リトル・ランボーズ

リトル・ランボーズの画像・ジャケット写真

リトル・ランボーズ / ビル・ミルナー

全体の平均評価点:(5点満点)

47

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「リトル・ランボーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督が、「ランボー」が大ヒットしていた1982年のイギリスを舞台に、対照的な2人の少年の出会いと成長を描く感動ドラマ。家族が所属する教会の戒律のため、テレビや映画などの娯楽を禁じられて育った小学5年生のウィル。窮屈な毎日を送る彼は、ひょんなことから学校きっての悪ガキ、リー・カーターと知り合う。そして、彼の自宅で生まれて初めての映画「ランボー」を観て、強い衝撃を受ける。すっかりランボーに夢中のウィルは、リーが兄のビデオカメラで作ろうとしていた自主映画に参加、自ら“ランボーの息子”になりきって主演するのだが…。

「リトル・ランボーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: イギリス/フランス
原題: SON OF RAMBOW

「リトル・ランボーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

SING/シング

ブロークン

ゴシップガール <フィフス・シーズン>

ドニー・ダーコ2

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全47件

観る前に知っていた

投稿日:2011/05/26 レビュアー:よふかし

 僕としてはまあ、「フツー」という感じでした。そこそこ楽しかったんですが、楽しくないのは主人公ふたりの家庭の話。ウィルの家の問題はは「宗教」なんですが、この家庭に入り込もうとする男が嫌な奴で。カーターのほうはいまひとつ分からないところもあるんですが、金はあるけど放任されている感じでしょうか。ほとんど愛情が感じられない寒々しい家庭。あまり子どもらしさの感じられない、大人目線で描かれた主人公たち。いっぽう、楽しかったのは、ふたりで撮影している時の誇張した表現(放水でふっとぶところや凧のシーンなど)に映画の楽しさが感じられたところ。フランス人少年のヘンテコなキャラクターもとてもよいです笑。
 しかしお話は予想がつき予想通りで……本編の評価とはほんとは関係ないですが、ひどいのは予告編かな。フランス人少年の登場から最後の映画館までぜんぶ時系列に出してるので、ぜんぶ想像がついた。そしたらその通りだった。
 最近、中身を知っている映画をこそ観に行く人が多いらしいので、懇切丁寧な予告編が作られているのかもしれないが……55点。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

lllll

投稿日:2011/05/12 レビュアー:エロエロ大魔神

その気持ち痛いほどわかる!
俺もランボーをみて、強くなりたと思った一人です!
エアーライフルを購入して乱射した俺!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

全部正解 ネタバレ

投稿日:2011/12/01 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ミル・マスカラスと出会ったときの気持ちかな。
ジャッキー・チェンと出会ったときの気持ちかな。
ロベルト・バッジオに出会ったときの気持ちかな。
マイケル・ジョーダンに出会ったときの気持ちかな。
ジュリーに出会ったときの気持ちかな。
そんな気持ちなら止まらないぜ。
ブレーキなんてぶっ壊して放り投げろ。
アクセル。
ただ、アクセル。
それが正解。
全部正解。

羨ましい。
とても羨ましい。
小学生で「こういう遊び」に目覚めてたってことが、とてつもなく羨ましい。
楽しいよね。
この遊びは楽しいよね。

扉を開いても誰も入ってこない。
だから閉めた。
鍵をかけて誰も入らないように。
だけど入って欲しくないワケじゃない。
誰よりも入って欲しかった。
ボクの世界を見てほしかった。
リー・カーターは、そんな少年。

扉は鍵がかかっていた。
だから開けなかった。
鍵を開けようとして迷惑かけないように。
だけど出たくないワケじゃない。
ウィルは、そんな少年。

あまり嬉しくない出会い。
ただ、そこに居たから。
よくわからない血の絆。
ただの、カサブタだ。
なんてことないことを。
なんてことある、忘れられないものにすること。
そういう正解を歩む二人。
仲良くなることも。
打ち解けることも。
傷つけることも。
思ってもないこと言っちゃうことも。
全部正解。
忘れられない正解。
リー・カーターの扉の鍵はウィルが持っていて。
ウィルの扉の鍵はリー・カーターが持っていた。
大佐は部下を守るもの。
部下は大佐を守るもの。
二人の正解物語は。
リー・カーターを「アニキだけ」の世界から、「アニキとおまえだけ」の世界に連れ出すこと。
ウィルを「ブレーキをかけなくてもいい世界」に引っ張り出すこと。
飛び出しちゃえば。
あとは無限に広がるだけだ。
大丈夫。
隣には強い味方。

ディディエが忘れられない(笑)
あれはバツグンにイイ味出してた。
序盤の登場の仕方がイチイチ「CM」っぽくて笑っちゃう。
ギョっと一息、ディディエタイム・・・・・

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

たまには癒される

投稿日:2012/08/23 レビュアー:ロンリー火真西

ストーリーにも映像にも遊び心が有って見ていて楽しかったです

こういう単純なハートフルコメディには癒されますね
主人公の子供二人も魅力的なキャラクターでかわいらしかったです

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

夢を持てたら

投稿日:2012/07/02 レビュアー:ちびた

幼いころに夢を持って
それをずっと持ち続けることができたら
それはそれは素晴らしい
本当に素晴らしいことだと思います

同じく
幼いころからずっと親友を持ち続けることも
素晴らしい

きっと現実の中ではレアケースだから
映画の中で感動したり
満足したりするんでしょうね

ひがみすぎですか

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全47件

リトル・ランボーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:47件

観る前に知っていた

投稿日

2011/05/26

レビュアー

よふかし

 僕としてはまあ、「フツー」という感じでした。そこそこ楽しかったんですが、楽しくないのは主人公ふたりの家庭の話。ウィルの家の問題はは「宗教」なんですが、この家庭に入り込もうとする男が嫌な奴で。カーターのほうはいまひとつ分からないところもあるんですが、金はあるけど放任されている感じでしょうか。ほとんど愛情が感じられない寒々しい家庭。あまり子どもらしさの感じられない、大人目線で描かれた主人公たち。いっぽう、楽しかったのは、ふたりで撮影している時の誇張した表現(放水でふっとぶところや凧のシーンなど)に映画の楽しさが感じられたところ。フランス人少年のヘンテコなキャラクターもとてもよいです笑。
 しかしお話は予想がつき予想通りで……本編の評価とはほんとは関係ないですが、ひどいのは予告編かな。フランス人少年の登場から最後の映画館までぜんぶ時系列に出してるので、ぜんぶ想像がついた。そしたらその通りだった。
 最近、中身を知っている映画をこそ観に行く人が多いらしいので、懇切丁寧な予告編が作られているのかもしれないが……55点。

lllll

投稿日

2011/05/12

レビュアー

エロエロ大魔神

その気持ち痛いほどわかる!
俺もランボーをみて、強くなりたと思った一人です!
エアーライフルを購入して乱射した俺!

全部正解

投稿日

2011/12/01

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ミル・マスカラスと出会ったときの気持ちかな。
ジャッキー・チェンと出会ったときの気持ちかな。
ロベルト・バッジオに出会ったときの気持ちかな。
マイケル・ジョーダンに出会ったときの気持ちかな。
ジュリーに出会ったときの気持ちかな。
そんな気持ちなら止まらないぜ。
ブレーキなんてぶっ壊して放り投げろ。
アクセル。
ただ、アクセル。
それが正解。
全部正解。

羨ましい。
とても羨ましい。
小学生で「こういう遊び」に目覚めてたってことが、とてつもなく羨ましい。
楽しいよね。
この遊びは楽しいよね。

扉を開いても誰も入ってこない。
だから閉めた。
鍵をかけて誰も入らないように。
だけど入って欲しくないワケじゃない。
誰よりも入って欲しかった。
ボクの世界を見てほしかった。
リー・カーターは、そんな少年。

扉は鍵がかかっていた。
だから開けなかった。
鍵を開けようとして迷惑かけないように。
だけど出たくないワケじゃない。
ウィルは、そんな少年。

あまり嬉しくない出会い。
ただ、そこに居たから。
よくわからない血の絆。
ただの、カサブタだ。
なんてことないことを。
なんてことある、忘れられないものにすること。
そういう正解を歩む二人。
仲良くなることも。
打ち解けることも。
傷つけることも。
思ってもないこと言っちゃうことも。
全部正解。
忘れられない正解。
リー・カーターの扉の鍵はウィルが持っていて。
ウィルの扉の鍵はリー・カーターが持っていた。
大佐は部下を守るもの。
部下は大佐を守るもの。
二人の正解物語は。
リー・カーターを「アニキだけ」の世界から、「アニキとおまえだけ」の世界に連れ出すこと。
ウィルを「ブレーキをかけなくてもいい世界」に引っ張り出すこと。
飛び出しちゃえば。
あとは無限に広がるだけだ。
大丈夫。
隣には強い味方。

ディディエが忘れられない(笑)
あれはバツグンにイイ味出してた。
序盤の登場の仕方がイチイチ「CM」っぽくて笑っちゃう。
ギョっと一息、ディディエタイム・・・・・

たまには癒される

投稿日

2012/08/23

レビュアー

ロンリー火真西

ストーリーにも映像にも遊び心が有って見ていて楽しかったです

こういう単純なハートフルコメディには癒されますね
主人公の子供二人も魅力的なキャラクターでかわいらしかったです

夢を持てたら

投稿日

2012/07/02

レビュアー

ちびた

幼いころに夢を持って
それをずっと持ち続けることができたら
それはそれは素晴らしい
本当に素晴らしいことだと思います

同じく
幼いころからずっと親友を持ち続けることも
素晴らしい

きっと現実の中ではレアケースだから
映画の中で感動したり
満足したりするんでしょうね

ひがみすぎですか

11〜 15件 / 全47件