1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. その土曜日、7時58分

その土曜日、7時58分

その土曜日、7時58分の画像・ジャケット写真

その土曜日、7時58分 / フィリップ・シーモア・ホフマン

全体の平均評価点: (5点満点)

96

その土曜日、7時58分 /シドニー・ルメット

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「その土曜日、7時58分」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「十二人の怒れる男」「狼たちの午後」の名匠シドニー・ルメット監督が、一つの強盗計画を軸に浮かび上がるある家族の深い心の闇を実力派俳優陣の豪華なアンサンブルで描き出すサスペンス・ドラマ。娘の養育費もまともに払えない冴えない男、ハンク。そんな彼に兄のアンディはある強盗計画を持ちかける。狙うのはなんと彼らの両親が営む宝石店。ハンクとは対照的に、会計士として働き、美しい妻ジーナにも恵まれて不自由ない生活を送っているかに見えたアンディにも緊急に金が必要なワケがあった。ためらうハンクだったが、アンディに言葉巧みに説得されてしまう。そして、いよいよ計画実行の日がやってくるが…。

「その土曜日、7時58分」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU’RE DEAD

「その土曜日、7時58分」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

プレミアム・ラッシュ

ピース・ピープル

白鯨 MOBYDICK

プロヴァンスの贈りもの

Re:LIFE〜リライフ〜

ユーザーレビュー:96件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全96件

「救い」がないからこその「優しさ」 ネタバレ

投稿日:2009/07/19 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 人生の一発大逆転を狙う。これさえ上手くいけば、すべてチャラになる。
 そんなことを考える、そこまで追い詰められてる時点で、もうその人の人生は終ってんじゃないかと思う。

 会社での横領が発覚寸前、早急に大金が必要なアンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、弟のハンク(イーサン・ホーク)に強盗の計画を持ちかける。強盗と言っても実家の宝石店からちょいとブツを盗ませていただくという、ママのお財布からお札を引きぬく感覚。保険に入ってるから店も損しないし、「誰にも出来る仕事だよ」と兄は弟を説き伏せる。

 弟のハンクもまた離婚後の養育費が払えず金に困っていた。娘がねだる旅行の費用を何とか捻出してダメ父のレッテルをはがしたい。そんな焦りから兄の話に乗ってしまう。

 ところが、まったく想定外の事態が起こって母親が犠牲に。怒れる父親の真犯人探しが始まり・・・。

 そうか、これは家族の物語か。クライム・サスペンスなら男と女のストーリーが濃厚に絡んでくるところだが、マリサ・トメイはファム・ファタール(運命の女)ではない。彼女が男たちをたぶらかして犯罪に走らせるのではないから。

 パープルローズさんが看破されている通り、この家族の悲劇はずっとずっと以前から始まっていたのだと思う。父から愛されなかったアンディが抱えてきた不全感は社会的な成功でも埋められず、反社会的な行為での現実逃避に耽溺することになり、破滅へと向かう。
 一方、弟のハンクは甘やかされて育ったのだろうか、無責任な甘チャンだ。妻にも娘にも愛想を尽かされる姿が見ていてイタイ。
 愛嬢表現が下手なだけで実直なイイ人間なんじゃないかと思わせる父親(アルバート・フィニー)にも、実は秘密がある。

 なんとも救いのない話だ。「罪」という言葉の原語(ヘブル語かな?)には「的外れ」という意味があるそうだが、アンディとハンクの愚かさは、「そっちを選んじゃダメだろう」という「的外れ」の行為の積み重ねにある。すなわち、それが「罪」ということだ。

 しかし、この作品はそういう罪人たちを一点から見つめることはせず、まず事実をポンと提示したあとで、時間軸をズラしてそれぞれの立場から出来事のあり様を描いている。このやり方は賛否両論あるが、私は好ましく見た。一点の高みから見下ろして断罪するのではなく、それぞれの弱さ、辛さ、惨めさ、醜さを告白するような、罪人に寄り添った視点。

 不思議なことに「救い」がないからこその「優しさ」を感じた。特に最後のイーサン・ホークの扱い。ヘタレ男にふさわしいラスト。「正義は勝つ」みたいな話はキライですから。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

旅立ちの時 ネタバレ

投稿日:2009/07/07 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

娘の養育費が払えず、金策に頭を悩ますハンク。
一方兄のアンディも、麻薬にはまり、会社の金を使い込んで身動きできない状態に。
アンディが気弱な弟にもちかけたのは、あろうことか自分たちの両親が経営する貴金属店の強盗だった・・・。
誰も傷つかず、誰も損をせず、自分たちの切迫した状況は改善するはずだった計画が、ちょっとしたボタンの掛け違いの積み重ねで破滅へと向かってゆくのです。

しかし、このボタンの掛け違いは、果たしてほんとうに強盗計画に端を発したものだったのでしょうか。
アンディとハンク兄弟のそれぞれの事情、そしてふたりの父親との関係が次第に明らかになるにつれ、それは兄弟が幼い頃から始まっていて、長い間ひたすら破滅への道を歩んでいたのだと感じました。

強盗事件の犠牲になった母親に回復の見込みがないと知り、アンディはつぶやきます。
「おやじならよかったのに。」
父親のチャールズは、自分に似ているからこそアンディに厳しく接してきた。
アンディは父親の望むような息子になりたいと願いつつ、弟ハンクのように父親のお気に入りにはどうしてもなれなかった。
父親役のアルバート・フィニと、アンディ役のフィリップ・シーモア・ホフマンが、時々ドキッとするほど似ていました。
お互いに似ているからこそ、反発し憎みあうふたり。

原題の「Before the devil knows you're dead」って、どういうことなのかとずっと思ってましたが、その前に「May you be in heaven half an hour」ってついてるんですね。こんな破滅を迎えたアンディに果たしてそんなことができるのでしょうか。

ところで、よふかしさんが書いておられるルメットの「旅立ちの時」もあわせて見ました!なんと、私はDVDを持っていたのに、何年も見ないで寝かせていたんです。すごくよかったです。感激しました。よふかしさん、ありがとうございました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

生きることが辛くなってくる

投稿日:2010/11/25 レビュアー:飛べない魔女

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

39pts. 【主演】フィリップ・シーモア・ホフマン ネタバレ

投稿日:2009/08/17 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

話は、イントロダクションの通りで、、
単に、馬鹿兄弟のクライムムービーを元に、
親子の絆の強さと弱さを描きたいのかなと思った。

正直、映画を見ているときは、
あまりの兄弟の馬鹿加減に、
正直、あほらしくなってくるぐらいで・・・

ま、犯罪を描く作品は、犯人が賢こすぎると、
犯罪を犯すこと自体に信憑性がなくなってくるわけで、
リアルという意味では、
こういう馬鹿兄弟であるほうが、リアルなのかもしれないけど、
正直、これで家族を描こうとされても、
ただの馬鹿には、付ける薬はないし、
それで家族が崩壊されても、
だから?
って感じで・・・

そういう意味では、エンディングも、
リアリティはとてもあるんだけど・・・

だからといって、特に、
お話として、面白くないんだよね。。。

演出は工夫されていて、
時間を前後させて、飽きさせないように、
してるんだけど、、、
その効果と、話がわかりにくくなる効果と、
どっちが良かったか、難しいところだね。

で、こういう点数になったんですけど・・・

でも、見終わって、
bokensdorfさんのレビューを読んで、
なるほど、アメリカの中産階級で、
プライムローン前のバブルを享受し、
子金持ちになった人々が、
陥っていきやすい状態を、
警鐘として描いているとするのなら、
今、この映画を作る価値は、なるほどとは思う。

確かに、主人公には、不釣り合いなほど美人で、
スタイルも抜群の奥さんで、
そのわりに、関係が下手な感じで、その辺りの関係を、
映画で見てるときは、理解できなかったんだよね。

バブル期に、その金銭力で手にした、
家事のできない美人だけが取り柄の妻が、
バブル崩壊後、金がないことだけでなく、
家事としても、心理的な面も、性的なことでも、
彼を支えることができないと言う自己嫌悪という面からも、
彼から離れていく。

そういう状態から、
追いつめられていく状態は、
言われてみれば、なかなか、よく演技できているが、、、

そういう意味で、ちょっと、
家族関係の状態の前知識があったほうが、
わかりやすい映画だった気はするね。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

マリサ・トメイは本日現在43歳の独身女性として世界で最も美しい女性

投稿日:2009/08/07 レビュアー:bokensdorf

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全96件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:96件

「救い」がないからこその「優しさ」

投稿日

2009/07/19

レビュアー

ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 人生の一発大逆転を狙う。これさえ上手くいけば、すべてチャラになる。
 そんなことを考える、そこまで追い詰められてる時点で、もうその人の人生は終ってんじゃないかと思う。

 会社での横領が発覚寸前、早急に大金が必要なアンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、弟のハンク(イーサン・ホーク)に強盗の計画を持ちかける。強盗と言っても実家の宝石店からちょいとブツを盗ませていただくという、ママのお財布からお札を引きぬく感覚。保険に入ってるから店も損しないし、「誰にも出来る仕事だよ」と兄は弟を説き伏せる。

 弟のハンクもまた離婚後の養育費が払えず金に困っていた。娘がねだる旅行の費用を何とか捻出してダメ父のレッテルをはがしたい。そんな焦りから兄の話に乗ってしまう。

 ところが、まったく想定外の事態が起こって母親が犠牲に。怒れる父親の真犯人探しが始まり・・・。

 そうか、これは家族の物語か。クライム・サスペンスなら男と女のストーリーが濃厚に絡んでくるところだが、マリサ・トメイはファム・ファタール(運命の女)ではない。彼女が男たちをたぶらかして犯罪に走らせるのではないから。

 パープルローズさんが看破されている通り、この家族の悲劇はずっとずっと以前から始まっていたのだと思う。父から愛されなかったアンディが抱えてきた不全感は社会的な成功でも埋められず、反社会的な行為での現実逃避に耽溺することになり、破滅へと向かう。
 一方、弟のハンクは甘やかされて育ったのだろうか、無責任な甘チャンだ。妻にも娘にも愛想を尽かされる姿が見ていてイタイ。
 愛嬢表現が下手なだけで実直なイイ人間なんじゃないかと思わせる父親(アルバート・フィニー)にも、実は秘密がある。

 なんとも救いのない話だ。「罪」という言葉の原語(ヘブル語かな?)には「的外れ」という意味があるそうだが、アンディとハンクの愚かさは、「そっちを選んじゃダメだろう」という「的外れ」の行為の積み重ねにある。すなわち、それが「罪」ということだ。

 しかし、この作品はそういう罪人たちを一点から見つめることはせず、まず事実をポンと提示したあとで、時間軸をズラしてそれぞれの立場から出来事のあり様を描いている。このやり方は賛否両論あるが、私は好ましく見た。一点の高みから見下ろして断罪するのではなく、それぞれの弱さ、辛さ、惨めさ、醜さを告白するような、罪人に寄り添った視点。

 不思議なことに「救い」がないからこその「優しさ」を感じた。特に最後のイーサン・ホークの扱い。ヘタレ男にふさわしいラスト。「正義は勝つ」みたいな話はキライですから。

旅立ちの時

投稿日

2009/07/07

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

娘の養育費が払えず、金策に頭を悩ますハンク。
一方兄のアンディも、麻薬にはまり、会社の金を使い込んで身動きできない状態に。
アンディが気弱な弟にもちかけたのは、あろうことか自分たちの両親が経営する貴金属店の強盗だった・・・。
誰も傷つかず、誰も損をせず、自分たちの切迫した状況は改善するはずだった計画が、ちょっとしたボタンの掛け違いの積み重ねで破滅へと向かってゆくのです。

しかし、このボタンの掛け違いは、果たしてほんとうに強盗計画に端を発したものだったのでしょうか。
アンディとハンク兄弟のそれぞれの事情、そしてふたりの父親との関係が次第に明らかになるにつれ、それは兄弟が幼い頃から始まっていて、長い間ひたすら破滅への道を歩んでいたのだと感じました。

強盗事件の犠牲になった母親に回復の見込みがないと知り、アンディはつぶやきます。
「おやじならよかったのに。」
父親のチャールズは、自分に似ているからこそアンディに厳しく接してきた。
アンディは父親の望むような息子になりたいと願いつつ、弟ハンクのように父親のお気に入りにはどうしてもなれなかった。
父親役のアルバート・フィニと、アンディ役のフィリップ・シーモア・ホフマンが、時々ドキッとするほど似ていました。
お互いに似ているからこそ、反発し憎みあうふたり。

原題の「Before the devil knows you're dead」って、どういうことなのかとずっと思ってましたが、その前に「May you be in heaven half an hour」ってついてるんですね。こんな破滅を迎えたアンディに果たしてそんなことができるのでしょうか。

ところで、よふかしさんが書いておられるルメットの「旅立ちの時」もあわせて見ました!なんと、私はDVDを持っていたのに、何年も見ないで寝かせていたんです。すごくよかったです。感激しました。よふかしさん、ありがとうございました。

生きることが辛くなってくる

投稿日

2010/11/25

レビュアー

飛べない魔女

39pts. 【主演】フィリップ・シーモア・ホフマン

投稿日

2009/08/17

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

話は、イントロダクションの通りで、、
単に、馬鹿兄弟のクライムムービーを元に、
親子の絆の強さと弱さを描きたいのかなと思った。

正直、映画を見ているときは、
あまりの兄弟の馬鹿加減に、
正直、あほらしくなってくるぐらいで・・・

ま、犯罪を描く作品は、犯人が賢こすぎると、
犯罪を犯すこと自体に信憑性がなくなってくるわけで、
リアルという意味では、
こういう馬鹿兄弟であるほうが、リアルなのかもしれないけど、
正直、これで家族を描こうとされても、
ただの馬鹿には、付ける薬はないし、
それで家族が崩壊されても、
だから?
って感じで・・・

そういう意味では、エンディングも、
リアリティはとてもあるんだけど・・・

だからといって、特に、
お話として、面白くないんだよね。。。

演出は工夫されていて、
時間を前後させて、飽きさせないように、
してるんだけど、、、
その効果と、話がわかりにくくなる効果と、
どっちが良かったか、難しいところだね。

で、こういう点数になったんですけど・・・

でも、見終わって、
bokensdorfさんのレビューを読んで、
なるほど、アメリカの中産階級で、
プライムローン前のバブルを享受し、
子金持ちになった人々が、
陥っていきやすい状態を、
警鐘として描いているとするのなら、
今、この映画を作る価値は、なるほどとは思う。

確かに、主人公には、不釣り合いなほど美人で、
スタイルも抜群の奥さんで、
そのわりに、関係が下手な感じで、その辺りの関係を、
映画で見てるときは、理解できなかったんだよね。

バブル期に、その金銭力で手にした、
家事のできない美人だけが取り柄の妻が、
バブル崩壊後、金がないことだけでなく、
家事としても、心理的な面も、性的なことでも、
彼を支えることができないと言う自己嫌悪という面からも、
彼から離れていく。

そういう状態から、
追いつめられていく状態は、
言われてみれば、なかなか、よく演技できているが、、、

そういう意味で、ちょっと、
家族関係の状態の前知識があったほうが、
わかりやすい映画だった気はするね。

マリサ・トメイは本日現在43歳の独身女性として世界で最も美しい女性

投稿日

2009/08/07

レビュアー

bokensdorf

11〜 15件 / 全96件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

その土曜日、7時58分