ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編

ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編の画像・ジャケット写真
ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編 / 妻夫木聡
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」 の解説・あらすじ・ストーリー

「週刊モーニング」で連載中の大人気コミック原作の、妻夫木聡主演によるテレビドラマの新春スペシャル版。第4外科(がん病棟)に配属された研修医・斉藤英二郎が、入院患者たちに施される癌治療の余りにも厳しい現実を目の当たりにして苦悩する。

「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」 の作品情報

製作年: 2004年
製作国: 日本

「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDR5019 2004年05月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 13件 / 全13件

医療について考えさせられる作品

投稿日:2005/09/22 レビュアー:かのん

原作ドラマでは新人研修医、斉藤医師(妻夫木聡)の1年目の小児科病棟での奮闘を描いたものだが、ここでは、そのスペシャル版として、そこから少し成長した妻夫木クンの正義感あふれる活躍が見どころ。
がん病棟が舞台ということで、がん告知の是非、医療の限界、医師が患者にできること、医師と患者の人間関係など、考えさせられることは多かった。涙を誘う場所が、何箇所かありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悩め、悩め

投稿日:2005/01/23 レビュアー:iceman

最近の医大では患者とのコミニケーションのとり方を教えているらしい。BJでの研修医はこれができている。これだけでも現実とかけ離れていることになる。ここまで患者と話す医師はまずいないね。技術も大切だけど人と話し、人を診る医者が現実にも多く現れて欲しいおもう。BJはそんなことを思わせるドラマです。研修医が悩むのは当たり前。どんな仕事していても悩みはある。ただ、人の生き死にに自分がかかわるからその度合いに差がでるけどね。
ドラマの内容は斉藤医師に周りが影響を受けて変化し希望を持たせる仕上がりだけど魅せる演出であきさせない。借りてみるなら一度は観ても損はないと思うけどね。それと、手塚治虫のBJのコミックも一度読んでみるとこのドラマの言いたいことがすこしは分かるかな。本当にBJによろしくと言いたくなる現実に余計に悩むことになるかもね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本編はよかったんだけどなあ

投稿日:2004/11/06 レビュアー:こじろう

がん闘病経験済みの者としては、ストーリーが現実離れし過ぎでした。余命なんてあってないようなもので医者だって本当はわからないのに統計で物言ってるだけですから。医者と病人との関係もあそこまでのめりこむことは考えられません。まあ、妻夫木聡も薬師丸ひろ子もすごくいいんだけど、高橋貴明は浮いてます。阿部寛と高橋貴明の過去話も臭すぎ。癌告知に終末医療、こんな重たいテーマ特別偏でまとめるのに無理があるんでしょう。妻夫木ファンとしてみる分には○かな。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 13件 / 全13件

ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編