ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの画像・ジャケット写真

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド / ダニエル・デイ=ルイス

全体の平均評価点:(5点満点)

117

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督が名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、石油を掘り当てアメリカンドリームを実現した男の欲望と裏切りの人生模様を骨太に描く一大叙事詩。原作は、社会派作家アプトン・シンクレアが27年に発表した『石油!』。20世紀初頭。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー。孤児を自分の息子H.W.として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。そして、すぐさま土地の買い占めに乗り出す。そんな中、ポールの双子の兄弟でカリスマ牧師のイーライが、ダニエルへの警戒を強めていく。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THERE WILL BE BLOOD
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 主演男優賞
2008年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
2007年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)
2007年 NY批評家協会賞 男優賞
2007年 LA批評家協会賞 作品賞

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マリア

トゥームレイダー2

ラブストーリーズ エリナーの愛情

ラブストーリーズ コナーの涙

ユーザーレビュー:117件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全117件

最低

投稿日:2008/09/17 レビュアー:臨時

確実にワースト3には入る。
1枚分の料金どころかプロジェクターのランプ代返せと言う位、
気分悪い。
何せ、こう言うところに投稿するのが嫌いな人間が、これの為に
新規登録したくらい酷い代物。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

支配する事

投稿日:2008/08/30 レビュアー:リナパパ

凄まじいまでの「支配」に圧倒されました!

セリフ無しの映像だけを見せる冒頭のシーンは、何分? いや優に十分以上はあったでしょう! 大好きなキューブリックの「2001年宇宙の旅」の類人猿がモノリスに触れるシーンを思い出させ、物の見事にグィっと引き込まれました。

時に見せるキューブリック作品を連想させるシーンも多く非常に楽しめました。映像と弦楽器の奇妙な音楽が見事に融合して観ている者に緊張を与えます。

この映画は相対する2人の話であり、石油王ダニエル・プレインビューと宗教者イーライ・サンデーが実は同じタイプの人間。そう鏡のように「支配」することでしか生きていけない人間を描いています。

ダニエルは、金に物を言わせ住民を説得し「支配」していきます。一方、イーライは宗教を通じ、ある意味洗脳し、「支配」していきます。

この2人は、他人を信用せず「支配」することにしか興味がなく人と接する方法がわからないんでしょうね。
金で支配する事しか知らないダニエルは、「神」を使い人を「支配」するイーライを許せないのですが、その理由は「自分」と同じタイプの人間であるからと思います。

緊迫した2人の会話から起こるラストシーンの展開は、まさしく同じタイプの人間の錯綜であり、「I’ve finished!」そう、全ては終わったと...

当時を再現した映像の素晴らしさ、耳にこびり付きそうな弦楽器の音、何より今年2度目のオスカー(主演男優賞)を受賞したダニエル・デイ=ルイスの演技を見事に調和させた、ポール・トーマス・アンダーソンの才能に改めて敬意を表したいです。「パンチドランク・ラブ」以降、数年を経過し次回作を期待していましたが、「ノーカントリー」とオスカー争奪戦を繰りひろげ、素晴らしい映画を作ってくれましたね。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

これは面白い。重々しく見応えが有ります。 ネタバレ

投稿日:2008/08/25 レビュアー:花ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ダニエル・デイ・ルイス。好きな人では無いけど、すごい。
あの押し付けるような、跳ね除けるような強い語彙使い。実在の石油王がモデルらしいが素晴らしい役作りでした。牧師イーライ役の若手俳優ポール・ダノも見事に二役演じきって新しい顔をみせてくれました。

これは面白いです。重々しく見応えが有ります。
勝王さんのレビューのように個人ではなくアメリカと言う国の成り立ちと言う見方もとても参考になりますし、個人を追ったものとしてもかなり興味深く、あの狂気をみたら空恐ろしい感覚にとらわれます。
ダニエルの怪物性は加速を増し破滅的になりますが、まあ一本調子で進みます。神父ニコライが面白いです。もとより貧しい土地に住む人々の心をあやつる狡猾な男なのですが、石油ラッシュに乗じ、代わる世情の不安を利用して教会の力を拡大しようと図ります。
お互いに人に上を行かれたくない強気の男で、やったりやり返したりの見応えは充分です。途中までニコライはてっきりポールと言う男が多重人格化し、温厚なポール、神父の普段と憑依した時の3人が、同一人物だと思い込んでいたのですが、時代的にもラストでの種明かしのほうがあっているし突きが強烈で良かったです。息子や弟の存在もダニエルの抑圧された悲しみを浮き彫りにします。

映画には社会性が強く反映され、このところアメリカとはどのように今日まで来たのかといったテーマが続きますね。そのあたりの皆さんの考察的レビューは参考になりました。

大好きなワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカにコメント加えましたので読んで頂けたら嬉しいです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ノーカントリーと対になる作品

投稿日:2008/07/30 レビュアー:勝王

 最近、米国の「成り立ち」みたいなものを問う映画が多いのは、それだけ米国も自分たちの国に何かおかしさを感じているのでしょうか。
 「ノーカントリー」が暴力によって作られた国・アメリカを描いているのに対し、この映画は欲望によって作られた国・アメリカを描いています。
 冒頭のゴールド・ラッシュから始まって、「ジャイアンツ」でも描かれていたオイル・ラッシュ、さらにブッシュ政権を支えた石油系財閥(企業体)を思わせる大富豪になっていく主人公は、米国の歴史そのものを体現しているのでしょう。人の悪いところばかりを見て誰も信じず、殺人まで犯してしまう主人公は米国そのもので、その意味では存在が個人を超える象徴性を持っています。これは個人を描いているようでも、米国の歴史を描いているのだと思います。
 そのため、主人公のダニエル・デイ=ルイスや、宗教家のポール・ダノはかなりカリカチュアライズされており、心理的な流れがいま一つ分かりにくいのが難点です。唯一、主人公が心の動きを見せる場面があるのですが、これもちょっと分かりにくい。その辺りが不満だという批評も分かりますが、これは個人を描く映画ではなく歴史を描く映画なので、仕方ありません。
 「血」にこだわりながらも「血」がすべてニセ、という皮肉はルーツを持たない米国そのものですね。
 主人公に感情移入して見ようとしてはいけないのでしょう。もっと突き放して見ないと、ただの変な映画みたいに思えてしまうかも知れません。
 ラストがとてもいいです。映画に妙な緊張感が漲っているのは、撮り方とか音楽とか、そんなこともありますけれど、本質的にはPTAの米国を見つめる目の厳しさゆえでしょう。その「目」のユニークさで、この映画は「ノーカントリー」と並んで、傑作にかなり近い(けれど傑作とまではいかない)作品になっていると思います。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

いずれ血に染まる

投稿日:2014/08/08 レビュアー:カマンベール

長い。暗い、面倒くさそう。
と言う理由で敬遠していました。
158分はあっという間でした。まだまだ細部が知りたい。
それを考えるのが観客に委ねられたのでしょう。
本当に駆け足でした。
最初の15分間はセリフ無しで、石油採掘の歴史がざっと
描かれます。メイキングでも図解入りで採掘場の様子が
、図鑑から抜粋されています。

2007年作、ポール・トーマス・アンダーソン監督/脚本作。
20世紀初頭アメリカ西部。のちに巨万の富を築き、石油王と呼ばれた
ダニエル・プレインヴューの成功と精神の破滅が描かれます。

幼子を育てながら、油田を探し歩くプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)
商談を上手く進める為に孤児を利用した。
と息子のH・Wに告げます。成人したH・Wが妻のメアリーを伴って
メキシコへ、よりによって、自分で石油堀を始める、父さんの世話には
ならない・・・などと言い出します。怒りに我を忘れたプレインビューは
お前は孤児で、血など繋がっていないのだ。
と突き放します。本当にそうでしょうか?幼子を愛おしい表情で見る姿は
慈愛に満ちていました。

一番のポイントは、貧しいサンデー家から息子のイーライの教会への
金銭援助を条件に、採掘権を買い取ったプレインビューと、
新興宗教のイカサマ神父イーライとの長年の確執でしょう。

ゼアウィルビーブラッドの意味は旧約聖書由来で
[いずれは血に染まる]です。

イーライをボーリングのピンで殴り殺したプレインビューの
最後のセリフ[終わった]は英語字幕では
[Iam finished]となっています。でも俺は破滅した・・・なんていう
殊勝な響きは皆目ありません。長年の憎くて憎くて目障りな
イーライを始末してせいせいした・・・とうい様にしか聞こえません。

きっと、この殺人もお金の力で揉み消すのでしょう。
けれど魂の崩壊は、どうしようもなく地獄の様な苦しみから逃れられないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全117件

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:117件

最低

投稿日

2008/09/17

レビュアー

臨時

確実にワースト3には入る。
1枚分の料金どころかプロジェクターのランプ代返せと言う位、
気分悪い。
何せ、こう言うところに投稿するのが嫌いな人間が、これの為に
新規登録したくらい酷い代物。

支配する事

投稿日

2008/08/30

レビュアー

リナパパ

凄まじいまでの「支配」に圧倒されました!

セリフ無しの映像だけを見せる冒頭のシーンは、何分? いや優に十分以上はあったでしょう! 大好きなキューブリックの「2001年宇宙の旅」の類人猿がモノリスに触れるシーンを思い出させ、物の見事にグィっと引き込まれました。

時に見せるキューブリック作品を連想させるシーンも多く非常に楽しめました。映像と弦楽器の奇妙な音楽が見事に融合して観ている者に緊張を与えます。

この映画は相対する2人の話であり、石油王ダニエル・プレインビューと宗教者イーライ・サンデーが実は同じタイプの人間。そう鏡のように「支配」することでしか生きていけない人間を描いています。

ダニエルは、金に物を言わせ住民を説得し「支配」していきます。一方、イーライは宗教を通じ、ある意味洗脳し、「支配」していきます。

この2人は、他人を信用せず「支配」することにしか興味がなく人と接する方法がわからないんでしょうね。
金で支配する事しか知らないダニエルは、「神」を使い人を「支配」するイーライを許せないのですが、その理由は「自分」と同じタイプの人間であるからと思います。

緊迫した2人の会話から起こるラストシーンの展開は、まさしく同じタイプの人間の錯綜であり、「I’ve finished!」そう、全ては終わったと...

当時を再現した映像の素晴らしさ、耳にこびり付きそうな弦楽器の音、何より今年2度目のオスカー(主演男優賞)を受賞したダニエル・デイ=ルイスの演技を見事に調和させた、ポール・トーマス・アンダーソンの才能に改めて敬意を表したいです。「パンチドランク・ラブ」以降、数年を経過し次回作を期待していましたが、「ノーカントリー」とオスカー争奪戦を繰りひろげ、素晴らしい映画を作ってくれましたね。

これは面白い。重々しく見応えが有ります。

投稿日

2008/08/25

レビュアー

花ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ダニエル・デイ・ルイス。好きな人では無いけど、すごい。
あの押し付けるような、跳ね除けるような強い語彙使い。実在の石油王がモデルらしいが素晴らしい役作りでした。牧師イーライ役の若手俳優ポール・ダノも見事に二役演じきって新しい顔をみせてくれました。

これは面白いです。重々しく見応えが有ります。
勝王さんのレビューのように個人ではなくアメリカと言う国の成り立ちと言う見方もとても参考になりますし、個人を追ったものとしてもかなり興味深く、あの狂気をみたら空恐ろしい感覚にとらわれます。
ダニエルの怪物性は加速を増し破滅的になりますが、まあ一本調子で進みます。神父ニコライが面白いです。もとより貧しい土地に住む人々の心をあやつる狡猾な男なのですが、石油ラッシュに乗じ、代わる世情の不安を利用して教会の力を拡大しようと図ります。
お互いに人に上を行かれたくない強気の男で、やったりやり返したりの見応えは充分です。途中までニコライはてっきりポールと言う男が多重人格化し、温厚なポール、神父の普段と憑依した時の3人が、同一人物だと思い込んでいたのですが、時代的にもラストでの種明かしのほうがあっているし突きが強烈で良かったです。息子や弟の存在もダニエルの抑圧された悲しみを浮き彫りにします。

映画には社会性が強く反映され、このところアメリカとはどのように今日まで来たのかといったテーマが続きますね。そのあたりの皆さんの考察的レビューは参考になりました。

大好きなワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカにコメント加えましたので読んで頂けたら嬉しいです。

ノーカントリーと対になる作品

投稿日

2008/07/30

レビュアー

勝王

 最近、米国の「成り立ち」みたいなものを問う映画が多いのは、それだけ米国も自分たちの国に何かおかしさを感じているのでしょうか。
 「ノーカントリー」が暴力によって作られた国・アメリカを描いているのに対し、この映画は欲望によって作られた国・アメリカを描いています。
 冒頭のゴールド・ラッシュから始まって、「ジャイアンツ」でも描かれていたオイル・ラッシュ、さらにブッシュ政権を支えた石油系財閥(企業体)を思わせる大富豪になっていく主人公は、米国の歴史そのものを体現しているのでしょう。人の悪いところばかりを見て誰も信じず、殺人まで犯してしまう主人公は米国そのもので、その意味では存在が個人を超える象徴性を持っています。これは個人を描いているようでも、米国の歴史を描いているのだと思います。
 そのため、主人公のダニエル・デイ=ルイスや、宗教家のポール・ダノはかなりカリカチュアライズされており、心理的な流れがいま一つ分かりにくいのが難点です。唯一、主人公が心の動きを見せる場面があるのですが、これもちょっと分かりにくい。その辺りが不満だという批評も分かりますが、これは個人を描く映画ではなく歴史を描く映画なので、仕方ありません。
 「血」にこだわりながらも「血」がすべてニセ、という皮肉はルーツを持たない米国そのものですね。
 主人公に感情移入して見ようとしてはいけないのでしょう。もっと突き放して見ないと、ただの変な映画みたいに思えてしまうかも知れません。
 ラストがとてもいいです。映画に妙な緊張感が漲っているのは、撮り方とか音楽とか、そんなこともありますけれど、本質的にはPTAの米国を見つめる目の厳しさゆえでしょう。その「目」のユニークさで、この映画は「ノーカントリー」と並んで、傑作にかなり近い(けれど傑作とまではいかない)作品になっていると思います。

いずれ血に染まる

投稿日

2014/08/08

レビュアー

カマンベール

長い。暗い、面倒くさそう。
と言う理由で敬遠していました。
158分はあっという間でした。まだまだ細部が知りたい。
それを考えるのが観客に委ねられたのでしょう。
本当に駆け足でした。
最初の15分間はセリフ無しで、石油採掘の歴史がざっと
描かれます。メイキングでも図解入りで採掘場の様子が
、図鑑から抜粋されています。

2007年作、ポール・トーマス・アンダーソン監督/脚本作。
20世紀初頭アメリカ西部。のちに巨万の富を築き、石油王と呼ばれた
ダニエル・プレインヴューの成功と精神の破滅が描かれます。

幼子を育てながら、油田を探し歩くプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)
商談を上手く進める為に孤児を利用した。
と息子のH・Wに告げます。成人したH・Wが妻のメアリーを伴って
メキシコへ、よりによって、自分で石油堀を始める、父さんの世話には
ならない・・・などと言い出します。怒りに我を忘れたプレインビューは
お前は孤児で、血など繋がっていないのだ。
と突き放します。本当にそうでしょうか?幼子を愛おしい表情で見る姿は
慈愛に満ちていました。

一番のポイントは、貧しいサンデー家から息子のイーライの教会への
金銭援助を条件に、採掘権を買い取ったプレインビューと、
新興宗教のイカサマ神父イーライとの長年の確執でしょう。

ゼアウィルビーブラッドの意味は旧約聖書由来で
[いずれは血に染まる]です。

イーライをボーリングのピンで殴り殺したプレインビューの
最後のセリフ[終わった]は英語字幕では
[Iam finished]となっています。でも俺は破滅した・・・なんていう
殊勝な響きは皆目ありません。長年の憎くて憎くて目障りな
イーライを始末してせいせいした・・・とうい様にしか聞こえません。

きっと、この殺人もお金の力で揉み消すのでしょう。
けれど魂の崩壊は、どうしようもなく地獄の様な苦しみから逃れられないでしょうか?

11〜 15件 / 全117件