ピアノを弾く大統領

ピアノを弾く大統領の画像・ジャケット写真

ピアノを弾く大統領 / チェ・ジウ

全体の平均評価点:(5点満点)

41

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ピアノを弾く大統領」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『冬のソナタ』のチェ・ジウと韓国の国民的名優、アン・ソンギ共演によるロマンティックラブコメディ。熱血高校教師のウンスは、担任クラスの問題児・ヨンヒと対立。さっそく親を呼び出したところ、現れたのはなんと韓国大統領、ハン・ミヌクだった。

「ピアノを弾く大統領」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: 韓国
原題: THE ROMANTIC PRESIDENT

「ピアノを弾く大統領」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

外科医ポン・ダルヒ

The Making of 墨攻

ラジオスター

パク・ヨンハ「オンエアー」メイキング

ユーザーレビュー:41件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全41件

予想以上に大満足!!

投稿日:2007/08/28 レビュアー:涼音

こんなに面白いタッチの映画だとは思わなかった!!

こんな政治のトップがいてほしいっ!(笑)
実際にいたら、すぐに政権交代でしょうけどね(笑)

普通の学校に大統領の娘がいるのか? とか、
大統領そんなことばっかりやってていいの? とか、
いろいろありえない点は多いですが、そんなところも笑えちゃう
作品です♪

チェ・ジウの大統領に対する緊張感の変化や、
問題児の娘役のイム・スジョンが心を開いていく過程が
もう少し詳細にほしいなと思うところも。。

でも、ユーモアがあって、単純な作品で、時間的に短い作品ですが、満足度の高い映画です♪
ちょっとだけさらりと笑いたいとき、ちょっとだけ恋愛作品が
観たいときにぴったりです♪


大統領役のアン・ソンギ
固い役の作品をたくさん観てきたので、
この作品の彼の優しい笑顔や雰囲気は特別に素敵な印象♪
ストーリー中の大統領の行動も実におもしろい♪

教師役のチェ・ジウ
正直、あんまり好きじゃないんですが・・
この作品の彼女はくどくなくて大丈夫でした☆

大統領の娘役のイム・スジョン
今よりも若い頃の映像で、本当にかわいい!
あの透明感とあどけなさには同性でもクラクラします(笑)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ぜんぜん・・・

投稿日:2005/12/26 レビュアー:megu

全く駄目でした。チェ・ジウでさえ、ぜんぜん冴えない。
時々あるんですよね。韓流には、駄作が・・・
この映画には、楽しさもせつなさも悲しさもありません。
でも、いいものもたくさんありますから、めげずに見たいと思います。ちなみに韓国映画で、一番好きなのは、「ラブ ストーリー」
 

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ありえない、韓国っぽい映画でした。

投稿日:2011/11/16 レビュアー:ともこさん

アンソンギの中年の魅力を堪能しようと(笑)かりてみました。

2002年冬ソナでブレイク中のチェジウ。もう10年前にもなるけど、ありえない、くだらなーいと
言いながら、笑って楽しみました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

シンデレラストーリーに花マル ネタバレ

投稿日:2009/11/15 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

観る機会をずっと失っていた『ピアノを弾く大統領』
この映画でのチェ・ジウさんのヘアスタイル
今までのどんな彼女よりキュートでとてもよく似合っていました
でも性格は結構熱血な所もあって、教師らしからぬ行動を取ったりします
過去の経歴からして問題起こして転々としてるようです
映画を観てると気づくのがオードリー『ローマの休日』をかなり意識してるっていうこと
部屋の中に『ティファニーで朝食を』のポスターも貼られていたり、彼女の友人の衣装もその衣装でした
そして冒頭で書いたチェ・ウンス(チェ・ジウ)の髪形もオードリーが抜け出たローマの町でまず髪をショートにバッサリと切るんですがその時の髪型を弱冠意識してるなとも感じられました
物語自体、今まで何度も観た事あるストーリーで変わった所は何もないのですが、でも退屈するわけでもなく、まあ、楽しんで観られる映画でした
(残念に思ったのは大統領とウンスのSPから逃れる小さな冒険
があまりにも普通過ぎた)

この二人が出会うきっかけとなるのは問題児の生徒ヨンヒ(イム・スジョン)
父親が大統領で、誰も彼女の事怖くて好き勝手やらせてきたようです
でもウンスは大統領であろうがなかろうが容赦はしません
何度か会って話すうちにハン・ミヌク(アン・ソンギ)はもう笑顔を見せなくなった娘を変えてくれるのは彼女しかいないと感じ、ウンスも彼を愛するようになってきます

強気でズバズバいうウンスですが内心ヒヤヒヤもんでそうでもない彼女も可愛らしく
自分に正直に生きるウンスは娘だけではなく大統領まで変えてしまうんですね
イム・スジョンさんはまだ新人の頃だと思うのですがやっぱり印象に残りますね
大統領役はアン・ソンギさんが演じておられ、国民の立場にも目を配り、実行する政治家です
演技派俳優の力の見せ所はなかったけど『慕情』のテーマをピアノで奏でる大統領って素敵でした
彼が真実を国民に向けて語るところはウルウルしちゃった
ラストもいい終わり方で、それに至った経過も想像できてにっこりしました
再び、国民に認められて大統領になり、そして彼女を手に入れたハッピー・エンディング
シンデレラ・ストーリーに花マル・・・

おまけ。。。
イ・ボムスさんて一体どれだけカメオ出演を引き受けてらっしゃるんだろう
今回もあらら。。。という所で目にしますよ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

好きだな〜

投稿日:2008/01/15 レビュアー:seven

なんだか、みえみえのらぶストーリーではありますが
こんなのなんかいいなぁ〜って思えました。

ピアノを弾くシーンは、絶妙な感じでよかったです

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全41件

ピアノを弾く大統領

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:41件

予想以上に大満足!!

投稿日

2007/08/28

レビュアー

涼音

こんなに面白いタッチの映画だとは思わなかった!!

こんな政治のトップがいてほしいっ!(笑)
実際にいたら、すぐに政権交代でしょうけどね(笑)

普通の学校に大統領の娘がいるのか? とか、
大統領そんなことばっかりやってていいの? とか、
いろいろありえない点は多いですが、そんなところも笑えちゃう
作品です♪

チェ・ジウの大統領に対する緊張感の変化や、
問題児の娘役のイム・スジョンが心を開いていく過程が
もう少し詳細にほしいなと思うところも。。

でも、ユーモアがあって、単純な作品で、時間的に短い作品ですが、満足度の高い映画です♪
ちょっとだけさらりと笑いたいとき、ちょっとだけ恋愛作品が
観たいときにぴったりです♪


大統領役のアン・ソンギ
固い役の作品をたくさん観てきたので、
この作品の彼の優しい笑顔や雰囲気は特別に素敵な印象♪
ストーリー中の大統領の行動も実におもしろい♪

教師役のチェ・ジウ
正直、あんまり好きじゃないんですが・・
この作品の彼女はくどくなくて大丈夫でした☆

大統領の娘役のイム・スジョン
今よりも若い頃の映像で、本当にかわいい!
あの透明感とあどけなさには同性でもクラクラします(笑)

ぜんぜん・・・

投稿日

2005/12/26

レビュアー

megu

全く駄目でした。チェ・ジウでさえ、ぜんぜん冴えない。
時々あるんですよね。韓流には、駄作が・・・
この映画には、楽しさもせつなさも悲しさもありません。
でも、いいものもたくさんありますから、めげずに見たいと思います。ちなみに韓国映画で、一番好きなのは、「ラブ ストーリー」
 

ありえない、韓国っぽい映画でした。

投稿日

2011/11/16

レビュアー

ともこさん

アンソンギの中年の魅力を堪能しようと(笑)かりてみました。

2002年冬ソナでブレイク中のチェジウ。もう10年前にもなるけど、ありえない、くだらなーいと
言いながら、笑って楽しみました。

シンデレラストーリーに花マル

投稿日

2009/11/15

レビュアー

snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

観る機会をずっと失っていた『ピアノを弾く大統領』
この映画でのチェ・ジウさんのヘアスタイル
今までのどんな彼女よりキュートでとてもよく似合っていました
でも性格は結構熱血な所もあって、教師らしからぬ行動を取ったりします
過去の経歴からして問題起こして転々としてるようです
映画を観てると気づくのがオードリー『ローマの休日』をかなり意識してるっていうこと
部屋の中に『ティファニーで朝食を』のポスターも貼られていたり、彼女の友人の衣装もその衣装でした
そして冒頭で書いたチェ・ウンス(チェ・ジウ)の髪形もオードリーが抜け出たローマの町でまず髪をショートにバッサリと切るんですがその時の髪型を弱冠意識してるなとも感じられました
物語自体、今まで何度も観た事あるストーリーで変わった所は何もないのですが、でも退屈するわけでもなく、まあ、楽しんで観られる映画でした
(残念に思ったのは大統領とウンスのSPから逃れる小さな冒険
があまりにも普通過ぎた)

この二人が出会うきっかけとなるのは問題児の生徒ヨンヒ(イム・スジョン)
父親が大統領で、誰も彼女の事怖くて好き勝手やらせてきたようです
でもウンスは大統領であろうがなかろうが容赦はしません
何度か会って話すうちにハン・ミヌク(アン・ソンギ)はもう笑顔を見せなくなった娘を変えてくれるのは彼女しかいないと感じ、ウンスも彼を愛するようになってきます

強気でズバズバいうウンスですが内心ヒヤヒヤもんでそうでもない彼女も可愛らしく
自分に正直に生きるウンスは娘だけではなく大統領まで変えてしまうんですね
イム・スジョンさんはまだ新人の頃だと思うのですがやっぱり印象に残りますね
大統領役はアン・ソンギさんが演じておられ、国民の立場にも目を配り、実行する政治家です
演技派俳優の力の見せ所はなかったけど『慕情』のテーマをピアノで奏でる大統領って素敵でした
彼が真実を国民に向けて語るところはウルウルしちゃった
ラストもいい終わり方で、それに至った経過も想像できてにっこりしました
再び、国民に認められて大統領になり、そして彼女を手に入れたハッピー・エンディング
シンデレラ・ストーリーに花マル・・・

おまけ。。。
イ・ボムスさんて一体どれだけカメオ出演を引き受けてらっしゃるんだろう
今回もあらら。。。という所で目にしますよ

好きだな〜

投稿日

2008/01/15

レビュアー

seven

なんだか、みえみえのらぶストーリーではありますが
こんなのなんかいいなぁ〜って思えました。

ピアノを弾くシーンは、絶妙な感じでよかったです

11〜 15件 / 全41件