ランボーの画像・ジャケット写真

ランボー / シルベスター・スタローン

全体の平均評価点:(5点満点)

67

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

ジャンル :

「ランボー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

アメリカ北西部の小さな町を訪れた元グリーン・ベレーの隊員が、地方警察のいわれの無い仕打ちに絶えかね逆襲に出る。ベトナムで会得した戦術を駆使して、1対多の戦闘を見せる展開はアクション物としては及第。周囲から孤立して行く戦場帰りの男の悲哀も程良い味付けになっている。原題の“最初の血”には“どちらが先にしかけたか”の意がある。

「ランボー」 の作品情報

作品情報

製作年:

1982年

製作国:

アメリカ

原題:

FIRST BLOOD

「ランボー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

大脱出2

聖杯たちの騎士

セレブの種

プルーフ・オブ・ライフ

ユーザーレビュー:67件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全67件

ベトナム帰還兵

投稿日:2017/01/18 レビュアー:カマンベール

昔、地上波で観た記憶があります。2か3だったかも知れない。

ベトナムでグリーンベレーとして熾烈な殺し合いをした記憶が、
ジョン・ランボーをフラッシュバックで襲います。

戦争の英雄も帰ってくれば、邪魔者扱い。
デモ隊が「子供を殺した」と騒ぎ立てる。

ふらりと立ち寄った町に、戦友はベトナム戦争に米軍が撒いた、
枯れ葉剤の毒で癌で亡くなっていた。
「アメリカの森」にも、出てきました。
追い討ちをかけるように、不審者扱いの「保安官」は邪魔者
扱いをして、挙句に留置され虐待を受けるランボー。
彼の「怒りの爆発」は手が付けられない。
この役を何人も何人もの俳優が辞退したそうです。
「ランボー」は楽しむ映画ではない。
ベトナム戦争で壊れてしまった帰還兵の、
胸の内・・恨み・辛みそして願望の鎮魂歌です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

。。。。。。

投稿日:2011/04/05 レビュアー:エロエロ大魔神

意地悪保安官!あなたはやられて当然!??
狩りをするほうが狩られる恐怖!へっぽこ州兵には笑えた!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

帰還兵の悲哀 ネタバレ

投稿日:2008/05/23 レビュアー:Maxim

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ランボーシリーズの1作目。
TVで久々にみましたが、改めて名作だな〜と思いました。

1982年の映画なので、今から20年以上前の映画なんですね。うそみたい…

内容は単純明快、アクション映画のそれで、ハイテクを駆使した現代のものと
比較すれば、物足りないと思う人もいるかもしれません。
しかし、とてもリアリティのある場面が各所に散りばめられていて、
廃坑から脱出までのシーンや、古い映画だからなのか低予算だからなのか
日本のそこら辺にありそうな山でのゲリラ戦など、非常にリアルでした。

そして無口で無敵のランボーが最後のシーンで涙ながらに訴えるシーンは、
何度も見ている映画にもかかわらず、胸が締め付けられます。

ランボーの行為の根源にある計り知れない悲しみ。
帰還兵の悲哀が切ないくらい伝わってきました。

単なるアクション映画にあらず。
全ては最後のセリフに込められた渾身の社会派映画です。
元グリーンベレーの英雄ランボーの末路を見て、戦争は嫌だなと思いました。

実際スタローンはこの映画の撮影であばらを折り、腕を縫うシーンは
本当に縫っているという話なので、相当意欲的に取り組んでいたことが
うかがえます。

ベトナム戦争終結から7年後に作られた本作。
アメリカで社会問題となっていたベトナム帰還兵の問題に対する
制作者側の問題提起が伝わります。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱおもしろいなぁ・・・。

投稿日:2008/01/05 レビュアー:RA6don

良くも悪くも名作は名作。

たまに迷作に出会うこともあるけど
こいつはやっぱ、おもしろい。

シリーズものってなぜ一作目を超えられない
ことが多いのでしょう?
謎だなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

一人だけの軍隊 ネタバレ

投稿日:2007/09/08 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

触れてはいけないものにふれてしまった恐怖。弱そうなオヤジを狩りしようと思ったら、古武術の達人だったみたいなもんでしょうか?喧嘩売るなら相手みないとね。
保安官にしてみれば、与太者をからかっただけだったのに、その相手が殺人機械だった恐怖があるのでは?逆に言うと酷い目にあっていた人がたくさんいたことになりますが。

イーストウッドの触れてはいけないもの作品、「荒野のストレンジャー」「ペイルライダー」「許されざる者」が大好きですが、スタローンに関してはこの作品がすきですね。この人、絶対泣き顔がいいです。偉そうにしてはいかんです。

原作を読みましたが、映画の方が好きです。アクションも凄かったのですが、ラスト自分の心情を泣きながら話す場面にはもらい泣きしてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全67件

ランボー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:67件

ベトナム帰還兵

投稿日

2017/01/18

レビュアー

カマンベール

昔、地上波で観た記憶があります。2か3だったかも知れない。

ベトナムでグリーンベレーとして熾烈な殺し合いをした記憶が、
ジョン・ランボーをフラッシュバックで襲います。

戦争の英雄も帰ってくれば、邪魔者扱い。
デモ隊が「子供を殺した」と騒ぎ立てる。

ふらりと立ち寄った町に、戦友はベトナム戦争に米軍が撒いた、
枯れ葉剤の毒で癌で亡くなっていた。
「アメリカの森」にも、出てきました。
追い討ちをかけるように、不審者扱いの「保安官」は邪魔者
扱いをして、挙句に留置され虐待を受けるランボー。
彼の「怒りの爆発」は手が付けられない。
この役を何人も何人もの俳優が辞退したそうです。
「ランボー」は楽しむ映画ではない。
ベトナム戦争で壊れてしまった帰還兵の、
胸の内・・恨み・辛みそして願望の鎮魂歌です。

。。。。。。

投稿日

2011/04/05

レビュアー

エロエロ大魔神

意地悪保安官!あなたはやられて当然!??
狩りをするほうが狩られる恐怖!へっぽこ州兵には笑えた!

帰還兵の悲哀

投稿日

2008/05/23

レビュアー

Maxim

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ランボーシリーズの1作目。
TVで久々にみましたが、改めて名作だな〜と思いました。

1982年の映画なので、今から20年以上前の映画なんですね。うそみたい…

内容は単純明快、アクション映画のそれで、ハイテクを駆使した現代のものと
比較すれば、物足りないと思う人もいるかもしれません。
しかし、とてもリアリティのある場面が各所に散りばめられていて、
廃坑から脱出までのシーンや、古い映画だからなのか低予算だからなのか
日本のそこら辺にありそうな山でのゲリラ戦など、非常にリアルでした。

そして無口で無敵のランボーが最後のシーンで涙ながらに訴えるシーンは、
何度も見ている映画にもかかわらず、胸が締め付けられます。

ランボーの行為の根源にある計り知れない悲しみ。
帰還兵の悲哀が切ないくらい伝わってきました。

単なるアクション映画にあらず。
全ては最後のセリフに込められた渾身の社会派映画です。
元グリーンベレーの英雄ランボーの末路を見て、戦争は嫌だなと思いました。

実際スタローンはこの映画の撮影であばらを折り、腕を縫うシーンは
本当に縫っているという話なので、相当意欲的に取り組んでいたことが
うかがえます。

ベトナム戦争終結から7年後に作られた本作。
アメリカで社会問題となっていたベトナム帰還兵の問題に対する
制作者側の問題提起が伝わります。

やっぱおもしろいなぁ・・・。

投稿日

2008/01/05

レビュアー

RA6don

良くも悪くも名作は名作。

たまに迷作に出会うこともあるけど
こいつはやっぱ、おもしろい。

シリーズものってなぜ一作目を超えられない
ことが多いのでしょう?
謎だなぁ。

一人だけの軍隊

投稿日

2007/09/08

レビュアー

trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

触れてはいけないものにふれてしまった恐怖。弱そうなオヤジを狩りしようと思ったら、古武術の達人だったみたいなもんでしょうか?喧嘩売るなら相手みないとね。
保安官にしてみれば、与太者をからかっただけだったのに、その相手が殺人機械だった恐怖があるのでは?逆に言うと酷い目にあっていた人がたくさんいたことになりますが。

イーストウッドの触れてはいけないもの作品、「荒野のストレンジャー」「ペイルライダー」「許されざる者」が大好きですが、スタローンに関してはこの作品がすきですね。この人、絶対泣き顔がいいです。偉そうにしてはいかんです。

原作を読みましたが、映画の方が好きです。アクションも凄かったのですが、ラスト自分の心情を泣きながら話す場面にはもらい泣きしてしまいました。

11〜 15件 / 全67件