カーラの結婚宣言の画像・ジャケット写真

カーラの結婚宣言 / ジュリエット・ルイス

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「カーラの結婚宣言」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「プリティ・ウーマン」のG・マーシャル監督が、「ギルバート・グレイプ」のJ・ルイス、「アニー・ホール」のD・キートン共演で、末娘の自立をめぐって揺れ動く家族の絆を描いたドラマ。もうすぐ24歳を迎えるカ−ラは全寮制の学校を卒業し、我が家に帰ってきた。彼女は軽い知的障害を抱えながらも自分の可能性を信じ強い希望を持っていた。しかし、そうしたハンディを持つ彼女に対し、母エリザベスは可愛さのあまり彼女の自立を認めることが出来ない……。

「カーラの結婚宣言」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

THE OTHER SISTER

「カーラの結婚宣言」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

インテリア

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

コンテンダー

アフターショック・ニューヨーク大地震

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全25件

オリーヴ・ジュース!

投稿日:2006/12/10 レビュアー:ことりこあゆみ

 あったかい映画です。カーラとダニエルのおたがいを愛する純粋な気もちを素直に応援したくなります。家族のカーラに対するあふれるほどの愛情も素晴らしい!
 ラストで自然に涙がこぼれて心が洗われるような気持ちがするのは、人が人を愛することの基本――ずっと一緒にいたいと思うこと、心から相手を必要としていること、助け合って生きていこうとすること――がストレートに伝わってくるからだと思います。そして特筆すべきは、知的障害者の自立と恋愛を性の部分まできちんと描いていることです。

 母役のダイアン・キートンもいいのですが、どんなときも一点の曇りもない愛情を妻と娘たちに注ぐ父役トム・スケリットの笑顔が印象的。いろいろあっても家族がまとまっていけるのは、お父さんが太陽のようにあったかい人だからなんだなぁって思います。

 観た方はわかる「オリーヴ・ジュース!」 好きな人に向かって言いましょう!

 カーラの姉・キャロラインの夫役のジョー・フラニガン、ソフトでユニークな人柄の男性像がキュートでした。いま、TVドラマ『スターゲイト アトランティス』の主演ジョン・シェパードを演じているようです。
 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

感動しました

投稿日:2006/03/29 レビュアー:レビュアー名未設定

感動しました!の一言に尽きます。ジョバンニ・リビージと
ジュリエットルイスの演技力には本当に感心させられます。
またダイアンキートンの母親の感情を見事に出した演技も
拍手喝采です。とにかく観てください。これが親です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

良い話だが評価が難しい

投稿日:2010/04/17 レビュアー:シネマ子

知的障害を持つ二人の若者のカップルの恋愛・結婚・自立を描いたさわやかなヒューマンドラマです。

ジュリエットルイスは相変わらず抜群に演技が上手いのです。本作はちょっとやりすぎ感があるような気はしますが。大竹しのぶっぽい演技。しかし彼女以外にこの難しい役を演じられる女優さんはそうは思いつきませんし、熱演だったと思います。

障害を持つ方のドラマはすぐ感動してしまうのですが、自分の偽善的な部分も感じてしまうので苦手かもしれません。又知らず知らずのうちに障害者に聖人君子を求めてしまう自分もいていやになります。
本作はお涙頂戴ではなくて、障害を抱えながらも精一杯等身大に頑張る普通の女の子の青春といった感じで、明るく描かれているので良かったです。

普通に良い話だし感動もしたのですが・・。

でもこういうドラマは作品としての冷静な評価は、自分にとってはまだ難しいですね。人は自分の置かれた環境からでしか思考できないものですし。

カーラが自分の障害を自覚しながらも「それでも自分はやるんだ!」という強い意思と実行力はやっぱり感動しました。ひたむきなヒロインを演じたらやはりジュリエットルイスは似合う!可愛い!



このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

2回目です。

投稿日:2005/12/30 レビュアー:no-doubt

2回目は母となってから見たので
母親の気持ちがものすごく解ります。

健常者であろうと、障害者であろうと
母の子供に対する気持ちは同じなんです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

私はだめでした。

投稿日:2005/03/12 レビュアー:KEE

テーマ的に苦手なのかもしれないけど。
少しToo Muchな気がしました。
大袈裟に感じてしまったのと、う〜んやはりダメでしたね。
素直にみれませんでした。
中途半端さも気になりましたね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全25件

カーラの結婚宣言

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

オリーヴ・ジュース!

投稿日

2006/12/10

レビュアー

ことりこあゆみ

 あったかい映画です。カーラとダニエルのおたがいを愛する純粋な気もちを素直に応援したくなります。家族のカーラに対するあふれるほどの愛情も素晴らしい!
 ラストで自然に涙がこぼれて心が洗われるような気持ちがするのは、人が人を愛することの基本――ずっと一緒にいたいと思うこと、心から相手を必要としていること、助け合って生きていこうとすること――がストレートに伝わってくるからだと思います。そして特筆すべきは、知的障害者の自立と恋愛を性の部分まできちんと描いていることです。

 母役のダイアン・キートンもいいのですが、どんなときも一点の曇りもない愛情を妻と娘たちに注ぐ父役トム・スケリットの笑顔が印象的。いろいろあっても家族がまとまっていけるのは、お父さんが太陽のようにあったかい人だからなんだなぁって思います。

 観た方はわかる「オリーヴ・ジュース!」 好きな人に向かって言いましょう!

 カーラの姉・キャロラインの夫役のジョー・フラニガン、ソフトでユニークな人柄の男性像がキュートでした。いま、TVドラマ『スターゲイト アトランティス』の主演ジョン・シェパードを演じているようです。
 

感動しました

投稿日

2006/03/29

レビュアー

レビュアー名未設定

感動しました!の一言に尽きます。ジョバンニ・リビージと
ジュリエットルイスの演技力には本当に感心させられます。
またダイアンキートンの母親の感情を見事に出した演技も
拍手喝采です。とにかく観てください。これが親です。

良い話だが評価が難しい

投稿日

2010/04/17

レビュアー

シネマ子

知的障害を持つ二人の若者のカップルの恋愛・結婚・自立を描いたさわやかなヒューマンドラマです。

ジュリエットルイスは相変わらず抜群に演技が上手いのです。本作はちょっとやりすぎ感があるような気はしますが。大竹しのぶっぽい演技。しかし彼女以外にこの難しい役を演じられる女優さんはそうは思いつきませんし、熱演だったと思います。

障害を持つ方のドラマはすぐ感動してしまうのですが、自分の偽善的な部分も感じてしまうので苦手かもしれません。又知らず知らずのうちに障害者に聖人君子を求めてしまう自分もいていやになります。
本作はお涙頂戴ではなくて、障害を抱えながらも精一杯等身大に頑張る普通の女の子の青春といった感じで、明るく描かれているので良かったです。

普通に良い話だし感動もしたのですが・・。

でもこういうドラマは作品としての冷静な評価は、自分にとってはまだ難しいですね。人は自分の置かれた環境からでしか思考できないものですし。

カーラが自分の障害を自覚しながらも「それでも自分はやるんだ!」という強い意思と実行力はやっぱり感動しました。ひたむきなヒロインを演じたらやはりジュリエットルイスは似合う!可愛い!



2回目です。

投稿日

2005/12/30

レビュアー

no-doubt

2回目は母となってから見たので
母親の気持ちがものすごく解ります。

健常者であろうと、障害者であろうと
母の子供に対する気持ちは同じなんです。

私はだめでした。

投稿日

2005/03/12

レビュアー

KEE

テーマ的に苦手なのかもしれないけど。
少しToo Muchな気がしました。
大袈裟に感じてしまったのと、う〜んやはりダメでしたね。
素直にみれませんでした。
中途半端さも気になりましたね。

11〜 15件 / 全25件