Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 0人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全244件

複雑な心境で観ちゃいましたネタバレ

投稿日:2007/03/09 レビュアー:みみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 最近、テロとか復讐ものとかを観る頻度がなぜか多くて、ラストの花火でもスカッとしないような、ちょっと複雑な心境で観てしまいました。。
 実際に起きたテロには嫌悪を抱くのに、フィクションの世界なら礼賛しちゃっていいのかな、なんて。考えたりして。
 つまり、この映画のように架空の世界であれば、テロの対象は誰が見ても絶対的に“悪い”んだけど、現実にはそんな“絶対的に悪い”存在ってなかなかいない、というのが違うんだろうな、と思いました。

 とはいえ、やっぱりこんな世界が現実にあったら、私もVを応援して、仮面かぶって広場に走っていくでしょうね。
 私は『マトリックス』より、こっちの方が好きです。
 ただ、私もまるさんと同じで、中途半端にVからイヴィーへの愛の告白みたいなのは入れないでほしかった派です。
 ばっちり台詞で表現しなくたって、何となく雰囲気でわかるし。
ほんと一気に興ざめしちゃうんですよね。こういう1シーンで。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全体主義に反対する全体主義?ネタバレ

投稿日:2006/10/21 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フランスの作家にモーリス・ブランショという人がいます。第二次大戦中は右翼的なエッセイをしたためていたものの、「68年」の際には最も過激な論客の一人と目されていた人物で、つい数年前に死去するまでとうとう「顔のない作家」を貫き通した極めて得意な作家でした。彼は顔写真を全く公開せず、それどころかプライバシーに関する情報を一切明らかにすることなく、厳格なまでに意識的に「顔」を持つことを拒絶していたのですが、そのポリシーを破ることを厭わずに公の場で発言したことが一度だけあります。「68年」の際にフランスの作家同盟が会合を開き、政府に対して統一声明を打ち出そうとした時です。それまでの議論に参加していなかったブランショは、自ら名乗りを上げ「それだけは絶対にしてはいけない。作家である限り、統一の声明など絶対に出してはならず、一人一人が自らの責任で声明を出すべきだ」と力説したそうです。

何故こんな話を持ち出したのかというと、『Vフォー・ヴェンデッタ』にそれなりに面白味を感じながらも、ある種の違和感を強く感じており、よふかしさんのコメントを改めて読み直して上記のエピソードを閃きのように思い出したからです。この作品、要するに全体主義(的なもの)に対する反意と警告とをテーマとしており、原作がサッチャーの時代に描かれたことなどから、まあこれはこれでありじゃないかな程度に感じて観ていたのですが、ラストの、群衆がVの仮面を被り議事堂に集まり、議事堂の破壊と共にその仮面を取るシーンでよふかしさんとほぼ同じ印象を、つまり「でもなんだい結局は民衆は違う「権力」に乗り換えただけじゃあないのと」感じてしまったのです。

「権力」に対して「権力」で立ち向かうというのは結局は同じ穴の狢に過ぎないわけで、本作のように顔のない大衆として扱われていた人達が、皆が同じ顔をした大衆として「権力」に立ち向かい覆してとしても根本的な権力構造には何ら変化はないわけです。ブランショが声高に「全体主義に反対する全体主義」を認めまいとしての、もこうした「権力の根本構造」にこそ真に本質的な問題があることを指摘していたからなのだと思います。

映画的な絵柄を優先したが故に、同じ仮面が並び、皆一様にその仮面をはぎ取るシーンが撮られたのだとは思いますが、でもそんな「絵柄」が撮りたいのなら、あそこまで全体主義に対するアンチを歌い上げる必要など無いわけで、それこそお目出度でお気楽極楽なファンタジーにしてしまえばよかったはずじゃあないでしょうか。

上記のよふかしさんの言葉を自分なりに言い換えるのなら「でもなんだい結局は民衆は皆で一緒に「権力」に乗たいだけじゃあないのと」ってことになるのですが、でも逆に冷静に考えてみると、ひょっとしたらそこまで裏読みするべき作品なのかも知れません。「反権力」なんて、そんな甘いもんじゃないよ、って言う。ま、深読みのし過ぎだとは思いますが。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マトリックスより素晴らしいと思いました☆☆☆☆☆ネタバレ

投稿日:2007/06/04 レビュアー:hiro

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

すごい映画でした。

始まって20分、これはどうなってるんだ?どうしたいの?と不思議に思ったとたん、この映画に引き込まれていました。

「復讐は何も生まない。」そういう言葉がよく言われたりしますが、Vの復讐によって一人の女性は本当の自分を見つけることができたし、多くの国民は圧政から解き放たれました。
彼の行動は復讐ではなく、解放だったのだと感動しました。

どんどん仮面の彼に親しみを覚えていくはずです。最初、不気味に思ったとしても停止したりせず、最後まで見てください。

間違った思想が世の中を統治する恐ろしさを、そして権力の怖さを感じました。
赤と黒のコントラストが議事長側では異様で怖くもあり、Vとイヴィー側では温かさすら感じました。『オペラ座の怪人』のようですばらしかったです。

これが80年代のコミックを元に映画化されたのだと思うとびっくりです。そのコミックが読んでみたい!
『マトリックス』の監督だとは知っていましたが、V役がエージェントスミスだったなんて、ちょっとびっくりしました。こっちの役の方がすばらしいと思いました。

V(ヒューゴ・ウィービング)の流れるような台詞はぜひ吹き替えなしで聞いてください。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

誰だ?!誰だ?!誰だぁ〜

投稿日:2007/05/14 レビュアー:おうち大好き

白い翼の ガッチャマンではなく、ヒューゴちゃんでした。
そんなに勿体付けなくても・・・

今回もロングヘアーでしたけど、前髪は短めでしたね。

ラスト近くで群集がVの仮面を脱ぐシーンでチラリと見えるらしいです。
私は二度と観る気はしませんけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良く纏まっている作品

投稿日:2007/02/07 レビュアー:レビュアー名未設定

面白かったです。期待通りでした。
あまりに不条理な展開も多いですが、独特な世界観のお陰でそれ程気になりません。
「まぁ、こんな世の中だしね」で片付けられます。

一度も素顔を晒さないのに、仕草だけで雄弁に語ってくれるヒューゴ氏の存在感が何より凄いです。流石エージェント・スミス。笑
顔は見えないのに、素直に「格好良い」と思えました。

ラストは分かりやすい上に不条理の固まりですが、気持ちの良い展開ではあったと思います。ちょっと泣けたし。
全体のテンポは良いし、視聴者を驚かせてくれる展開も有るし、見て損は無いと思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ