ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

225

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
84枚 1人 4人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:225件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全225件

反省!

投稿日:2005/04/21 レビュアー:100万回生きた猫

ラストシーンを観ながら思いました。「あ〜!こうなるの、、、だったらもっと真面目に観ればよかった」
ファンタジックな場面が多かったので、中盤までつい見流してしまいました。
ファンタジックな場面も含めてすべてがラストで繋がります。それを心に留めながら観てください。
皆さんのレビューが高評価なのに、私があまり感動できなかったのは中盤までの見方がいいかげんだったからだと思い反省しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカらしいけど、らしすぎないところが良い

投稿日:2005/03/01 レビュアー:iuiu

オープニングからもうダニー・エルフマンの音楽で「ああ、ティム・バートンだ」と思わせてくれる。別にエルフマンはいつも同じような曲を書いているわけではなく、ほかの映画の音楽を担当したときは最後まで気づかないこともあるのに、どういうわけかバートンとのコンビだとすぐわかるのは不思議だ。
この映画の監督候補にはスピルバーグもいたらしい。スピルバーグの描く父と子のドラマというと「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」が思い出され、その路線も悪くなかったかなあと思うけれど、今回はバートンでよかったと個人的には思う。

真実を知りたいというビリーの気持ちにはすごく深く共感できる。真実もあってホラもあってならホラの存在も許せようが、「作り話ばっかり!」といったん思ってしまったら、真実はどこにあるのさと反発するのは当然だ。
子どもは両親の結婚式や母親のお腹の大きい写真、赤ちゃんの頃の写真を見て自分のルーツを直感的に納得する。まずその自分のルーツがしっかりしていればどんなホラ話も受け入れられるが、ビリーにはそのルーツを十分に納得するだけの材料が提供されなかった。大人になり家庭を持っている彼は、理性ではちゃんと自分のルーツをわかっているのだが、感覚的には納得していない。だからますます父親の、衰えることなきホラ話が許せなくなってくる。

社交的で愉快なほら吹きオヤジは隣人なら別に構わないし、むしろ楽しい。しかしそれが自分の父親である場合は子どもに複雑な心理的影響を残す。ビリーが苛立っているのにその妻のジョセフィーンはエドの話を楽しんでいる。そこに「息子と隣人の差」が表れている。

アルバート・フィニーは「オリエント急行殺人事件」のポワロ役が印象に強く、何十年ぶりかで見て体型の変化に驚いた。でも年はあまり取ってないように見えるのが面白い。ユアン・マクレガーはとても誠実そうな印象が強く、彼が演じたおかげでエドのホラ部分が眉をひそめるようなものにはならず、優しさと誠実さあふれるホラになったと思う。

「メラニーは行く!」に続いてこの作品を見たので、はからずもアラバマ2連発だった。南部の雰囲気はとても好きなので嬉しい。内実の厳しさは度外視しての、観光客的な意味の「好き」だけど。

特典は、ティム・バートン監督による音声解説、メイキング、クイズ、予告編など。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心がすさんでしまったときに。

投稿日:2005/02/16 レビュアー:spider

私は特にティムバートンファンではないし、この手の映画はどちらかというと苦手なほうなんですが、何気なく見てみたら、心の奥のほうが暖かくなったように感じました。おもしろくて、楽しくて、ちょっぴりほろ苦く、しかし最後はさわやかな気分になれました。

父と子の愛を描いた映画ですが、変にべたべたしていなくて、現実と寓話が交錯して描かれる不思議な世界に引き込まれていきます。

毎日毎日何かに追われるように忙しい日々を送っている方。ふと心がすさんでしまったな、と感じたときにこの映画を見てください。面白くもないと思ってる人生も、心の持ち方しだいだなって、思わせてくれる映画ですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

評判どおり、心の弱いところ、やられました。(^^♪ネタバレ

投稿日:2009/03/07 レビュアー:ta-k

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ティムの、いつもの、かわいらしい町並み、
出てきましたね。(*^^)v
どっかの監督の「はと」みたいにね。(*^^)v

途中、次から次へと押し寄せるファンタジーに、
ちょっと、飽き飽き、苛立ちを感じた。
その苛立ちが、息子の感情に似てる事に気づいた瞬間、
苦笑してしまった。(*^_^*)
すんごい分かるんだもんなあ、息子の苛立ち。なぜか。(^^♪
それが、20年だか、30年だか、でしょ。
しかも、多分、監督は意図してないかもしれないけど、
俺は、人気者の親父に対する劣等感みたいなものも感じた。
存在が大きすぎると、ね。(^_-)-☆

だからこそ、最後の、
息子が聞くのも、しゃべるのも苦手な、
渾身の最高のホラ話。やばいでしょ。(ToT)

ほんと、いい映画でした。




俺も、親父が逝く前、
薄い意識の中で、
安心させる為に、
その時点での、うそ、をついた。
今、どう思ってるんだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優しい。とてもあったかい。

投稿日:2008/06/29 レビュアー:ひきむすび

父の話を聞いたかい?
愉快な虚言癖の男の大冒険をさ。

誰も釣り上げることができなかった魚との大格闘を
森の魔女のガラスの眼を覗いたのを
町にやってきた世界イチの大男の話を

親父の話はいつもいい加減
彼の話にかかれば さあお立ち会い !
今日の花婿も哀れなネタとなるわけさ。

**
大ホラ吹きの男の冒険を眺めているのが退屈でしたね。
ほら、また始まった、と苦笑い。
ところがこれは 息子と同じ目線なんですよね。
どこまでが本当の彼なのか それとも全てが嘘なのかって。

ところがだんだん 父親の姿が透けてみえるようになる。
彼の心は常に妻のものであり 家族のものだった。
父親の話を検証しながら 息子もそれを知る。
そして 本当に皆に愛されていた人物であったことを知るのです。。

優しい。とてもあったかい。

私も親と もっと話したかったな なんて思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全225件

ビッグ・フィッシュ