バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2の画像・ジャケット写真
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2 / マイケル・J.フォックス
全体の平均評価点:
(5点満点)

60

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • シリーズ
ジャンル:

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2」 の解説・あらすじ・ストーリー

未来に行ったマーティが賭けのネタ本として目をつけたスポーツ年鑑が宿敵ビフの手に渡り、彼は過去の自分にその本を手渡す。そのために大きく変化した1985年の世界を救うため、マーティは再び1955年へ。第1作で完結していたにもかかわらず制作された続編。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: アメリカ
原題: BACK TO THE FUTURE PART II

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 英語 韓国語 中国語 タイ インドネシア 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル4.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD33997 2003年11月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
77枚 3人 2人

【Blu-ray】バック・トゥ・ザ・フューチャー 2(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:DTS/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1142 2011年07月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 2人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:60件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全60件

テーマが欠如した駄作ネタバレ

投稿日:2010/09/28 レビュアー:みなさん(退会)

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第1作目はチャレンジ精神を讃える作品だった。(と思う) 少なくともそういうテーマだった。けれど、本作品はどうだ? ――何もない。ただ場つなぎのドタバタがあるだけ。まるで『PART3』に話しを繋げるための辻褄合わせようだ。
思うに、製作サイドは、3作目の“西部劇”を撮りたかっただけではないのか、という気がする。それほど完成度が低い作品だった。

本作品では未来の世界が描かれる。しかし、そのイメージは、公開当時からチープだった。それが意図されたものかどうか分からないが、一気に物語世界をダメにしたのは確かだ。
おそらく1955年の人たちが思い描いた未来世界のイメージに近づけたのだと思う。サイケで突飛で安っぽい。しかし、1985年までの30年の間に人々の知識は豊かになり、科学と産業の進歩は方向を変えざるを得なかった。
そして20年が経過した現在、安心と安全とエコが中心。“空飛ぶ車”は実現しなかったが、ハイブリッドカーを生み出したわけだ。これは、決して進歩のスピードが鈍化したわけではない。世知辛くてリアルな現実に応えられる体力が、科学や産業の世界に培われた、ということである。心の豊さをたてにとり、空想や夢想を美化する人たちもいるが、現実的な対応で進歩を支える人たちの英知を、私は尊いと思う。

話を映画に戻そう。本作品は、特殊メイクの出来映えも酷く、リー・トンプソンの数少ない出演シーンを台無しにしていた。マイケル・J・フォックスの4役も下らなくてガッカリしたことを、いまも覚えている。封切り館に足を運んだファンの多くは、そんなことは気にしていないようだったが、一部の映画ファンは「スピルバーグもゼメキスも卑しい」と囁き合った。
実際、前作のフィルムの使い回しも多く、同じ場面を違う視点で描いただけで「また入場料を取るなんて詐欺だ!」ということである。まるで舞台裏を覗き見るような案配で、事実上ストーリーが進展しないことも苛立ちの要因の一つである。

そう、本作品は何となくイライラさせられる仕上がりなのだ。脚本も整理されていなければ、演出も不在、独り善がりなデザインも好きになれない。そう言えば、特撮もアラが目立つな。カメラもアップが減って情緒的な描写から説明的な描写が増えた。身内のジョークが散見できるし、“繰り返す”出来事すらセルフパロディに思えてしまう。(怖ず怖ずとした『激突!』のパロディシーンもイヤだけど) どうも、スッキリしない。

本当は観なくても『PART3』を楽しめるのだけど、本作品のエンディングから『PART3』は始まるからそういうわけにもいかないか。まぁ頑張って観ましょう。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

未来を堪能しました。

投稿日:2009/04/09 レビュアー:アマギン

これだけ練りに練られた娯楽作品なかなかないです。
前作の素晴らしさが再確認でき、続編への期待が大きく高まる作品でした。

初回は小学生で鑑賞しているので、未来という世界観にまず恋焦がれます。
車は飛んでるわ、靴もジャンパーもオートマチックだわ、音声認識やら超インスタント食品やら・・・当時、ガキが夢見て描く世界やカッチョイイ乗り物らがそこにあるのです。

小学生の時点で好きな車にあげていたのが、

・ナイトライダーのトランザム
・機動刑事ジバンのレゾン
・バットマンのバットモービル
・西武刑事のフェアレディやスカイライン

そして、そこに肩を並べていたのがデロリアンでございます!

そしてそれがお洒落にもタイヤをたたんで飛んでいるではありませんか!よだれものです。それだけの理由で、「2」が一番好きです(笑)未だにこんな子供じみた理由は変わりません(^^;)

と言えど、秀作は時が経っても色あせません。
とにかく最高のタイムトラベルが堪能できること間違いなし。
タイムトラベル系で、この3部作を抜く作品は一生ないと断言します。

デロリアンが冷蔵庫(当初の案)にならなくって本当によかったぁ・・・笑

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん、ややこしいけど面白い♪

投稿日:2009/02/13 レビュアー:BEEFジャーキー

* 今作は、未来へ過去へと大忙しなマーティ(マイケル・J.フォックス)でした。特に、過去はpart1で行った同じ1955年なので、マーティが二人いてややこしかったです。本作のPart2を見終わったあと、すぐにpart1をもう一度見てしまいました(笑)「あのシーンはどうやったっけ?」といった感じで気になって…。
 全体的には、part1の方が好きです。part1は次への布石はあったものの、それだけで充分、完結した内容でした。ですがPart2は、to be continuedという感じが強かった気がしました。1に比べると、締まりのない終わり方に感じました。とはいえ、面白いのは面白いです。

 Part1、2、3とちゃんと繋がっている映画なので、まだ見てない方は、続けてみる事をおススメします。(特に、2と3!)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2015年か〜!

投稿日:2007/02/15 レビュアー:time1324

先日夜中にテレビで1が放送されていたのを偶然見たのです。
懐かしいなぁ!って思いながら、ついつい最後まで見てしまって、そうなるとやっぱり2も見ずにいられなくなるもんですね。
一度見た事があるにもかかわらずこうして借りて、やっぱり同じ場面で笑って、そして「次は西部劇か」って思う。

ビフが憎らしい、ビフがふてぶてしい、ビフが意地悪い。
でもビフがいないと始まらない〜!

それにしても、1989年に思い描いた2015年がとても楽しい。
車が飛ぶとかは置いといて、カフェで出てくるペプシの容器が妙に気に入っちゃったよ。
それからジョーズ19、これはもう「ユニバーサルだぜ!」って感じます。
そしてUSJに行きたくなるから、うまく出来てるよ、本当。

以前2を見たときは、まだ若かったので、西部劇は興味を持てなくて3は未見。
この歳になったからか3もやっぱり見たい!って思えたので、これは新たに楽しめる気がしてかなり嬉しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱり名作

投稿日:2006/08/16 レビュアー:DAD

一作目のエンディングから繋がります。
(繋がるだけでエピソードは別物)

前作に引き続き面白いです。
当然、バック・トゥ・ザ・フューチャーという作品に
「免疫」ができてるので新鮮さや驚きは感じませんが
「先にこの2作目を観ていたら・・・」と考えると
やっぱり面白いと思える作品です。

一作目では両親の若かりし過去が舞台だったのですが
今回は自分に子供がいる未来が舞台です。

このシリーズの素晴らしい所は
三部作でありながら各作品でエピソートを完結しているため
どの作品から観ても楽しめるという点。
そして
シリーズ共通して、いたる所で見たことの有るシーンが
時代設定ごとにアレンジされリプレイされている点。

うまいこと作ってありますよ。


<一言>
前作とこの作品観てスケボー欲しくなった一人です。(笑

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全60件

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2