と言ってもカーアクションはめちゃかっこよかった。さすがリュック・ベッソンがらみ。
 ジェイソンは元高飛び込みの選手だというから、その肉体も、身体のきれも本物ってことかな。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

痛みが伝わることの大切さ

投稿日:2010/05/04 レビュアー:ぶわつ

 ジェイソン・ステイサムは特別好きでも嫌いでもないんですけど、これはスー・チーが出ているってことで、そのうち観ようと思いながら今になってしまったんですが、なんと2002年の作品ではないですか。
 いつからそのうち観よって思ってたんや(汗)って話やなあ我ながら。
 ま、それはともかくとして、とりあえず、

 “運び屋って設定あんまり意味ないやん!”

という突っ込みは入れておかなければならないでしょうね。

 ホンマ、話のきっかけとして作用しているだけで、ジェイソン・ステイサム演じる主人公はどう見ても“運び屋”ならず“元特殊工作員”。このへん、かなり大雑把といえば大雑把なんですけど、ジェイソン・ステイサムが思いのほかいい動きを見せてくれるので、最後まで飽きることなく、けっこう面白く観ることができました。
 いやそれにしても、こういう映画を観ると、アクション映画って人間が動いてなんぼやなあと思わずにいられません。手間暇かけて作ったCGアクション映像より、油で滑ってコンクリートの床に叩きつけられる描写の方が、どれだけ観ている側に「痛み」が伝わってくることでしょう。
 スー・チーも期待通り、可愛かったし(ん?誰がカエル顔やって??)、これはもっと早く観ておくべきでした。
 ただ、ラストのスー・チー演じるヒロインが父親にしてしまうことには、かなり大きな?マークが点灯しましたけど。あれはちょっと解せません。もうちょっと考えろよベッソン。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

純然たるアクションもの。爽快。

投稿日:2010/04/17 レビュアー:蒼生


冒頭の仕事で、クールっぷり全開。
こういう冷たーくルールの話をする男、
嫌いじゃなかったりするんだなぁ。
きっと変わってるんだろうな、私。

なんて喜んでたら、それほどクールでもない。
両手が自由ならロープなんてほどいて逃げるに決まってるじゃん。
あり得ないくらい鈍足の私でもそうする。
まーその後、速効捕まえてアクションも見せてくれたのでいいですけど。

最強の運び屋かあ。赤屍蔵人さん連想しちまうなー。
あっちがパクってんだろうけど。
それにあの人とはサイキョウ(あっちは最恐)
の運び屋という以外に共通点ないけど。
また、一部の人にしかわからないことをクドクド書いてしまって
申し訳ありません。

カッコいいと思ったし、観ていて気持ちよかったけど
女が絡んでたのが不満。何か邪魔くさい。
でも、終盤よい働きをしてくれたのでやっぱりいてよかった
のかな。この女いなけりゃ事件に関わってなかったわけだし。

とにかく、強さが気持ちいい男です。
スッキリ楽しめる作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全238件

トランスポーター

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:238件

足手まといな小悪魔

投稿日

2005/06/09

レビュアー

iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もっと「運び屋」の仕事ぶりとカーチェイスを見たかったのだが期待はずれ。全然「トランスポーター」じゃなかった。
冒頭、スーツで決めて黒のBMWを手足のように操るフランクが最高にかっこよかっただけに、その後のグダグダぶりがただただ残念だ。
家の襲撃シーンと、警部の飄々とした味はとてもよかった。

「キス・オブ・ザ・ドラゴン」や「WASABI」などを合わせて考えると、リュック・ベッソンはあれかね、タフな男に足手まといな小悪魔をまとわりつかせるのが大好きなのかね。そしてアジア人も多分好きなのだな。力を持つ男のみが、可愛らしい小悪魔に困りつつもヤニ下がることができる、というのはまあひとつの憧憬かも知れないが、だとしたら私タフな男じゃなくてよかったよ。^^;
「クローサー」ではかっこよかったスー・チーも、足手まといな小悪魔にされちゃったらもう魅力半減以下。

監督ルイ・レテリエ、編集ニコラ・トレンバジヴィック、撮影ピエール・モレルによるコメンタリー付。

妙なこだわりがどこかしらしらユーモラス

投稿日

2010/10/08

レビュアー

はらぺこ

本作の続編がパート3まで出たので、とりあえず第1作目を観てみました。

さすが、主人公の、徹底した完璧主義で仕事をこなす姿はカッコイイですね。

妙なこだわりが、時にどこかしらユーモラスにも映っていてバランスのいい仕上がり。
また、抱えてしまった「お荷物」の彼女もいい具合にペースを乱してくれます。

カーアクションが見所なのはもちろんですが、肉弾戦もなかなか。
身につけているモノや、その辺に有ったモノを利用して繰り出す小技はジャッキーチェンのカンフーアクションを彷彿とさせる感じで、大変小気味よく、中だるみせずに最後まで楽しめる作品でした。

ただ、ストーリー的には昔の刑事ドラマ並みの作り。
なので評価は中の上くらいかな。

とりあえず、続編も観てみようと思いました。

評価 ★★★☆☆

★★★出色の娯楽アクション

投稿日

2010/07/27

レビュアー

かづしげ

 90分に詰め込まれたアクションはどれも見応えのあるものばかり。ガンアクションもフィジカルも兵器攻撃からの脱出劇も中々のもの。特に油を使ったフィジカルは目新しかった。そして何と言ってもカーアクションはめちゃかっこよかった。さすがリュック・ベッソンがらみ。
 ジェイソンは元高飛び込みの選手だというから、その肉体も、身体のきれも本物ってことかな。

痛みが伝わることの大切さ

投稿日

2010/05/04

レビュアー

ぶわつ

 ジェイソン・ステイサムは特別好きでも嫌いでもないんですけど、これはスー・チーが出ているってことで、そのうち観ようと思いながら今になってしまったんですが、なんと2002年の作品ではないですか。
 いつからそのうち観よって思ってたんや(汗)って話やなあ我ながら。
 ま、それはともかくとして、とりあえず、

 “運び屋って設定あんまり意味ないやん!”

という突っ込みは入れておかなければならないでしょうね。

 ホンマ、話のきっかけとして作用しているだけで、ジェイソン・ステイサム演じる主人公はどう見ても“運び屋”ならず“元特殊工作員”。このへん、かなり大雑把といえば大雑把なんですけど、ジェイソン・ステイサムが思いのほかいい動きを見せてくれるので、最後まで飽きることなく、けっこう面白く観ることができました。
 いやそれにしても、こういう映画を観ると、アクション映画って人間が動いてなんぼやなあと思わずにいられません。手間暇かけて作ったCGアクション映像より、油で滑ってコンクリートの床に叩きつけられる描写の方が、どれだけ観ている側に「痛み」が伝わってくることでしょう。
 スー・チーも期待通り、可愛かったし(ん?誰がカエル顔やって??)、これはもっと早く観ておくべきでした。
 ただ、ラストのスー・チー演じるヒロインが父親にしてしまうことには、かなり大きな?マークが点灯しましたけど。あれはちょっと解せません。もうちょっと考えろよベッソン。

純然たるアクションもの。爽快。

投稿日

2010/04/17

レビュアー

蒼生


冒頭の仕事で、クールっぷり全開。
こういう冷たーくルールの話をする男、
嫌いじゃなかったりするんだなぁ。
きっと変わってるんだろうな、私。

なんて喜んでたら、それほどクールでもない。
両手が自由ならロープなんてほどいて逃げるに決まってるじゃん。
あり得ないくらい鈍足の私でもそうする。
まーその後、速効捕まえてアクションも見せてくれたのでいいですけど。

最強の運び屋かあ。赤屍蔵人さん連想しちまうなー。
あっちがパクってんだろうけど。
それにあの人とはサイキョウ(あっちは最恐)
の運び屋という以外に共通点ないけど。
また、一部の人にしかわからないことをクドクド書いてしまって
申し訳ありません。

カッコいいと思ったし、観ていて気持ちよかったけど
女が絡んでたのが不満。何か邪魔くさい。
でも、終盤よい働きをしてくれたのでやっぱりいてよかった
のかな。この女いなけりゃ事件に関わってなかったわけだし。

とにかく、強さが気持ちいい男です。
スッキリ楽しめる作品だと思います。

11〜 15件 / 全238件

同シリーズ作品を借りる