W吹〉ジュリア ヘア無修正版

W吹〉ジュリア ヘア無修正版の画像・ジャケット写真

W吹〉ジュリア ヘア無修正版 / モニカ・ベルッチ

全体の平均評価点:(5点満点)

17

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「W吹〉ジュリア ヘア無修正版」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『マレーナ』のモニカ・ベルッチが出演したスラップスティックコメディ。新年を迎えようとしているマンションの各部屋では、異様な光景が繰り広げられていた。女が自殺の真似事をする部屋、弁護士がSMごっこの最中に男に踏み込まれてしまう部屋…。

「W吹〉ジュリア ヘア無修正版」 の作品情報

作品情報

製作年: 1998年
製作国: イタリア
原題: L’ULTIMO CAPODANNO

「W吹〉ジュリア ヘア無修正版」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

リメンバー・ミー

サイの季節

題名のない子守唄

踊れトスカーナ!

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全17件

何が無修正なのか

投稿日:2016/02/24 レビュアー:シバカーリー

モニカ・ベルッチ無修正で期待してみてがっかり。
ずいぶん毛深いなぁ、と思ったら大きな逆三角形の墨塗りでした。
半裸のモニカがウロウロしますが別にエロくないです。
悲しそうな顔が印象的。笑った顔も見たかった。

ストーリーは面白くない。前半、中盤はどうなるのか少し期待してみたが最後ははちゃめちゃ。コメディーらしいけど、コメディーならあまり血は流さないでほしい。
そうそう、バイクの男がスマップの草薙くんに似ているなぁと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとガッカリモニカベルッチ

投稿日:2009/04/27 レビュアー:はにわぱぱ

ドタバタの喜劇から、後半はグロになり、最後はみんな無くなるという意味不明な作品。何が言いたいのかわからない映画なので、モニカベルッチのファンの方でも、あまり勧められない。「マレーナ」や「ダニエラという女」の方が、まだ出来が良いという感じ。モニカベルッチには、往年のソフィアローレンを重ね合わせていたのだが、ひまわり」のような秀作は、今のイタリア映画に期待できないようだ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

モニカ・ベルッチはきれいだけど・・・。

投稿日:2007/09/18 レビュアー:ユキ

モニカ・ベルッチのファンで、借りて見てみたけど、、、
さっぱり意味がわかんない??何が言いたいのか、私には
わからなかったです。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ヘアー

投稿日:2005/11/03 レビュアー:vostro

モニカ・ベルッチのヘアーが最大の見せ場です、内容的にはかなり好き嫌いが分かれると思います、個人的には後者です。イタリアの至宝がこんなのに出てはいけない!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

最悪の新年

投稿日:2005/02/15 レビュアー:TAE-BO

原題は、l'ultima Capodanno。訳すと、最悪の新年といったところでしょうか。
イタリアの大晦日といえば、夜の9時ごろから家族や友人と集まって食事をし、伝統的な豆料理を食べ、新年になった瞬間には各自が本格的な打上花火を上げ、TVではただただ踊りまくっているだけの番組を放送し、窓から不用品を通りに投げ捨てて大騒ぎするものですが、そんなイタリアの新年のかなり激しくなったものが、ローマのアパートメントで展開されます。
特に面白かったのは、今は大都会ローマで洗練された(と思っている)男がガソリンスタンドで昔の仲間であるナポリのサッカーサポーター達に会ってしまい、忘れてしまいたい過去なのに、馬鹿騒ぎに巻き込まれてしまうあたりです。ナポリ人の傍若無人な騒ぎぶりと、戸惑う男の様子が面白いです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全17件

W吹〉ジュリア ヘア無修正版

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:17件

何が無修正なのか

投稿日

2016/02/24

レビュアー

シバカーリー

モニカ・ベルッチ無修正で期待してみてがっかり。
ずいぶん毛深いなぁ、と思ったら大きな逆三角形の墨塗りでした。
半裸のモニカがウロウロしますが別にエロくないです。
悲しそうな顔が印象的。笑った顔も見たかった。

ストーリーは面白くない。前半、中盤はどうなるのか少し期待してみたが最後ははちゃめちゃ。コメディーらしいけど、コメディーならあまり血は流さないでほしい。
そうそう、バイクの男がスマップの草薙くんに似ているなぁと思いました。

ちょっとガッカリモニカベルッチ

投稿日

2009/04/27

レビュアー

はにわぱぱ

ドタバタの喜劇から、後半はグロになり、最後はみんな無くなるという意味不明な作品。何が言いたいのかわからない映画なので、モニカベルッチのファンの方でも、あまり勧められない。「マレーナ」や「ダニエラという女」の方が、まだ出来が良いという感じ。モニカベルッチには、往年のソフィアローレンを重ね合わせていたのだが、ひまわり」のような秀作は、今のイタリア映画に期待できないようだ。

モニカ・ベルッチはきれいだけど・・・。

投稿日

2007/09/18

レビュアー

ユキ

モニカ・ベルッチのファンで、借りて見てみたけど、、、
さっぱり意味がわかんない??何が言いたいのか、私には
わからなかったです。。

ヘアー

投稿日

2005/11/03

レビュアー

vostro

モニカ・ベルッチのヘアーが最大の見せ場です、内容的にはかなり好き嫌いが分かれると思います、個人的には後者です。イタリアの至宝がこんなのに出てはいけない!

最悪の新年

投稿日

2005/02/15

レビュアー

TAE-BO

原題は、l'ultima Capodanno。訳すと、最悪の新年といったところでしょうか。
イタリアの大晦日といえば、夜の9時ごろから家族や友人と集まって食事をし、伝統的な豆料理を食べ、新年になった瞬間には各自が本格的な打上花火を上げ、TVではただただ踊りまくっているだけの番組を放送し、窓から不用品を通りに投げ捨てて大騒ぎするものですが、そんなイタリアの新年のかなり激しくなったものが、ローマのアパートメントで展開されます。
特に面白かったのは、今は大都会ローマで洗練された(と思っている)男がガソリンスタンドで昔の仲間であるナポリのサッカーサポーター達に会ってしまい、忘れてしまいたい過去なのに、馬鹿騒ぎに巻き込まれてしまうあたりです。ナポリ人の傍若無人な騒ぎぶりと、戸惑う男の様子が面白いです。

11〜 15件 / 全17件