24 −TWENTY FOUR− シーズンIII

24 −TWENTY FOUR− シーズンIIIの画像・ジャケット写真

24 −TWENTY FOUR− シーズンIII / キーファー・サザーランド

全体の平均評価点:(5点満点)

678

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「24 −TWENTY FOUR− シーズンIII」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

衝撃の事件から3年あまりが過ぎようとしている、午後1時。ロサンゼルス保険局の前に一体の死体が置き去りにされた。劣悪なウイルスに侵されたその死体は、政府機関に間もなく届く一本の“脅迫”の深刻さを物語る。「麻薬カルテルのボスを解放しなければ、致死性の高いウイルスをLA中にばら撒く」というものだ。テロ対策本部・CTUが厳重な警戒態勢に入ると同時に、ジャックは麻薬カルテルが拘束されている刑務所へと向かう――。 更なるスケールアップを果たし、待望のシーズン3が遂に日本上陸!!大統領を襲った前作の衝撃の結末の行方から引き継がれる史上最悪のテロに対し、ジャックの新たな闘いを刻々と刻む長き一日が始まる!! JAN:9999200625522

「24 −TWENTY FOUR− シーズンIII」 の作品情報

作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: 24

「24 −TWENTY FOUR− シーズンIII」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

パッセンジャー57

スピーシーズ3 禁断の種

Hawaii Five−0 シーズン5

9−1−1 LA救命最前線 シーズン2

ユーザーレビュー:678件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全678件

ヤク中、内通者とまた長い一日が始まる!今度はバイオハザードだ!

投稿日:2005/01/10 レビュアー:RUSH

既に真新しさがなくなった24シリーズだがやはり見てしまう(苦笑)。今回も新しい登場人物が沢山増えている。ジャックの相方でキムの恋人「チェイス」、CTU分析官「クロエ」「アダム」「ガエル」、大統領の弟で補佐官の「ウェイン」、大統領の恋人「アン」そしてテロリスト達である。今シーズンの人物相関図を見るとトラブルの火種があっちこっちにあるのがわかる(いつもの通りだけど(笑))。

まずチェイスとキムの関係、これは誰もがトラブルを予想出来る(笑)。シーズン1,2同様、今シーズンでもキムはトラブルメーカーという設定に変更はない。だからバカに映ってしまう(笑)。物語を盛り上げる効果を狙っての設定である事は嫌でもわかるが、「どこまで親バカやねん!」といい加減うんざりだ。親のコネ採用を軽蔑しキムを毛嫌いするアダムの気持ちがよくわかる。その親バカで自分の首を絞めているのがジャックである。これもシーズン1から変わっていない。しかも今回のジャックはヤク中だ。この設定も職業柄ありがちなのかもしれないがわざとらしい演出でイマイチ盛り上がらない。しかも彼がヤク中であることを何人か気が付いているのに見逃しているなんて信じられない。政府機関の職員であれば職務上、ヤク中になってしまったなら治療を施すべきである。でもこんな事を言っていたら24は見れないか(笑)。

今シーズンはどうやらジャックだけではなくトニーとミシェルにも何か起こりそうな気配がある。でなければ結婚なんかさせないだろう(笑)。しかも電話をとるシーンでさりげなくお互いの指輪を見せ、視聴者に二人が結婚しているとわからせる演出は今後二人に降りかかるであろう困難を予想させる。クロエも優秀な分析官らしいが何処か変というか変わった人物なのがわかる。今後どんな事をしでかすか期待大である。今シーズンは1と同じくいきなり内通者が描かれる。しかし、このCTUってなんて組織なんだ?内通者になんども入られて採用基準はどうなっているんだ?全く信用ならない組織である(笑)。コネ採用ありなんだからいい加減な組織と受け取られてもおかしくない設定に疑問を感じる。そろそろメンバー総入れ替えして欲しい所である。

今回は暗殺でも核爆弾でもなくバイオハザードである。感染後14時間の潜伏期間をおき発症後24時間で死に至る恐ろしいウィルスがばらまかれようとしている。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょうど半分。山場であるのは確かだが… ネタバレ

投稿日:2004/11/30 レビュアー:しゃれこうべ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜ん、やっぱり2ndの度肝を抜くストーリーにはかなわないのかな…。
ついにウイルス奪取の山場だったのに、なんとなく展開が「こうなるんちゃうか…」っていうのに添ってしまうのが惜しいですね…。
ハラハラドキドキそんなにしませんでした。残念。

大統領サイドの話もどうでもええっつーの…って感じはいなめないのですが、やっぱりシェリーがいるのでちょっと面白い(笑)。
彼女前髪作って若返りましたね〜。ちょっとキュートになってるんじゃないですか?(笑)

しっかし、ストレス溜めさせてくれるのがやっぱりキム。
なんでお前はそんな重役気取りなんだよ!
シャペルは苦手と言えば苦手ですが、キムにベビーシッターをさせろと言うところは拍手しまくってしまいました。

さああと半分。どうなるのか…。
あまり期待せずに観ることにします。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

つっ! ついに『24』が本性をあらわした!

投稿日:2004/11/23 レビュアー:しゃれこうべ

ここまでの展開は結構ストーリーが読めるし、
2ndに比べたら物足りなさすぎ〜と思ってたりしたのですが、
ついに7話目でとんでもないことが判明!
ああ、残念! 私全然そんな筋書きは読めてませんでした…。

しかし、そのイイ意味での期待の裏切られ方に爽快感!
そう! これでこそ『24』だよ!
しっかし、瀕死の重傷のあの人が、ほんの数時間でそこまできちゃっていいんですか? 普通そんな復活できないでしょ?(笑)
そして、衝撃の真実が見えたからといってすんなりいかないのも『24』ならでは(笑)。
ジャックとそっくりの性格チェイスが、今回はキム並に問題児です〜。

あと、大統領サイドの話は、今回はテロとはいまいち接点がないだけにどうでもよい感じです。反対にうざったいんだけれど…。
シェリーの復活を祈るばかり!(笑)
やっぱり大統領サイドが1st・2ndと面白かったのはシェリーの存在あってこそだったんだ…とかなり認識。そうじゃありませんか?

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

完見度:最後まで

投稿日:2004/11/15 レビュアー:aiai

ガチャ!(←電話取る音)
「見たか!?」
「見ました」
「どうだ!?」
「さすが、24ですねぇ。それぞれのキャラがそれぞれの物語のなかで急激に動き出した」
「そうか、良かった・・・ふう・・・」
「ふうって!何やってるんですかぁ!ジャック!」
「何もやってないぞなもし!」
「それキャラ違いますけど・・・しかし気になる点が少々・・・」
「なんだ!それは!」
「いや、大したことではないんですが。シーズン1って24時間以内に大統領候補暗殺だってでしょ。あくるひが選挙だし。そういう意味では、24時間っていう縛りが明確で、大統領候補を守る、みちづれになりそうな家族を守るっていう大義名分がはっきりしていたのに対し、今回のシーズン、24時間とか大統領を守るとかいう意義が薄れているような感じがするんですが・・・」
「そんな、一部の人間が票操作ばっかりやってるどこぞのDVDレンタルのレビューみたいな青臭いこと言ってどうなる?面白ければそれでいいんだ」
「まあ、サスペンスですからね。確かに面白ければそれでいい」
「その通りだ。お前は黙ってみてればいい。これは俺の仕事だ」
「ジャック、あまり無理はしないほうが」
「ハハ、心配か?プロの俺が」
「いや、シーズン4もあるみたいですし、余計な無理しても安心感があるので、あまり意味ないかと」
「うーん、いじわるぅ!」
「それキャラ違い・・・(ガチャ)」

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

替え玉作戦からサンダースを包囲するもサンダースの秘策炸裂!! ネタバレ

投稿日:2005/01/14 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今巻の見所は、替え玉作戦、サンダース包囲網突破であろう。バイオハザードは拡大の一途をたどる。ホテルにいた浮気男の脱出で街にウィルスが漏れだしたのである。CTU、特にチェイスを中心に食い止めようとするのだが隔離区域は拡大していく。その犠牲者の中にはアダムの妹もいた・・。この辺のバイオハザードの展開を見ていると恐ろしささえ感じてしまう。細菌兵器や化学兵器が如何に恐ろしいものか良く描かれていると思う。化学細菌兵器は安価で製造出来、効果絶大なので兵器としては理想的なのだ。しかしその残酷さ悲惨さが想像を超える。これら化学細菌兵器をここまで発展させたのは第二次世界大戦中のドイツと日本である。アメリカの化学細菌兵器に関する成果の根底にあるのは日本の731部隊の人体実験による研究結果である。などということを今シーズンは思い出させてくれる。

さて替え玉作戦はなんとあの問題児キムちゃんが替え玉になっちゃいます(笑)。そして案の定・・・(笑)。この作戦でサンダースの娘ジェーンをサンダースに気づかれずに尋問する予定だったがうまくいかなかった。しかし、サンダースの居場所を突き止めるだけの情報を手に入れ、アジトを襲撃する。しかし、ジェーンは図書館に勤めているのだが、替え玉作戦を開始したのは朝の7時過ぎのお話のはず・・。まだ8時にはなっていないのになんであんなに人が大勢図書館にいるんだ?あれは異常だよ(笑)。図書館の勤務ってそんなに朝早くから働くのかな(笑)?。ま、この辺は大目に見ましょう(笑)。

そしてクライマックスのサンダース包囲網であるがこちらはサンダースの作戦が読めなかったのでちょっと驚きの展開を見せた。今シーズン、トニーとミシェルが結婚している設定である事がわかった時点で、二人の前途多難を予想したが、それがトニーの怪我、ミシェルのウィルス感染疑惑で描かれてきた。そしてそれ以上に何かあるかもしれないと前巻で予想した通りになってしまった。二人の苦しみはここからがどうやら本番らしい。何とかの乗り切ってもらいたいと思う。これじゃ、シーズン1のジャックと同じだが、これからどんな展開を見せるか、二人の今後が心配である。サンダースはジャックも予想しなかった手段で完璧なはずの包囲網を楽々突破してしまうのである。

残すは4時間!ますます目が離せない!

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全678件

24 −TWENTY FOUR− シーズンIII

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:678件

ヤク中、内通者とまた長い一日が始まる!今度はバイオハザードだ!

投稿日

2005/01/10

レビュアー

RUSH

既に真新しさがなくなった24シリーズだがやはり見てしまう(苦笑)。今回も新しい登場人物が沢山増えている。ジャックの相方でキムの恋人「チェイス」、CTU分析官「クロエ」「アダム」「ガエル」、大統領の弟で補佐官の「ウェイン」、大統領の恋人「アン」そしてテロリスト達である。今シーズンの人物相関図を見るとトラブルの火種があっちこっちにあるのがわかる(いつもの通りだけど(笑))。

まずチェイスとキムの関係、これは誰もがトラブルを予想出来る(笑)。シーズン1,2同様、今シーズンでもキムはトラブルメーカーという設定に変更はない。だからバカに映ってしまう(笑)。物語を盛り上げる効果を狙っての設定である事は嫌でもわかるが、「どこまで親バカやねん!」といい加減うんざりだ。親のコネ採用を軽蔑しキムを毛嫌いするアダムの気持ちがよくわかる。その親バカで自分の首を絞めているのがジャックである。これもシーズン1から変わっていない。しかも今回のジャックはヤク中だ。この設定も職業柄ありがちなのかもしれないがわざとらしい演出でイマイチ盛り上がらない。しかも彼がヤク中であることを何人か気が付いているのに見逃しているなんて信じられない。政府機関の職員であれば職務上、ヤク中になってしまったなら治療を施すべきである。でもこんな事を言っていたら24は見れないか(笑)。

今シーズンはどうやらジャックだけではなくトニーとミシェルにも何か起こりそうな気配がある。でなければ結婚なんかさせないだろう(笑)。しかも電話をとるシーンでさりげなくお互いの指輪を見せ、視聴者に二人が結婚しているとわからせる演出は今後二人に降りかかるであろう困難を予想させる。クロエも優秀な分析官らしいが何処か変というか変わった人物なのがわかる。今後どんな事をしでかすか期待大である。今シーズンは1と同じくいきなり内通者が描かれる。しかし、このCTUってなんて組織なんだ?内通者になんども入られて採用基準はどうなっているんだ?全く信用ならない組織である(笑)。コネ採用ありなんだからいい加減な組織と受け取られてもおかしくない設定に疑問を感じる。そろそろメンバー総入れ替えして欲しい所である。

今回は暗殺でも核爆弾でもなくバイオハザードである。感染後14時間の潜伏期間をおき発症後24時間で死に至る恐ろしいウィルスがばらまかれようとしている。

ちょうど半分。山場であるのは確かだが…

投稿日

2004/11/30

レビュアー

しゃれこうべ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜ん、やっぱり2ndの度肝を抜くストーリーにはかなわないのかな…。
ついにウイルス奪取の山場だったのに、なんとなく展開が「こうなるんちゃうか…」っていうのに添ってしまうのが惜しいですね…。
ハラハラドキドキそんなにしませんでした。残念。

大統領サイドの話もどうでもええっつーの…って感じはいなめないのですが、やっぱりシェリーがいるのでちょっと面白い(笑)。
彼女前髪作って若返りましたね〜。ちょっとキュートになってるんじゃないですか?(笑)

しっかし、ストレス溜めさせてくれるのがやっぱりキム。
なんでお前はそんな重役気取りなんだよ!
シャペルは苦手と言えば苦手ですが、キムにベビーシッターをさせろと言うところは拍手しまくってしまいました。

さああと半分。どうなるのか…。
あまり期待せずに観ることにします。

つっ! ついに『24』が本性をあらわした!

投稿日

2004/11/23

レビュアー

しゃれこうべ

ここまでの展開は結構ストーリーが読めるし、
2ndに比べたら物足りなさすぎ〜と思ってたりしたのですが、
ついに7話目でとんでもないことが判明!
ああ、残念! 私全然そんな筋書きは読めてませんでした…。

しかし、そのイイ意味での期待の裏切られ方に爽快感!
そう! これでこそ『24』だよ!
しっかし、瀕死の重傷のあの人が、ほんの数時間でそこまできちゃっていいんですか? 普通そんな復活できないでしょ?(笑)
そして、衝撃の真実が見えたからといってすんなりいかないのも『24』ならでは(笑)。
ジャックとそっくりの性格チェイスが、今回はキム並に問題児です〜。

あと、大統領サイドの話は、今回はテロとはいまいち接点がないだけにどうでもよい感じです。反対にうざったいんだけれど…。
シェリーの復活を祈るばかり!(笑)
やっぱり大統領サイドが1st・2ndと面白かったのはシェリーの存在あってこそだったんだ…とかなり認識。そうじゃありませんか?

完見度:最後まで

投稿日

2004/11/15

レビュアー

aiai

ガチャ!(←電話取る音)
「見たか!?」
「見ました」
「どうだ!?」
「さすが、24ですねぇ。それぞれのキャラがそれぞれの物語のなかで急激に動き出した」
「そうか、良かった・・・ふう・・・」
「ふうって!何やってるんですかぁ!ジャック!」
「何もやってないぞなもし!」
「それキャラ違いますけど・・・しかし気になる点が少々・・・」
「なんだ!それは!」
「いや、大したことではないんですが。シーズン1って24時間以内に大統領候補暗殺だってでしょ。あくるひが選挙だし。そういう意味では、24時間っていう縛りが明確で、大統領候補を守る、みちづれになりそうな家族を守るっていう大義名分がはっきりしていたのに対し、今回のシーズン、24時間とか大統領を守るとかいう意義が薄れているような感じがするんですが・・・」
「そんな、一部の人間が票操作ばっかりやってるどこぞのDVDレンタルのレビューみたいな青臭いこと言ってどうなる?面白ければそれでいいんだ」
「まあ、サスペンスですからね。確かに面白ければそれでいい」
「その通りだ。お前は黙ってみてればいい。これは俺の仕事だ」
「ジャック、あまり無理はしないほうが」
「ハハ、心配か?プロの俺が」
「いや、シーズン4もあるみたいですし、余計な無理しても安心感があるので、あまり意味ないかと」
「うーん、いじわるぅ!」
「それキャラ違い・・・(ガチャ)」

替え玉作戦からサンダースを包囲するもサンダースの秘策炸裂!!

投稿日

2005/01/14

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今巻の見所は、替え玉作戦、サンダース包囲網突破であろう。バイオハザードは拡大の一途をたどる。ホテルにいた浮気男の脱出で街にウィルスが漏れだしたのである。CTU、特にチェイスを中心に食い止めようとするのだが隔離区域は拡大していく。その犠牲者の中にはアダムの妹もいた・・。この辺のバイオハザードの展開を見ていると恐ろしささえ感じてしまう。細菌兵器や化学兵器が如何に恐ろしいものか良く描かれていると思う。化学細菌兵器は安価で製造出来、効果絶大なので兵器としては理想的なのだ。しかしその残酷さ悲惨さが想像を超える。これら化学細菌兵器をここまで発展させたのは第二次世界大戦中のドイツと日本である。アメリカの化学細菌兵器に関する成果の根底にあるのは日本の731部隊の人体実験による研究結果である。などということを今シーズンは思い出させてくれる。

さて替え玉作戦はなんとあの問題児キムちゃんが替え玉になっちゃいます(笑)。そして案の定・・・(笑)。この作戦でサンダースの娘ジェーンをサンダースに気づかれずに尋問する予定だったがうまくいかなかった。しかし、サンダースの居場所を突き止めるだけの情報を手に入れ、アジトを襲撃する。しかし、ジェーンは図書館に勤めているのだが、替え玉作戦を開始したのは朝の7時過ぎのお話のはず・・。まだ8時にはなっていないのになんであんなに人が大勢図書館にいるんだ?あれは異常だよ(笑)。図書館の勤務ってそんなに朝早くから働くのかな(笑)?。ま、この辺は大目に見ましょう(笑)。

そしてクライマックスのサンダース包囲網であるがこちらはサンダースの作戦が読めなかったのでちょっと驚きの展開を見せた。今シーズン、トニーとミシェルが結婚している設定である事がわかった時点で、二人の前途多難を予想したが、それがトニーの怪我、ミシェルのウィルス感染疑惑で描かれてきた。そしてそれ以上に何かあるかもしれないと前巻で予想した通りになってしまった。二人の苦しみはここからがどうやら本番らしい。何とかの乗り切ってもらいたいと思う。これじゃ、シーズン1のジャックと同じだが、これからどんな展開を見せるか、二人の今後が心配である。サンダースはジャックも予想しなかった手段で完璧なはずの包囲網を楽々突破してしまうのである。

残すは4時間!ますます目が離せない!

11〜 15件 / 全678件