フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 2人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 0人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 5人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全133件

キューブリックの描く戦争の狂気

投稿日:2007/11/07 レビュアー:カイジュウ

さすがは2001年宇宙の旅や時計仕掛けのオレンジを作ったキューブリック監督、訓練風景というまた新しい目線でベトナム戦争を描く。
地獄の黙示録が戦争の狂気を描いたと評判だけど、自分はよっぽどこのフルメタルジャケットの方が狂気を描いたと思ってる。人間の精神がいとも簡単に破壊される過程と結末、まさに狂気と呼ぶにふさわしい表情。もう後半の戦闘シーンをなくして前半の訓練シーンだけでも良かったくらい壮絶だった。

とにかくマシンガン掃射の如く罵詈雑言をひよっ子どもに叩き付けるハートマン軍曹ともども、必見です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キューブリック週間改め月間 その2ネタバレ

投稿日:2006/12/10 レビュアー:カゼキリ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

キューブリック作品をまとめて観ようとしてたのですが予定通りいかずやっと2作目。

前半の訓練と後半の実戦で全く違う映画のようだが、前後半を通じて強烈に伝わってくる事は「狂気」
前半は人間を殺人兵器へと変えていく狂気。ただ一人神経が狂ってしまった[ほほえみデブ]しかし、、本当は人間として一番まともだったのでは?と重く考えてしまった。
後半は実戦を通しての人間の狂気。笑いながら射的感覚で銃を乱射する兵士。仲間がやられたら悲しむのに相手は平気で殺す。相手をやらなければ自分がやられるからだ。戦争の恐ろしさよりも、人間のそのような恐ろしい心理を描き出した作品だと感じた。
そして「時計仕掛けのオレンジ」では[雨を唄えば](まあこちらはアドリブだったらしいが)本作では[ミッキーマウスマーチ]強烈な皮肉ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ベトナム戦争を背景にした映画 But 現代に通じる映画

投稿日:2003/08/28 レビュアー:こーちゃん

前半は、一人一人が電気バリカンで次々に丸坊主にされていくシーンで始まる。これって西欧の人たちには、ユダヤ狩りを思い起こさせる非人間的な行為と映るのかもしれません。兵士たちを訓練する教官の兵士を罵倒するシーンが延々と続きます。15分ほど過ぎ兵士の会話がほんの少し挿入後、また、教官による相手の弱点を罵倒し続けるシーンがうるさいと思われるほど続き、仕舞いには、憎しみの心を増長させていく、怖い怖い映画です。
 さすが、キューブリックの手法と感嘆しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

思ったよりフツウ?

投稿日:2003/01/01 レビュアー:レビュアー名未設定

もっと鋭い感じかと思ってましたが予想よりは軽い仕上がりだったように思えます。映像で見せる!!というよりはプロット重視といった感じでしょうか…。前半では訓練所内での、後半では戦場においての場面を描き出し、兵役における「人間性の破壊」を描いています。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無意味な大義に踊らされ、思考停止した若者の哀れさネタバレ

投稿日:2008/07/24 レビュアー:花ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

綿密な計算と細心の注意で積み上げ、さらに磨きをかけた完成品のよう。それは観たものが受ける嫌悪感や衝撃、問題意識など諸々の感情までを予測数値化したような出来具合。何が言いたいかといえば、隙とか、製作者の感情の揺れのようなものが微塵も感じられないということかな。
これはキューブリック作品の総てをしっかり見込んだ訳でもなくただの漠然とした印象。と言って、気に入らないわけでは毛頭なく、非の打ち所のないような仕上がりに一種抵抗感を持ちながらも、その手法にしっかりと打ちのめされてしまう。とにかくすごい力量の作品と言うことだ。

私は時計仕掛けのオレンジ、2001年宇宙の旅,シャイニングをはるかに抜いて一番面白いと思った。彼の計算のさじ加減が他作品より自分にぴったりきたのだと思う。

ストーリーはアメリカ海兵隊の新兵の訓練風景から始まる。数々ある映画の訓練シーンの中でも、特にうるさく、いやらしく、しつこい。
実に単純な方法だが、痛めつけ、本能を刺激し、麻痺させ、戦場に送り出す。
後半は、一転して本物の戦場へ。
最初は床屋の椅子でロングヘアーを刈り取る入隊準備の青年たちが、終いには狂ったように銃を撃ち放ち、女スナイパーを射殺する。途中でベトナム人娼婦が配されるのが意味深だ。兵士たちに取って銃を向ける女スナイパーと商談の成り立つ娼婦は南北の違い、ベトナム女として区別があるのだろうか。

アメリカ兵よ、君らは一体誰のために他国の人間を殺し、自らの命も投げ出すのか?戦場の狂気は勿論のこと、その元になる大義の無意味さ、それに踊らされ、思考の停止した若者の哀れさが見せ付けられる。これは観たほうがいいですよ、まだの方、是非是非手にとって下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全133件

フルメタル・ジャケット