男はつらいよ 【第1作】

男はつらいよ 【第1作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 【第1作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 【第1作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

渥美清主演による国民的人気シリーズの第1弾がデジタルリマスター版で復活。中学の時に家を飛び出した車寅次郎は、全国を渡り歩く香具師になった。両親の死を風の便りに知った寅次郎は、矢切の渡しから故郷・柴又へ久方ぶりの里帰りを果たすが…。

「男はつらいよ 【第1作】」 の作品情報

製作年: 1969年
製作国: 日本

「男はつらいよ 【第1作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 【第1作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ

  • 旧作

人気長寿シリーズの記念すべき第1作。中学の時に家を飛び出した車寅次郎は、全国を渡り歩く香具師になった。両親の死を風の便りで知った寅次郎は、矢切の渡しから故郷・柴又へ里帰りを果たし、妹・さくらの結婚を助けようとするが…。

収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9501 2004年10月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 2人 2人

男はつらいよ HDリマスター版 【第1作】

  • 旧作

渥美清主演による国民的人気シリーズの第1弾がデジタルリマスター版で復活。中学の時に家を飛び出した車寅次郎は、全国を渡り歩く香具師になった。両親の死を風の便りに知った寅次郎は、矢切の渡しから故郷・柴又へ久方ぶりの里帰りを果たすが…。

収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8501 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 17人 5人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全43件

源公ベストテンネタバレ

投稿日:2008/12/15 レビュアー:二男

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

源公の本名は源吉。苗字はない。
タイトルで源公の肩書きが出るのは第6作「男はつらいよ純情篇」以降である。
「源公」と呼ぶのは寅だけで、御前様は「源」と呼ぶ。
但し、寅の場合、源公の財布をあてにしているときだけ「源ちゃん」にかわる。
さくら、おばちゃん、マドンナは「源ちゃん」
おいちゃんは「源のやつ」
博は「きみ」
満男は「源さん」

生まれは大阪だが、母親の顔は知らないらしい。
レギュラーのなかでは唯一人大阪弁を話す。
学歴は東大法学部(自称)。
れっきとしたサラリーマンで、掃除、お茶汲み、鐘撞きなど帝釈天の雑用を受け持っている。
どちらかといえば、いやいややっているので、たまに鐘撞きを忘れる。
ある時期からお経の勉強をし、ユニフォームも着用している。
趣味は漫画、携帯テレビ、裏ビデオ、蓄財、夜遊び。
特技は浪花節。
好物はチャーシューメン。
性格はいたっておとなしく、素直で無邪気である。
近所の子供と遊ぶのを好む。
本能のままに行動するタイプで、己の姿の醜さに気がついていない。
御前様に対しては表面上は従順だが、敬意は微塵も持っていない。
ときに殺意を抱くこともある。
寅を「アニキ」と慕い、寅の言い付けには舎弟のように従順で、
寅の啖呵売では、手伝いやサクラを務めることもある。
寅と遊んでいるときはとても楽しそうだが、寅は源公とはどこかで一線を画している。


源公ベストテン(順不同)

・続・男はつらいよ: 登場場面が多く、寅の分身のごとく行動を共にする。
・寅次郎夢枕: はじめて源公が鐘を撞く場面が登場する。
・寅次郎子守唄: コーラス見学の場面での寅との悪ふざけ。
・翔んでる寅次郎: 御前様の折檻と源公の叫び。
・寅次郎ハイビスカスの花: 真昼間、二天門での居眠り。
・旅と女と寅次郎: はるみの歌に陶酔する表情のおかしさ。
・口笛を吹く寅次郎: 寅と江戸川の土手でマドンナ談義。
・幸福の青い鳥: 結婚相談所でのギャグ。「八重歯、八重歯。」
・寅次郎の告白: 参道の女子店員をお茶に誘い無視される。
・寅次郎の青春: 御前様の頭を剃る。
・寅次郎紅の花: 真っ赤な夕焼け空の下で鐘を撞く源公の姿。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

♪お〜れがいたんじゃ お嫁にぃ〜 いけぬ〜 

投稿日:2007/11/16 レビュアー:徒然蜜柑白書

目方で男が売れるなら こんな苦労も
こんな苦労も掛けまいに 掛けまいに♪
(目方だけなら 自信があります)

それでも男の夢だけは 何で忘れて
何で忘れているものか いるものか♪
(夢はイッパイあります)

『男はつらいよ』フーテンの寅さん の主題歌! 普段はまったく記憶の彼方にあるのですが アルコールが入ると つい口ずさんでしまう。

柵を乗り越えて こんなふうに自由にふ〜てんの旅をしてみたい!
(現実には不可能なんだけれど 無性に全てを投げ捨ててみたくなる)
行く先々で素敵な女姓とトキメイテみたい!
(毎回登場する 叶わぬ恋のマドンナ役とのやり取りも このシリーズの楽しみの一つ。 決して成就しないってとこが“ミソ”)

男なら 誰でも一度は 思ったことがあるんじゃないでしょうか?

 
これだけ男性のツボを得た不朽の名作シリーズ 多くは語りますまい!
最近 名レビュアーの「ケチケチ」さんが シリーズを丹念にレビューされていますので 個々のレビューはそちらを オススメします!


 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

寅さん映画の誕生!

投稿日:2006/07/16 レビュアー:リリー

初期の「男はつらいよ」は、寅さんの心の優しさはあまり描かれていないが、寅さんがハチャメチャで元気いっぱい!
笑いがふんだんに散りばめられていて、これこそ人情・喜劇映画の代表である。
渥美清さんが出演している映画を色々見てきたが、やはりこの車寅次郎役が一番ピッタリで、生き生きと演じている。
今まで「男はつらいよ」を一度も見たことがない人も、この作品を見れば、寅さんワールドに引き込まれてしまうはずだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな始まりだったんだ!

投稿日:2006/06/09 レビュアー:T♪

渥美清も前田吟も笠智衆もみんな若い!
それよりなにより、倍賞千恵子はこんなにかわいかったのか!と目がハート。
いやー、かわいくてかわいくて、ここ数年で見た一番のかわいさだった。
こんな女の子になりたかった!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一作目からおもしろい!

投稿日:2005/10/14 レビュアー:gen agonashi

他のシリーズを見た後に見たけど、寅さん一作目から相当とばしてておもしろい!本当に愛すべき人だし、映画だと思った!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全43件

男はつらいよ 【第1作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる