007/カジノロワイヤル

007/カジノロワイヤルの画像・ジャケット写真
007/カジノロワイヤル / ダニエル・クレイグ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

357

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「007/カジノロワイヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第21弾。暗殺の仕事を二度成功させて“00”の地位に昇格したボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を突き止めるが…。

「007/カジノロワイヤル」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: CASINO ROYALE

「007/カジノロワイヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

007/カジノ・ロワイヤルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD43508 2007年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
131枚 3人 2人

【Blu-ray】007 カジノ・ロワイヤル(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR43508*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 2人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:357件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全357件

青い瞳のボンド

投稿日:2007/11/27 レビュアー:ビンス

いやぁ、おもしろかった!ダニエル・クレイグは6代目のボンドです。決定した当初は、まあ非難轟々でした。青い瞳&金髪のボンドなんて前例が無く拒絶反応が凄かったんです、ファンの間で。僕もそのひとりでした。このキャスティングに猛抗議してました。「観る気が無くなった」とさえ言ってました。それがどうでしょう・・・脳天ガツーンの衝撃でした。
いままでのボンド作品でもベスト3に入るくらいの素晴らしさでした。今回のボンドは今までで一番感情的で激しいボンドです。観てるうちにというかオープニングアクションで観る前のネガティブな感情は消し去られました。僕はオープニングアクションで思わず歓喜の声を上げて、尚且つ体が浮きました。立ち上がりそうでした。映画館で観てたらえらいことになってました。それくらいの素晴らしいオープニング。それに続くタイトルバックもカッコイイ&お洒落。さらにそこからの息をもつかせぬ前半のアクションはお口アングリでした。
かと思えば後半のカジノロワイヤルでのトランプ対決は神経戦で魅せてくれるという一粒で二度おいしい構成になっていてワクワクドキドキです。静と動の対決にお決まりのセリフに魅力的なボンドガールと、どれをとっても極上のボンド作品でした。サイコー。
そしてラストもサイコー。あれはカッコ良すぎ。早く次が観たいです

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これがボンドガール!と思った3人目が本物でした(笑)

投稿日:2007/06/22 レビュアー:まるZONBI

ショーンコネリーからこっち、こんなに痛みを共有できたボンドはいなかったでしょう。実際古きよき英国人のウィットと大人の余裕と『一夜妻でもいいのよワタシ』・・みたいな風情は払拭されました。お子様向けに毛の生えたような(化け物のように膨らんだエンターテイメントの名の元に作られたアレら)昨今の007とも違います。オープニングから噴出す傲慢さと怒りの毒にしばし圧倒されます。ヤマカシみたいでかっこいい〜!血です、肉です、汗です!コレを登るか!?ここを降りる!?マリオかあんたらっ!?すっごーい!きゃー!アドレナリーーン!

このボンドさんは、自立したつもりの・・まだまだ我がままな子供のよう。Mはそんなボンドに振り回されながら、少なからず魅了されているようです。しかも、強くトンがっていて、ボロボロになってまで自分を押し通そうとする反面『恋』には忠実なのですからまさにケモノ(笑)シャワーでのエヴァ・グリーンとのシーンは、まさに無骨な野良犬ボンドが恋に落ちた瞬間です。途方にくれた二人が服のままずぶぬれで座り込み、そっと身を寄せ合うあのシーンが大好きです。

題名にもあるカジノシーン。正装したダニエルクレイブが案外上品で嬉しかったですが致命的にルールが分からない・・・ゆえに長い・・・そうか親の手持ちカードと自分のカードを足して役を作るポーカーか・・・とそのカード勝負とは別にとんでも無い危機がアレコレとあるのですが、敵が案外弱くて楽しかったですね。ちょっと哀れに思ったり・・・ストーリのラスト爆進!猛ダッシュ!がまたすごかった。え?まだ終わらないとは思ってましたが、ひっくり返してこねくって、また戻して・・うんちょっと荒っぽいけどOK。

そういえば話題の拷問シーンですが・・拷問はもともと悪趣味な手が多い(魔女裁判で発展した・・のかどうかは存じませんが女性に有効な拷問が沢山ね・・ああもうっ!!)のですが、これはじつにシンプルかつ有効打ですね・・・。久々に一緒に観ていた夫に『これ痛い?自分がやられたら吐く?キレキレでもっと右(名言!)とか言えちゃう?』と聞いてみましたが、微妙に目が泳いでいたので勘弁してやりました(笑)

さて、言いたい事は大体言いましたので仕事に戻ります。


新生ボンドはリアルでキュートで熱い男です。
でもお父ちゃん、
昔一緒に楽しんだダンディ・ボンドは
熱くないけど、なかなかホットだったよね?

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私のような007知らずを観る気にさせたダニエルグレイグ

投稿日:2007/06/03 レビュアー:花ちゃん

007はテレビで2−3作は観たことがあると思う程度。正直あまり興味のない分野でどれも覚えていないし。比較も出来ない。
それでいながら、ピアースブロスナンになったときには、それは無い!っと勝手にあの人はどうか?この人ならどうか?と無責任に候補を揚げてみたりしたが、全然これと言う俳優が思い浮かばなかった。やっぱり007になるのって相当条件が厳しいんだと実感した。

その時ダニエルグレイグがいたら、候補に挙げただろうかと思うとそれも絶対揚げなかったと思う。ショーンコネリーのような風格があってチャーミングなボンド像を継承させようとしてたから。
だがダニエルグレイグは、ピアースブロスナンと違い、私のような007知らずを観てみたいという気にさせてくれた。
初めて観たのはのシルヴィアの夫役だったか?なんか変な人だと思ったが強い印象は無かった。あとジャケットの患者役、ミュンヘンなどで結構存在感があり、意識してみたのはレイヤーケーキとJの悲劇。美男子ではないのになんだか彼には危ない魅力がある。

軽めのプレイボーイのボンドではなく無骨で無口っぽいグレイグが本気で女にのめり込むカジノロワイヤルのロマンスシーンはほどほど宜しい。007ファンの方には申し訳ないがアクションシーンや特殊スパイグッズは私にとってほとんどどうでも良いのである。
オープニングのアニメーション(何て言うのか?)もオシャレでカッコイイので好き。
007の看板をとっても成り立つが、取ると売れは落ちる。
はてさて、ダニエルグレイグのボンド役抜擢は従来のファンの期待を裏切ったのか、新しいファン層を広げたのか?次回作が気になる。

◆先週たくさんポイントしてくださったあなた様初め、いつも読んで下さるあなた、今日たまたま読んでくださったあなたもご縁があって光栄です。有難う。このところ少し忙しくて楽しみのDVDtimeがなかなか取れませんが少しづつ書いていきますのでどうぞ宜しくお願いします。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなか良かったネタバレ

投稿日:2007/05/01 レビュアー:勝王

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 007シリーズはシリーズの最初の数本は面白かったけど、途中でダレましたね。どうせどんなピンチになってもボンドは助かるので、全然ハラハラしませんし、ボンド役者がアクションの出来ない人ばっかりで。ヘナチョコパンチでも昔は良かったけど、クンフー野郎たちが命を張った格闘術を見せてくれる昨今は、ハリウッドでもクンフー見せてくれるくらいですから、どんどんボンドが「相手が勝手に倒れてくれるお約束野郎」に見えてきてました。まるで実力がないのにいい役を回してもらえる二世スターみたいでカッコ悪いです。いろんな意味でどんどん「お約束」が進んでいき、シリーズの宿命なんでしょうけど、パロディ化していきました。
 その点、ダニエル・クレイグは立派。冒頭こそ、悪役のヤマカシくんがあまりに凄いので、完全にボンドは負けておりますが、それでも歴代ヘナチョコボンド(ショーン・コネリーを除く)に比べると相当頑張ってます。徒手格闘術もちゃんとサブミッションを使った本格的なものに見えます。今までのボンドみたいに、絶対やられない、というのではなく、ちゃんと流血もしていますし。ヤマカシ・アクションにある程度ついていっており、これはアクションとしてかなり見応えがあります。
 その後もいろんなところで新しさを出してはいるんですが、なんか話を盛り込みすぎた感があり、ちょっとダレてしまいました。誰もが思うことでしょうけど、何でボンドが税金使ってカジノで勝負しているのか、分からない。別にカジノで相手を破産させなくても、やっつければいいじゃないの、とどうしても思ってしまいます。ストーリーのためのストーリーみたいになっていて、必然性はなし。
 女のために「007」を捨てる、みたいなところは良かったんですけど、相変わらず拷問シーンがあっても中途半端(ボンドへの拷問はいつも何故か生ぬるいです)。そんな中途半端な拷問を描くのだったら、最初から拷問なんてない展開にすればいいのではないでしょうか。
 最後まで飽きずに楽しめたし、ダニエル・クレイグはよしとしますが、ストーリー展開に疑問は残りました。しかしパロディ化してゆくシリーズに新しい方向をもたらしたのはなかなか良かったのではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

007の不思議なところ。

投稿日:2007/04/29 レビュアー:MonPetit

特別、007好きでもないですし、全て観てる訳でもない。
ただこのシリーズの不思議なところはシリーズとしてみても
それはそれで魅力的だろうし、単発でみても面白いということ。
例えば、STAR WARSだとわけわかんないですもんね。
単に話が毎回、完結しているだからではなく連続したストーリー性
以外にもたくさんの見所がある、柱が複数あるところなんだと
思います。
例えば、武器や乗り物であったり、ボンドガールであったり。
ボンドが変わっても意外と認めちゃう人多いんじゃないですかね。

今回のボンドは知ってのとおり「00」になる時の物語。
非常になろうとすればなるほど、意外と人間っぽさが出てる。
そもそもこれまでのボンド自体が別に非常じゃないですもんね。
普通の人よりもずっと暖かい人間ですよ。
ゴルゴ13みたいなもんだな。

少なくとも前作よりは面白かったです。
ダニエル・クレイグに関して言えば、可もなく不可もなくって
ところでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全357件

007/カジノロワイヤル