エスター

エスターの画像・ジャケット写真
エスター / ベラ・ファーミガ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

222

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「エスター」 の解説・あらすじ・ストーリー

ハリウッドのヒットメーカー、ジョエル・シルバーが製作を手掛けたサスペンスホラー。赤ん坊を死産して悲嘆に暮れるケイトとジョンは、養子を迎えることを決意。ふたりは孤児院でエスターという名の少女に惹き付けられ、彼女を引き取るが…。※R15+

「エスター」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: ORPHAN

「エスター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

エスターの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
123分 日 英 吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLRY25230 2010年03月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
38枚 4人 4人

【Blu-ray】エスター(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
123分 日 英 吹 英:ドルビーTrueHD5.1ch/ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY25228*B 2010年03月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 3人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:222件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全222件

面白かったですネタバレ

投稿日:2010/01/25 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昨年観たホラーの中では『スペル』『マーターズ』などとともになかなか面白かった一作。まあ、新宿ミラノ1のどデカいスクリーンにふさわしい映画だったかどうかは疑問ですが……、パープルローズさんが書かれているように、さほど血生臭くないのに最後まで気を抜かせない作りになっています。
 オチというかエスターの正体は途中でおおよそ分かりましたが、それ自体はさほど重要ではないと思います。エスターを演じたイザベル・ファーマンはあの役にそれなりにリアリティを与えていて、大したものだと思いました(性的に発達していて、父親を誘惑するあたりはちょっと痛々しさがありましたが)。クラシックな衣装がダサい感じが、とてもいいです。 
 受けに回る母親役のベラ・ファミーガもとてもいい感じでしたし、いたいけな妹マックスはなんとほんとうに聴覚に障害をもっていると知って驚きました。
 全編、冬の寒さ、雪景色が背景になって、冷たい空気が映画を魅力的にしています。空間のとらえ方がこなれているので、退屈することはありません。
 序盤のイジワル同級生やシスター・アビゲイルの襲撃は、ホラーというより「悪魔の子」もののスリラーみたいです。しかしどんどん事態がエスカレートして、木の上に作った遊び用の小屋でのエスター対ダニエルの一幕や、ラストの戦いなどはちょっとアクション過多になり、ついにはモンスター映画定番の締めくくりとなって、なんだか微笑ましい感じがしました。65点。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供といえども、女に弱い男ネタバレ

投稿日:2010/01/25 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

孤児院からエスターという名の少女を養女にむかえた夫婦。
一見礼儀正しく、賢い子に見えた少女は、次第にその凶暴な本性を表し、家族を恐怖のどん底に陥れる。果たしてエスターの正体は?そして生き残るのは誰?

ジャンルとしてはホラー・サスペンスというところなのですが、血生臭さはそれほどなく、超常現象なども絡みません。
90分くらいで終わってしまいそうな話を2時間たっぷりかけ、エスターを引き取る家族のバックグラウンドを丁寧に説明し、それが見事な伏線になっていて、なかなかおもしろく見ることができました。

養女をひきとる夫婦に、ピーター・サースガードとヴェラ・ファーミガ。
近頃活躍中のヴェラ・ファーミガ。ルックスがなんとなくサースガードの奥さん、マギー・ギレンホールに似ているので、実際の夫婦の間の出来事をみているような気になります。
妻は3人目の子どもを流産し、精神的にダメージを受けているというのに、夫は関係を迫ってきたりして、ちょっとダメダメ感が漂う。結局このだんなが最後までエスターを擁護して、家族の危機に気づかないわけです。男って、たとえ子どもでも女には弱いんだ〜。

夫婦にはすでに子どもが2人いるのだが、2人めの子は耳が聞こえない。
妻はピアニストなのに、子どもに音楽を教えられないことを悲しく思っていることや、流産のあとアルコールに走った過去があり、そういった心の傷をエスターは抉るかのような行為に出る。
「この子はおかしい。」と訴えても、夫もセラピストも真剣に取り合ってくれない。う〜ん、イライラしましたよ。

エスター役のイサベル・ファーマンが不気味です。
ラスト近くの濃い化粧をしてくるところも怖い。こんな役を子どもにさせて大丈夫なのか?とちょっと心配になっちゃうのですが、素顔はかわいい普通の少女のようです。

監督は「蝋人形の館」の方。製作にレオナルド・ディカプリオが名を連ねてます。
エンドクレジットがなかなか凝っていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あかーーーん!

投稿日:2011/02/07 レビュアー:みみあて

これはあかんですよ

こどもが そんな目したら あかん
こどもが そんな絵描いたら あかん
こどもが そんな服着たら あかん

こどもが そんなことしたら あかーーーん!!!

ずいぶん早い段階でいっぱいいっぱいになってしまって 何度ギブしそうになったか分かりません
観てはいけない場面でお昼寝中のちびこが「むくっ!」っと起きて「ばたっ!」っと倒れたのがこわかったです(笑)
はぁ 誰かと一緒に観たかった(泣)
よくがんばったと思う(涙)


女はこわいんです
旦那さん ちょっとは妻の言うこと聞いた方がいい

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは面白かった!!

投稿日:2010/05/27 レビュアー:ぶわつ

 これはとにかくオチです、オチ。
 それに尽きます。

 プロットとしては「ある家族の中に他人(本作では子供)が介入してきて、やがてその他人が家族に仇なす」という、まあよくあるパターン、展開も定番といえば定番なのですが、終盤他人(養女として引き取った少女エスター)の素性が明らかになった瞬間、「ほっほぉ〜、そうくるかあ」と久々に感心してしまいました。
 と同時に、振り返るといろんな場面が伏線として見事に機能していることがわかり、さらに感心。
 タイトルにしても原題は『ORPHAN』、ズバリ「孤児」という意味で、これもなかなか巧い。ただ残念ながら、そのまま邦題に使うとオーファンだとピンとこないし、孤児なんて論外てなわけで『エスター』。これはしゃあないか。

 養女エスターを演じたイザベル・ファーマン13歳が、子供にこんな役やらせて大丈夫か?というくらいの役どころを文字通り怪演・・・いや好演。本作の成功は彼女に依るところも大きいんじゃないでしょうか。
 妹のマックスを演じたアリアーナ・エンジニアという子役も可愛かった!

 それにしても!
 ピーター・サースガード演じるジョンがいくらなんでも鈍すぎじゃないだろうか。ついでにあのカウンセラーも。普通に考えたら、もう少し目の前の状況についてピンと来るとこなんでしょうけど、これもやはり妻であるケイトがかつてアル中であったとか、3人目の子供が死産だったとかいう設定が利いていて「あ〜ムリないんかあ」と思わせられてしまいます。
 ただ、妻の(すでに克服した)アル中についてはグチグチ言うくせに自分の浮気については「謝っただろ!」ですますのは、やっぱアカンやろ。
 ・・・書いてることが支離滅裂になってきたので、そろそろやめますが、ともかくこの手のサスペンスホラーとしては本当に久しぶりに満足する一作でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

彼女も被害者のひとり

投稿日:2010/05/04 レビュアー:蒼生


初めは、『オーメン』っぽいなーと感じてましたが、
明らかに悪意のある彼女の言動に、ちょっと違うかも
という考えは修道女殺害で確定しました。

でも、残酷な性格の少女がひきとられた先の家族に災いを運ぶ物語で
その少女と残虐さのギャップを
ハラハラしながら楽しむ作品だと思っていたら
その真相は、
ありきたりな宣伝文句みたいになってしまいますが、
ほんとに予想もできないものでした。

真相が明かされてからは彼女の顔が老けて見えたのが不思議。
気のせいか、それともそういうメイクをしていたのでしょうか。

この疾患を持って生まれ、育つ過程で
性格形成に影響を与えるようなできごとが重なったら
自分の容姿を逆手にとって、凶行を行うことも
決して非現実的じゃないと思えてしまい、
恐怖よりも悲しさが先行してきます。

幼い兄と妹が助かったことが救いです。
この恐怖体験はきっとこれからの2人のトラウマに
なってしまうでしょうけれど、
2人、いや母親と3人で力を合わせて乗り越えてほしいです。


このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全222件

エスター