アンストッパブル

アンストッパブルの画像・ジャケット写真

アンストッパブル / デンゼル・ワシントン

全体の平均評価点:(5点満点)

168

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「アンストッパブル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「サブウェイ123 激突」のトニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演コンビが、危険物を積んだまま暴走を始めた無人貨物列車を停止させるべく命がけで奮闘する主人公たちの姿を大迫力の映像で描くアクション。ある日、些細な人為的ミスから大量の危険物を積んだ貨物列車777号が無人で暴走を始める。鉄道会社や警察が様々な手段を講じるものの、鉄の塊と化した777号は止まるどころか勢いを増すばかり。そして、その行く手には転覆必至の急カーブと人口密集地が。もはや最後の希望は同じ路線を走る旧式機関車1206号のみ。この日、新米ウィルと初めてコンビを組んだベテラン機関士フランクは、1206号を777号の最後尾に連結させるという無謀とも思える危険な作戦に出るのだが…。

「アンストッパブル」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: UNSTOPPABLE

「アンストッパブル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ピクチャー・パーフェクト〜彼女が彼に決めた理由〜

ギャングスターズ 明日へのタッチダウン

ワンダーウーマン 1984

戦火の勇気

ユーザーレビュー:168件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全168件

ノンストップアクションのお手本

投稿日:2013/06/16 レビュアー:kazupon

説明し過ぎることなく、いきなりunstoppableな状況に陥った原因を見せ、焦点を暴走列車に絞って極めてシンプルに描ききったところが良かったと思います。
ハラハラドキドキが途切れることなく続き、フランクとウィルがトリプルセブン(777号)をバック走行で追いかけ始めてからは、画面に釘付けでした。
会社側の作戦失敗はお約束、現場で起きていることは現場で解決するしかないのだという緊迫感。
ベテラン機関士の長年の経験とそれに裏づけされた勘に希望をつなぎます。
コニーという女性操車場長、たまたま訪れていた連邦鉄道局の職員らが、的確な指示と助言を与え、ネッドという溶接工主任が終盤で暴走列車と併走してウィルを強力サポートするなど、最後まで見せ場がありました。

実際にあった“CSX8888号暴走事故”が元ネタだそうですが、意外に事実に忠実に描かれていたことが分ります。(ウィキペディア)
機関士が妻に携帯から『愛している』と伝えたそうですが、映画の中では娘にかけていましたね。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

これはこれは(^^ 久々のヒットだ。 ネタバレ

投稿日:2011/05/03 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一言でいっちゃうと、暴走列車を二人の男が止めるって話w
お約束のごとく、デスクワーク側には無能な上司と、クビをも辞さない上司が存在。
列車をとめようとする男二人にはサブプロットがあって、それはちょっと人情的だ。
で、最後はめでたしめでたし。
これまで数多くの作品がこんな背景で製作されたことだろうか。
その中でも、この作品。久々のヒットじゃないだろうか。
かなり面白い。
どこがって言われても、ここがってことじゃなくて全体の流れなり、観ている者の
気持ちのもっていきかたが非常に秀逸ってことなんだろうな。

ウィルが運転席に飛び乗ったときは、誰もが間違いなくガッツポーズしたはずだ。
それぐらい引き込まれる。

「人為的ミスに不運が重なった。」なんてセリフがあるが、まさにそんな事故だ。
トニー・スコット、デンゼル・ワシントンのタッグでは2006年のデジャヴ、2009年の
サブウェイ123なんかがあるが、この作品はサブウェイ123の反省から作られた
んじゃないだろうか。

無駄が省かれ、シンプルでかつスリリングな展開を小細工なしで描ききったこの
作品はかなりの良作。サブウェイ123とは比較にもならないレベルだ。

ところで、迫力ある映像なんだけど、中盤の脱線シーン。
あれCGじゃないよね!?

こういう作品たくさんみたいものです。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

最高に楽しめました。そして感動しました♪

投稿日:2011/04/28 レビュアー:mikitty.

無人暴走列車を止めるためフランク(デンゼル・ワシントン)とウィル(クリス・パイン)が、命を懸けて挑むパニックアクションです。
もう観てる間はドキドキ・ハラハラもので、私も一緒になって戦っていました。特に魔のカーブに差し掛かる時やそれを乗り越えた時は、思わず拍手大喝采です。でも、またここからが大変なのです。まだ列車は制御不能状態で走り続けます。とにかく先頭車両に行きストップさせなければいけません。フランクが列車の上に登り走り、先頭車両に行こうとするのですが・・・。ウィルも列車から車に飛び降り、又車から列車に飛び移る・・・。手に汗握るどころではありません。体が震えました。この猛スピードの暴走列車が赤いのも怖さを煽っているように感じました。まるで生きているようでした。
この暴走した貨物列車は、39の車両が連結されており800mもあるのです。搭載しているのは、大量の有毒化学薬品とディーゼルの燃料です。それが時速100K〜160Kで暴走するのですから、無理に停めようとすれば爆発炎上し、それが市街地だったら大惨事になりかねない。もちろんそれを想定し市民を避難させます。踏み切りも車や人が進入しないよう全部遮断機を下ろします。
本当におもしろかったです。ラストでは感動で胸が一杯になりました。そして、なぜか足が吊ってしまいました(>_<)お薦めです!!!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

任せて安心、デンゼル・ワシントン。

投稿日:2011/09/22 レビュアー:ポッシュ

(もしかしたらネタバレ?)



今ごろ、ようやく鑑賞。

あ、しまった
やべー
だめだー
あほう
じゃ俺が止めたる
頑張れー
危ない
お前いい奴じゃん
よくやった

そういう映画でした。
誰かの悪意じゃなくて、うっかりミスの事故っていうのが良かったです。いや、良くないんだけど。でもさ、人間だもの。

未だに兄貴のほうが偉大だと思いたい自分ですが、トニー・スコットもわりと頑固職人的な監督さんだったのかと、これまた今ごろ気付きました。画がウルサイのだけはどーしても好きになれなくて、なんでそんなにカット割るのかなぁと、この度も思いましたが・・・。

レビューたくさんあるので、こんなとこで。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

うひょひょ♪ 面白かったですね〜(≧∇≦) ネタバレ

投稿日:2011/06/28 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

迫力映画大好きな私としては、ラスト以外は存分に楽しめた本作♪
ただ、イライラは絶対にあるもの!!!!!って思って観ても、デューイとギリースのコンビに
イライライライライライライライライライラ(。-`ω´-)
そもそも、このデューイがちゃんとやってれば、こんな大事にならなかったお話だもの。
コヤツは仕事を何やと思ってるんやッ(怒
怠慢ってコヤツの為に作られた言葉なんじゃなかろ〜かって程。腹が立ちます!!!

まぁ、何かしらの困難があり、最終的にそれが終息して…って先は分かってるんですがね、
それでもワクワクしますよね♪ こんな映画は。なのでルンルンでした(^^)

とってもアメリカ的映画と言いますか・・・。
この人為的ミスを犯したデューイの顔写真がTVに映し出されるのの速さとかw
社長みたいな人がこの事態が発覚しててもゴルフを続けちゃってるのとか。
↑日本なら事故状況そっちのけで謝罪会見でしょうねw
列車の燃料タンクのすぐ上にある、燃料カットボタンを銃で狙って撃つなんて、日本人の発想にないw
そもそも、フランク(デンゼル)と新米のウィル(クリス・パイン)のやった行動全部しなさそうだしw
元を辿れば、あんなデューイみたいなおバカな行動をする日本人もいないような気がしますが、
こればっかりは絶対とは言えませんね。最近は事故も多いようですし(汗
と、挙げ出したらきりがないんですが、アメリカ的って面白いなぁ〜と(*≧m≦*)
ただね、「何やアメリカのお偉方も日本とそんなに変わらないのね」って思いましたね(苦笑

終わり良ければすべて良しなんでしょうけど、暴走列車の前から列車で止めようとした人はどうなったんだっけ?
ここだけ何だか別物みたいで、このストーリーに参加してるのにしてないみたいな感じだったなぁ(^_^;)

でも、ラストは、、、「え?こんな感じで止めれるならもっと早く出来てただろ?」
な〜んて思っちゃったんですが( ̄∇ ̄) ここは最大の興奮ではないです。はいw
ま、久々の迫力映画を満喫出来て、満足致しました♪

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全168件

アンストッパブル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:168件

ノンストップアクションのお手本

投稿日

2013/06/16

レビュアー

kazupon

説明し過ぎることなく、いきなりunstoppableな状況に陥った原因を見せ、焦点を暴走列車に絞って極めてシンプルに描ききったところが良かったと思います。
ハラハラドキドキが途切れることなく続き、フランクとウィルがトリプルセブン(777号)をバック走行で追いかけ始めてからは、画面に釘付けでした。
会社側の作戦失敗はお約束、現場で起きていることは現場で解決するしかないのだという緊迫感。
ベテラン機関士の長年の経験とそれに裏づけされた勘に希望をつなぎます。
コニーという女性操車場長、たまたま訪れていた連邦鉄道局の職員らが、的確な指示と助言を与え、ネッドという溶接工主任が終盤で暴走列車と併走してウィルを強力サポートするなど、最後まで見せ場がありました。

実際にあった“CSX8888号暴走事故”が元ネタだそうですが、意外に事実に忠実に描かれていたことが分ります。(ウィキペディア)
機関士が妻に携帯から『愛している』と伝えたそうですが、映画の中では娘にかけていましたね。

これはこれは(^^ 久々のヒットだ。

投稿日

2011/05/03

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一言でいっちゃうと、暴走列車を二人の男が止めるって話w
お約束のごとく、デスクワーク側には無能な上司と、クビをも辞さない上司が存在。
列車をとめようとする男二人にはサブプロットがあって、それはちょっと人情的だ。
で、最後はめでたしめでたし。
これまで数多くの作品がこんな背景で製作されたことだろうか。
その中でも、この作品。久々のヒットじゃないだろうか。
かなり面白い。
どこがって言われても、ここがってことじゃなくて全体の流れなり、観ている者の
気持ちのもっていきかたが非常に秀逸ってことなんだろうな。

ウィルが運転席に飛び乗ったときは、誰もが間違いなくガッツポーズしたはずだ。
それぐらい引き込まれる。

「人為的ミスに不運が重なった。」なんてセリフがあるが、まさにそんな事故だ。
トニー・スコット、デンゼル・ワシントンのタッグでは2006年のデジャヴ、2009年の
サブウェイ123なんかがあるが、この作品はサブウェイ123の反省から作られた
んじゃないだろうか。

無駄が省かれ、シンプルでかつスリリングな展開を小細工なしで描ききったこの
作品はかなりの良作。サブウェイ123とは比較にもならないレベルだ。

ところで、迫力ある映像なんだけど、中盤の脱線シーン。
あれCGじゃないよね!?

こういう作品たくさんみたいものです。

最高に楽しめました。そして感動しました♪

投稿日

2011/04/28

レビュアー

mikitty.

無人暴走列車を止めるためフランク(デンゼル・ワシントン)とウィル(クリス・パイン)が、命を懸けて挑むパニックアクションです。
もう観てる間はドキドキ・ハラハラもので、私も一緒になって戦っていました。特に魔のカーブに差し掛かる時やそれを乗り越えた時は、思わず拍手大喝采です。でも、またここからが大変なのです。まだ列車は制御不能状態で走り続けます。とにかく先頭車両に行きストップさせなければいけません。フランクが列車の上に登り走り、先頭車両に行こうとするのですが・・・。ウィルも列車から車に飛び降り、又車から列車に飛び移る・・・。手に汗握るどころではありません。体が震えました。この猛スピードの暴走列車が赤いのも怖さを煽っているように感じました。まるで生きているようでした。
この暴走した貨物列車は、39の車両が連結されており800mもあるのです。搭載しているのは、大量の有毒化学薬品とディーゼルの燃料です。それが時速100K〜160Kで暴走するのですから、無理に停めようとすれば爆発炎上し、それが市街地だったら大惨事になりかねない。もちろんそれを想定し市民を避難させます。踏み切りも車や人が進入しないよう全部遮断機を下ろします。
本当におもしろかったです。ラストでは感動で胸が一杯になりました。そして、なぜか足が吊ってしまいました(>_<)お薦めです!!!

任せて安心、デンゼル・ワシントン。

投稿日

2011/09/22

レビュアー

ポッシュ

(もしかしたらネタバレ?)



今ごろ、ようやく鑑賞。

あ、しまった
やべー
だめだー
あほう
じゃ俺が止めたる
頑張れー
危ない
お前いい奴じゃん
よくやった

そういう映画でした。
誰かの悪意じゃなくて、うっかりミスの事故っていうのが良かったです。いや、良くないんだけど。でもさ、人間だもの。

未だに兄貴のほうが偉大だと思いたい自分ですが、トニー・スコットもわりと頑固職人的な監督さんだったのかと、これまた今ごろ気付きました。画がウルサイのだけはどーしても好きになれなくて、なんでそんなにカット割るのかなぁと、この度も思いましたが・・・。

レビューたくさんあるので、こんなとこで。

うひょひょ♪ 面白かったですね〜(≧∇≦)

投稿日

2011/06/28

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

迫力映画大好きな私としては、ラスト以外は存分に楽しめた本作♪
ただ、イライラは絶対にあるもの!!!!!って思って観ても、デューイとギリースのコンビに
イライライライライライライライライライラ(。-`ω´-)
そもそも、このデューイがちゃんとやってれば、こんな大事にならなかったお話だもの。
コヤツは仕事を何やと思ってるんやッ(怒
怠慢ってコヤツの為に作られた言葉なんじゃなかろ〜かって程。腹が立ちます!!!

まぁ、何かしらの困難があり、最終的にそれが終息して…って先は分かってるんですがね、
それでもワクワクしますよね♪ こんな映画は。なのでルンルンでした(^^)

とってもアメリカ的映画と言いますか・・・。
この人為的ミスを犯したデューイの顔写真がTVに映し出されるのの速さとかw
社長みたいな人がこの事態が発覚しててもゴルフを続けちゃってるのとか。
↑日本なら事故状況そっちのけで謝罪会見でしょうねw
列車の燃料タンクのすぐ上にある、燃料カットボタンを銃で狙って撃つなんて、日本人の発想にないw
そもそも、フランク(デンゼル)と新米のウィル(クリス・パイン)のやった行動全部しなさそうだしw
元を辿れば、あんなデューイみたいなおバカな行動をする日本人もいないような気がしますが、
こればっかりは絶対とは言えませんね。最近は事故も多いようですし(汗
と、挙げ出したらきりがないんですが、アメリカ的って面白いなぁ〜と(*≧m≦*)
ただね、「何やアメリカのお偉方も日本とそんなに変わらないのね」って思いましたね(苦笑

終わり良ければすべて良しなんでしょうけど、暴走列車の前から列車で止めようとした人はどうなったんだっけ?
ここだけ何だか別物みたいで、このストーリーに参加してるのにしてないみたいな感じだったなぁ(^_^;)

でも、ラストは、、、「え?こんな感じで止めれるならもっと早く出来てただろ?」
な〜んて思っちゃったんですが( ̄∇ ̄) ここは最大の興奮ではないです。はいw
ま、久々の迫力映画を満喫出来て、満足致しました♪

11〜 15件 / 全168件