1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの画像・ジャケット写真

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー / トム・ハンクス

全体の平均評価点:(5点満点)

92

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

テキサス選出の実在の下院議員チャーリー・ウィルソンをモデルに描く政治コメディ。プレイボーイとして鳴らしたチャーリーが、アフガニスタンに侵攻したソ連をたった一人で退却へと導いた驚愕の極秘作戦をコミカルなタッチで綴る。主演はトム・ハンクス、共演にジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン。監督は「卒業」「クローサー」のマイク・ニコルズ。テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。ある日彼は、テキサスの大富豪ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。根は優しいチャーリーは、アフガンの実情に心を痛め一肌脱ぐことにするが…。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

CHARLIE WILSON’S WAR

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ホーキーのおくりもの

ベン・イズ・バック

ラスト・ラン

理由

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全92件

失敗しちゃったけどねって・・・ ネタバレ

投稿日:2008/11/15 レビュアー:ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

コメディだと思ってたんですが、実話に基づく結構真面目な話。
アメリカ下院議員のチャーリー・ウィルソンが、アフガニスタンを支援している
大富豪の女性ジョアンに頼まれ、簡単に言えばアフガニスタンへの軍事支援をするって話。

大統領でもなければ国防長官でもない下院議員が、国家を差し置いて
ソ連のアフガニスタン侵攻に抵抗しているムジャーヒディーンを援助するために、
予算10億ドルの支援を取り付け、武器提供などによりソ連を撤退させることに
成功するんですが、へぇ〜ってくらいであまり感じるものがなかったです。
3行くらいで説明できてしまうことを映画にしてるだけなので・・・
きっと人間関係とか緻密に描けば面白いのかもしれませんが、今作では誰がどうしたってだけで
終わってるのでこれといって魅力的に描かれてる人もいないし、惹かれる人物もいない。

中盤のチャーリーがCIA諜報員ガストと出会い、いざプロジェクトを開始するぞって辺りが
一番面白かったけど、それ以降は尻つぼみにつまらなくなっていって、集中力が続かなかったです。
仕事熱心で頭の切れるガストは、プロジェクトの成功に一人浮かれることなく現状を見据え、
今アフガニスタンに何をすべきか思案していた存在であり、
ガストの言ったことが現在に続いてる話ってことですよね。
その時は最善のことだと思ってしたことが、後々には別の引き金を引いていたってことは
悔やまれますが、当時は予見できなかったってことなのでしょうか。
“失敗しちゃったけどね”そんな軽んじられた言葉で締めくくる神経が
あたしには全然理解できないんですけど・・・善意が悪用されちゃったと言いたいだけか。

ジュリア・ロバーツの髪型変遷はちょっぴり楽しめますかねぇ〜
チャーリーの美女秘書軍団の中に可愛い子がいるなと思ったらシリ・アップルビーで
ひさびさに彼女の姿を観たけど、相変らず可愛かったので安心しましたw

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

見ている最中は、あまりいい印象はありませんでした

投稿日:2008/11/03 レビュアー:"

アメリカ=善、ソ連=悪という図式であり、
アメリカ側からしか描写しないので
仕方ないのかもしれませんが、
ランボー並に脳天気だと思えて。
チャーリーが行動する動機も、
いまいち薄っぺらに感じましたし。

でもラストで納得しました。
それまでの話は前フリであって、
これが言いたかったのですね。
この部分が史実通りなのかは分かりませんが、
本当だとしたらチャーリーは大した人であり、
再評価されるのも当然なのでしょう。
結果的になかなか面白い映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

どこがどう面白いのか・・

投稿日:2010/10/02 レビュアー:さむこ

うーん、期待はしていなかったんだけど、あまりにも興味を引くところが見つからなくて何度も眠気に襲われてしまった。
大物俳優3人が出ているというのに・・。
エミリー・ブラントがあんな役だなんて、まだブレイクする前だったのかな〜。

どうも汚い部分を見ないで、遠くから指令を出して戦争をコントロールしているだけのような気がしてしまって。
まあ、私の知識不足で楽しめなかっただけかもしれません。
ジュリア・ロバーツのビキニ姿はちょっと驚きでした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

不快の一言

投稿日:2009/02/03 レビュアー:はなびらもくれん

絶賛のレビューがたくさんですが
私は不快でした

どうしてトム・ハンクスはこの役をやったのか?
どうしてジュリア・ロバーツは?と

史実ですし、知っておかなくてはいけない
一心で最後まで見ましたが・・・

戦争をなんだとおもってるのか
人の命を重んじる気持ちはないのか

オバマ大統領には期待したいけど
アメリカには期待できません

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

期待はずれ

投稿日:2008/11/05 レビュアー:タッタ

偉業成し遂げた人なんだろうけど、
酒飲みながら、女を抱きながら
政治を動かす姿勢に、自分には共感持てなかった。
結局、戦い、命を落としているのは、地域住民であり、
民兵であるのに、称えられるのは政治家…。

それに、「目には目を、歯には歯を」な考え
「武器には武器を、戦争には戦争を」になってしまう
事がさみしい…。
結果、「報復には報復を」になっていた事に
心配していた主人公。
そこが唯一、共感を持てた(というのも、この映画をただの、政治家のヒーロー映画に終わってしまわないかと心配した)
というか、その辺をもっと描いて欲しかった。

映画全編、会話のシーンが多く、
主に、会話によって、話が進んでいくので、
ついていくのに疲れるし、難しいと思います。
そんなに良い映画とは思いません。



このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全92件

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:92件

失敗しちゃったけどねって・・・

投稿日

2008/11/15

レビュアー

ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

コメディだと思ってたんですが、実話に基づく結構真面目な話。
アメリカ下院議員のチャーリー・ウィルソンが、アフガニスタンを支援している
大富豪の女性ジョアンに頼まれ、簡単に言えばアフガニスタンへの軍事支援をするって話。

大統領でもなければ国防長官でもない下院議員が、国家を差し置いて
ソ連のアフガニスタン侵攻に抵抗しているムジャーヒディーンを援助するために、
予算10億ドルの支援を取り付け、武器提供などによりソ連を撤退させることに
成功するんですが、へぇ〜ってくらいであまり感じるものがなかったです。
3行くらいで説明できてしまうことを映画にしてるだけなので・・・
きっと人間関係とか緻密に描けば面白いのかもしれませんが、今作では誰がどうしたってだけで
終わってるのでこれといって魅力的に描かれてる人もいないし、惹かれる人物もいない。

中盤のチャーリーがCIA諜報員ガストと出会い、いざプロジェクトを開始するぞって辺りが
一番面白かったけど、それ以降は尻つぼみにつまらなくなっていって、集中力が続かなかったです。
仕事熱心で頭の切れるガストは、プロジェクトの成功に一人浮かれることなく現状を見据え、
今アフガニスタンに何をすべきか思案していた存在であり、
ガストの言ったことが現在に続いてる話ってことですよね。
その時は最善のことだと思ってしたことが、後々には別の引き金を引いていたってことは
悔やまれますが、当時は予見できなかったってことなのでしょうか。
“失敗しちゃったけどね”そんな軽んじられた言葉で締めくくる神経が
あたしには全然理解できないんですけど・・・善意が悪用されちゃったと言いたいだけか。

ジュリア・ロバーツの髪型変遷はちょっぴり楽しめますかねぇ〜
チャーリーの美女秘書軍団の中に可愛い子がいるなと思ったらシリ・アップルビーで
ひさびさに彼女の姿を観たけど、相変らず可愛かったので安心しましたw

見ている最中は、あまりいい印象はありませんでした

投稿日

2008/11/03

レビュアー

"

アメリカ=善、ソ連=悪という図式であり、
アメリカ側からしか描写しないので
仕方ないのかもしれませんが、
ランボー並に脳天気だと思えて。
チャーリーが行動する動機も、
いまいち薄っぺらに感じましたし。

でもラストで納得しました。
それまでの話は前フリであって、
これが言いたかったのですね。
この部分が史実通りなのかは分かりませんが、
本当だとしたらチャーリーは大した人であり、
再評価されるのも当然なのでしょう。
結果的になかなか面白い映画でした。

どこがどう面白いのか・・

投稿日

2010/10/02

レビュアー

さむこ

うーん、期待はしていなかったんだけど、あまりにも興味を引くところが見つからなくて何度も眠気に襲われてしまった。
大物俳優3人が出ているというのに・・。
エミリー・ブラントがあんな役だなんて、まだブレイクする前だったのかな〜。

どうも汚い部分を見ないで、遠くから指令を出して戦争をコントロールしているだけのような気がしてしまって。
まあ、私の知識不足で楽しめなかっただけかもしれません。
ジュリア・ロバーツのビキニ姿はちょっと驚きでした。

不快の一言

投稿日

2009/02/03

レビュアー

はなびらもくれん

絶賛のレビューがたくさんですが
私は不快でした

どうしてトム・ハンクスはこの役をやったのか?
どうしてジュリア・ロバーツは?と

史実ですし、知っておかなくてはいけない
一心で最後まで見ましたが・・・

戦争をなんだとおもってるのか
人の命を重んじる気持ちはないのか

オバマ大統領には期待したいけど
アメリカには期待できません

期待はずれ

投稿日

2008/11/05

レビュアー

タッタ

偉業成し遂げた人なんだろうけど、
酒飲みながら、女を抱きながら
政治を動かす姿勢に、自分には共感持てなかった。
結局、戦い、命を落としているのは、地域住民であり、
民兵であるのに、称えられるのは政治家…。

それに、「目には目を、歯には歯を」な考え
「武器には武器を、戦争には戦争を」になってしまう
事がさみしい…。
結果、「報復には報復を」になっていた事に
心配していた主人公。
そこが唯一、共感を持てた(というのも、この映画をただの、政治家のヒーロー映画に終わってしまわないかと心配した)
というか、その辺をもっと描いて欲しかった。

映画全編、会話のシーンが多く、
主に、会話によって、話が進んでいくので、
ついていくのに疲れるし、難しいと思います。
そんなに良い映画とは思いません。



11〜 15件 / 全92件