SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマトの画像・ジャケット写真
SPACE BATTLESHIP ヤマト / 木村拓哉
全体の平均評価点:
(5点満点)

158

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」を木村拓哉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督で実写映画化したSFアドベンチャー大作。滅亡の危機に直面した人類最後の希望を背に旅立った宇宙戦艦ヤマトの運命を描く。2199年、正体不明の異星人ガミラスの突然の侵攻で人類の大半が死滅した地球。わずかな生存者たちは、放射能の汚染から逃れるべく地下での生活を余儀なくされていた。そんなある日、14万8千光年彼方の惑星イスカンダルに放射能除去装置があることが判明。そこに最後の希望を託した人類は、宇宙戦艦ヤマトのイスカンダルへの派遣を決定。一方、失意の中で一線を退いていたかつてのエースパイロット古代進も戦場への復帰を決意し、ヤマトへの乗艦を志願するのだが…。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

SPACE BATTLESHIP ヤマトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日(ガイド) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV21209R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 2人 1人

【Blu-ray】SPACE BATTLESHIP ヤマト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR21208R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:158件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全158件

好きな方は好きなんですよね〜。

投稿日:2011/06/14 レビュアー:豚太郎

この作品のCGって凄いレベル何でしょうか??

・・て映画館で観てて思ってしまいました。

公開前の押しはCGのレベルが凄いて事だったんだけど、

ちゃちかったて印象しかありません。

セットもしょぼいし・・・映画観てるてより舞台を観てる様な

そんな小じんまりした映画でした。

もう原作のイメージと違ってたり、設定がどうのなんて

直ぐに諦めて、面白ければ良いと思ったんだけど・・・・・・。

でもこの作品が好きな方って結構多いんですよね。

やっぱり年代の差なのかな。

私は、あの熱血青春恋愛物語みたいなのが駄目でしたね。

なんか・・・昔からキムタクさんの演技って、観てるとたまに

こっちが恥かしくなる時が有るんですが、この作品のキムタクさんは

最初からずっと恥かしくて大変でした・・・私だけかもですが。(^^ゞ

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実写のヤマトはかっこいい

投稿日:2011/07/18 レビュアー:勝王

 古代進がキムタク、森雪が黒木メイサと誰もが首をかしげるキャスティングですが、監督が山崎貴なのでひょっとしたら、と思いましたが、山崎監督が特撮の人なので、ドラマにはあまり興味がなかったようで、これまでになくよく出来たVFXと、かくし芸大会みたいなドラマ部分が融和しない珍妙な作品になってしまいました。昔、これとよく似た作品を見たことがあります。東宝の「惑星大戦争」。あのときの森田健作(現千葉県知事)とキムタク、浅野ゆう子と黒木メイサはとてもよく似ています。まあドラマはあれと同じようなものですが、違うのは宇宙空間での描写。邦画もハリウッドにやっと追いついたと思わせるほどの、なかなかの映像でした。特に、戦艦大和を基にした特殊なデザインのヤマトが実写でとてもかっこよく出来ていて、この部分は見ごたえがありました。でもそれだけでは映画は面白くならないです。ヤマトの船内は妙に緊張感がなく、映画がだらけてくると何かが起こる、という繰り返しなんですが、一向に盛り上がっていきません。でもまあ、実写のヤマトが見られたから、それだけでいいのかも知れません。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

右に同じ 思ったよりも楽しめました。  

投稿日:2011/06/12 レビュアー:ロキュータス

ロキュの69日連続レビュー その4
ネタばれあり。

まず、近年のテレビドラマの劇場版などのストーリーですらないガックリ感に比べれば、思ったよりも楽しめました。  
『ALWAYS三丁目の夕日』の山崎貴(監督)、『K-20 怪人二十面相・伝』の佐藤嗣麻子(脚本)の夫妻コンビらしい昭和後期のサブカルチャーに対するオマージュをうまくエンターテインメントにまとめてあると思います。  このポップなジオラマ感は山崎貴ワールドですね。

ぼくはアニメの古代進を実写で演じられる俳優など存在し得ないと思います。
したがって、こういう作品では心理描写しようとする演技派役者よりもスターであり偶像である木村拓哉のほうがいいと思います。
実際たとえば緒形直人など多くのベテラン俳優たちは別の演じ方ができる人たちであろうと思いますが、ちゃんとアクトしていました。  様式、スタイルをこなすというのは意外と難しいと思います。
ヘタな俳優が照れたり力んだり、個性派ぶったりしたら、それこそ学芸会になってしまいます。

もっとも、ぼくがあまりオリジナルのヤマトに強い思い入れがないからでしょう。
テレビシリーズは何度も見ましたが、すでにもう高校卒業していましたし、次々と作られた劇場版は「商売」だろと斜に構えて見にいきませんでしたから。

本作は思ったよりもよかったですが、別の話として、より要求度の高いリメイクはどのようなものが考えられるでしょうか。

オリジナルのヤマト自体が敗戦の記憶、力がありながら目的を果たせず無為に終わった敗れざる者へのオマージュです。
言わずもがな、波動砲は核兵器のメタファーで、その矛先の敵ガミラス帝国もまた敗者、滅び行く者のメタファーで、モデルはドイツです。   連合国ではありません。
戦争に勝者はいない、という思いも強い。

巨人の星などと同様、当時ですらややアナクロ感がありました、SFアニメでありながら。
西崎義展、松本零士、宮川泰らが体験した敗戦への強い思い入れが、作品に魂を吹き込みリアリティを持たせ、シラケ世代と呼ばれる醒めた私たちを感化していたのだと思います。 
さて、本作を作った側にも、観る側にも、感動したアニメ作品への思いいれはあるでしょうが、当時のクリエーターたちが持っていた敗戦へのオマージュはあるでしょうか。
率直なところないでしょう。

バブル崩壊後の第2の敗戦、そして3.11以降のわが国の体たらくが第3の敗戦とするならば、私たちの実感する敗戦とは、オリジナルとは違うはずです。
本作の敵ガミラスはオリジナルとは違い、意識生命体というSF概念的なものになりました。
放射能除去装置というのが、3.11以降は別のリアリティを持つようになりましたが。

クリストファー・ノーランのバットマン・シリーズ。
9.11以降のアメリカが「復讐は正義なり」とおのれの内面のダークサイドに囚われたダースベーダー化したアメリカだとすれば、「復讐は正義ではない」と矜持を持ってダークナイトとして生きていく様を描いて、その作品哲学がリメイクに今日性を持たせたと思います。
では、現代日本の「敗れざる者」へのオマージュとしてのヤマトを作ることは可能でしょうか。 
今の我々の、力がありながら果たせなかったミッションとは何なのでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やはり…

投稿日:2011/07/01 レビュアー:ニガウリマン

映画館で観ました。
私は完全にヤマト世代で、カセットのドラマ編を小遣い貯めて買って、台詞を全て覚えてしまう位聴いたりしました。
そんな訳で、この作品も期待1/4、不安3/4位の気持ちで観ました。
期待1/4は、私のお気に入り邦画No.1のALWAYSの山崎監督だと言う事だったのですが、
何か、なにもかも中途半端、特にVFXは全然話にならないです…。パチンコのCMと大して変わらないクオリティですね。
こんな中途半端な作品にするのなら、ヤマトを選んで欲しくなかったです。
映画館を出た時には、失望感でいっぱいでした。
何か悪い事ばかり書いて申し訳ないのですが、正直な気持ちなので、許してください。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦画の限界

投稿日:2011/06/18 レビュアー:trendy800

とりあえず他の方がいちゃもんつけてたので一つ
興行収入40億円 動員数300万人以上は十分大ヒットですよ
邦画は10億円でヒットと叫ばれる世の中ですからね
製作費20億円で沈まぬ太陽とかは赤字でしたし
GANTZやSPなどドラマ派生の映画や若者も見そうな映画でも40億は越えてません
木村拓哉はアンチも多いですが需要はあるのは確かです
そもそもあれだけ前評判でマスゴミに叩かれて
しかもこのご時世にヤマト を題材にしてこれだけいった方がすごいなと思いますよ
ヤマトを知らない若者は確実にキムタクだからとかそういうこと以前に見向きもしないでしょうからね

商業的には成功を収めている本作ですが
映画自体はというと
まず予算ですね
CGが悪くはないんですがまだまだ粗い
日本初のSF超大作と高らかに宣伝していたので
ならばそこは山崎さんもっと頑張ってほしかった
ハリウッドならば100億円くらいざらにつぎ込めるんでしょうが
日本の映画は基本的に日本のマーケットで売り上げを回収する他ありません
それでも20億円はかなり奮発した方でしょう
まさしくキムタク主演だからTBS側も快諾したんでしょうね
そういう点でも彼が主演で良かったと思いますよ
仮に実際の古代と同年代の俳優を主演で迎えて実写化するならば
無理でしょうからね
そんな出資してくれませんよ このご時世

内容ですが
恋愛色が強すぎますね
タイタニックじゃないんですから
そういうところはやはり月9の帝王 キムタク色に完全に染まってしまった大きな弊害で
往年のヤマトファンを怒らせたと言わざるを得ないでしょう
後あんな勝気な森雪誰も望んでないような
沢尻が降板しなかったらもう少しマシだったかもしれませんね

トータルで見れば個人的には悪くはなかったですが
日本でSFは無理ですね
本作で確信しました
役者うんぬんではないです
やはり迫力に大きく欠けます
漫画の実写化にしては頑張ったと思いますが

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全158件

SPACE BATTLESHIP ヤマト

月額課金で借りる

都度課金で借りる