ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE. / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

100

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

社会現象を巻き起こした「エヴァンゲリオン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第2弾。新キャラクター、真希波・マリ・イラストリアスを加え、大きな運命を託された14歳の少年・碇シンジの物語はTV版とも違う未知の領域へ突入する。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

愛天使伝説 ウエディングピーチ

パプリカ

幽☆遊☆白書 映像白書

トップをねらえ2!

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全100件

感動させられた

投稿日:2012/07/28 レビュアー:ロンリー火真西

物語の設定上主人公が少年少女なのはわかりますが、現実的になんでエヴァのパイロットって子供でなければいけないんでしょうか?

まぁそれはいいとして、シンジと綾波ともう一人の少女の関係に感動させられました
その感動シーンのBGMに童謡が使われているのが、懐かしくて寂しくてシーンとマッチしていてさらに感動を引き立てていました

これで終わりなんでしょうか?
3.33とかないんでしょうね

心を閉ざした少年少女が他人に心を開き始めエヴァと共に覚醒し、人類は新たなるステージへ移行していったんですねぇ・・・

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

裸の感情に従え

投稿日:2010/07/26 レビュアー:ビンス

面白い。
ごっつ面白い。
友達の間で話し合われてた話題。
「ガンダムとエヴァ、どっちが好きか?」
ボクはガンダム派。
エヴァは確かに面白い。
だけどどんどん解り難くなって。
どんどん置いてきぼりくらって。
どんどん独り善がりの一人歩き。
だからガンダム派・・・・だったけど!
これよりボクはエヴァ派です。
このまま再構築劇場版が「わかりやすく、楽しく」進んでくれるなら、完全にエヴァ派です。
楽しませていただきました。
興奮させていただきました。
観終わった後暫く呆然とさせていただきました。
面白かった喜びを整理するのに時間がかかるぐらい良かったです。
シンジ君。
今回の君はイイぞ。
見直したぞ。
己の裸の感情に従え。
そうすることで見えてきた前向きな希望。
必ず掴み取れ。
綾波レイ。
今回の君はさらにイイぞ。
アスカが好きなボクもちょっと気持ちが傾いてしまったよ。
揺らいでしまったよ。
わからないなら素直に。
素直に心を開いてみよう。
前向きなオーラが漂うエヴァ空間は気持ちいい。
そしてアスカ。
今回から登場のアスカ。
名字がチェンジ。
より素直に。
かわいらしさが前より押し出された。
それなのにそれなのに。
次回劇場版の予告の姿はふぁふぃ?(何)
そんなのありかよ・・・・
一時的なものだよね・・・・
それだけが不満。
前作「序」はテレビシリーズのアップグレード版的な感じでしたが、今回の「破」は文字通りテレビ版の展開を破壊して再構築。
新しさに満ち満ちた世界が広がります。
受ける衝撃もハンパないです。
新しい登場人物に物語。
使徒も若干デザインや特徴がリニューアルされ、新たなる攻撃をしかけてきます。
個人的には日常生活や中学生(シンジ君たち)の「好きだなんだ」のパートが増えているのも嬉しい限りです。
そういうシーンのドキドキもかなりイイです。
謎は謎のまま。
だけど受け入れやすい。
だから続きが欲しい欲しい。
早くQを!
早く劇場版第三弾「Q」を!!!
なにとぞ!
なにとぞ!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ぱんつまるみえ

投稿日:2010/07/26 レビュアー:まぐのりあ

しりあいのこがこれのふぁんということでかりてみました

赤毛のこのパンツシーンがやたらおおい

きのよわいおとこのこがさいごにうちき?なおんなのことの
はかない愛にめざめました。このくだりはわるくない


しかし こんな血のドバドバ出るロボットを舞台に出して
町を破壊しまくらねば舞台設定に満足しないひとたちむけのものがたりかとおもうと
多少なりともしょうねんしょうじょにまじめに感情移入した自分が
悲しかったです

気持は良く書けていたと思いますが

こんな設定トンデモすぎてつかれた
きばった声だせば あとオンドラァとかグオワァとか言えばえらいとおもってるらしい演出が
あと そう てっぽうだしたり血だしたりおんなのこのむねだしたりするのが
すごーくステイタスというかうけて興行収入があがるからこういうシーンが多い
こんなもん見て本気にする子が沢山居る(口では分かってると言いつつも)

みなさんでたのしんでください。
むかしは結構アニメも見た事があるのに
何故ここまで心が反応しないか自分で不思議でした
有る意味私が綾波レイ(こんなこと書いたら信者に殺されるかも)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

エヴァなんて興味ないけど、、、

投稿日:2010/07/21 レビュアー:R32

世間が騒いでるんで、前作のエヴァも観たのですが、、、

まあ昔で言う戦隊物を想像してたのが、さすがに大人向けのアニメ。
破滅・孤独・引きこもり・ロリ・コスプレ。
いろんな要素を取り入れてあり、新鮮でそこそこの衝撃を受けました。
ただ、あまりの物静けさに後半に寝てしまいました。

今回のエヴァでは、私自身前回で新鮮さを体験してしまったので
のっけから衝撃は何も無かったです。
唯一、最近スロットでエヴァを打つことがあるので、それとシンクロしてのちょっとした感動は感じました。

そして、今作の後半。
こんな私でも、感動と衝撃で身震いしました。
全くも予想もつかない破滅的な結末。
そして、そこからの凄まじい急展開。
次回作への期待が高まります。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

O(≧∇≦)O イエイ!!

投稿日:2010/07/10 レビュアー:まーらん

いや、マジこれ凄いですよ。前作の『序』はそのままTVのダイジェスト版といったかんじで、あくまで『序章』という作品でしたが、今回の『破』は全く違いました。

ストーリー展開、テンポ、使徒との戦闘シーン、シンジやアスカ、レイの日常シーン・・・
文句の付けようがありません。

作画の美しさはCG技術の格段の進歩がありますので、当然と言えば当然ですが、今回の『破』はまさしく「旧ヱヴァ」の余計な部分(しつこいほどの精神描写、シンジのヘタレっぷり等)を破って新しいヱヴァの創造に成功しています。

そしてアスカ、レイ、ミサトらのキャラクターもTVシリーズや、前劇場版よりも人間臭く、そして「女の子」の部分がとてもいい感じに出ていました。

今回の評価
キャスト:★★★★★
演出:★★★★★
脚本:★★★★
尺:★★☆☆☆
映像:★★★★★


総合:★★★★☆

各項目の評価で「尺」だけが★二つですが、これは「もっと見たい!」「短すぎる!」という意味での不満です。
それ以外はフルマークの★5つ。もしかしたら、歴史的な大作になるような気がしてます。

あと、個人的にはアスカやミサト、マリら女性キャラのおっぱいが「ぽよん」と揺れるシーンが多いのが嬉しかったです。(笑)

正に「サービスサービス♪」でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全100件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:100件

感動させられた

投稿日

2012/07/28

レビュアー

ロンリー火真西

物語の設定上主人公が少年少女なのはわかりますが、現実的になんでエヴァのパイロットって子供でなければいけないんでしょうか?

まぁそれはいいとして、シンジと綾波ともう一人の少女の関係に感動させられました
その感動シーンのBGMに童謡が使われているのが、懐かしくて寂しくてシーンとマッチしていてさらに感動を引き立てていました

これで終わりなんでしょうか?
3.33とかないんでしょうね

心を閉ざした少年少女が他人に心を開き始めエヴァと共に覚醒し、人類は新たなるステージへ移行していったんですねぇ・・・

裸の感情に従え

投稿日

2010/07/26

レビュアー

ビンス

面白い。
ごっつ面白い。
友達の間で話し合われてた話題。
「ガンダムとエヴァ、どっちが好きか?」
ボクはガンダム派。
エヴァは確かに面白い。
だけどどんどん解り難くなって。
どんどん置いてきぼりくらって。
どんどん独り善がりの一人歩き。
だからガンダム派・・・・だったけど!
これよりボクはエヴァ派です。
このまま再構築劇場版が「わかりやすく、楽しく」進んでくれるなら、完全にエヴァ派です。
楽しませていただきました。
興奮させていただきました。
観終わった後暫く呆然とさせていただきました。
面白かった喜びを整理するのに時間がかかるぐらい良かったです。
シンジ君。
今回の君はイイぞ。
見直したぞ。
己の裸の感情に従え。
そうすることで見えてきた前向きな希望。
必ず掴み取れ。
綾波レイ。
今回の君はさらにイイぞ。
アスカが好きなボクもちょっと気持ちが傾いてしまったよ。
揺らいでしまったよ。
わからないなら素直に。
素直に心を開いてみよう。
前向きなオーラが漂うエヴァ空間は気持ちいい。
そしてアスカ。
今回から登場のアスカ。
名字がチェンジ。
より素直に。
かわいらしさが前より押し出された。
それなのにそれなのに。
次回劇場版の予告の姿はふぁふぃ?(何)
そんなのありかよ・・・・
一時的なものだよね・・・・
それだけが不満。
前作「序」はテレビシリーズのアップグレード版的な感じでしたが、今回の「破」は文字通りテレビ版の展開を破壊して再構築。
新しさに満ち満ちた世界が広がります。
受ける衝撃もハンパないです。
新しい登場人物に物語。
使徒も若干デザインや特徴がリニューアルされ、新たなる攻撃をしかけてきます。
個人的には日常生活や中学生(シンジ君たち)の「好きだなんだ」のパートが増えているのも嬉しい限りです。
そういうシーンのドキドキもかなりイイです。
謎は謎のまま。
だけど受け入れやすい。
だから続きが欲しい欲しい。
早くQを!
早く劇場版第三弾「Q」を!!!
なにとぞ!
なにとぞ!

ぱんつまるみえ

投稿日

2010/07/26

レビュアー

まぐのりあ

しりあいのこがこれのふぁんということでかりてみました

赤毛のこのパンツシーンがやたらおおい

きのよわいおとこのこがさいごにうちき?なおんなのことの
はかない愛にめざめました。このくだりはわるくない


しかし こんな血のドバドバ出るロボットを舞台に出して
町を破壊しまくらねば舞台設定に満足しないひとたちむけのものがたりかとおもうと
多少なりともしょうねんしょうじょにまじめに感情移入した自分が
悲しかったです

気持は良く書けていたと思いますが

こんな設定トンデモすぎてつかれた
きばった声だせば あとオンドラァとかグオワァとか言えばえらいとおもってるらしい演出が
あと そう てっぽうだしたり血だしたりおんなのこのむねだしたりするのが
すごーくステイタスというかうけて興行収入があがるからこういうシーンが多い
こんなもん見て本気にする子が沢山居る(口では分かってると言いつつも)

みなさんでたのしんでください。
むかしは結構アニメも見た事があるのに
何故ここまで心が反応しないか自分で不思議でした
有る意味私が綾波レイ(こんなこと書いたら信者に殺されるかも)

エヴァなんて興味ないけど、、、

投稿日

2010/07/21

レビュアー

R32

世間が騒いでるんで、前作のエヴァも観たのですが、、、

まあ昔で言う戦隊物を想像してたのが、さすがに大人向けのアニメ。
破滅・孤独・引きこもり・ロリ・コスプレ。
いろんな要素を取り入れてあり、新鮮でそこそこの衝撃を受けました。
ただ、あまりの物静けさに後半に寝てしまいました。

今回のエヴァでは、私自身前回で新鮮さを体験してしまったので
のっけから衝撃は何も無かったです。
唯一、最近スロットでエヴァを打つことがあるので、それとシンクロしてのちょっとした感動は感じました。

そして、今作の後半。
こんな私でも、感動と衝撃で身震いしました。
全くも予想もつかない破滅的な結末。
そして、そこからの凄まじい急展開。
次回作への期待が高まります。

O(≧∇≦)O イエイ!!

投稿日

2010/07/10

レビュアー

まーらん

いや、マジこれ凄いですよ。前作の『序』はそのままTVのダイジェスト版といったかんじで、あくまで『序章』という作品でしたが、今回の『破』は全く違いました。

ストーリー展開、テンポ、使徒との戦闘シーン、シンジやアスカ、レイの日常シーン・・・
文句の付けようがありません。

作画の美しさはCG技術の格段の進歩がありますので、当然と言えば当然ですが、今回の『破』はまさしく「旧ヱヴァ」の余計な部分(しつこいほどの精神描写、シンジのヘタレっぷり等)を破って新しいヱヴァの創造に成功しています。

そしてアスカ、レイ、ミサトらのキャラクターもTVシリーズや、前劇場版よりも人間臭く、そして「女の子」の部分がとてもいい感じに出ていました。

今回の評価
キャスト:★★★★★
演出:★★★★★
脚本:★★★★
尺:★★☆☆☆
映像:★★★★★


総合:★★★★☆

各項目の評価で「尺」だけが★二つですが、これは「もっと見たい!」「短すぎる!」という意味での不満です。
それ以外はフルマークの★5つ。もしかしたら、歴史的な大作になるような気がしてます。

あと、個人的にはアスカやミサト、マリら女性キャラのおっぱいが「ぽよん」と揺れるシーンが多いのが嬉しかったです。(笑)

正に「サービスサービス♪」でした。

11〜 15件 / 全100件