アメリカン・ドリームズ

アメリカン・ドリームズの画像・ジャケット写真
アメリカン・ドリームズ / ヒュー・グラント
全体の平均評価点:
(5点満点)

59

  • DVD
ジャンル:

「アメリカン・ドリームズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

 「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督、ヒュー・グラント主演で贈るブラック・コメディ。アメリカの高視聴率番組“アメリカン・アイドル”を下敷きに、現実のアメリカが抱える諸問題が皮肉いっぱいに描かれる。辛くも再選を果たした合衆国大統領はめずらしく新聞を読んだばかりに、神経衰弱に。見かねた首席補佐官は、人気番組“アメリカン・ドリームズ”に大統領をゲスト審査員として出演させることを思いつく。一方、当の番組では、視聴率が全ての冷徹な司会者マーティンによってかつてない個性的な出場者が集められていたのだが…。

「アメリカン・ドリームズ」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: AMERICAN DREAMZ

「アメリカン・ドリームズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アメリカン・ドリームズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UNRD44531 2006年11月30日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:59件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全59件

マンディ!

投稿日:2007/01/09 レビュアー:ジャスミンティー

見るに忍びないあのマンディの変わりよう!!
あの悲劇の少女(ウォーク・トウ・リメンバー)以来
どんどん太ってきてんじゃあないか?
田舎のお姉ちゃんっぽい感じを出したんかもしれないが
ちょっと…見たくない。

でも、映画はナカナカ面白かった!!
マンディはどうもこの作品でヒューに恋心を抱いたような…
さすが、ヒュー・グラント!
年をとっても素敵なおじ様でした。。。
(メイキングが見たかった!残念。。。)
元彼ウイリアムは本当に哀れ…
したたかなサリーはしぶとく、憎憎しく生き残り。。。
やっぱ女は強し!でした。
★★★☆☆

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

油断していると、大爆笑してしまう佳作ネタバレ

投稿日:2008/10/04 レビュアー:東雲

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この「アメリカン・ドリームス」がどんな映画かというと、この映画、主人公が何人かいるんだけど、一番面白いのが「アルカイダのテロリスト」!

 このテロリストがアメリカの「目指せ!スター番組!」に出演して、優勝を目指す話なんだけど、この番組の最終候補になると、大統領と会うことができる。
 もちろん、アルカイダの主人公は握手のときに自爆テロをかますつもりだ!

 この主人公はお母さんをアメリカの空爆で失っていたものの、ほんとはアメリカのミュージカルが大好き。イラクのテロリスト養成キャンプで、♪ららら〜なんて英語で踊っているから、見つかって仲間にすっごく怒られる。

 他にもスター番組への出演が決まった途端「あんたは不釣合いよ!」と一方的に彼氏を振るなど傍若無人に振舞う、ブリトニー女史にそっくりの女などと、予選を勝ち抜くために戦わなければならないのだ。そしてこの映画のすごいところは、一見「群像劇」として描かれている物語だが、見ていると自然に「テロリスト」を応援しようという気持ちになってしまうのだ。 
 ほかにも、そんな生死のかかった重大な番組とは気づかず、徹底的にアホとして描かれる大統領も面白い。
 選挙の翌日大統領は、新聞を読んでしまい、「イラク人がシーア派とスンニ派と分かれて戦っていると書いているぞ!なんでこんな大事なことを誰も教えてくれなかった!(あほか)」と言って引きこもる。

 そんな大統領に補佐官が抗うつ剤と耳の中に仕込めるイヤホンをつかって、完全に傀儡にしてしまう。そしてそんな現状に大統領は涙する!

 しかし! 半分くらい見て、「まぁ70点くらいかなぁ」って思ってた僕が甘かった!

 後半15分!

 なんと!コメディ映画のはずなのに!

 まったく、それまでに予想できない展開になってしまい、手に汗にぎってしまいます。
 
 テロリストが選曲した「マイ・ウェイ」。

 「いま船出が 近づくこの時に ふとたたずみ 私は振り返る 遠く旅して 歩いた若い日よ すべて心の決めたままに 愛と涙と ほほえみに溢れ いま思えば 楽しい思い出を 君に告げよう 迷わずに行くことを 君の心の決めたままに 私には愛する歌があるから 信じたこの道を 私は行くだけ すべては心の決めたままに」

 そして、「いったいどうなってしまうんだろう」と緊張がマックスになった次の瞬間、この映画最大のオチがやってきて、最後はまさかの大爆笑!!

 見終わったあと「くっそー、やられたー」と思ってしまう、すっごく楽しい映画だったよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オマール化完了

投稿日:2008/03/12 レビュアー:ビンス

ヒュー・グラントが出てるからという理由で観た。
アメリカの問題をブラックに笑いものにしたコメディです。ブラックコメディなので登場人物は大袈裟にデフォルメされてると思いますが、もしかしたらアメリカはあれくらいが「あり」の世界かも。何にも出来ない大統領、野心メラメラ、スターになるためならなんだってのオンナ・・・居るかもなぁ。そんな中、アメリカ軍隊に母を殺されたのにアメリカのミュージカルナンバーが大好きな男・落ちこぼれテロリストのオマールが笑わせてくれます。オマールが居候する家族の長男もステキです。あのなんともいえないダンシングと歌が面白くない事を面白いと思ってやってるのに、やっぱ全然面白くなくて、それが逆に面白いという山崎法正の作り出す笑いと一緒の雰囲気がありました。素人の面白さですね。真剣にやってることが観てるこっちからすれば面白い、そんな感じです。見事オマール化されました。
今回もヒューはお得意の役柄を演じてます。これを演じさせたら誰も敵いませんね。
全体的には「あんまり」だけどオマールは面白いぞ、と。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

はちゃめちゃ。

投稿日:2008/11/29 レビュアー:リタ

超ブラック!
ストーリーがはちゃめちゃに進んで、これアメリカで公開してよかったの?てカンジ。
日本未公開の意味がわかった気がした。
でもオモシロイ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うすっぺらで、最後はめちゃくちゃになるパロディなのに笑える

投稿日:2008/02/14 レビュアー:ちんとん

パロディの元となったTV番組「アメリカン・アイドル」はよく見ていた。特に、イギリス人審査員、サイモンの真実を突いた的確な毒舌が好きだったし、それによって毎週出てくる出場者の才能の芽がどんどん伸びていく様子を楽しんで見ていたので、ヒュー・グラントの俗物的ニセモノらしさには大笑いだった。

いつも英国英語の理路整然とした表現に言い負かされているアメリカ人にとって、こういう英国人を笑いものにすることには特別な快感があるのかもしれない。

幼児のように頼りない大統領の様子は、ブッシュ大統領なら、さもありなんと思わせてしまう。テロリストはかなりまぬけ。イラク帰還負傷兵の愛国心も愛情もまじめになればなるほど滑稽。その内容はうすっぺら過ぎるのに、そのうすっぺらさが笑いをもたらす。

本家本元の「アメリカン・アイドル」はお笑い番組ではないのに、最初の頃のオーディションシーンにはかなり笑える部分がある。この映画がそれを超えて笑えないのはちょっと哀しい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全59件

アメリカン・ドリームズ

月額課金で借りる

都度課金で借りる