ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全203件

こんばんは。流浪の番組、タモリ倶楽部です

投稿日:2006/12/09 レビュアー:素敵な声で抱きしめて

実はこの映画、試写会で観せてもらってたんです。が、あいにく前日までの数日間、仕事でほとんど寝てなかったこともあって、記憶の針が飛びました。楽しみにしていただけに、大ショック!映画上映の最中に爆睡したのは、このときが初めてでした。反省しつつ、DVDで仕切り直しです。

さて、本題。

「ロスト・イン・トランスレーション」(=翻訳で失われるもの)。人に気持ちを伝えることは難しいです。言語が違えば尚更のこと。ですが、たとえ言語が同じでも、発する人と受け取る人との間に温度差があると、伝わりにくくなることも…。その辺りの滑稽さや切なさを、さりげないシーンに散りばめているところが、この映画のオシャレなところなんでしょうね。

ビル・マーレーの、お茶目で気だるい雰囲気、好きですね〜。そして、DIAMOND☆YUKAIさん、マシュー南さんが、想像以上に暴れてくれてるのも、嬉しかったです。それをOKした監督さん、なかなか粋ですね〜。

好きな人と一緒に居たい…その思いが永遠へと向かうとき、「結婚」の二文字が浮かぶんでしょうか。ん〜、全く興味がない自分にとっては、未知の世界です。毎日「I love you」って言われるより、たま〜に、「I miss you」って言われたいなぁ〜。

☆役名&キャスト☆

ボブ・ハリス…ビル・マーレー
シャーロット…スカーレット・ヨハンソン
ジョン…ジョバンニ・リビシ
ケリー…アンナ・ファリス
マシュー南…本人
CMディレクター…DIAMOND☆YUKAI
チャーリー(シャーロットの友人)…林文浩
通訳 Ms.Kawasaki …竹下明子
利川裕美…本人
NIGO…本人
藤原ヒロシ…本人

◎公式サイト
http://www.lit-movie.com/

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

雰囲気を楽しむ映画

投稿日:2008/01/20 レビュアー:ムーミンママ

これと言って大きな出来事が起こるわけでもなく
少しかったるいような、淡々としたストーリー。
ラブストーリーと呼べるほど、激しい感情のうねりがあるわけでもなくて、ほんのり恋心?程度。

でも、なんとなく雰囲気はいい感じ。

スカーレット・ヨハンソンがナチュラルで可愛い。

ビル・マーレイは私の中では今でも「ゴーストバスターズ」の人なんだけど、どうやらビッグ・スターという設定。
とても気のいいおじさんと言う感じです。

タイトルに縛られると、メッセージを見失いそうです。
言葉の壁がメインテーマかと勘違いしそうになります。
でも、異国で言葉の壁で途方に暮れて・・・というのは
単にきっかけに過ぎないと思います。
(ちなみにタイトルのロストは失うというより、道に迷うとか
途方に暮れるという意味合いだと私は解釈したのですが・・・)

そんな寂しい状況の中で、孤独な魂と魂が
引き寄せあった二人の数日間を描いた作品だと思うのですが
違うでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エンディングもロスト・イン・トランスレーションネタバレ

投稿日:2007/09/07 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

非常に楽しみにしてはずなのになぜかタイミングがあわずずっと観てなかった作品
ってありませんか?私はいくつもあるのですが、これも正にそのひとつでした。

これって日本人が観ると言葉もわかっちゃうしロスト・イン・トランスレーションになら
ないので、コッポラ監督の意図がうまく伝わらないってことになりますね。
更に、表現されている日本人や日本の街が昔から描かれているスタンスとさほど
変わってないようにも感じましたが、今の日本をわりとそのまま表現してるのでは
ないでしょうか。「日本人はあんなに変じゃねぇよ」って声が聞こえてきそうですが、
けっこうそのままでしたよ。

いい加減な通訳、異常に人の数だけ多いスポンサーの人間、むやみやたらに名刺
を差し出すビジネスマン。渋谷と新宿が多くでてきましたが、そこも意外と忠実だっ
たと思うし、少なくとも外国人の人間(地方から東京に出てきた人も同じかも)には
ああいう風に映っているのは間違いないでしょ。

ボブとシャーロットの微妙な関係が続くけど、結局、男女の関係にはならず。
エンディングでボブがシャーロットに耳元で何かを囁いたような気もしたましたが、
これもまたロスト・イン・トランスレーションなのでしょうか。

孤独感、疎外感、虚無感。。。どれもこれも寂しいものですが、ボブとシャーロットは
それを異国の地で感じつつ異国の地だからこその楽しみもあったし。
ビル・マーレーの好演があっからこそだと思うのだが、人間の本質に近いものを
表現されていたと思う。人間だれしもああいう気持ちになるのでは?

個人的にはボブとリディア(奥さん)との会話が非常に納得してしまうところが多々
ありました。まるで自分のことのようで(笑)

面白い映画でした。
日本の今ってあんなもんですよ、皆さん。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私だけ?

投稿日:2007/01/27 レビュアー:からす

むきになるのもおかしいかもしれないけど、
不快な映画だと思いました。
東京の雑然とした風景はすばらしく素敵にとってくれていたけれど・・・その品のなさも含めて・・・

悩みを抱えた男女が東京で孤独を深めていく
そしてそこで触れ合う心?
でも、ねえ、なんでしょう
彼らには異国に心を寄せる暖かさがなく
最初から最後まで被害者然としていて
とても共感できる孤独ではなかったんですね
バージンスーサイドのときもおもったけど
情緒の描き方が観念的なのを
わかるひとだけわかってくれたらいい
というメッセージをとても強くかんじるのです。

それにしても、日本人の描き方、ステロタイプですね。
ソフィアコッポラ、弱者の視点どころか、
強者そのものだと思いました。
でも、ひとつ
スカーレットヨハンセンは素敵です。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アカデミー賞 2003年 脚本賞 に惹かれ・・・

投稿日:2006/11/21 レビュアー:Bading

アカデミー賞 2003年 脚本賞 に惹かれ観ました。

僕には、その良さが分かりませんでした。  残念

正直、感動も何もしませんでした。つまらなかったです。


このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる