1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. サード・ウォッチ<セカンドシーズン>

サード・ウォッチ<セカンドシーズン>

サード・ウォッチ<セカンドシーズン>の画像・ジャケット写真

サード・ウォッチ<セカンドシーズン> / マイケル・ビーチ

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「サード・ウォッチ<セカンドシーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「サード・ウォッチ<セカンドシーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年:

2000年

製作国:

アメリカ

原題:

THIRD WATCH

「サード・ウォッチ<セカンドシーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ため息つかせて

アクアマン

地獄の捜査線

素敵な人生のはじめ方

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全21件

サードウォッチ ネタバレ

投稿日:2009/07/27 レビュアー:レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大ファンです。展開のテンポがよく、警察と消防救急のそれぞれのエピソードと交錯エピソードが最高。シーズン3位までジミーの性格が悪いですが、シーズン4以降どんどん素敵になっていきます。一方ドクはシーズン2からみるみる崩壊していきます。なんといってもボスコが最高です。こんな警官、消防士、救急救命士がいてくれたら安心できる。早くシーズン3以降もDVD化して下さい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

カルロスは環境の犠牲者なのか?

投稿日:2010/02/08 レビュアー:ぽんぽん玉

もう、誰か止めて。カルロスの勘違い野郎を!
彼って何なんだろう。。。
無神経で自己中で被害妄想&加害妄想が強い。
今回はそんな言動からセミナーを受講する羽目に陥ったカルロス。
いざ、会場に行ってみると、そこにはボスコもいて笑える∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ
ただし、ボスコは自分の事をよくわかっているのです。
以前にも、(ヨーカスに対して)自分の人種差別的思考を認めていたし、不満も多かった。
でも、決して自分が正しいとは思っていないところが救いなのだ。
【人種差別はするが、それはプライベートでの事。仕事の時は肌の色に関係なく接している】と言い切ったボスコ。
確かに悪態はつくものの差別はしていないものね。
それに比べてカルロスは自分が正しいと思い込んでいる。
【思いやり】というものが理解できないといった彼。
【そんな環境に生まれていないし、どの里親も教えてはくれなかった】
最後に言い放った言葉は本心と言えるでしょう。どんなにボスコに強がってみてもね。
でも、【思いやり】というのは誰かに教えてもらうものではないし、環境が悪いからといって身に付かないものではないと思ってしまうのも事実です。
多分、彼は一生変わらないんだろうなぁ。。。^^;

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

やはり人は変わらない

投稿日:2010/02/04 レビュアー:ぽんぽん玉

前回のジミーに引き続き、今回はボスコ母の人間性について語られています。
「今回は変わる」と言ったジミー。でも結局は変わっていなかった。
どんなにがんばっても、人の本質は変わらないのでしょうか。
うーん。経験上、やっぱり変わらないねぇ。。。
余程の経験でもしない限り、人の本質は変化しないのです。
ジミーにとっての再婚は、本人が思っているよりも【余程の経験】ではなかったのか^^; アホ。。。
そしてボスコ母もまた同じ事を繰り返している。
好きになるのは暴力をふるう男ばかり。
殴られ、それでも相手をかばい、相手にすがり、生きていく母。
最後の最後で、殴った相手に対して【息子を訴えたら逮捕させる】と言い切ったのは、今回こそは【余程の経験】だったからでしょう。
これで少しでも変われば良いんですけどねぇ。でも、結局相手と別れてはいないんでしょうね^^;
人間ってどうしようもない生き物ですわ。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

人は変わらない?

投稿日:2010/02/04 レビュアー:ぽんぽん玉

今回はジミーの結婚とドクの過去の事件がメイン。
ジミーって格好良いよね。すらりとした長身のイケメン。それでいて笑った時のえくぼがキュート( *^艸^)
でも、根っからのバカ野郎です 笑
キムと結婚していた時も、二股かけていたり、妹に手を出したり。。。と、バカッぷりを惜しみなく発揮してくれた彼ですが今回もまたやってくれました(-_-;)
それもよりにもよって婚前パーティーの最中に同僚の彼女に手を出すかねぇ。。。
それを目撃してしまったテーラーは、居心地の悪さからボビーに話してしまう。(テーラーって唯一真面目かも^^;)
勿論、そこからキム→ドク→カルロスと伝わり。。。ついにはレギュラー陣全員が知るところとなるのです。
まぁ、カルロスに話したらそこからは早いわな^^;
結婚式での全員のにやにや笑いが爆笑の回でした∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ

もう一つのエピソードはドクの過去。
高校時代に犯してしまった罪。(実際には事故だと思うけど)
ドクが救命士になった理由や、1人でも多くの患者を助けようとする姿勢の根底にあるものが解明されました。
ちなみに高校時代の彼女役で登場したのは、【CSI マイアミ】の検死官アレックスでした。
あ、ちなみにちなみにジミーの婚約者ブルックは、同じく【CSI マイアミ】のナタリアですねwww

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

責任

投稿日:2010/02/03 レビュアー:ぽんぽん玉

順番に登場人物にスポットを当てている今シーズン。
今回はデイビス。
尊敬する父親に隠し子がいた事が発覚し、荒れるデイビス。
でも、最初から汚職の影がつきまとっていたり、今ひとつ聖人君子ではなかった父親。
でも11歳で父親を亡くしたデイビスにとってはヒーローでいてほしかったのかな。
生身の父親を見ずにヒーローとして作り上げ、その後を追い続けたデイビスにとっては、父親の影の部分は見たくなかったのでしょう。
しかしながら、ボスコが発した言葉に納得。
「2つの家族を持ちながら、どちらも最後まで投げ出さなかった。男の中の男だ」
ある意味、名言と言える。離婚率の高いアメリカにとって、1つの家族すら守りきれない男が多い中、2つの家族を最後まで守ったのだから。。。
でも当事者としては、やはり辛いのかな。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全21件

サード・ウォッチ<セカンドシーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

サードウォッチ

投稿日

2009/07/27

レビュアー

レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大ファンです。展開のテンポがよく、警察と消防救急のそれぞれのエピソードと交錯エピソードが最高。シーズン3位までジミーの性格が悪いですが、シーズン4以降どんどん素敵になっていきます。一方ドクはシーズン2からみるみる崩壊していきます。なんといってもボスコが最高です。こんな警官、消防士、救急救命士がいてくれたら安心できる。早くシーズン3以降もDVD化して下さい。

カルロスは環境の犠牲者なのか?

投稿日

2010/02/08

レビュアー

ぽんぽん玉

もう、誰か止めて。カルロスの勘違い野郎を!
彼って何なんだろう。。。
無神経で自己中で被害妄想&加害妄想が強い。
今回はそんな言動からセミナーを受講する羽目に陥ったカルロス。
いざ、会場に行ってみると、そこにはボスコもいて笑える∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ
ただし、ボスコは自分の事をよくわかっているのです。
以前にも、(ヨーカスに対して)自分の人種差別的思考を認めていたし、不満も多かった。
でも、決して自分が正しいとは思っていないところが救いなのだ。
【人種差別はするが、それはプライベートでの事。仕事の時は肌の色に関係なく接している】と言い切ったボスコ。
確かに悪態はつくものの差別はしていないものね。
それに比べてカルロスは自分が正しいと思い込んでいる。
【思いやり】というものが理解できないといった彼。
【そんな環境に生まれていないし、どの里親も教えてはくれなかった】
最後に言い放った言葉は本心と言えるでしょう。どんなにボスコに強がってみてもね。
でも、【思いやり】というのは誰かに教えてもらうものではないし、環境が悪いからといって身に付かないものではないと思ってしまうのも事実です。
多分、彼は一生変わらないんだろうなぁ。。。^^;

やはり人は変わらない

投稿日

2010/02/04

レビュアー

ぽんぽん玉

前回のジミーに引き続き、今回はボスコ母の人間性について語られています。
「今回は変わる」と言ったジミー。でも結局は変わっていなかった。
どんなにがんばっても、人の本質は変わらないのでしょうか。
うーん。経験上、やっぱり変わらないねぇ。。。
余程の経験でもしない限り、人の本質は変化しないのです。
ジミーにとっての再婚は、本人が思っているよりも【余程の経験】ではなかったのか^^; アホ。。。
そしてボスコ母もまた同じ事を繰り返している。
好きになるのは暴力をふるう男ばかり。
殴られ、それでも相手をかばい、相手にすがり、生きていく母。
最後の最後で、殴った相手に対して【息子を訴えたら逮捕させる】と言い切ったのは、今回こそは【余程の経験】だったからでしょう。
これで少しでも変われば良いんですけどねぇ。でも、結局相手と別れてはいないんでしょうね^^;
人間ってどうしようもない生き物ですわ。。。

人は変わらない?

投稿日

2010/02/04

レビュアー

ぽんぽん玉

今回はジミーの結婚とドクの過去の事件がメイン。
ジミーって格好良いよね。すらりとした長身のイケメン。それでいて笑った時のえくぼがキュート( *^艸^)
でも、根っからのバカ野郎です 笑
キムと結婚していた時も、二股かけていたり、妹に手を出したり。。。と、バカッぷりを惜しみなく発揮してくれた彼ですが今回もまたやってくれました(-_-;)
それもよりにもよって婚前パーティーの最中に同僚の彼女に手を出すかねぇ。。。
それを目撃してしまったテーラーは、居心地の悪さからボビーに話してしまう。(テーラーって唯一真面目かも^^;)
勿論、そこからキム→ドク→カルロスと伝わり。。。ついにはレギュラー陣全員が知るところとなるのです。
まぁ、カルロスに話したらそこからは早いわな^^;
結婚式での全員のにやにや笑いが爆笑の回でした∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ

もう一つのエピソードはドクの過去。
高校時代に犯してしまった罪。(実際には事故だと思うけど)
ドクが救命士になった理由や、1人でも多くの患者を助けようとする姿勢の根底にあるものが解明されました。
ちなみに高校時代の彼女役で登場したのは、【CSI マイアミ】の検死官アレックスでした。
あ、ちなみにちなみにジミーの婚約者ブルックは、同じく【CSI マイアミ】のナタリアですねwww

責任

投稿日

2010/02/03

レビュアー

ぽんぽん玉

順番に登場人物にスポットを当てている今シーズン。
今回はデイビス。
尊敬する父親に隠し子がいた事が発覚し、荒れるデイビス。
でも、最初から汚職の影がつきまとっていたり、今ひとつ聖人君子ではなかった父親。
でも11歳で父親を亡くしたデイビスにとってはヒーローでいてほしかったのかな。
生身の父親を見ずにヒーローとして作り上げ、その後を追い続けたデイビスにとっては、父親の影の部分は見たくなかったのでしょう。
しかしながら、ボスコが発した言葉に納得。
「2つの家族を持ちながら、どちらも最後まで投げ出さなかった。男の中の男だ」
ある意味、名言と言える。離婚率の高いアメリカにとって、1つの家族すら守りきれない男が多い中、2つの家族を最後まで守ったのだから。。。
でも当事者としては、やはり辛いのかな。。。

11〜 15件 / 全21件