遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全122件

ジョン・カーペンター最高傑作かも・・・

投稿日:2011/08/19 レビュアー:ロンリー火真西

昔に見たときはこの映画が何でこれほど有名なのかわかりませんでしたが、今見てみると納得のおもしろさです

脚本、演出、カメラワークすべてがよくできています
本作品に関してはクリチャーもしっかりよく作られています
とてもカーペンター監督の映画とは思えません(_ _)

ただのクリチャー・ホラーでもなくて南極大陸は広いですが、人間が行動できる範囲はとても狭く限られていて、なにか事件が起きてもすぐに救助は来ないという、閉塞感をともなった仲間同士で疑心暗鬼になってしまう心理的に登場人物たちが追いつめられていくという状況でもあります

犬の演技もよかったですし、セリフもよかったですね
犬小屋にクリチャーを見つけた人物が
「なんだかしらねぇが、すげぇのがいる」
なんていかにもアメリカ人らしいセリフじゃないですか?

久しぶりに終わってほしくない、もう少し見ていたいと思える映画でした

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは、立派なホラーです。

投稿日:2005/08/20 レビュアー:ぶわつ

 傑作!
 あの血液検査の場面は、何回観ても、どうなるかわかっていても怖い。観ているこっちが焦る。毎回ビクゥッ!!となる。
 すり替わった奴が、(もちろん人間の姿のままで)奇声を発する場面で味わわされるのは絶望感。
 CG全盛のいまだからこそ、犬の体から無数に伸びる触手に感動する。
 暗澹たるラストは名場面中の名場面。

 ついでに、チェスに負けたくらいでウイスキーをコンピュータに流し込んで壊してしまうラッセル兄いも怖い・・・。

 未見の方、予約リストに追加のこと。

 それからDISCASさんは直ちにカーペンターの『ヴァンパイア/最期の聖戦』をラインナップに加えること。
 よろしく〜。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

凄い!としか言えません

投稿日:2011/03/09 レビュアー:蒼生



犬の顔が……感涙。
いや、ほんとには泣いてないですけど。
泣きそうになるほど、感動しました。

このあたりまでは、
ストーリー、よくわからないのに、楽しめてたんです。

でも、この感涙寸前の後から、なぜかストーリーまでわかってきて。
わからなくても充分楽しめていたので、それでいいと思ってたのに。
わかってみると、それはそれで深いし。

終盤にかけては、もう怒涛の渦、の嵐、でした。
(書いてる自分で意味がわからない表現…それくらい感動したってことです)
さすが、教祖のお勧め作品。
神の領域…

とにかく、凄いです。
言葉では伝えきれません。
古さも感じないし。
感動シーンを何度も戻しながら観たので、
観終わるのにとっても時間がかかってしまいました。

久しぶりに目指した山の頂に辿りつけた気分です。


このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

疑心暗鬼ネタバレ

投稿日:2008/12/17 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品、「E・T」と同じ年の1982年の製作なんですね。
舞台は南極、登場人物は、アメリカの観測隊員が1ダースほど。
まったくの女ッ気なしの映画でした。
カート・ラッセルがコンピューターでチェスのゲームをしていましたが、その相手の声が、この作品で聞けた唯一の女性の声でしたね(笑)
原題の"The Thing"は、まさしく"それ"とか、ただの"物体"としか言い表せない、正体不明の生き物だという感じがよく出ていると思います。
その謎の物体は、10万年も前に宇宙から飛来して、南極で冬眠していたらしいのですが、目覚めた後は人間を襲い、その人物を取り込んで瓜二つに同化してしまうのです。
この中の誰が、その物体に同化された人物であるのか?
隊員たちは疑心暗鬼に陥ります。
誰が本物ソックリの偽者であるのか、それぞれの血液を使って調べていくのですが、血に熱を加えても何の変化もなく、自分が本物であると証明された時の、その本人のホッとした表情と、まだ証明されていない人物の表情の対比。
その恐怖に満ちた緊迫感はたまらないですね。
人間からエイリアンへの変身のシーンは、おぞましくも興味をそそる、この映画の見せ場です。
火炎放射器での撃退から逃げた「顔」でしたが、その焼け残った顔だけの姿に越前蟹みたいな細長い脚が生えて動き回る様は、なんとも不思議な光景で、気味悪いけれども可笑しくもあり?
ラストも意味深で気になります。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カーペンターの謎

投稿日:2003/09/02 レビュアー:かんぬき

この映画を見て、思った。「カーペンターあほか」。
彼は物凄い天才かただのお馬鹿さん、どちらなのでしょう。全編ツッコミどころ満載。これは計算し尽くされた構成か、あるいはただのおバカなのか……
例を挙げるとキリがないが、目に余るおバカを一部抜粋(ネタバレ注意)
・怪物の生態。理解不能
・走る首
・途中いきなりのディテクティブな展開(未解決のまま怪物が暴れ出してうやむや)
・恐怖の血液検査
・爆発オチ、しかも未解決
一番どうしようもないのは、おバカも含めて文句なしに面白いこと。参りました。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全122件

遊星からの物体X