1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場の画像・ジャケット写真

チャーリーとチョコレート工場 / ジョニー・デップ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

685

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「チャーリーとチョコレート工場」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないという、謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが…。

「チャーリーとチョコレート工場」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

アメリカ/イギリス

原題:

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

「チャーリーとチョコレート工場」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハムレット

オデュッセイア/魔の海の大航海

GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜

ネバーランド

ユーザーレビュー:685件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全685件

チャーリーはいい子

投稿日:2007/08/22 レビュアー:カプチーノ

原作者のロアルド・ダールはピリッとオチを効かせた短編小説の名手で、大人向けの短編はテレビドラマになっており、「ロアルド・ダール劇場」としてDVD化されています。
ダールは、子供向けの作品も数多く書いてティム・バートンは、ダールの児童書の中の人気作のひとつを映画化した「ジャイアント・ピーチ」をプロデュースしていますから、ダールのファンなのでしょう。
大人向けのダールの作品は、皮肉をきかせた素直に笑えない喜劇みたいなところがあり、この作品でも、少し行き過ぎかなとついていけないところがあります。

ティム・バートン独特の暗い寓話趣味の導入部から中盤までは、バートン節が快調。
ところが、チョコレート工場内に入って見学がはじまると、突然ミュージカルになって、びっくり。
このダール作の「チャーリー〜」は、70年代の初頭にダール自身が脚本を手がけて、ジーン・ワイルダー主演で「Willy Wonka and the Chocolate Factory」というタイトルでミュージカル映画化されています。
本作は、その70年代の作品のリメイク的な観点もあったのでしょうか。そちらも観て、比較してみたくなりました。
続いて工場内の見学が進むと、科学の粋を結集したような設備の数々が出てきて唖然。これまでと雰囲気がガラリと変わります。
そして、終盤は、また元に戻って、予想どおりの納得の結末へ。

出演者(バートン監督は役者選びがうまい)は個性あふれるキャラクターをそれぞれうまく演じています。
少年チャーリーとその家族の暖かい心情がクリスマス・ストーリィのように胸をうつ好感のもてる作品でした。
チョコレートが食べたくなる佳作。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

これは大人向けの風刺映画、私は好きです。 ネタバレ

投稿日:2007/01/25 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

悪ガキへの仕打ちがすごい!
子供の育て方を間違えるとひどい事になるんだよ、とういう大人への警告ではないでしょうか。
貧乏だけど家族という一番の宝物を持っているチャーリーと、大金持ちでも家族の愛を知らないミスター・ウォンカが対象的です。そしてチャーリーの言葉で再び父への愛情を取り戻すラストはとても嬉しくなり、思わず笑みがこぼれました。心の中がほんわかしてくるいいラストです。チャーリーのおじいちゃんx2、おばあちゃんx2がすっごくいい味出してますねえ。
それにウンパ・ルンパのおじさん、不気味だけどかわいい(?)
踊りもへたくそだけど、いい感じ。
何より、ジョニー・デップ自身が、変人ウォンカ役をとても楽しんで演じているのが判ります。いつもながらうまい!
まあ、拾ったお金でチョコ買うのは道徳的にはどうの。。。ということもありましょうが、現実には大いにありうることですから、それはよしとして、ちょっと過激なファンタージーワールドをぜひお楽しみあれ。チョコレートの香りすらしてきますよ。
(チャーリー役の子、名子役と言われたネバーランドの子だったのですね。どおりで演技上手だと思った。)

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

正直に言うと、、、チョコレートそんなに好きでないんですw ネタバレ

投稿日:2010/05/19 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

チャーリーは2人のお爺ちゃんと2人のお婆ちゃんと両親の7人暮らし。
とってもボロボロで傾いた家で細々と家族仲良く暮らしている。
お爺ちゃんとお婆ちゃん4人で過ごすベッドがかなりイイです♪
それに、ほんとにいい孫です。チャーリーは。優しくって家族思いの男の子。
拾った10ドル札?ホントは警察なりに届けてほしかったんだよ〜。私的には(^_^;)

チョコレート工場見学のチケットがただの5枚。それに当たったのは
真ん丸の男の子のオーガスタス。とにかく、食べるのが大好き。顔が作りモノみたいだったw
空手の強いバイオレット。高慢ちきな子供で可愛らしさが全くない。
金持ち娘のベルーカ。お金の価値も分からん子供で、とにかくチケットが欲しいからと
父親に駄々をこねる。それを聞いちゃう父親も父親だよ(。−‘ω´−)
いちいち自分の賢さを前面に押し出すマイク。チケットなんて直ぐに当てられる。
チョコレート1枚で当たったんだとイキガル子。嫌いよ。この子。
それにとっても子供らしく、心優しいチャーリー。

チョコレート工場の経営者がウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)で
めちゃくちゃイイです。このキャラ。と言いますか、ジョニーがイイ!!
性別も分からんような中世的な雰囲気でw この人ほんと凄い俳優さんだと実感。。。

ゲラゲラ笑う映画でなく、なんだか映画の中に入り込めるような作品で、
友達が「全然面白くなかった」と言ってたので観てなかったんですが
TVでやってたのを途中まで観て、寝てしまったので(つまらなかったのではないです)
借りてまで続きを観たとゆう面倒なことをしてしまった(*´-ω-`)・・・ふぅ

チャーリー以外の可愛げのない子供達がどんどん排除されていくのには
ちょっとスカッとしてしまいましたw それは、とってもよくあるお話なんですが
そこがやはり1番面白く感じるんですよね〜♪
ウンパ・ルンパの妙チクリンな唄やダンスにウキウキ気分にされて、
とっても満足な時間を過ごせました♪ やっぱりこうゆう映画はイイよね(≧∇≦)

チョコレートの滝…観てるだけで胸やけ状態になりましたが(汗

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

こそーっと隠れて、やっと今更初鑑賞・・・

投稿日:2010/01/13 レビュアー:KASPAR

やっぱ、ティム・バートンやったらコレぐらいのオリジナリティがほしーよねー♪

主人公のイイ子とされてる子が、拾ったお金を何の躊躇もなくチョコレートに突っ込むという・・・下手すりゃウィンズ周辺でシケモクすーってるおっさんレベルの行動をしたりして、"オイオイ他の子供にはちょっとしたことでメッチャクチャな罰をしときながらそりゃないやろー"って感じもあるけど、愛すべきウンコ野郎ティム・バートンやからまぁエエか!(エエのか!?)

□■□■□■□■□

あまりにも独特な世界なんで、好き嫌いは分かれるかも知らんけど、こういう"ティム・バートン"にしか撮れないとか"ティム・バートン"でなければならない作品って好きやで!

ウンパ・ルンパもジョニー・デップも、観ようによってはむっちゃ気持ち悪いただのおっさんやもんね(;^_^A

ティ・ム・バートンにとっては子供向けの映画やろけど、どっちかいうと大人の子供にハマりそうな作品やね♪

みんな観てると思うんでこの程度でええか!

個人的満足度 82点!!!

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

ジョニーデップ&ティムバートンの最強タッグ!

投稿日:2008/08/29 レビュアー:pokorou


この作品での、ジョニーデップは白塗りでおかっぱでとてもカッコ良いとは言えませんが、すごく味があります。

変幻自在の表情をふんだんに見せてくれます!

封鎖したチョコレート工場の見学を出来る金のチケットは5枚。

チケットを手にした5人の子供は個性豊か。

チョコレートが大好きな肥満児坊や
自信家で高慢ちきな親子
お金に物を言わせ、子供の欲しい物はなんでも手に入れてやるバカな父親。そしてその結果、我儘に育ってしまった娘。
ゲーム三昧の毎日を送り、天才的な計算でたった一枚でチケットを当てた子供らしさの無い男の子
そして、家族思いの優しい子、チャーリー。

チョコレート工場の中はとてもアーティスティックで素敵♪

ウンパルンパのダンスと歌は最高♪

一見、いやみな偏屈な男と思われるウィーリーウォンカにも、忘れられない過去があった。
現在は疎遠になっている父との苦い思い出…

子供とその子供を育てる親。色んな家庭があり、それぞれに試練(お仕置き)が与えられ、そこが又痛快w
教訓的な物をコミカルに教えさせてくれる。

チャーリーと共に父に会いに行く決心をしたウィリーウォンカ。
感動の再会。

優しいチャーリーとその家族のおかげで人間らしさを取り戻し、再びチョコレート制作に取り組むチャーリーとウィリーウォンカの心温まるラストがほのぼのとしていて良い。

言うまでも無いが、ジョニーデップの演技は最高!
硝子戸にぶち当たるジョニーデップは何度見ても面白いw


私はこの作品は大好きです!

ジョニーデップ&ティムバートンの作品は目が離せないですね♪

ジョニーデップ最高♪ 大好き♪

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全685件

チャーリーとチョコレート工場

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:685件

チャーリーはいい子

投稿日

2007/08/22

レビュアー

カプチーノ

原作者のロアルド・ダールはピリッとオチを効かせた短編小説の名手で、大人向けの短編はテレビドラマになっており、「ロアルド・ダール劇場」としてDVD化されています。
ダールは、子供向けの作品も数多く書いてティム・バートンは、ダールの児童書の中の人気作のひとつを映画化した「ジャイアント・ピーチ」をプロデュースしていますから、ダールのファンなのでしょう。
大人向けのダールの作品は、皮肉をきかせた素直に笑えない喜劇みたいなところがあり、この作品でも、少し行き過ぎかなとついていけないところがあります。

ティム・バートン独特の暗い寓話趣味の導入部から中盤までは、バートン節が快調。
ところが、チョコレート工場内に入って見学がはじまると、突然ミュージカルになって、びっくり。
このダール作の「チャーリー〜」は、70年代の初頭にダール自身が脚本を手がけて、ジーン・ワイルダー主演で「Willy Wonka and the Chocolate Factory」というタイトルでミュージカル映画化されています。
本作は、その70年代の作品のリメイク的な観点もあったのでしょうか。そちらも観て、比較してみたくなりました。
続いて工場内の見学が進むと、科学の粋を結集したような設備の数々が出てきて唖然。これまでと雰囲気がガラリと変わります。
そして、終盤は、また元に戻って、予想どおりの納得の結末へ。

出演者(バートン監督は役者選びがうまい)は個性あふれるキャラクターをそれぞれうまく演じています。
少年チャーリーとその家族の暖かい心情がクリスマス・ストーリィのように胸をうつ好感のもてる作品でした。
チョコレートが食べたくなる佳作。

これは大人向けの風刺映画、私は好きです。

投稿日

2007/01/25

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

悪ガキへの仕打ちがすごい!
子供の育て方を間違えるとひどい事になるんだよ、とういう大人への警告ではないでしょうか。
貧乏だけど家族という一番の宝物を持っているチャーリーと、大金持ちでも家族の愛を知らないミスター・ウォンカが対象的です。そしてチャーリーの言葉で再び父への愛情を取り戻すラストはとても嬉しくなり、思わず笑みがこぼれました。心の中がほんわかしてくるいいラストです。チャーリーのおじいちゃんx2、おばあちゃんx2がすっごくいい味出してますねえ。
それにウンパ・ルンパのおじさん、不気味だけどかわいい(?)
踊りもへたくそだけど、いい感じ。
何より、ジョニー・デップ自身が、変人ウォンカ役をとても楽しんで演じているのが判ります。いつもながらうまい!
まあ、拾ったお金でチョコ買うのは道徳的にはどうの。。。ということもありましょうが、現実には大いにありうることですから、それはよしとして、ちょっと過激なファンタージーワールドをぜひお楽しみあれ。チョコレートの香りすらしてきますよ。
(チャーリー役の子、名子役と言われたネバーランドの子だったのですね。どおりで演技上手だと思った。)

正直に言うと、、、チョコレートそんなに好きでないんですw

投稿日

2010/05/19

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

チャーリーは2人のお爺ちゃんと2人のお婆ちゃんと両親の7人暮らし。
とってもボロボロで傾いた家で細々と家族仲良く暮らしている。
お爺ちゃんとお婆ちゃん4人で過ごすベッドがかなりイイです♪
それに、ほんとにいい孫です。チャーリーは。優しくって家族思いの男の子。
拾った10ドル札?ホントは警察なりに届けてほしかったんだよ〜。私的には(^_^;)

チョコレート工場見学のチケットがただの5枚。それに当たったのは
真ん丸の男の子のオーガスタス。とにかく、食べるのが大好き。顔が作りモノみたいだったw
空手の強いバイオレット。高慢ちきな子供で可愛らしさが全くない。
金持ち娘のベルーカ。お金の価値も分からん子供で、とにかくチケットが欲しいからと
父親に駄々をこねる。それを聞いちゃう父親も父親だよ(。−‘ω´−)
いちいち自分の賢さを前面に押し出すマイク。チケットなんて直ぐに当てられる。
チョコレート1枚で当たったんだとイキガル子。嫌いよ。この子。
それにとっても子供らしく、心優しいチャーリー。

チョコレート工場の経営者がウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)で
めちゃくちゃイイです。このキャラ。と言いますか、ジョニーがイイ!!
性別も分からんような中世的な雰囲気でw この人ほんと凄い俳優さんだと実感。。。

ゲラゲラ笑う映画でなく、なんだか映画の中に入り込めるような作品で、
友達が「全然面白くなかった」と言ってたので観てなかったんですが
TVでやってたのを途中まで観て、寝てしまったので(つまらなかったのではないです)
借りてまで続きを観たとゆう面倒なことをしてしまった(*´-ω-`)・・・ふぅ

チャーリー以外の可愛げのない子供達がどんどん排除されていくのには
ちょっとスカッとしてしまいましたw それは、とってもよくあるお話なんですが
そこがやはり1番面白く感じるんですよね〜♪
ウンパ・ルンパの妙チクリンな唄やダンスにウキウキ気分にされて、
とっても満足な時間を過ごせました♪ やっぱりこうゆう映画はイイよね(≧∇≦)

チョコレートの滝…観てるだけで胸やけ状態になりましたが(汗

こそーっと隠れて、やっと今更初鑑賞・・・

投稿日

2010/01/13

レビュアー

KASPAR

やっぱ、ティム・バートンやったらコレぐらいのオリジナリティがほしーよねー♪

主人公のイイ子とされてる子が、拾ったお金を何の躊躇もなくチョコレートに突っ込むという・・・下手すりゃウィンズ周辺でシケモクすーってるおっさんレベルの行動をしたりして、"オイオイ他の子供にはちょっとしたことでメッチャクチャな罰をしときながらそりゃないやろー"って感じもあるけど、愛すべきウンコ野郎ティム・バートンやからまぁエエか!(エエのか!?)

□■□■□■□■□

あまりにも独特な世界なんで、好き嫌いは分かれるかも知らんけど、こういう"ティム・バートン"にしか撮れないとか"ティム・バートン"でなければならない作品って好きやで!

ウンパ・ルンパもジョニー・デップも、観ようによってはむっちゃ気持ち悪いただのおっさんやもんね(;^_^A

ティ・ム・バートンにとっては子供向けの映画やろけど、どっちかいうと大人の子供にハマりそうな作品やね♪

みんな観てると思うんでこの程度でええか!

個人的満足度 82点!!!

ジョニーデップ&ティムバートンの最強タッグ!

投稿日

2008/08/29

レビュアー

pokorou


この作品での、ジョニーデップは白塗りでおかっぱでとてもカッコ良いとは言えませんが、すごく味があります。

変幻自在の表情をふんだんに見せてくれます!

封鎖したチョコレート工場の見学を出来る金のチケットは5枚。

チケットを手にした5人の子供は個性豊か。

チョコレートが大好きな肥満児坊や
自信家で高慢ちきな親子
お金に物を言わせ、子供の欲しい物はなんでも手に入れてやるバカな父親。そしてその結果、我儘に育ってしまった娘。
ゲーム三昧の毎日を送り、天才的な計算でたった一枚でチケットを当てた子供らしさの無い男の子
そして、家族思いの優しい子、チャーリー。

チョコレート工場の中はとてもアーティスティックで素敵♪

ウンパルンパのダンスと歌は最高♪

一見、いやみな偏屈な男と思われるウィーリーウォンカにも、忘れられない過去があった。
現在は疎遠になっている父との苦い思い出…

子供とその子供を育てる親。色んな家庭があり、それぞれに試練(お仕置き)が与えられ、そこが又痛快w
教訓的な物をコミカルに教えさせてくれる。

チャーリーと共に父に会いに行く決心をしたウィリーウォンカ。
感動の再会。

優しいチャーリーとその家族のおかげで人間らしさを取り戻し、再びチョコレート制作に取り組むチャーリーとウィリーウォンカの心温まるラストがほのぼのとしていて良い。

言うまでも無いが、ジョニーデップの演技は最高!
硝子戸にぶち当たるジョニーデップは何度見ても面白いw


私はこの作品は大好きです!

ジョニーデップ&ティムバートンの作品は目が離せないですね♪

ジョニーデップ最高♪ 大好き♪

11〜 15件 / 全685件