バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャーの画像・ジャケット写真
バック・トゥ・ザ・フューチャー / マイケル・J.フォックス
全体の平均評価点:
(5点満点)

132

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 映画賞受賞作品
  • シリーズ
ジャンル:

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

友人の科学者ドクの作ったタイムマシン・デロリアンに誤って乗り込んだ高校生マーティが30年前の世界へ。その世界でのドクの協力を得て元の世界へ帰る方法を見つけたマーティだったが、彼には少女の頃の母親に惚れられたために変わりつつある歴史の修復作業が残っていた。 JAN:9999203045370

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 の作品情報

製作年: 1985年
原題: BACK TO THE FUTURE
受賞記録: 1985年 アカデミー賞 音響効果編集賞

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バック・トゥ・ザ・フューチャーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日本語・英語 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル4.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30742 2003年11月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
85枚 3人 6人

【Blu-ray】バック・トゥ・ザ・フューチャー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1141R 2011年07月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 2人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:132件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全132件

思い出の一本ネタバレ

投稿日:2007/07/12 レビュアー:のむ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ふと、思い出したので思い出レビューです。

20年ちょい昔の映画だそうで、
一番最初にみたのは小学校、高学年だとおもう。
我が家に初めてビデオデッキが登場して、VHSのレンタルビデオで父親が選んで借りてきてくれた、その中の一本

タイムパラドックス物なわけですが、当時ドラえもんでパラドックスの知識は得ていたので、話は十分理解できた。またアメリカの高校生ってこんなんなんだと異世界を覗いたように覚えている。そしてデロリアンのタイムスリップシーンに心底感激したものです。
たしか必要電力は1.21ジゴワット。そこまで覚えている。

翌日、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」なる映画が面白いぞ!
と学校のクラスで触れ回り、しばらくのあいだクラスのブームになったのを覚えています。

なんだか、うれしかったなぁ。

つい数年前、東京、世田谷、多摩堤通りでデロリアンが走ってきたことがあり、心底感激し、熱い思いになりました。
後姿をみて、ジューサーがついてないからパート1使用だとも思ったりして・・・。

小さい頃の思い出って覚えてるものですね。
子供が大きくなったら一緒にまた観たい作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今の時代の日本なら

投稿日:2005/02/09 レビュアー:ベイトン

公開されたのが1985年のアメリカ。当時は今より20歳若かった(当たり前)ので、30年前の過去にトリップすると言ってもピンと来なかった。何せ1955年は生まれる前のことですから。

もし、今、この映画と同じシチュエーションになったら・・・。2005年から1975年にトリップして、その世界では、郷ひろみや山口百恵の歌が流れ、プロ野球では長嶋巨人が最下位に低迷(本当です)、なんて世界が出現!!。想像しただけで懐かしくてワクワクしてしまいそうな、きっとそんな映画です、当時中年のアメリカ人にとっては。勿論、当時若かった日本人もワクワクしながら見たけど。

ついでに、シリーズ2作目見たら、もう一度1作目見直してみるのも楽しいかも。2作目に出てきたマーティーが1作目にも間違って映ってないか探しながら(でも当然映っていませんでした)。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★ 完璧なデートムービー

投稿日:2012/12/14 レビュアー:ガラリーナ

<SFファンの息子と巡るSF名作の旅 その5>
(Blu-rayにて鑑賞)

はああ。息子よ、一緒に見たのが、母ちゃんでスマン。
これはガールフレンドと一緒に見るべき映画だったね。
こんなに完璧な人畜無害のデートムービーって、ないんじゃないでしょうか。
昨今のアメリカ発デートムービーと言えば「トワイライト」とかになるんでしょうかねえ。でも話が暗いし。
いじめはあるけど、誰も死なないし、憎悪も裏切りもない。
明るくて、元気で、のん気なところが全てプラスになった、かの時代を象徴する作品じゃないでしょうか。
今見てもマイケル・J・フォックスはこの映画で何歳の役を当時何歳で演じているのか、よくわからない。
永遠の少年のようです。
影の立役者は父親を演じるクリスピン・グローバー。
冴えないオヤジとタイムスリップした時代のいじめられっ子をうまく演じ分けています。
悪ガキどもにいじめられる情けない感じがかなり笑える。

今回、Blu-rayで見ましたが当時のアメリカの家庭の食卓やリビングのカラフルさが目を引きます。
80年代のアメリカファッションのビビッドな色合いも楽しい。
それが、タイムスリップして1955年になると、色合いはさらにカラフルに。
80年代のアメリカンカルチャーと50年代のアメリカンカルチャーを見比べるのもなかなか面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最高楽しいエンターテインメントっ!

投稿日:2010/07/25 レビュアー:TOMY

も〜、大好き、だいすきっ!
たま〜に観たくなります。
元気になります。
マイケル・J・フォックスの声が聴きたくて、借りてみました。
うちに来たのは字幕が無くて残念だったけど。(結局吹き替えと合わせて2回観た。)

まだ色んな映画を観る前、若〜いときに観ました。
そりゃもう、おもしろくてビックリしました。
始まりから終わりまで、ず〜〜っと、ず〜〜〜っと、文化祭みたいに楽しいんです。
このおもしろさはやっぱり脚本がすごくいいからなんでしょう。
ラストに文字で出る「つづく」は、実はマーティの人生は続く…という意味で、当初は続編を創る気はなかったという。
マイケル自身もラストを観て、「続編あるんだな」と思ったのだそうだ。

マーティに恋をしました。
そんな人がいっぱいいたから、とある映画雑誌で長年人気No.1だったジャッキー・チェンを追い越し、マイケル・J・フォックスが1位になったんですよね。
当時24歳だったマイケルが、17歳の役にまったく違和感なくて、女子友達のなかでも大人気でした。

ちょっとだけデキの悪い高校生のマーティが、親友の科学者ドクの創ったタイムマシンで、何とか災難を避けるために起こした行動で30年前へタイムスリップしてしまう。
その頃、両親はまだ高校生。
二人の出会いを邪魔してしまったマーティは、将来(自分の居る世界)に大きな影響を及ぼすことがわかり、何とか仲をとりもつように仕向けるが、元の世界に戻るためにも、マーティの存在自体にも、時間制限があった。

ドクも大好き。
将来、マッドサイエンティストになりたい、と思ったときもあったなぁ。
(一切努力はせずに、すぐに忘れましたが…)
大オーケストラのテーマソングも、ヒューイ・ルイスも、チャック・ベリーも、どれも耳にしただけでワクワクどきどきしちゃいます。
大興奮だったあの頃。
観てるあいだ、いや、もう、鼻の穴、おっぴろがったまんまでしたもん。

小難しいことを一切考えずに、心の全部を使って楽しめた頃に出会った映画。
なんだかエラそーなこと、なんも言えない。
今でも十分、最高に楽しいっ!
その後に豪華な映画をいっぱい観たけど、スピルバーグ全盛期(と勝手に思っている)の作品は、やっぱりイイです。
久しぶりに観て、続編も観たくなっちゃいました。

マイケル・J・フォックス、がんばれっ!!!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画の面白い要素が全て詰まった作品

投稿日:2008/04/16 レビュアー:カイジュウ

SFアクション、タイムトラベル物の大傑作。いや、そういったジャンルの枠を超え、とにかく大傑作な作品。今観ても全く色褪せない。

序盤から布石を打って必ず後で活きてくる構成、宇宙ゾンビ等のギャグの部分の面白さ、対ビフの痛快アクション、いつどこで聞いても名シーンが甦る最高の音楽、スケボーシーン、時計塔のシーン、ダンスパーティーのシーン、挙げればきりが無いほどの素晴らしいシーンの数々。
主役マイケルJフォックスは見事なまでのはまり役でしょう。

1985年、今から20年以上も前の映画?信じられませんね。

映画の面白い要素が全て詰まった作品、大げさですが出会えたことが幸せに思えるほどです。映画ファンなら、いやいや、人として必見ですw

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全132件

バック・トゥ・ザ・フューチャー