ホステル2

ホステル2の画像・ジャケット写真

ホステル2 / ローレン・ジャーマン

全体の平均評価点:(5点満点)

116

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ホステル2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

鬼才クエンティン・タランティーノによる究極のサディスクティック・スリラー第2弾!今作はタイの都市伝説<殺人人身売買>をベースに製作され、ただの続編では無い作品が完成した。女子大生・ベスは友人達とプラハ旅行に出発する。プラハ行きの車中で、美術の時間に出会った美しいモデル・アクセルから天然のスパの情報を聞き、行き先を変更しスロバキアへと向うことにした。ブラティスラバという街のホステルにチェックインしたベス達がパスポートをフロント係りに渡すと、密かに写真をスキャンし全世界の会員に配信していて…。 JAN:4527427639812

「ホステル2」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: HOSTEL: PART II

「ホステル2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

セルラー

BULLY ブリー

スターシップ・トゥルーパーズ2

ジャームス 狂気の秘密

ユーザーレビュー:116件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全116件

サディズムの正統 ネタバレ

投稿日:2010/04/28 レビュアー:港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 このジャンルはあまり見ないのですがたまたま家にあったので。
なかなか立派な映画で驚きました。世界観はサドの作品そのもので、バスタブの場面など雰囲気満点で思わず唸ってしまいました。あのシーンは16世紀ハンガリーに実在した、若さを保つために処女を殺してはその血を浴びたとの伝説の伯爵夫人、エリザベス・バートリーのイメージとか。(去年フランス映画祭で紹介された『伯爵夫人』は彼女の映画化)「悪徳の栄え」にも同様の場面があるんですが、サド侯爵はもっと凄くてパートナーと一緒に入りそこで…。
 昔の貴族たちの味わった残酷趣味を、現代のブルジョアジーたちはグローバル犯罪ビジネスを通じて実現するわけですね。携帯電話での入札とか、モニター付きの拷問部屋とかシステマティックな現代ふうとゴシックホラーのおどろおどろしさが奇妙に調和して、緩急をつけた恐怖のあおり方が巧みでした。陽光あふれるイタリアからどんよりと寂れたスロバキアへ、さらに渦中の廃工場へと暗さを増していく場面転換にも引き込まれました。収穫祭の夜の灯を集める川面の燦めきなどもなかなか。

 何よりいいと思ったのは悪魔、悪霊といった超自然的な存在をいっさい持ち出さないことです。一番恐ろしいのは人間自身の悪しき欲望、他人を傷つけ、いたぶり、苦しむさまを見て喜び、あげく死なせてしまうことに快楽を見いだすその性向であることを、はっきりと描いていることです。人間中心のその思想はサドゆずりの真性のサディズム。
 ロマの子どもたちに何させるんだ!子どもの権利の侵害だあといきり立ってはみたのですが、あれ、ペキンパーへのオマージュのような気もしました。
 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

痛い!

投稿日:2008/04/22 レビュアー:エロエロ大魔神

無修正版だからリアルです!おけ毛も見えてるし・・・なにより男のソーセージ切断シーンはリアルです!思わず見てるだけで痛いです!この映画は別の意味でかなり痛い映画でした!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

一作目よりも確実に“面白くなくなり”、とても残念です!

投稿日:2008/04/02 レビュアー:夢みるゆめ

な、なんなのこの映画の不出来さは!?
何も知らないで初代『ホステル』を借りて観て、海外旅行に出てこんなことになったらどうしよう(実際に片眼をえぐられた日本人の被害者も登場していましたね)という恐怖と共に、面白さもあったのに、この『ホステル2』では、そのリアリティとドキドキ感が消えてしまっています。星は2つ★★だけ!

『ホステル』は殺戮される被害者側から描いたから共感できたんだけど、この『ホステル2』では、加害者側から描かれているシーンが多かったため、描き方が難しいのは解ります。
モバイル・オークションで殺害する女性を競り落とすシーンなどは面白かったのですが、加害者側(殺害組織と会員たち)の人物の描き方が中途半端だから、結局はつまらない。
人を殺したい人間には、殺したい理由もきっとあるはずなのだから、その異常性を丁寧に描けば秀作になったのに、この続編は、確実にその説明も、そしてグロさ加減も欠乏したC級映画になってしまっています。

男性性器をハサミで切り取り、犬に喰べさせてしまうシーンだけは、その“作り”に、凝視してしまいましたけど、目新しかったのはそれだけかも・・・。

第一作に比べて展開に盛り上がりがなく、それだけに物語全体が緩慢に思えました。それでなくても、二作目の制作は一作目を超えなければならないという暗黙の了解があるはずなのに、これじゃあ台本をチェックするプロデューサーの力も、ぜんぜん足らんティーノ!!!ってことかしら。 m(_ _)m失礼しました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

キワモノじゃありません。非常に巧みな演出。

投稿日:2008/03/03 レビュアー:勝王

 ヒチコックやスピルバーグは、恐怖と見せかけて笑いに持っていったり、笑いの場面のすぐ後にもの凄く残酷な場面を持ってきて観客を思考停止に陥らせたりするのが非常に巧みです。典型的なのは、「インディ・ジョーンズ 失われたアーク」で、ナチの残党が針金と鎖の拷問道具みたいなものを取り出して、拷問するのかと思ったら、ハンガーに組み立ててスーツをかけただけだった、という場面。そういう「緊張と弛緩」の演出を巧みに使いながら、その後、ナチの残党の顔が溶ける残酷シーンを平気で持ってきて、単に「緊張と弛緩」みたいな演出に収まらない残虐さで観客の安心をぶち壊します。
 イーライ・ロスもそういうのがだんだん巧くなってきて、この作品は映画としては前作より出来がいいです。巧すぎるくらい。
 人間が売られて拷問(正確には虐待)して殺されるというストーリーでもどこか作品が上品なのは、エンタテインメントとしてきっちりと作られているからでしょう。
 前作はバカ男たちがスロバキアで殺人クラブの犠牲になる話でしたが、今回は犠牲者が女子3人組になっただけで、あとの設定はそっくり同じ。舞台となるホステルも、殺人クラブも前回のままで、ドルを要求する子供たちの強盗団も出てきます。
 主人公が女子になったのは私的には良かったです。3人とも全く違うタイプをそろえていて、そのうち2人はローレン・ジャーマンとビジュー・フィリップスという美人で、見ているだけで楽しいです。
 ストーリーについては触れませんが、笑いと恐怖の繰り返しが凄くよく出来ていて、見事だと思いました。また、この手の映画は拷問場面が見どころなのですが、あまりに拷問場面がえげつないとゲンナリしてしまうものです。そのあたりのバランス感覚がとってもいいです。残酷場面もきっちり見せてはくれますが、しつこさはありません。ちゃんと絵になるように撮っているので、これは映画なんだと安心出来ます。
 しかし、その安心に収まらない場面もあって、演出の向こう側にある恐怖も描かれています。そこが素晴らしいです。ただのエクスプロイテーションにとどまらない秀作だと思いました。

 「呪怨パンデミック」のレビューは書いている途中で間違って「この内容で書き込む」のボタンを押してしましましたので、下書きが残った変な文章になっています。「非表示」を依頼するのも面倒なのでこのままにしておきます。すみません。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

★★タッチの違う続編

投稿日:2010/03/15 レビュアー:かづしげ

 前作の生き残りがああなってしまったは、この続編では秘密組織の強大さ、陰湿さを前面に出す構えを見せたということかな。それでも需要が無ければ供給も無いということで(笑)殺す側の心理も描いた点でスプラッタホラーの前作と全く違う様相になったね。
 善人の一面を見せていたあの男(よく見る顔だが役者名がわからず)の豹変振りには寒気がしたが気に入った。他には罪の欠片も無い女が強さを見せた点、スカッとさせる所業に制作指揮のタランティーノらしさが出た。これで完結だろうね(笑)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全116件

ホステル2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:116件

サディズムの正統

投稿日

2010/04/28

レビュアー

港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 このジャンルはあまり見ないのですがたまたま家にあったので。
なかなか立派な映画で驚きました。世界観はサドの作品そのもので、バスタブの場面など雰囲気満点で思わず唸ってしまいました。あのシーンは16世紀ハンガリーに実在した、若さを保つために処女を殺してはその血を浴びたとの伝説の伯爵夫人、エリザベス・バートリーのイメージとか。(去年フランス映画祭で紹介された『伯爵夫人』は彼女の映画化)「悪徳の栄え」にも同様の場面があるんですが、サド侯爵はもっと凄くてパートナーと一緒に入りそこで…。
 昔の貴族たちの味わった残酷趣味を、現代のブルジョアジーたちはグローバル犯罪ビジネスを通じて実現するわけですね。携帯電話での入札とか、モニター付きの拷問部屋とかシステマティックな現代ふうとゴシックホラーのおどろおどろしさが奇妙に調和して、緩急をつけた恐怖のあおり方が巧みでした。陽光あふれるイタリアからどんよりと寂れたスロバキアへ、さらに渦中の廃工場へと暗さを増していく場面転換にも引き込まれました。収穫祭の夜の灯を集める川面の燦めきなどもなかなか。

 何よりいいと思ったのは悪魔、悪霊といった超自然的な存在をいっさい持ち出さないことです。一番恐ろしいのは人間自身の悪しき欲望、他人を傷つけ、いたぶり、苦しむさまを見て喜び、あげく死なせてしまうことに快楽を見いだすその性向であることを、はっきりと描いていることです。人間中心のその思想はサドゆずりの真性のサディズム。
 ロマの子どもたちに何させるんだ!子どもの権利の侵害だあといきり立ってはみたのですが、あれ、ペキンパーへのオマージュのような気もしました。
 

痛い!

投稿日

2008/04/22

レビュアー

エロエロ大魔神

無修正版だからリアルです!おけ毛も見えてるし・・・なにより男のソーセージ切断シーンはリアルです!思わず見てるだけで痛いです!この映画は別の意味でかなり痛い映画でした!

一作目よりも確実に“面白くなくなり”、とても残念です!

投稿日

2008/04/02

レビュアー

夢みるゆめ

な、なんなのこの映画の不出来さは!?
何も知らないで初代『ホステル』を借りて観て、海外旅行に出てこんなことになったらどうしよう(実際に片眼をえぐられた日本人の被害者も登場していましたね)という恐怖と共に、面白さもあったのに、この『ホステル2』では、そのリアリティとドキドキ感が消えてしまっています。星は2つ★★だけ!

『ホステル』は殺戮される被害者側から描いたから共感できたんだけど、この『ホステル2』では、加害者側から描かれているシーンが多かったため、描き方が難しいのは解ります。
モバイル・オークションで殺害する女性を競り落とすシーンなどは面白かったのですが、加害者側(殺害組織と会員たち)の人物の描き方が中途半端だから、結局はつまらない。
人を殺したい人間には、殺したい理由もきっとあるはずなのだから、その異常性を丁寧に描けば秀作になったのに、この続編は、確実にその説明も、そしてグロさ加減も欠乏したC級映画になってしまっています。

男性性器をハサミで切り取り、犬に喰べさせてしまうシーンだけは、その“作り”に、凝視してしまいましたけど、目新しかったのはそれだけかも・・・。

第一作に比べて展開に盛り上がりがなく、それだけに物語全体が緩慢に思えました。それでなくても、二作目の制作は一作目を超えなければならないという暗黙の了解があるはずなのに、これじゃあ台本をチェックするプロデューサーの力も、ぜんぜん足らんティーノ!!!ってことかしら。 m(_ _)m失礼しました。

キワモノじゃありません。非常に巧みな演出。

投稿日

2008/03/03

レビュアー

勝王

 ヒチコックやスピルバーグは、恐怖と見せかけて笑いに持っていったり、笑いの場面のすぐ後にもの凄く残酷な場面を持ってきて観客を思考停止に陥らせたりするのが非常に巧みです。典型的なのは、「インディ・ジョーンズ 失われたアーク」で、ナチの残党が針金と鎖の拷問道具みたいなものを取り出して、拷問するのかと思ったら、ハンガーに組み立ててスーツをかけただけだった、という場面。そういう「緊張と弛緩」の演出を巧みに使いながら、その後、ナチの残党の顔が溶ける残酷シーンを平気で持ってきて、単に「緊張と弛緩」みたいな演出に収まらない残虐さで観客の安心をぶち壊します。
 イーライ・ロスもそういうのがだんだん巧くなってきて、この作品は映画としては前作より出来がいいです。巧すぎるくらい。
 人間が売られて拷問(正確には虐待)して殺されるというストーリーでもどこか作品が上品なのは、エンタテインメントとしてきっちりと作られているからでしょう。
 前作はバカ男たちがスロバキアで殺人クラブの犠牲になる話でしたが、今回は犠牲者が女子3人組になっただけで、あとの設定はそっくり同じ。舞台となるホステルも、殺人クラブも前回のままで、ドルを要求する子供たちの強盗団も出てきます。
 主人公が女子になったのは私的には良かったです。3人とも全く違うタイプをそろえていて、そのうち2人はローレン・ジャーマンとビジュー・フィリップスという美人で、見ているだけで楽しいです。
 ストーリーについては触れませんが、笑いと恐怖の繰り返しが凄くよく出来ていて、見事だと思いました。また、この手の映画は拷問場面が見どころなのですが、あまりに拷問場面がえげつないとゲンナリしてしまうものです。そのあたりのバランス感覚がとってもいいです。残酷場面もきっちり見せてはくれますが、しつこさはありません。ちゃんと絵になるように撮っているので、これは映画なんだと安心出来ます。
 しかし、その安心に収まらない場面もあって、演出の向こう側にある恐怖も描かれています。そこが素晴らしいです。ただのエクスプロイテーションにとどまらない秀作だと思いました。

 「呪怨パンデミック」のレビューは書いている途中で間違って「この内容で書き込む」のボタンを押してしましましたので、下書きが残った変な文章になっています。「非表示」を依頼するのも面倒なのでこのままにしておきます。すみません。

★★タッチの違う続編

投稿日

2010/03/15

レビュアー

かづしげ

 前作の生き残りがああなってしまったは、この続編では秘密組織の強大さ、陰湿さを前面に出す構えを見せたということかな。それでも需要が無ければ供給も無いということで(笑)殺す側の心理も描いた点でスプラッタホラーの前作と全く違う様相になったね。
 善人の一面を見せていたあの男(よく見る顔だが役者名がわからず)の豹変振りには寒気がしたが気に入った。他には罪の欠片も無い女が強さを見せた点、スカッとさせる所業に制作指揮のタランティーノらしさが出た。これで完結だろうね(笑)

11〜 15件 / 全116件

同シリーズ作品を借りる