サガン −悲しみよ こんにちは−

サガン −悲しみよ こんにちは−の画像・ジャケット写真

サガン −悲しみよ こんにちは− / シルビー・テステュー

全体の平均評価点:(5点満点)

32

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「サガン −悲しみよ こんにちは−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『悲しみよ こんにちは』の作家、フランソワーズ・サガンの波乱万丈な生涯を綴った伝記ドラマ。ゴシップ誌をにぎわすセレブなパーティーとギャンブルの日々、生死をさまよった交通事故、2度の結婚など、自由奔放に生きたサガンの人生に迫る。

「サガン −悲しみよ こんにちは−」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: フランス
原題: SAGAN

「サガン −悲しみよ こんにちは−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

年下のひと

エディット・ピアフ 愛の讃歌

レセ・パセ 自由への通行許可証

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全32件

救いようのないほど退屈な人生

投稿日:2010/11/03 レビュアー:みみ

 サガンの名はもちろん知っているけど、作品に触れたことがありません。何度も機会はあったはずなのに、ジーン・セバーグ主演の『悲しみよこんにちは』にすら、なぜか食指が動かなくて。
 だから安易に判断してはいけないのでしょうが、本作を観た限り、このフランソワーズ・サガンという人物には、全くと言っていいほど魅力を感じられませんでした。

 マルグリット・デュラスやココ・シャネル、マリア・カラス、エディット・ピアフ。名声をあげた女性の伝記ものは数あり、共感できるできないはあるにしろ、やはりそれぞれにグッと惹きつけられてしまう、抗えないような魅力があり、万人の心を虜にした意味がよくわかりました。

 でもサガンにはそんな魅力がちっとも感じられませんでした。
 そもそも彼女自体、人間に興味がなさそう。
 一生を通して、人を本当に愛したことがあったのかな?
 18歳で巨万の富を得たことが彼女の悲劇だったのかもしれません。それと同時に手に入れたのは、救いようのないほど退屈な人生。人の愛し方、自分の愛し方を学ぶ機会を失ってしまったのかもしれません。

 友人たちも彼女を本当に愛していたとは思えないし、何だか彼女の周りを取り巻いている姿が私にはただただグロテスクに思えて、吐きそうなくらいでした。これが本編を通して非常に不快だった、最大の原因と言ってもよいかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

だって、petit diableですもの。

投稿日:2010/09/04 レビュアー:ニャン ルイ

最近、たまたま小説の「悲しみよ こんにちは」の朝吹訳(旧訳)と河野訳(新訳)を両方読んで、面白かったので仏語の原書も読んでみました。
映画はこちらのレビューなどから、あまり興味を持っていなかったが、翻訳者の河野さんの「あとがき」で映画のことに触れられていて、「主演のシルヴィ・テスキューがサガンが憑依しているみたいにそっくり」というのを読んで、観たくなったので借りてみました。

わたしはサガン本人のことも、女優のシルヴィのこともよく知らないのですが、この映画の「サガン」の独特の佇まいは魅力的だと思いました。

ファッションや表情、それにひとを食ったみたいなセリフ、意外とツボだったのはインタビューに答えているときのドモリがちな早口の喋り方。パリのブルジョワ階級、知識階級のいわゆるお上品なアクセントでありながら、発する言葉が挑発的だったりするのが、カッコイイ。それにほとんどノーメークで若い頃から老け顔(それなのに目の表情が妙に少女っぽい)、やせぎすで姿勢も悪いのに、なぜかインテリジェンスを漂わせる、フワフワした存在感。

そんな彼女は住まいをコロコロと変えるのですが、その家のインテリアや調度品なんかも目を楽しませてくれました。

ドーヴィルの海岸やパリのセーヌ河沿いの景色もなにか退廃的で素敵でした。

肝心のストーリーや彼女の生き様については、映画としてはトントンと進みすぎな感じがして、わかりにくく盛り上がりにもかけるし、なにか暗い部分ばかり描いているなぁという感じでつまらない上に、感情移入もできません。

若くして成功した女の子の転落劇として観るのもどうかという感じだ。もともとブルジョワの家庭のひとだし、もともと才能に恵まれたひとという感じで、苦労とか努力とかほとんど描かれていないし、本人もそれを自覚していない感じです。

作家デビューする十代から死ぬまでが描かれていますが、晩年の特殊メークで病院のベットに寝ているときの、顔のクシュっとした感じは「EТ」のようでした。(麻薬漬けだし、それが自然と似合っているんですよね・・・)

主演のシルヴィーもよかったけど、晩年の友人役でアリエル・ドンバールが出てきたのがうれしかった。もう結構なお年(あれは特殊メイクじゃないよね?笑)だったけど、かつて80年代に寺山修二の「上海異人娼館」やエリック・ロメールの「海辺のポーリーヌ」(白いビキニ姿の脚が長かったですね〜)でみた人間離れした八頭身はなお健在でした。パンタロン姿の脚が長い、長い。。。

あと、サガンは最近本を読むまではスキャンダラスな大人の恋愛小説を書いている人、というイメージが強かったのですが(マルグリット・デュラスをもっと大衆的にした感じの人と、勝手に思っていてのですが)、小説を実際に読んだら無神論者で、当時のスノッブな実存主義的な匂いもプンプンしていたので、あのような破滅的で空虚な人生を送ったのも頷けるように思いました。彼女にとってはあれは「自分らしい生き方」だったんじゃないのかなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

「持てる者の傲慢。満ち足りた故の贅沢。」からの不幸。 ネタバレ

投稿日:2010/07/08 レビュアー:まりこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『悲しみよこんにちは』は学生時代の友人に好きな人がいて、薦められた記憶はあるのですが未だに読んでいません。
ジャケットのサガンの顔に当時の彼女を思い出し、観ました。

「持てる者の傲慢」「満ち足りた故の贅沢」
薄情な言い方ですが、私の印象はこうでした。
若くして苦労無しに成功を手にした小娘の、女性と成ってからの転落の人生。
「本が売れて5億フラン入るわ。」(娘)
「お前の年齢なら、使い切ればいい。」(父)
ブルジョワ家庭の出身で怖いもの知らずの若さに、俄に増える取り巻き、そしてその有頂天をたしなめる親も無い環境。
十代で「若く美貌の父親の再婚を、父の愛人と自分の恋人を使って妨害し、聡明で魅力的な相手の女性を死に追いやる」(『悲しみよこんにちは』解説)という娘を描ける早熟な彼女の、ある意味不幸でもあるのでしょう。
孤独と創作の行き詰まり、(自ら招いた)経済的困窮等、ありがちな障害に押し潰される姿は、自業自得と思える反面哀しいものがあります。

鼻っ柱の強い生き生きとした娘時代から、徐々に憔悴し老いてゆく彼女を独りで演じた主演女優の、鬼気迫る演技には惹き込まれました。
「自由奔放」にしか生きられず、そこに見える破滅への道を避けられず、実の息子とさえも解り合えなかった彼女ですが、その最期を看取る人がいた事は人として僅かに幸せな事だったと思います。

全てを持ち、満ち足りていたからこその不幸……「不幸」にはいろいろあるのですね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

サガンの悲しい人生にびっくり!

投稿日:2012/02/02 レビュアー:kazumin

わたしは、若いころ、サガンにはまっていました。
なにか、分からないけれど、おもしろかったのです!
サガンとは、15歳くらいの年齢差だった!
その後、子育てなど忙しくて、サガンのことを何も知りませんでした。
映画を観る前に、サガンの人生を書いた本を読みました。
だから、映画をみる時は、悲惨な人生だったことは分かっていました。
でも、あまりにも、ダメなサガンしか描いていなくて、
ほんとうのサガンを描いていないような気がしました。
サガンは、小説を書くことだけが楽しみだったのでしょう。
薬をやったのは、戦中は、薬屋で売られていたとか。
サルトルも、みんな、やっていたとか。
戦中の混乱期に育ったサガンは、健康な精神と体を持っていなかったのではないか。
わたしは、戦中から戦後の混乱期をどのように人々が生きたのか、
知ることができて、良かった、と思います。
経済成長の中で、「世界中がお金!お金!」と言っていたことを
知りました。
お金がすべての時代だった!
それに翻弄された、サガンの人生。
サガンだけがみじめなのではなく、
私たちみんな、みじめ、なんです!
わたしが育った戦後の時代は、まだ続いています。
経済中心の世界の終わりは、もうすぐでしょうか?
サガンは、時代を生きた!
頑張って、生きた!
褒めてやりたい、と私は思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

絵に描いたような転落人生

投稿日:2009/12/06 レビュアー:MM3

伝記としてはとてもいいかもしれないが、
映画を楽しむという観点だとイマイチ。

若くして名声を得て、ちやほやされて
転落していく人生。

ゴシップネタによくある光景ですが、
サガンもそうだったんですね。

でも、あらためて見ると
心をリセットするタイミングはいくらでもあったような。

それをしようとしても
なかなかできないのが人の弱さかな〜と。

本人はそれでも自由奔放に生きたことを良しとしたのか、
それとも後悔してるのか?

最後にはボロボロであまり充実した感じには見えなかったがどうだったのか・・・。

子供と最後まで分かり合えなかったのは少し悲しい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全32件

サガン −悲しみよ こんにちは−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:32件

救いようのないほど退屈な人生

投稿日

2010/11/03

レビュアー

みみ

 サガンの名はもちろん知っているけど、作品に触れたことがありません。何度も機会はあったはずなのに、ジーン・セバーグ主演の『悲しみよこんにちは』にすら、なぜか食指が動かなくて。
 だから安易に判断してはいけないのでしょうが、本作を観た限り、このフランソワーズ・サガンという人物には、全くと言っていいほど魅力を感じられませんでした。

 マルグリット・デュラスやココ・シャネル、マリア・カラス、エディット・ピアフ。名声をあげた女性の伝記ものは数あり、共感できるできないはあるにしろ、やはりそれぞれにグッと惹きつけられてしまう、抗えないような魅力があり、万人の心を虜にした意味がよくわかりました。

 でもサガンにはそんな魅力がちっとも感じられませんでした。
 そもそも彼女自体、人間に興味がなさそう。
 一生を通して、人を本当に愛したことがあったのかな?
 18歳で巨万の富を得たことが彼女の悲劇だったのかもしれません。それと同時に手に入れたのは、救いようのないほど退屈な人生。人の愛し方、自分の愛し方を学ぶ機会を失ってしまったのかもしれません。

 友人たちも彼女を本当に愛していたとは思えないし、何だか彼女の周りを取り巻いている姿が私にはただただグロテスクに思えて、吐きそうなくらいでした。これが本編を通して非常に不快だった、最大の原因と言ってもよいかもしれません。

だって、petit diableですもの。

投稿日

2010/09/04

レビュアー

ニャン ルイ

最近、たまたま小説の「悲しみよ こんにちは」の朝吹訳(旧訳)と河野訳(新訳)を両方読んで、面白かったので仏語の原書も読んでみました。
映画はこちらのレビューなどから、あまり興味を持っていなかったが、翻訳者の河野さんの「あとがき」で映画のことに触れられていて、「主演のシルヴィ・テスキューがサガンが憑依しているみたいにそっくり」というのを読んで、観たくなったので借りてみました。

わたしはサガン本人のことも、女優のシルヴィのこともよく知らないのですが、この映画の「サガン」の独特の佇まいは魅力的だと思いました。

ファッションや表情、それにひとを食ったみたいなセリフ、意外とツボだったのはインタビューに答えているときのドモリがちな早口の喋り方。パリのブルジョワ階級、知識階級のいわゆるお上品なアクセントでありながら、発する言葉が挑発的だったりするのが、カッコイイ。それにほとんどノーメークで若い頃から老け顔(それなのに目の表情が妙に少女っぽい)、やせぎすで姿勢も悪いのに、なぜかインテリジェンスを漂わせる、フワフワした存在感。

そんな彼女は住まいをコロコロと変えるのですが、その家のインテリアや調度品なんかも目を楽しませてくれました。

ドーヴィルの海岸やパリのセーヌ河沿いの景色もなにか退廃的で素敵でした。

肝心のストーリーや彼女の生き様については、映画としてはトントンと進みすぎな感じがして、わかりにくく盛り上がりにもかけるし、なにか暗い部分ばかり描いているなぁという感じでつまらない上に、感情移入もできません。

若くして成功した女の子の転落劇として観るのもどうかという感じだ。もともとブルジョワの家庭のひとだし、もともと才能に恵まれたひとという感じで、苦労とか努力とかほとんど描かれていないし、本人もそれを自覚していない感じです。

作家デビューする十代から死ぬまでが描かれていますが、晩年の特殊メークで病院のベットに寝ているときの、顔のクシュっとした感じは「EТ」のようでした。(麻薬漬けだし、それが自然と似合っているんですよね・・・)

主演のシルヴィーもよかったけど、晩年の友人役でアリエル・ドンバールが出てきたのがうれしかった。もう結構なお年(あれは特殊メイクじゃないよね?笑)だったけど、かつて80年代に寺山修二の「上海異人娼館」やエリック・ロメールの「海辺のポーリーヌ」(白いビキニ姿の脚が長かったですね〜)でみた人間離れした八頭身はなお健在でした。パンタロン姿の脚が長い、長い。。。

あと、サガンは最近本を読むまではスキャンダラスな大人の恋愛小説を書いている人、というイメージが強かったのですが(マルグリット・デュラスをもっと大衆的にした感じの人と、勝手に思っていてのですが)、小説を実際に読んだら無神論者で、当時のスノッブな実存主義的な匂いもプンプンしていたので、あのような破滅的で空虚な人生を送ったのも頷けるように思いました。彼女にとってはあれは「自分らしい生き方」だったんじゃないのかなぁ。

「持てる者の傲慢。満ち足りた故の贅沢。」からの不幸。

投稿日

2010/07/08

レビュアー

まりこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『悲しみよこんにちは』は学生時代の友人に好きな人がいて、薦められた記憶はあるのですが未だに読んでいません。
ジャケットのサガンの顔に当時の彼女を思い出し、観ました。

「持てる者の傲慢」「満ち足りた故の贅沢」
薄情な言い方ですが、私の印象はこうでした。
若くして苦労無しに成功を手にした小娘の、女性と成ってからの転落の人生。
「本が売れて5億フラン入るわ。」(娘)
「お前の年齢なら、使い切ればいい。」(父)
ブルジョワ家庭の出身で怖いもの知らずの若さに、俄に増える取り巻き、そしてその有頂天をたしなめる親も無い環境。
十代で「若く美貌の父親の再婚を、父の愛人と自分の恋人を使って妨害し、聡明で魅力的な相手の女性を死に追いやる」(『悲しみよこんにちは』解説)という娘を描ける早熟な彼女の、ある意味不幸でもあるのでしょう。
孤独と創作の行き詰まり、(自ら招いた)経済的困窮等、ありがちな障害に押し潰される姿は、自業自得と思える反面哀しいものがあります。

鼻っ柱の強い生き生きとした娘時代から、徐々に憔悴し老いてゆく彼女を独りで演じた主演女優の、鬼気迫る演技には惹き込まれました。
「自由奔放」にしか生きられず、そこに見える破滅への道を避けられず、実の息子とさえも解り合えなかった彼女ですが、その最期を看取る人がいた事は人として僅かに幸せな事だったと思います。

全てを持ち、満ち足りていたからこその不幸……「不幸」にはいろいろあるのですね。

サガンの悲しい人生にびっくり!

投稿日

2012/02/02

レビュアー

kazumin

わたしは、若いころ、サガンにはまっていました。
なにか、分からないけれど、おもしろかったのです!
サガンとは、15歳くらいの年齢差だった!
その後、子育てなど忙しくて、サガンのことを何も知りませんでした。
映画を観る前に、サガンの人生を書いた本を読みました。
だから、映画をみる時は、悲惨な人生だったことは分かっていました。
でも、あまりにも、ダメなサガンしか描いていなくて、
ほんとうのサガンを描いていないような気がしました。
サガンは、小説を書くことだけが楽しみだったのでしょう。
薬をやったのは、戦中は、薬屋で売られていたとか。
サルトルも、みんな、やっていたとか。
戦中の混乱期に育ったサガンは、健康な精神と体を持っていなかったのではないか。
わたしは、戦中から戦後の混乱期をどのように人々が生きたのか、
知ることができて、良かった、と思います。
経済成長の中で、「世界中がお金!お金!」と言っていたことを
知りました。
お金がすべての時代だった!
それに翻弄された、サガンの人生。
サガンだけがみじめなのではなく、
私たちみんな、みじめ、なんです!
わたしが育った戦後の時代は、まだ続いています。
経済中心の世界の終わりは、もうすぐでしょうか?
サガンは、時代を生きた!
頑張って、生きた!
褒めてやりたい、と私は思います。

絵に描いたような転落人生

投稿日

2009/12/06

レビュアー

MM3

伝記としてはとてもいいかもしれないが、
映画を楽しむという観点だとイマイチ。

若くして名声を得て、ちやほやされて
転落していく人生。

ゴシップネタによくある光景ですが、
サガンもそうだったんですね。

でも、あらためて見ると
心をリセットするタイミングはいくらでもあったような。

それをしようとしても
なかなかできないのが人の弱さかな〜と。

本人はそれでも自由奔放に生きたことを良しとしたのか、
それとも後悔してるのか?

最後にはボロボロであまり充実した感じには見えなかったがどうだったのか・・・。

子供と最後まで分かり合えなかったのは少し悲しい。

11〜 15件 / 全32件