ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 16人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全237件

騒ぎすぎたのがいけないネタバレ

投稿日:2010/09/13 レビュアー:ロンリー火真西

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

DVDで再鑑賞すれば普通におもしろいレベルの映画でした。

映画全体的に一触即発の緊張感がありましたが中身は薄いと思います
爆発物処理と、どこに敵がいるか、いつ撃たれるかわからない緊張感

爆発物処理係のジェームズは一旦帰国するが、日常生活の退屈に耐えられず再度戦場へ、END・・・
ラストは戦争映画ではあるパターンだと思いまいす。

映画館で見たときよりは面白いと思いましたが、まぁ普通の映画で騒ぐほどの物でもないと思います。
DVDで見て普通におもしろいレベル

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

狙いは戦争を側面から捉えている衝撃。ネタバレ

投稿日:2010/08/05 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アカデミー賞でアバターとの一騎打ちを制したビグロー監督作品。

戦闘シーンは爆破処理班という斬新さに加えて
描写そのものは非常に秀逸。
バンドオブブラザースの描き方によく似ている。
淡々とリアリティを追求した末に得られる緊張感、緊迫感が強烈だ。
私達が湾岸戦争終結と思ってから米軍がイラク常駐してる場面
トランプで表された指名手配も描かれている。
徹底的なリアリズム
監督自身が述べているように
場面場面でいろんな技術をつかってるようだ。

だけど、このオチを考えると戦争というもの皮肉っているのか、
あくまでも人間が中毒になるものの一例なのか。
これもPTSDのひとつの形であることは間違いなさそうだ。
「War is a drug」冒頭に出るクレジットだが、これが結局は全てを
あらわしていて逆に深さは見当たらない。
あくまでも側面から捉えているに過ぎない。

確かに普通の戦争モノとはちょっと違う。
戦地で生きがいを感じ、そして戻っていく。
ちなみにハートロッカーという意味は米軍の隠語で「苦痛の極限地帯」や
「棺桶」を意味しているそうだがそこに喜びや生きがいを求めてしまうとい
った部分を描いているわけで、狙いはその事実に対する衝撃。
戦争を好んでいく人間もいるのだと。
もちろん、その裏には平和などもあるのだろうがあまり感じない。
作品としてはそれが功を奏していると思われるのだが。

ところでガイ・ピアースはかなりのチョイ役だったけどいいんだろうか。w

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この映画の観客ネタバレ

投稿日:2011/02/08 レビュアー:ykk1976

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦場を描いた映画ですが、実際の戦闘シーンはそれほど多くありません。
でも、人がゴロゴロ死んでいきます。
私の好きなガイ・ピアーズもあっという間に死にました。
(彼が好きなわたしは、絶句しましたけど)
戦場では、いつでもあっけなく人が亡くなってしまうのが日常という
ことでしょうか。

この戦争は、2003年に始まったいわくつきの戦争で、
イラクが大量破壊兵器を持っているのではないか、
自国民(特にクルド人)の人権侵害してるし・・・
独裁政権を倒そうじゃないかとかあまたの理由で
開戦されました。
9.11以降、アメリカ国民のテロを徹底的に排除しなければならないという
気持ちにも後押しされて。
2003年中に戦闘行為終結宣言がなされたにもかかわらず、
2010年まで続いてしまった泥沼な戦争でした。
今となっては、開戦理由が何だったかもわからなくなってしまっています。

映画の中でも、イラクの人々は、自国のために戦っているだろう
兵士たちを遠巻きに眺めているだけです。
近寄ってくるのは商売したい人くらい。

この映画の中で、他の兵士が指折り数えて待ち望む、
除隊した後の日々で、日常生活はおぼつかず、
自分の子どもに「大人になると好きなことはたった一つ」と言って、
嬉々として戦場へ戻る主人公が出てきます。
彼は、死の恐怖を感じる瞬間こそに「生きがい」を見出している兵士です。

この戦争によって、地に落ちてしまったかのように見えるアメリカの正義。
この映画が、アカデミー賞を取ったことを、開戦の決定をした当時の
政府の高官たちはどう思ったことでしょう。
この映画を彼らは、観客として、どんな気持ちで観たのでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「死ぬことと見つけたり」

投稿日:2010/09/21 レビュアー:忙中有閑

この映画、私にしては珍しく映画館で鑑賞したんで、レビュー書きたかったんですが、どうにも印象がまとまらず、そのうち細部は記憶から抜け落ちて来て、もう書くの諦めてたんです。それが、昨日突然ヘンな着想が湧いてきて、これは書いてみようと思い立った次第です。
「葉隠れ」は知る人ぞ知る「武士道」の教科書。私は全く「武士道」とは縁の無い軟弱者ですが、以前「隆慶一郎」という時代小説作家にハマって、この「死ぬことと見つけたり」という題名の小説を読んだのですが、実に分かり易くこの「武士道とは死ぬことと見つけたり」という有名な「葉隠れ」の中の一文を「解説」してくれていて(小説ですから登場人物がオハナシで実践してるんです)、「なるほど!」って妙に納得したんですね。
言われてみれば実に単純で、つまり武士たるもの毎朝起き抜けに一旦「死ね」と言うんですね。そして一日を「死人」として過ごせと。敵と真剣を交える果し合いでも、こっちは「死んでる」んだから何も怖くない。自分を守ることに一切気を遣わずただ純粋に相手を倒すことに集中出来る。だから強い。主君に奉公するにしても自分は既に「死んでる」んですからまさに「滅私奉公」が出来る。「敵を殺す」ことの意味も、「主君に仕える」ことの意義も一切「どーでもいい」。だって「死人」なんだから、というワケです。

この映画の主人公、爆弾処理人のジェームズ(J.レナー)はまさにこの「武士道」を体現しているかのようです。自分を一旦「死人」にしなけりゃ、とてもじゃ無いけどあんな危険に身を晒すことは無理だし、あの戦争の大義は勿論のこと、仕えるべき「祖国」「星条旗」も、倒すべき「敵」も、処理すべき「爆弾」も、全てその「意味」を考えること自体が「無意味」なんですね。だって彼は「死んでる」から。
太平洋戦争当時「葉隠れ」は戦地に送り出される兵士たちのバイブルとして公式採用されたそうですが、兵士たちは中身をよく理解せず、ただ「死ぬことと見つけたり」の一文に共感して、やたら「万歳突撃」で死を急いだ、という笑えないエピソードを読んだことがあります。この映画がどのような意図で作られ、何故アカデミー賞まで獲得したのか、私には上手く印象を纏めることが出来ないんですが、やはり「戦争」はどう描いても政治的意味を帯びてしまうのは避けられないと思います。この映画にも「葉隠れ」と同様、「権力者」にとって都合の良い「兵士」の為のバイブル、という匂いをどうしても嗅ぎ取ってしまうんです、私のような軟弱者は。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

・・・

投稿日:2010/08/18 レビュアー:エロエロ大魔神

爆死確定

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる