機関車先生

機関車先生の画像・ジャケット写真

機関車先生 / 坂口憲二

全体の平均評価点:(5点満点)

31

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「機関車先生」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

瀬戸内海に浮かぶ小島、葉名島。吉岡誠吾はこの日、島唯一の小学校、水見色小学校に臨時教師としてやって来た。誠吾は教室で全校生徒7人を前に、“ぼくは話すことができません”と黒板に書き記す。あ然とする子どもたちだったが、すぐに“口きかんから機関車先生や”といって大はしゃぎ。ほどなく“機関車先生”と7人の子どもたちは信頼と絆を強めていく。一方で、大人たちの間には口のきけない先生が赴任してきたことに対して苦々しく思う者もいた。それでも徐々に島の大人たちにも受け入れられていく誠吾だったが…。

「機関車先生」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「機関車先生」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

江戸川乱歩の陰獣

休暇

西遊記

13の月

ユーザーレビュー:31件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全31件

男先生版「二十四の瞳」、やはり、泣かされます。

投稿日:2005/06/13 レビュアー:53285319

二十四の瞳の女先生は、話をすることは出来るけれど、女性であることで差別されてしまう。機関車先生は、話が出来ないことで差別されてしまう。しゃべれない故に、複雑な返事が出来ない機関車先生は、物事をとことん考え、純粋化して意思表示をすることを迫られる。機関車先生に感情移入でききれない自分と人の心にはどうしてこんなベールが、いとも簡単に掛かってしまうのかという現実に素直に反省。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

コクリコクリ

投稿日:2008/09/16 レビュアー:ゆみゆみ

島に赴任してくる先生と、わずか7人の生徒たちとの交流を描いた作品。
口の利けない先生と子供たちの絆を描いている割には、涙はなかったです。
そういう意味で、演出がとてもドライだなぁと。

堺正章演じる校長先生の生徒に戦争とはどういうことか易しく教える描写は良かったですけど、
まぁほかにこれは!って場面もなかったように思えます。

総じて、ちょっと退屈だったりして・・・
台詞なしの坂口憲二ですので、コクリコクリと頭をさげるだけの演技で、
魅力的なのか魅力的ぢゃないのかいまいちハッキリしませんが。
物言わぬ方が、凛々しい顔が際立っていいですかねぇ〜。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

瀬戸内の景色。

投稿日:2007/02/13 レビュアー:大鳥居

やっぱりきれいだなーと思いました。

自分がもし話せなかったら、どうやって伝えたいことを伝えるかなと、考えました。たくさんではないけれど、大事なことだけはちゃんと伝わっている、という感じがとてもよかった。千原のお兄さんの役は、エラいイヤな人で、最初ハマり過ぎててちょと引きました(^^;) あとは剣道の試合の場面がかっこよかったー。生で見たい!と思いました。現代の都会っ子も、あんな学校に少しの間だけでも留学(?)できたら素敵なのになー。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ありがとう。坂口憲ニ ネタバレ

投稿日:2006/01/28 レビュアー:ゆうくん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、そこに臨時教師として赴任してきた口が聞けない機関車先生と子供たちの交流を描いた作品だ。
話が綺麗過ぎて、ありがちなエンディングだが手話を交えた「ありがとう」の言葉は心打たれた。しかし先生と子供達が仲良くなっていく過程に“甘さ”を感じたので、もうちょっと練り込んで欲しかったです。坂口憲二は黙っていてもさまになる。
子供達の演技も良かった。風景も美しかっただけに惜しい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

坂口憲二の新境地?

投稿日:2005/11/18 レビュアー:桜苺

もう散々言われてると思いますが、まさにタイトルの通り。
坂口憲二がこんなにこの役にはまるとは正直思いませんでした。
ストーリーとしては特に目新しいものはなかったように思いますが、それなりの感動は与えられました。
本当の強い男とは?という問いの答えを機関車先生が教えてくれたような気がします。

余談ですが。先生、ひらがなの「な」の字の書き順間違ってませんか?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全31件

機関車先生

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:31件

男先生版「二十四の瞳」、やはり、泣かされます。

投稿日

2005/06/13

レビュアー

53285319

二十四の瞳の女先生は、話をすることは出来るけれど、女性であることで差別されてしまう。機関車先生は、話が出来ないことで差別されてしまう。しゃべれない故に、複雑な返事が出来ない機関車先生は、物事をとことん考え、純粋化して意思表示をすることを迫られる。機関車先生に感情移入でききれない自分と人の心にはどうしてこんなベールが、いとも簡単に掛かってしまうのかという現実に素直に反省。

コクリコクリ

投稿日

2008/09/16

レビュアー

ゆみゆみ

島に赴任してくる先生と、わずか7人の生徒たちとの交流を描いた作品。
口の利けない先生と子供たちの絆を描いている割には、涙はなかったです。
そういう意味で、演出がとてもドライだなぁと。

堺正章演じる校長先生の生徒に戦争とはどういうことか易しく教える描写は良かったですけど、
まぁほかにこれは!って場面もなかったように思えます。

総じて、ちょっと退屈だったりして・・・
台詞なしの坂口憲二ですので、コクリコクリと頭をさげるだけの演技で、
魅力的なのか魅力的ぢゃないのかいまいちハッキリしませんが。
物言わぬ方が、凛々しい顔が際立っていいですかねぇ〜。

瀬戸内の景色。

投稿日

2007/02/13

レビュアー

大鳥居

やっぱりきれいだなーと思いました。

自分がもし話せなかったら、どうやって伝えたいことを伝えるかなと、考えました。たくさんではないけれど、大事なことだけはちゃんと伝わっている、という感じがとてもよかった。千原のお兄さんの役は、エラいイヤな人で、最初ハマり過ぎててちょと引きました(^^;) あとは剣道の試合の場面がかっこよかったー。生で見たい!と思いました。現代の都会っ子も、あんな学校に少しの間だけでも留学(?)できたら素敵なのになー。

ありがとう。坂口憲ニ

投稿日

2006/01/28

レビュアー

ゆうくん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、そこに臨時教師として赴任してきた口が聞けない機関車先生と子供たちの交流を描いた作品だ。
話が綺麗過ぎて、ありがちなエンディングだが手話を交えた「ありがとう」の言葉は心打たれた。しかし先生と子供達が仲良くなっていく過程に“甘さ”を感じたので、もうちょっと練り込んで欲しかったです。坂口憲二は黙っていてもさまになる。
子供達の演技も良かった。風景も美しかっただけに惜しい。

坂口憲二の新境地?

投稿日

2005/11/18

レビュアー

桜苺

もう散々言われてると思いますが、まさにタイトルの通り。
坂口憲二がこんなにこの役にはまるとは正直思いませんでした。
ストーリーとしては特に目新しいものはなかったように思いますが、それなりの感動は与えられました。
本当の強い男とは?という問いの答えを機関車先生が教えてくれたような気がします。

余談ですが。先生、ひらがなの「な」の字の書き順間違ってませんか?

11〜 15件 / 全31件