プラトーンの画像・ジャケット写真

プラトーン / トム・ベレンジャー

全体の平均評価点:(5点満点)

101

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「プラトーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

実体験を基に描かれた、O・ストーン監督によるベトナム映画。クリス・テイラーがベトナムにやって来たのは1967年。大学を中退してまでベトナムに志願したのは、次々と徴兵されてゆく彼と同年代の若者たちのほとんどが、少数民族や貧しい者たちだった事に対する義憤からであった。だが、いきなり最前線の戦闘小隊に配属されたテイラーにとって、戦争の現実は彼の想像をはるかに超えた過酷なものだった……。

「プラトーン」 の作品情報

作品情報

製作年:

1986年

製作国:

アメリカ

原題:

PLATOON

受賞記録:

1986年 アカデミー賞 作品賞
1987年 ベルリン国際映画祭 監督賞
1986年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)

「プラトーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハスラー 2

ブレイキング・ポイント

レイクサイド

ノー・エスケイプ

ユーザーレビュー:101件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全101件

・・・・・

投稿日:2010/12/06 レビュアー:エロエロ大魔神

バーンズがまさか・・・・
撃つとは・・・・
自分の罪を消すため?
しかしながら、新任の中隊長、あんたまでやけになって・・・・

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

子供の時と、今では感想が違う映画

投稿日:2010/05/23 レビュアー:Kavi

これを初めて観たのは、もう24年前!
でかくて歪んだ口に、太目の唇をしたウィレム・デフォーに、釘付けになった。
そのW・デフォーとT・べレンジャーのイザコザ。
そして、ジャケットにもあるデフォーの最後。
私にとって、はじめて鑑賞した戦争映画だったから、
とても衝撃を受けたのを覚えてる。
とても幼かったから、単純に戦争が怖かった。

でも、いろいろな視点を持ち始めた、今見るとどうなのかな?
反戦映画といは言え、“戦場で死んでいった若者達は〜系”だから、
“被害者=アメリカ兵”としか描いていない。

戦争経験者の監督だから、仕方ないのか?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

。・・・・

投稿日:2010/02/09 レビュアー:エロエロ大魔神

なつかしい〜エリアスを置いてきぼりにして死ぬシーンは忘れられない!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカ人の戦争体験 ネタバレ

投稿日:2008/09/14 レビュアー:マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦争映画をリアルに描けば描くほど、自国の兵隊が醜くなっていくことに気づいていたのだろうか。
この映画は「戦死者」に捧げられたというが、そこには、ベトナム人も含まれるのだろうか。

アメリカは、他国のジャングルという全く慣れない場所で戦闘行為を行って勝つと本気で思っていたのだろうか。なぜベトナムへ行って人を殺すのかがわかっていた兵士はいったい何人いたのだろうか。

私は、アメリカ人がベトナムで戦争する姿を観てもなんの同情も湧かない。なのでクリスに対しても感動しない。

ただ、ベトナムの小さな農民の部落が焼き打ちされるところは哀しくて見ていられなかった。レイプされる子供も観ていられなかった。民間人を殺す部分があるから、ベトナム戦争に批判的、アメリカ人の内輪もめによって殺し合いがあったのを描いたから批判的、麻薬におぼれるシーンがあるから批判的、戦争したくなくなるような映画だから批判的。でも、それらは戦争映画を作るにあたって当然あるべきシーンばかりではないか。

リアルな映像は危険と隣り合わせ。ぞくぞくしながら観ている人もいよう。放り出しっぱなしのリアルさは、暴力に加担するような気がするので、この映画は良く出来ていると同時に非常に危ない誤解を産む映画のような気がする。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

怖くて哀しいです。 ネタバレ

投稿日:2007/11/09 レビュアー:ももち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

高校の時に歴史でベトナム戦争を習っているときに、視聴覚室で見ました。

戦争が悲惨と言う事は知ってます。
この作品、戦争がただ単に敵国同士の戦いだけではないという事を教えてくれました。

仲間同士のいがみ合い。。。
ちょっとした意見や考え方の違いが『殺したいほどの憎悪』に変わる。
ジャケットの画像は、一番やりきれないシーンです。
エリアス軍曹の最後には言葉が出ませんでした。

戦争自体が間違っている中で、その中にいる兵士たちの行いは、何が正しくて、何が間違っているんだろう。
その場に実際にいたとしたら、何を基準に判断したらいいんだろう。

クリスのした事も本来ならば許されない。
でも、その場面も切なくてやりきれない。。。

原作本まで買って、いろいろ資料を調べたりしてベトナム戦争を理解しようとさせてくれた作品です。
ちょっと捻くれた高校生のわたしでもかなり衝撃的な作品でした。

きついシーンもありますが、見る価値はあります。

わたしはこの作品でウィレム・デフォーのファンになりました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全101件

プラトーン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:101件

・・・・・

投稿日

2010/12/06

レビュアー

エロエロ大魔神

バーンズがまさか・・・・
撃つとは・・・・
自分の罪を消すため?
しかしながら、新任の中隊長、あんたまでやけになって・・・・

子供の時と、今では感想が違う映画

投稿日

2010/05/23

レビュアー

Kavi

これを初めて観たのは、もう24年前!
でかくて歪んだ口に、太目の唇をしたウィレム・デフォーに、釘付けになった。
そのW・デフォーとT・べレンジャーのイザコザ。
そして、ジャケットにもあるデフォーの最後。
私にとって、はじめて鑑賞した戦争映画だったから、
とても衝撃を受けたのを覚えてる。
とても幼かったから、単純に戦争が怖かった。

でも、いろいろな視点を持ち始めた、今見るとどうなのかな?
反戦映画といは言え、“戦場で死んでいった若者達は〜系”だから、
“被害者=アメリカ兵”としか描いていない。

戦争経験者の監督だから、仕方ないのか?

。・・・・

投稿日

2010/02/09

レビュアー

エロエロ大魔神

なつかしい〜エリアスを置いてきぼりにして死ぬシーンは忘れられない!

アメリカ人の戦争体験

投稿日

2008/09/14

レビュアー

マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦争映画をリアルに描けば描くほど、自国の兵隊が醜くなっていくことに気づいていたのだろうか。
この映画は「戦死者」に捧げられたというが、そこには、ベトナム人も含まれるのだろうか。

アメリカは、他国のジャングルという全く慣れない場所で戦闘行為を行って勝つと本気で思っていたのだろうか。なぜベトナムへ行って人を殺すのかがわかっていた兵士はいったい何人いたのだろうか。

私は、アメリカ人がベトナムで戦争する姿を観てもなんの同情も湧かない。なのでクリスに対しても感動しない。

ただ、ベトナムの小さな農民の部落が焼き打ちされるところは哀しくて見ていられなかった。レイプされる子供も観ていられなかった。民間人を殺す部分があるから、ベトナム戦争に批判的、アメリカ人の内輪もめによって殺し合いがあったのを描いたから批判的、麻薬におぼれるシーンがあるから批判的、戦争したくなくなるような映画だから批判的。でも、それらは戦争映画を作るにあたって当然あるべきシーンばかりではないか。

リアルな映像は危険と隣り合わせ。ぞくぞくしながら観ている人もいよう。放り出しっぱなしのリアルさは、暴力に加担するような気がするので、この映画は良く出来ていると同時に非常に危ない誤解を産む映画のような気がする。

怖くて哀しいです。

投稿日

2007/11/09

レビュアー

ももち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

高校の時に歴史でベトナム戦争を習っているときに、視聴覚室で見ました。

戦争が悲惨と言う事は知ってます。
この作品、戦争がただ単に敵国同士の戦いだけではないという事を教えてくれました。

仲間同士のいがみ合い。。。
ちょっとした意見や考え方の違いが『殺したいほどの憎悪』に変わる。
ジャケットの画像は、一番やりきれないシーンです。
エリアス軍曹の最後には言葉が出ませんでした。

戦争自体が間違っている中で、その中にいる兵士たちの行いは、何が正しくて、何が間違っているんだろう。
その場に実際にいたとしたら、何を基準に判断したらいいんだろう。

クリスのした事も本来ならば許されない。
でも、その場面も切なくてやりきれない。。。

原作本まで買って、いろいろ資料を調べたりしてベトナム戦争を理解しようとさせてくれた作品です。
ちょっと捻くれた高校生のわたしでもかなり衝撃的な作品でした。

きついシーンもありますが、見る価値はあります。

わたしはこの作品でウィレム・デフォーのファンになりました。

11〜 15件 / 全101件