(500)日のサマー

(500)日のサマーの画像・ジャケット写真
(500)日のサマー / ズーイー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

128

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「(500)日のサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を、青年の心情に寄り添ってリアルに綴る異色のロマンティック・コメディ。主演はジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネル。監督は新鋭マーク・ウェブ。グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

「(500)日のサマー」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: (500) DAYS OF SUMMER

「(500)日のサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

(500)日のサマーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
165枚 9人 9人

【Blu-ray】(500)日のサマー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全128件

恋の手触り・・ネタバレ

投稿日:2010/09/13 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんて、忘れてしまっていたのですが、久々に思い出すことのできた作品でした。
観る人の経験による自己投影で、印象ががらりと変わる物語だと思います。

ぶっちゃけ、トムの失恋と立ち直りの物語で、それ以上でも以下でもありません。(500)日を前後させたり画面を分割したりの技法、子供が恋の相談役だったりミュージカル調でウキウキ感を表現する突飛さや誇張は、普通の失恋物語を飽きさせずに最後まで魅せる上手い手法だと思いました。
一見、軽そうなノリで押し切る物語のようですが、なかなかどうして、それは重苦しくならないような気配りなのでは、とも思いました。

特に、サマーの性格付けがいいですね。エキセントリックでやや自己愛の傾向が強い女性として描かれていたと思いました。
ぱっと見、サマーは酷い女と思えますが、でも、ほとんどの人がそうなんじゃないでしょうか。恋に飢えていなかったら、誰しも自分の理想を追い求めますよね。サマーは自分に正直な女で、未だ恋を探していた途中だったのでしょう。一方トムは、運命という言葉に引きずられすぎて、理想の衣でサマーを覆い尽くしてごまかそうとしたのではないでしょうか。
冷静に見ると、音楽の趣味は似通っているが、性格の合わない二人。恋は盲目と言う通り、似合わない二人はお互いに歩み寄ろうとしていたのでしょう、が、妥協を許せないサマーは、出会いに運命という付加価値を見出すトムには、存在が大き過ぎたのでしょう。それがサマーにとってどんどん重荷になって、二人はすれ違って行くのでしょう。
ある日サマーは、他の人にはつまらないが彼女にとって大事なこと、ある本に対することで、恋を知るのでしょう。それが彼女にとっての運命だったのでしょう、ビビビッと来たのでしょう。どんなにつまらなくても当事者にしか分からない、運命を感じてしまったのでしょう。
文字通り、運命に従い別れることになるのだが、それはトムにはよい教訓となるのでしょう。
甘酸っぱくほろ苦い、青春を通り過ぎてから老成を迎える前の、思うほどに息苦しく夜も眠れぬ恋心を描写した物語でした。

そう思うのも、私に似たような経験があるからで、それは・・・またいつか機会がありましたらお話しましょう。★3

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

恋愛の素敵を濃縮還元ネタバレ

投稿日:2010/09/09 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ん〜、とても良いですね。おばさん、十分に楽しめました。

 観ている最中は、「なんでもない男女」の「フツーの恋愛」でとっても「リアル」・・・な〜んて思ったのだけど。観終わってよ〜く考えてみたら、そう確信させられちゃうとこが逆にヒジョーによく出来た「作り物」で、この物語自体はリアルではないと思えてきたのですね。たぶん、観ている者それぞれが持っている「恋愛に関する感覚」を呼び覚まされる“エッセンス”に満ちている、そういうことだろうと。

 サマーという女の子(ズーイー・デシャネル)に出会った男の子トム(ジョセフ・ゴードン=レビット )の物語。音楽の趣味が一緒ってとこから急接近して夢中になって、デートする仲にはなったものの、いつまでも「恋人じゃなくて友達ね」とはぐらかされの、トホホな恋愛模様。んで、いろいろあって苦い別れもやってくるが、その後もなんだかんだと話は続く。

 この「うだうだ話」が退屈にならず、「勝手にやってれば」感に襲われることもなく、最後までキュンと胸の深いところを刺激されて「切な気持ちイイ(?)」感じで見続けられたのは、時間軸操作の成功ももちろんあるのだけど、それよりは、やっぱりこの映画の「恋愛」に対するスタンスの「確かさ」にあるように思う。恋愛の濃縮還元ぐあいにワザがあるのだなぁ。
 
 恋愛って100人100様の形があるとは思うけど、当然、楽しくて美しいことばかりじゃない。醜く汚い澱(オリ)が誰の「恋バナ」にも沈んでいるのではないだろうか。真剣に人を好きになって、相手に恋焦がれて、その想いが強ければ強いほどルナティックな恋情が暴走して相手も自分も傷つけてしまう。そういう「苦い想い出」を抱えている人ってけっこういると思う。これは下手すると「思い出したくもない」ってトラウマになる訳だけど、この映画はそういう負の感情をあからさまに刺激することは巧妙に避けてる気がする。もちろん、感情のスイッチって人によって違うのでこの作品を見てイヤ〜な感情に襲われたって人もいるかもしれないけど、エピソードとしてはかなり「柔らかめ」な線で統一されているんじゃないかと、個人的には思えた。

 さきほど、ルナティックな恋情が破滅を招く、みたいなことを言いましたが、この映画の場合トム君のほうが想いが強く、サマーは自分で自分の気持ちを量りかねてる風で、まぁ一歩引いてる感じなんですね。そうすると、トム君がもっとギャアギャア荒れ狂ってサマーを傷つけまくって自己嫌悪に陥って、という目も当てられないイタイ恋愛模様を繰り広げてもおかしくないのに、そうはしてない。「私たちケンカばかりしてるじゃない」とサマーが「一人倦怠期」に入ってる時も、トム君は必死にジョークをかまし(2人がラブラブだった時のジョークなので痛々しい)、楽しい気分を演出しようと努力する。

 サマーが自分たちをシド&ナンシーに例えると、トムが「僕は君を刺したりしてない」と反論する。するとサマーは「刺してるのは私よ」と言うのだ。シド&ナンシーのことは良く知らないけど、このやり取りからはトムがサマーを傷つけたりしてないことが分かる。むしろ、だんだんと気持ちが冷めていってるサマーの方がトムを傷つけている。でも、人ってさほど好きじゃない相手なら傷つけてもわりに平気でいられるもんじゃないかなぁと。本当にしんどいのは、好きな相手を傷つけてしまうことだ。大好きな相手に対して、可愛さ余って憎さ百倍の憎悪の炎を燃やしてしまう、そういう、自分が自分でなくなってしまうような場面こそが恋愛の修羅場なんじゃないでしょうかね。でも、この映画にはそういうドロドロのシーンがないのですよ。トム君が一人で「サマーなんか○○○○だぁ〜ッ!」っと叫んでも、なんか爽やかじゃないすか。(笑) ああ、この子は本当に彼女のことが好きなんだなぁって、ほのぼのしてしまう。

 トム君は確かに辛いけどさ、取り返しのつかない失敗はしてない。イヤな男に成り下がっちゃいない。そこに救われる。素直に「人を好きになるって素敵なことだな」と思わせてくれる。それがこの映画のスタンスだと思う。「人を好きになるって素敵なこと」。それは、あのミュージカル・シーンに凝縮されてるじゃありませんか。世界中が自分に微笑んでくれる瞬間。「ロシュフォールの恋人たち」を彷彿とさせる浮かれポンチぶりに、観ているこっちまで幸せな気分になった。

 一方のサマーちゃんはどうしたって悪役だけど、若い女の子ってこんなもんじゃないすかね(と、一言で片づけてみる)。紙数尽きたので、こんなところで。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男の子から見たウジウジ系の恋愛話

投稿日:2010/09/01 レビュアー:ぴぐぽぐ

こういうお話って女の子からの視点だと良くあるような気がしますが、男の子からの視点って今まであまりなかったような。
その点が新しかったかな。

「インセプション」ではけっこうカッコ良かった彼が、これではフツーすぎるくらいフツーの男の子。

役によってこんなに印象が変わるのにびっくり。

ちょっと情けなくした頼りないヒース・レジャーみたいだなと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サマーがキライネタバレ

投稿日:2010/07/09 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

公開当時、評価の高い作品でしたね。ブルーレイで見てみました。
このディスク、読み込みが遅かったです。
砂時計や歯車マークも出ずに真っ暗なまま
なかなか始まらなので、故障かと思いました。

映像は洗練されていて、音楽もいいし、
映画としてはよくできた作品でしたね。
(↓ネタバレして書いてます)

現実にもよくある出来事なんですよね。
彼にとって、彼女は運命の人だったけど
彼女にとって彼はそうじゃなかった…

サマーは、両親が離婚したことも原因でしょうか、
愛を信じていなかった。
最初から「恋人はいらない」と表明していて
トムはそれを承知の上、付き合い始めているし、
人は自分の気持ちに正直に生きるべきなので、
誰が悪いというわけではないんだけど…

ここまで振り回すっていうのは、どうなんでしょうね。
彼女はあまり傷ついたことがなくて、
人の気持ちがわからないんじゃないの?と思ってしまいます。
天真爛漫な魅力にハマる人もいるんでしょうけど
私は好きじゃないです。

意外なところにハリソン・フォードが…(^.^)

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

掌を返された理由ネタバレ

投稿日:2010/07/03 レビュアー:カプチーノ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

女性の方から積極的に近づいてきて交際がはじまり、
その後も女性に押しまくられる。
てっきり自分にゾッコンだと思ってしまって、
そのつもりで、こちらは対応する。
前日まで、もう身も心もあなたのものよというような関係だったのが、
翌日会った時は掌をかえされたように冷たい態度。
男性諸氏、こういう経験をお持ちでしょうか。私はあります。
ラヴコメですが、男性必見の作品。
惚れたのは男性のトム君が先ですが、手をつないできたのは女性の方から。
この時点で、男はもう有頂天。
その気になって、ルンルン気分でいたらある日のデートで心変わりしている。
なぜ?
女性にしてみたらその時は理由を言えないのか、言わない。
たぶん相手を傷つけるだろうからと思うのでしょうが、男としたらはっきり言って欲しい。
映画の中で主人公のトムは、理由がわからず、
でもサマーには未練たらたらで、悶々と暮らす。
(以下ネタバレ)
サマーと一緒にかって行った場所に座って
景色を眺めながら追憶にひたっていると
サマーがやってきて、他の人と婚約した理由を告げる。
「ある朝起きたら、あなたが決まった人(運命の人)ではないと感じた。」と。
この言葉を早く聞きたい、と男は思います。
女性が一夜にして掌をかえす理由がこの映画を観たことでわかりました。
運命の人ではないと言われたら、その瞬間に熱い恋も醒めます。
早く言って欲しい。
トム君がサマーを見初めてから新しい恋が芽生えるまでの500日を描いた作品。
時間が行ったりきたりして、
結果がわかって前の行動をみるという映画の作りかたも面白い。
トム君、若いとはいえ、500日の悶々とした期間は長すぎるような。
100日ぐらいで立ち直らなきゃあ。
ラストは、トム君の明るい前途を予感させ、
後味さわやかな、なかなかの秀作。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全128件

(500)日のサマー