ただ、君を愛してる

ただ、君を愛してるの画像・ジャケット写真

ただ、君を愛してる / 玉木宏

全体の平均評価点:(5点満点)

198

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ただ、君を愛してる」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

 堤幸彦監督の「恋愛寫眞」を基に、『いま、会いにゆきます』の人気作家・市川拓司が新たに書き下ろしたアナザー・ストーリー『恋愛寫眞 もうひとつの物語』を玉木宏、宮崎あおい主演で映画化。大学入学式の日、誠人は幼い容姿の個性的な女の子、静流と出会う。人と接することが苦手で大学生活になかなかなじめない誠人だったが、静流とは自然と打ち解けることができた。写真が唯一の趣味の誠人といつも一緒にいたい一心で自分もカメラを手に取る静流。そして2人でキャンパス裏の森へ写真撮影に出かける日々が続くのだが…。

「ただ、君を愛してる」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「ただ、君を愛してる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 坂東賢治坂東賢治
原作: 市川拓司
撮影: 小宮山充
音楽: 池頼広池頼広

関連作品

関連作品

純情きらり 完全版

クローズZEROII

るろうに剣心 伝説の最期編

るろうに剣心 最終章 The Final

ユーザーレビュー:198件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全198件

純情 それは 純粋な愛情? 友情? ネタバレ

投稿日:2007/12/06 レビュアー:makochan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

しわはあるけど 玉木くんは初々しい大学生に見えました
もう何年も前の映画かと思うほど 若くて可愛くて…
宮崎あおいちゃんも 淡々とした口調のなかにも素直な気持ちが込められていて いじらしくて可愛い女の子をうまく演じてくれていました それが ちっともいやらしくなくて 良かったです
何年 いや何十年たって見ても きっと色褪せることなく いつまでも輝いている映像だと思います
綺麗なものを見たときの満足感で いま こころがいっぱいです
いい写真もたくさん出てきて ステキでした 
誠人といっしょに涙を流している「素直な自分」が居たことにも 深く感動しています
「ただ一度のキス」
それを始まりだと思った男の子と さよならにした女の子 
静流のことばは すべていつもホンネだったということに 後になって気付かされるんですね
写真と手紙を遺したことによって 静流は誠人のこころのなかでずっと 生き続けることができるんでしょうね
大切な かけがえのない人として…

森のなかでのキスシーンは とてもとても綺麗でした
誠人の 静流に会いたい気持ちが こちらにも伝わってきて ギュっと胸を締めつけられました 
個展でやっと会えたんですね〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

佳作。映像が美しい。 ネタバレ

投稿日:2007/11/23 レビュアー:かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 マコトがあまりに鈍感すぎて、こんな男いないだろと思った。途中で観るのを止めようとしたが、彼の皮膚病?を思い出した。常用する塗り薬の匂いが彼の強いコンプレックスで、他人と深く接近することを避けさせている訳だ。
 その無意識の壁がシズルの恋心を気付かそうとさせない。初めて強く意識した時シズルは去った。
 恋の擦れ違いは定番だが、ここは巧かった。何度も出て来る切り通しと、その先にある池と緑が美しい。手紙を使ったネタは最近良く見るが、上手に使われていて感動した。シズルが成長した姿の見せ方は巧い。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

成長してはいけないせつなさ・・・ ネタバレ

投稿日:2007/11/18 レビュアー:はるっちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

恋愛映画、しかも邦画はめったにみませんが、なんとなく鑑賞。
おもったより、押し付けがましくなくさわやかな印象の作品でした。

主人公の女の子、静流の冒頭からの全ての言葉に深い意味がある・・・と終盤、彼女が死の病に侵されていたのだと気づいてから判る・・・怒涛のように今までの彼女の全てが思い出されるあたりは、誠人に感情移入して、ぐっときちゃいますね。
2年ぶりに見た写真の中の彼女はずっと大人の女になっている・・・どきっとする、でもその成長は彼女の命をまさに奪ってしまった原因。
静かな展開なのが逆にその切なさだけを際立たせているようです。
「恋をすると死ぬ病気」・・・いやぁ、せつないっ。
甘酸っぱいね・・・
大塚愛ちゃんのエンディングテーマもいいです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

絶対、見るべき。時間の無駄ではない、ムービー。

投稿日:2007/10/23 レビュアー:たかお

泣いた。

一緒に見た映画評論家みたいな彼女は、あーだこーだ言ってましたが、そんなひねくれた人でない、普通の人なら絶対見るべき。

この映画を一緒に楽しめるような子と付き合おうと思います。

たしかに、最近のこの手の映画はヒロインが病気で必ず死んでしまうのですが、そんなボヤキは途中で忘れてしまいました。
 秀逸!エンディング後、すぐに2週目突入でした。

再び、少し、綺麗な恋がしてみたくなりました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

なんか、かわいい☆ ネタバレ

投稿日:2007/09/24 レビュアー:Stela

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後に恋人が死んでしまう内容・ストーリーとしては、ありがちで多いんですけど、この作品は静流が幼くてとてもかわいく感じました。

人生を短くしてでも、恋人に近づこうとして
居なくなってから、その大切さに気が付いて
逢いたいのに逢えない

涙をそそる場所は多いんですけど、大泣きは出来ませんでした。

でも静流の愛し方はとても切なくて、純粋です。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全198件

ただ、君を愛してる

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:198件

純情 それは 純粋な愛情? 友情?

投稿日

2007/12/06

レビュアー

makochan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

しわはあるけど 玉木くんは初々しい大学生に見えました
もう何年も前の映画かと思うほど 若くて可愛くて…
宮崎あおいちゃんも 淡々とした口調のなかにも素直な気持ちが込められていて いじらしくて可愛い女の子をうまく演じてくれていました それが ちっともいやらしくなくて 良かったです
何年 いや何十年たって見ても きっと色褪せることなく いつまでも輝いている映像だと思います
綺麗なものを見たときの満足感で いま こころがいっぱいです
いい写真もたくさん出てきて ステキでした 
誠人といっしょに涙を流している「素直な自分」が居たことにも 深く感動しています
「ただ一度のキス」
それを始まりだと思った男の子と さよならにした女の子 
静流のことばは すべていつもホンネだったということに 後になって気付かされるんですね
写真と手紙を遺したことによって 静流は誠人のこころのなかでずっと 生き続けることができるんでしょうね
大切な かけがえのない人として…

森のなかでのキスシーンは とてもとても綺麗でした
誠人の 静流に会いたい気持ちが こちらにも伝わってきて ギュっと胸を締めつけられました 
個展でやっと会えたんですね〜

佳作。映像が美しい。

投稿日

2007/11/23

レビュアー

かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 マコトがあまりに鈍感すぎて、こんな男いないだろと思った。途中で観るのを止めようとしたが、彼の皮膚病?を思い出した。常用する塗り薬の匂いが彼の強いコンプレックスで、他人と深く接近することを避けさせている訳だ。
 その無意識の壁がシズルの恋心を気付かそうとさせない。初めて強く意識した時シズルは去った。
 恋の擦れ違いは定番だが、ここは巧かった。何度も出て来る切り通しと、その先にある池と緑が美しい。手紙を使ったネタは最近良く見るが、上手に使われていて感動した。シズルが成長した姿の見せ方は巧い。

成長してはいけないせつなさ・・・

投稿日

2007/11/18

レビュアー

はるっちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

恋愛映画、しかも邦画はめったにみませんが、なんとなく鑑賞。
おもったより、押し付けがましくなくさわやかな印象の作品でした。

主人公の女の子、静流の冒頭からの全ての言葉に深い意味がある・・・と終盤、彼女が死の病に侵されていたのだと気づいてから判る・・・怒涛のように今までの彼女の全てが思い出されるあたりは、誠人に感情移入して、ぐっときちゃいますね。
2年ぶりに見た写真の中の彼女はずっと大人の女になっている・・・どきっとする、でもその成長は彼女の命をまさに奪ってしまった原因。
静かな展開なのが逆にその切なさだけを際立たせているようです。
「恋をすると死ぬ病気」・・・いやぁ、せつないっ。
甘酸っぱいね・・・
大塚愛ちゃんのエンディングテーマもいいです。

絶対、見るべき。時間の無駄ではない、ムービー。

投稿日

2007/10/23

レビュアー

たかお

泣いた。

一緒に見た映画評論家みたいな彼女は、あーだこーだ言ってましたが、そんなひねくれた人でない、普通の人なら絶対見るべき。

この映画を一緒に楽しめるような子と付き合おうと思います。

たしかに、最近のこの手の映画はヒロインが病気で必ず死んでしまうのですが、そんなボヤキは途中で忘れてしまいました。
 秀逸!エンディング後、すぐに2週目突入でした。

再び、少し、綺麗な恋がしてみたくなりました。

なんか、かわいい☆

投稿日

2007/09/24

レビュアー

Stela

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後に恋人が死んでしまう内容・ストーリーとしては、ありがちで多いんですけど、この作品は静流が幼くてとてもかわいく感じました。

人生を短くしてでも、恋人に近づこうとして
居なくなってから、その大切さに気が付いて
逢いたいのに逢えない

涙をそそる場所は多いんですけど、大泣きは出来ませんでした。

でも静流の愛し方はとても切なくて、純粋です。

11〜 15件 / 全198件