墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全163件

彼の哲学が全くわからない

投稿日:2008/04/09 レビュアー:みみ

 えっと、すみません。彼、天才戦術家?・・でしたかね?
 漫画を読んでおりませんが、この映画を観た限り、革離さんが結局何をしたかったのかさっぱりわかりませんし、この人物に全く魅力も感じませんでした。
 そもそも、この「攻撃をせずに守り抜く“非攻”」ってヤツが、最後までよくわからなかったんですけど。。
 「そんなことできるのか?」と眉つば気分で観始め、いつかきっと「なるほどーこう来たか。」と納得させてくれるもんだと期待していたんですけど、最後まで意味不明。。確かに攻めこんではいなかったけど、守り抜いてもいなかったような。。
 しまいにゃ女1人にうつつを抜かしちゃうし、何だそりゃ!みたいな。私の中ではかなりのダメダメ戦術家でしたけど。。
 期待が高過ぎたのかな?この宣伝文句で、諸葛孔明みたいな人物像を思い描いてしまいました。。すみません、酷評レビューです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

梁王のヘタレっぷりが際立つ。ネタバレ

投稿日:2007/09/21 レビュアー:旭竜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作は未読ですが「墨家」についての知識がなくても安心して観れる内容に好感が持てました。

主人公のアンディ・ラウ演じる革離が登場して最初の攻防戦は見応え十分。
「10万人にひとりで立ち向かう」という観点だと、個人的には物足りなかったかな。もっと頭脳的な戦術を観たかったです。

戦いが一段落したあたりから革離の苦悩、梁王の陰謀、恋愛エピソードといった要素を詰め込み過ぎでしたね。
戦術の水攻めや気球はなんの前ぶれも描かず突然に出現するし、どのシーンを削るかいっぱいいっぱいになってるように感じる。

特に恋愛エピソードが余計でした。
思い切って恋愛要素を割いてしまえば・・・墨家の教えである「非攻」「兼愛」を表現できなくなるか・・・。
ならせめて逸悦は助かってハッピーエンドにしてほしかった作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女の近衛兵、もうアカンこれで終わったネタバレ

投稿日:2007/08/06 レビュアー:いつも眠たい馬

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作を見た、漫画も大体見ている、どちらも面白かった。

冒頭で墨家の説明があまりないので、話の進行とともに説明していくつもりなのかと思いましたが、大して説明もなく進みます。途中に台詞で説明も出来ないのであれば、冒頭のダイアログで簡単でいいから説明をしておくべきです。
映画で初めて墨家を知る人が多いはずなのに、この墨家なるとんでもなく興味深いものを、上っ面をなぞるどころかほとんど説明なしに済ませるのは、単なる不親切に止まらず致命的な欠陥、冒涜とも言ってもいいかと思います。
墨子の興味深いのは、映画にも出てきますが「兼愛」そして「非攻」。『一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄』はチャップリンですが(多分どこかからの引用と思いますが)、ほとんど同じことを墨子はこの「非攻」の思想で語っているようです。さらに面白いのが、「非攻」は非戦ではなくこの映画のように乞われると戦闘技術者として防衛戦に参加するということです。

まあ、以上はなんと我慢して単なるアクション映画として見ようとしても、大して見どころがありませんでした。なによりも、女の近衛兵が出てきたところで、もおアカンこれで終わったと...。どうして意味もなくに恋愛模様を絡めたがるのかなあ。大体思いきりが悪く、逃亡領民の赤ん坊のくだり、近衛兵のおじいちゃんの死亡等々カットした方が良いところがたくさんある。そんな時間的余裕があるなら他にすることが沢山あるでしょう、監督。
そして、とってつけたようなラストも加わり駄目でしょう、これは。

漫画も面白いけど、出来たら原作を手にして欲しい、40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なぜ、革離は一人で出来たのか?

投稿日:2007/07/30 レビュアー:ハヴィ

レンタル開始前から、凄い数のレビューにこの作品の人気を感じました。

正直、この作品を観始めた時は、なんだか地味な作品だなと思いました。それはこの所の香港映画の映像の美しさが強く残っていたからだと思うのですが、しかし内容はとても面白かったです。
【10万の敵にたった一人で挑む】
のキャッチコピーが、映画『スリーハンドレッド』を想わせました。もちろんこの作品は中国の凄い数の人を使って作られたものと思います(CGも使ってるでしょうが)その点ではこちらの作品の方が優秀だと思います。やはり、CGに頼りすぎた作品には本物の迫力はありません。

2000年以上前の戦乱の中国を舞台に、非攻を掲げ、平和を目指し戦い続けた墨家の「革離」(アンディ・ラウ)がたった一人で大勢の敵に苦悩しつつも挑んで行くが・・・
この作品、もう少し墨家の事に触れてほしかった。墨家の教え、思想などもう少し語られたら、主人公の気持ちが伝わったと思うのに・・・少し残念。(原作を読めって事か?)

弓を撃つシーンがこの作品の見せ場!
子団役の(ウーチー・ロン)は地味なキャラだけど、とてもかっこよかったです。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラストが素晴らしい!

投稿日:2007/03/23 レビュアー:自堕落

勢いあまって、コミック版『墨攻』を全巻買ってしまった(笑)

特筆したい良い点はたくさんあるけども、何より中国・香港・台湾・韓国・日本・・・コレだけの国が製作に関わっているという点。
そもそも日本で生まれた中国の歴史漫画が、中国に逆輸入??され、人々の支持を得ること自体がすごい。
そして、作品に感銘を受けたジェイコブ・チャン監督や主演アンディ・ラウらが映画を作る・・・。
内容云々の前に、この作品の軌跡を考えただけでもすごい!

ストーリーや映像もすっごく良かったです。
梁軍と秦軍の攻防戦は迫力満点、見ごたえたっぷりでした。
一回だけ観るにしても、コレで充分に楽しめます。
ストーリーは、前半は革離の智謀知略による守城に重きが置かれていて、人間同士のドラマに乏しい。
が、後半は逆に個人個人のキャラクターが際立ち、胸を打つ展開でした。
展開が速く、シーン一つ一つの裏にある重みを読み取るのは難しいですが、じっくりと考えながら観てみたら、また違った印象を受けるかもしれない・・・。


そしてラストは秀逸。
結局、革離は何が出来たの?
たくさんの屍の山を築いただけじゃないの?
っと思ってしまうくらい、悲しい。
でも、結局何も変えられないそのラストが一番胸を打つ。
誰も幸せになんかなっちゃいない。
革離との出会いで何かを得た人もいる。
革離自身、逸悦との出会いで得たものもある。
でもだから、それがなんだというのか。
戦いは止まず、人は死に、「非攻」も「兼愛」もありゃしない。
「戦争」という大きなうねりの前では、主人公である革離でさえも、ちっぽけな存在でしかないことを痛感させられます。
最後に残るのは、殺し合いはひたすら悲しいという事実のみ。


にしてもアンディ・ラウはカッコイイ。
もっとむさいオジサンがやってもいいとは思うが、彼の精悍な顔立ちや立ち居振る舞いは、革離が信ずるべき思想を持った門徒であることを伝えている。


途中、音楽が前面に出すぎて映像に集中できなかったり、凄惨な場面があったり、前半の起こった事を羅列したような展開にイラッとしたりしたけど、最終的にはホントにホントに観てよかった!と思える映画デス。


ったく、後ろでグゥグゥいびきかいてるおっさんがいなけりゃ、もっと楽しめたんだけどね(-u- )

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる