ハロウィン

ハロウィンの画像・ジャケット写真

ハロウィン / マルコム・マクダウェル

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「ハロウィン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

ジョン・カーペンター監督による78年の同名ホラーを「デビルズ・リジェクト」のロブ・ゾンビ監督がリメイク。ハロウィンの夜に一家を惨殺する少年マイケル・マイヤーズの生い立ちと、大人となり精神病院を抜け出した彼が繰り広げる惨劇の模様を描く。イリノイ州の田舎町ハドンフィールドに暮らす孤独な少年マイケル・マイヤーズは、10月31日のハロウィンの夜、かわいがっていた幼い妹ひとりを残し、一家惨殺の凶行に及ぶ。その後、彼は厳重警備の精神病院に収容され、ルーミス医師の治療を受け始める。17年後、巨漢の青年へと成長したマイケルは精神病院を脱走、愛する妹を追ってハドンフィールドへと向かうのだったが…。

「ハロウィン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: HALLOWEEN

「ハロウィン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハロウィン 4 ブギーマン復活

ブレイド

デュース・ビガロウ、激安ジゴロ!?

北斗の拳

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全51件

ハロウィン ネタバレ

投稿日:2015/04/12 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭の家族の朝食の風景からして、「こんな朝ごはん、イヤだ」と思わせる良いシーンでした。

殺人鬼の幼少時代が長くありますが、先天的なものと後天的なものが重なって。
残虐で歪んだ性格になってしまったという描写は、少し退屈でした。

大して子ども時代の効果も中盤からの流れに出てない感じをうけました。
前半、30分を丸々カットしても全然OKじゃないのか? と個人的に思いました、

殺しのシーンは、迫力あってドキドキしました。
効果的に音楽やSEが入って、独特の雰囲気があって、とても良かったです。

殺人鬼のマスクが不気味なこと不気味なこと。怖かったです。
暗闇の中から、ゆっくり現れるブギーマン。
ショッカーによる演出はなく、ゆったりと立ってるだけで怖さをあおってるのが、良いと思います。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ダンサーの見えない暗黒舞踏^^ ネタバレ

投稿日:2009/03/08 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いやぁ…真っ暗です。
そして説明の為にカメラが接写すべき点が全く分かっていないので画面で何が起こっているのか理解出来ません。
本当にこのロブゾンビって人は雰囲気だけで映画を撮っているんですね。
無論「映画の素人」は彼だけで撮影スタッフはプロだろうに誰も文句を言わないんでしょうか?。
謎ですねぇ。
この辺のピントのボケ方はリディックにも通じる説得力の無さが有りますね。
或る意味「天才」なのかも知れません。
綺麗に撮れるのと芸実的に撮れるのでは意味が違うとは思いますが最低限観客が観ている事を考えて場面の構築はして欲しいものです。
切った、叩いた、引っ掛けた…と言う表現は実際に事象を起こしている小物が明確にならないと説得力が有りません。
過去のカルト映画に出た俳優やロードオブザリングの蛇の舌、そして、知っている人だけ知っている」マチューテまで登場してくれるのは嬉しいですがB級ホラー映画のABCをオリジンのカーペンター、サムライミ辺りに教授を受けてから作品を世に出して欲しいとは思います。
考えてみればグラインドハウスのフェイクトレーラーで唯一興味を持たなかったのは「ナチ収容所の狼女」でしたねぇ。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ロブ・ゾンビ監督作品としては一番の出来映え

投稿日:2013/09/16 レビュアー:みなさん(退会)

オリジナルを久しく観ていないので確かなことは言えないが、比較的、オリジナルを尊重した作りだったような気がする。敢えて言えば、オリジナルよりも稀代の殺人鬼であるマイケル・マイヤーズを掘り下げていたように思う。それが上々の出来映えであったかどうかは別にして、力のこもった作品であったことは間違いない。並々ならぬ熱意が感じられた。

ストーリーはよく知られたものなので、ここでは割愛しておく。(笑)

本作品は、あどけない少年が、如何に殺人鬼として成長して行ったかに重点がおかれている。そのため、前半は、スラッシャ映画と言うよりも純粋なスリラー、或いはホラー映画といった趣きになっている。
だからと言って、殺戮シーンに手を抜いているわけではない。先にレビューをUPした『ザ・チャイルド/悪魔の起源』に較べると、マイケルの凶行シーンは素晴らしかった。(鬼畜の発言だな) 容赦のないところを表現するため、執拗に凶器を振り下ろす。絶命した直後の指の動きなど、リアルな反応も細かく描き込む。基本に忠実で、いい演出だった。

その目的も明確で、M.マイヤーズが生まれつき精神的に欠陥があるだけでなく、環境が異常性を育てていることを伝えている。劣悪な家庭環境にすべての原因を求めるわけではないが、突然、殺人鬼が生まれるわけではないことに、私たちは心の底で安心を得ることが出来る。映画としても、キチンと整理してくれたことで説得力が増したと思う。

ただ、そのために、ルーミス医師とマイケルの関係性が希薄になっている。また、成人したマイケルの暴れっぷりも、シリーズを観て来た者には物足りない。ここはやはりリメイクなのだからパワーUPしても良かったような気がする。

映像面でもオリジナルのテイストを尊重したのか、後半は暗めで粗い感じに仕上げている。それはOKだ。けれど、手持ちカメラを意識したブレの演出は、少々鬱遠しかった。

監督は、ロブ・ゾンビ。初監督作品『マーダー・ライド・ショー』で理屈抜きのパワーを見せてくれた。けれど、作品そのものは面白くも何ともなかった。その後、いろいろ勉強されたようで、『デビルズ・リジェクト/MRS2』では映画づくりのスキルをUP。いいスタッフにも巡り会えたのだろう、映像のクオリティが格段に上がっていた。本作品では、ほとんどのリメイクが失敗に終わるのを尻目に、バランスのいい作品に仕上げている。

ルーミス医師役に『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェル。この方は一生、『時計じかけの〜』と紹介されるんだろうなぁ。白髪に白い髭をたくわえ、いい顔立ちになっていた。
ロブ・ゾンビ監督作品では常連のシド・ヘイグや『悪魔のはらわた』のキア・デュリアがチョイ役で出演。そう言えば、ダニー・トレホも端役で出演していた。
奥さんのシェリー・ムーン・ゾンビが、マイケルの母親役で好演している。体で家計を支えるスレた部分と母親としてのピュアな部分を演じていた。出番が少ないだけに難しかっただろう。思うに、殺人鬼マイケルの二面性は、マスクが象徴するように、この母親から育まれたと解釈できる。

『ハロウィン』は、マニアの絶大な支持を得たシリーズだ。と同時に、研究本が出版されるようなアカデミックな魅力に溢れている。それは、マイケル・マイヤーズの衝動が、私たちの裡にも認められるものだからに違いない、と私は思っている。家族や親類縁者を殺しながら妹を追い求める姿は、理不尽ではあっても、一個人としては解らなくもないからだ。

シリーズを最初から観たくなる作品だった。オススメ!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

連続殺人鬼

投稿日:2009/09/09 レビュアー:ロンリー火真西

オリジナル見ていませんが、こうしてこのマスク男は誕生したのかと、少年時代のシーンが面白いです。
連続殺人鬼の典型みたいな人格
ロブゾンビの彼女?がまたまたまた出ています。
今度はまともな母親役で

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

行為障害 ネタバレ

投稿日:2009/03/29 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカの平均的な家庭、母=ストリッパー、父=アル中の怪我人、保険金で生活、姉=売春婦、僕=行為障害、で育った殺人鬼のお話です。医学的には行為障害=殺人鬼は日本のサカキバラ同様、ポピュラーですが、映画、小説ではありきたりなので、もう一工夫欲しかったです。「軍鶏」みたいに何もない家庭からいきなり殺人鬼がでてくる方が怖いけどなあ。

オリジナルのハロウィンが面白かったのは、ドナルドプレサンス扮するルーミス医師が一見まともそうで1番狂っているところ。「奴は悪意のかたまりだ」といって拳銃もって自分の患者追い回すような事、してみたいなあ。映画の中ででてくる精神科医ではオリジナル版のルーミス医師が一番すきです。

仕事柄、行為障害の患者みるけど、すくいようがありません。先天的な遺伝負因と後天的な環境で生まれるのはまさしくその通りで精神医学だけでは救う事ができず、教育、行政などの協力が必要です。それでも、医師だけで救おうとするなら、オリジナル版のルーミス医師みたいにならないといけないかも。
触法精神障害者の鑑定入院の場合、スタッフと患者を1対1にすることはありません。(うちの病院では)看護師、殺されたのルーミス医師のミスです。

オリジナルがやっぱり面白いけど、ハロウィン初心者はぜひ。あと女の子、きれいな子ばっかりで、ジョイミーリーカーティスみたいな、美人じゃないけど、おっぱい大きい子がでてないので誰が誰かわからなくなりました。
本当は「カーペンターにあやまれ」「ドナルドプレサンスにあやまれ」という表題にしたかったけど、あまり評判よくないので辞めました。リメイクものって限界あるなあ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全51件

ハロウィン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

ハロウィン

投稿日

2015/04/12

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭の家族の朝食の風景からして、「こんな朝ごはん、イヤだ」と思わせる良いシーンでした。

殺人鬼の幼少時代が長くありますが、先天的なものと後天的なものが重なって。
残虐で歪んだ性格になってしまったという描写は、少し退屈でした。

大して子ども時代の効果も中盤からの流れに出てない感じをうけました。
前半、30分を丸々カットしても全然OKじゃないのか? と個人的に思いました、

殺しのシーンは、迫力あってドキドキしました。
効果的に音楽やSEが入って、独特の雰囲気があって、とても良かったです。

殺人鬼のマスクが不気味なこと不気味なこと。怖かったです。
暗闇の中から、ゆっくり現れるブギーマン。
ショッカーによる演出はなく、ゆったりと立ってるだけで怖さをあおってるのが、良いと思います。

ダンサーの見えない暗黒舞踏^^

投稿日

2009/03/08

レビュアー

アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いやぁ…真っ暗です。
そして説明の為にカメラが接写すべき点が全く分かっていないので画面で何が起こっているのか理解出来ません。
本当にこのロブゾンビって人は雰囲気だけで映画を撮っているんですね。
無論「映画の素人」は彼だけで撮影スタッフはプロだろうに誰も文句を言わないんでしょうか?。
謎ですねぇ。
この辺のピントのボケ方はリディックにも通じる説得力の無さが有りますね。
或る意味「天才」なのかも知れません。
綺麗に撮れるのと芸実的に撮れるのでは意味が違うとは思いますが最低限観客が観ている事を考えて場面の構築はして欲しいものです。
切った、叩いた、引っ掛けた…と言う表現は実際に事象を起こしている小物が明確にならないと説得力が有りません。
過去のカルト映画に出た俳優やロードオブザリングの蛇の舌、そして、知っている人だけ知っている」マチューテまで登場してくれるのは嬉しいですがB級ホラー映画のABCをオリジンのカーペンター、サムライミ辺りに教授を受けてから作品を世に出して欲しいとは思います。
考えてみればグラインドハウスのフェイクトレーラーで唯一興味を持たなかったのは「ナチ収容所の狼女」でしたねぇ。

ロブ・ゾンビ監督作品としては一番の出来映え

投稿日

2013/09/16

レビュアー

みなさん(退会)

オリジナルを久しく観ていないので確かなことは言えないが、比較的、オリジナルを尊重した作りだったような気がする。敢えて言えば、オリジナルよりも稀代の殺人鬼であるマイケル・マイヤーズを掘り下げていたように思う。それが上々の出来映えであったかどうかは別にして、力のこもった作品であったことは間違いない。並々ならぬ熱意が感じられた。

ストーリーはよく知られたものなので、ここでは割愛しておく。(笑)

本作品は、あどけない少年が、如何に殺人鬼として成長して行ったかに重点がおかれている。そのため、前半は、スラッシャ映画と言うよりも純粋なスリラー、或いはホラー映画といった趣きになっている。
だからと言って、殺戮シーンに手を抜いているわけではない。先にレビューをUPした『ザ・チャイルド/悪魔の起源』に較べると、マイケルの凶行シーンは素晴らしかった。(鬼畜の発言だな) 容赦のないところを表現するため、執拗に凶器を振り下ろす。絶命した直後の指の動きなど、リアルな反応も細かく描き込む。基本に忠実で、いい演出だった。

その目的も明確で、M.マイヤーズが生まれつき精神的に欠陥があるだけでなく、環境が異常性を育てていることを伝えている。劣悪な家庭環境にすべての原因を求めるわけではないが、突然、殺人鬼が生まれるわけではないことに、私たちは心の底で安心を得ることが出来る。映画としても、キチンと整理してくれたことで説得力が増したと思う。

ただ、そのために、ルーミス医師とマイケルの関係性が希薄になっている。また、成人したマイケルの暴れっぷりも、シリーズを観て来た者には物足りない。ここはやはりリメイクなのだからパワーUPしても良かったような気がする。

映像面でもオリジナルのテイストを尊重したのか、後半は暗めで粗い感じに仕上げている。それはOKだ。けれど、手持ちカメラを意識したブレの演出は、少々鬱遠しかった。

監督は、ロブ・ゾンビ。初監督作品『マーダー・ライド・ショー』で理屈抜きのパワーを見せてくれた。けれど、作品そのものは面白くも何ともなかった。その後、いろいろ勉強されたようで、『デビルズ・リジェクト/MRS2』では映画づくりのスキルをUP。いいスタッフにも巡り会えたのだろう、映像のクオリティが格段に上がっていた。本作品では、ほとんどのリメイクが失敗に終わるのを尻目に、バランスのいい作品に仕上げている。

ルーミス医師役に『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェル。この方は一生、『時計じかけの〜』と紹介されるんだろうなぁ。白髪に白い髭をたくわえ、いい顔立ちになっていた。
ロブ・ゾンビ監督作品では常連のシド・ヘイグや『悪魔のはらわた』のキア・デュリアがチョイ役で出演。そう言えば、ダニー・トレホも端役で出演していた。
奥さんのシェリー・ムーン・ゾンビが、マイケルの母親役で好演している。体で家計を支えるスレた部分と母親としてのピュアな部分を演じていた。出番が少ないだけに難しかっただろう。思うに、殺人鬼マイケルの二面性は、マスクが象徴するように、この母親から育まれたと解釈できる。

『ハロウィン』は、マニアの絶大な支持を得たシリーズだ。と同時に、研究本が出版されるようなアカデミックな魅力に溢れている。それは、マイケル・マイヤーズの衝動が、私たちの裡にも認められるものだからに違いない、と私は思っている。家族や親類縁者を殺しながら妹を追い求める姿は、理不尽ではあっても、一個人としては解らなくもないからだ。

シリーズを最初から観たくなる作品だった。オススメ!

連続殺人鬼

投稿日

2009/09/09

レビュアー

ロンリー火真西

オリジナル見ていませんが、こうしてこのマスク男は誕生したのかと、少年時代のシーンが面白いです。
連続殺人鬼の典型みたいな人格
ロブゾンビの彼女?がまたまたまた出ています。
今度はまともな母親役で

行為障害

投稿日

2009/03/29

レビュアー

trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカの平均的な家庭、母=ストリッパー、父=アル中の怪我人、保険金で生活、姉=売春婦、僕=行為障害、で育った殺人鬼のお話です。医学的には行為障害=殺人鬼は日本のサカキバラ同様、ポピュラーですが、映画、小説ではありきたりなので、もう一工夫欲しかったです。「軍鶏」みたいに何もない家庭からいきなり殺人鬼がでてくる方が怖いけどなあ。

オリジナルのハロウィンが面白かったのは、ドナルドプレサンス扮するルーミス医師が一見まともそうで1番狂っているところ。「奴は悪意のかたまりだ」といって拳銃もって自分の患者追い回すような事、してみたいなあ。映画の中ででてくる精神科医ではオリジナル版のルーミス医師が一番すきです。

仕事柄、行為障害の患者みるけど、すくいようがありません。先天的な遺伝負因と後天的な環境で生まれるのはまさしくその通りで精神医学だけでは救う事ができず、教育、行政などの協力が必要です。それでも、医師だけで救おうとするなら、オリジナル版のルーミス医師みたいにならないといけないかも。
触法精神障害者の鑑定入院の場合、スタッフと患者を1対1にすることはありません。(うちの病院では)看護師、殺されたのルーミス医師のミスです。

オリジナルがやっぱり面白いけど、ハロウィン初心者はぜひ。あと女の子、きれいな子ばっかりで、ジョイミーリーカーティスみたいな、美人じゃないけど、おっぱい大きい子がでてないので誰が誰かわからなくなりました。
本当は「カーペンターにあやまれ」「ドナルドプレサンスにあやまれ」という表題にしたかったけど、あまり評判よくないので辞めました。リメイクものって限界あるなあ。

11〜 15件 / 全51件