アメリカン・プレジデント

アメリカン・プレジデントの画像・ジャケット写真

アメリカン・プレジデント / マイケル・ダグラス

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「アメリカン・プレジデント」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

多忙な日々を送るシェファード大統領は、たまたまの空き時間に環境破壊を抗議する弁士シドニーに出会う。ふたりきりで話をした大統領は彼女に一目ぼれしてしまい、フランス大統領就任の祝賀晩餐会に招いて招待客らの前で一緒にダンスを踊った。これをきっかけにふたりの仲は急接近するが、次の大統領選挙の対立候補ラムソンは大統領の恋を格好の攻撃材料として批判。シドニーは大統領を愛するが故、自分から姿を消してしまう。支持率は落ちる一方、対立候補は攻撃をますます強くする……。

「アメリカン・プレジデント」 の作品情報

作品情報

製作年: 1995年
製作国: アメリカ
原題: THE AMERICAN PRESIDENT

「アメリカン・プレジデント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

カイジ 動物世界

20センチュリー・ウーマン

ルビー・スパークス

パワー・ゲーム

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全43件

展開読めちゃいますけど、楽しめますよ♪

投稿日:2010/04/08 レビュアー:MM3

大統領が恋愛したら、きっとこうなりますよ、
っていうのを描いてますので
展開は予想つきましたが、楽しめました。

脚本がドラマ「ホワイトハウス」のアーロン・ソーキン。
キャストにもそのドラマでおなじみの
マーティン・シーンとか
ロブ・ロウの後釜の補佐官役の人(名前忘れた)とか
出てきてた。

「ラブ・アクチュアリー」の英国首相(ヒューグラント)
ほどユルくなく、
「ホワイトハウス」のバートレット大統領ほど堅くなく
ほどよい感じがいいのと、
やっぱりこの手のドラマに不可欠な演説シーンは◎です。

そこ一緒につれてっちゃうのかよ!とか
てか堂々と再婚しろよ!とか
ツッコミながら観るのも楽しいかも(笑


このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

最もアメリカ的なるものはアメリカの大統領である

投稿日:2007/04/20 レビュアー:忙中有閑

見始めてオヤ?と思ったのですが、補佐官役のマーティン・シーンが出てきたところで確信し、エンドロールで脚本がアーロン・ソーキンであることを確認して納得しました。TVドラマ「ホワイトハウス(the West Wing)」と本作はどちらが先に作られたのか知りませんが同じ脚本家の作品で、TVでは大統領役のマーティン・シーンが本作では補佐官役をやっていて、私はTVの方の熱心なファンなので、本作の大統領役のマイケル・ダグラスがどうも軽めに見えて何度か笑えてしまいました。まあ本作はTVが「政治ドラマ」であるのに対して完全に「恋愛ドラマ」なので「軽め」なのは仕方がないとも言えるのですが。
それにしてもアメリカの大統領というのは我々日本人にとっては実に理解を超えた存在で、それは単に議員内閣制の日本や英国と大統領制の違いで済まされる問題では無いでしょう。あの大統領選のバカ騒ぎや毎日必ず新聞に載る露出度の高さもさることながら、映画やTVの主人公として登場する頻度(大統領を演じたことのある俳優の多いこと!)は大変なもので、それだけアメリカ国民にとって大統領というのは非常に身近な存在なのでしょうが、そのくせアメリカ人は大統領に対して非常な敬意(と言うより崇拝と言った方が適切なほど)を払っているようで、その辺は日本人が総理大臣に対して抱いている一種軽侮に近い感情と対照的であるように思えます。選挙によって選ばれれば、昨日まで一介の大学教授だった男が大統領になった途端、世界で最も大きな政治的権力を手に入れるばかりでなく、平民の女性としてはデートに誘われるのも恐れ多いような聖性を身に纏ってしまうという、アメリカンドリームの極みとして大統領という存在があります。
アネット・ベニングが演じたのは、その意味で正にアメリカ版シンデレラそのものであり、自立したインテリだがタレントに群がるミーハー女の側面も併せ持つ女性には適役だったし、マイケル・ダグラスは知性と教養は申し分無い(元大学教授という設定だから)けれど、所詮一晩にして聖性を手に入れた成り上がり者の品の無さもチラつく「アメリカの大統領」を演じるにはこれ以上のハマリ役は無いと言えるかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

マイケル・ダグラスの大統領、ハマってます!

投稿日:2005/08/31 レビュアー:Juniper Breeze

大好きな映画の1本です。 マイケル・ダグラスがアメリカ合衆国の大統領っていうところが既にハマっててそれだけで見たくなる作品。 しかも、大統領でも普通に恋をするんだなっていうのも見ていてほのぼのするし。 脇を固める、Martin Sheen, Michael J. Fox, Samantha Mathisもカナリいいです! 対立候補役のリチャード・ドレイファスも、いじめっ子ぶりを発揮してて、話も単純ですので誰でも楽しめる作品だと思います。 あと、音楽がイイですよね。 サントラ買ってしまいましたが、マーク・シャイマンの音楽を聴いてるだけで優雅な気持ちになりますよ!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ラブコメの王道

投稿日:2005/06/07 レビュアー:しみっちゃん

おすすめです。
きっと誰が見ても見終わった後すっきりした気分になること保証します。
大統領の恋愛というのが結構新しい設定ですよね。
マイケルダグラスが大統領ですが、特筆は相手役の名前は覚えてませんが、彼女がとってもキュートですね。決して若くはないのですが、清楚でかわいらしく小じわだって結構あるんですが、非常に魅力的ですね。この彼女の誰が見ても好感をもてるところが更にこの作品を魅力的にしていると思います。
見て損はしませんよ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

完見度:最初のほう

投稿日:2004/07/11 レビュアー:aiai

つまらんです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全43件

アメリカン・プレジデント

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

展開読めちゃいますけど、楽しめますよ♪

投稿日

2010/04/08

レビュアー

MM3

大統領が恋愛したら、きっとこうなりますよ、
っていうのを描いてますので
展開は予想つきましたが、楽しめました。

脚本がドラマ「ホワイトハウス」のアーロン・ソーキン。
キャストにもそのドラマでおなじみの
マーティン・シーンとか
ロブ・ロウの後釜の補佐官役の人(名前忘れた)とか
出てきてた。

「ラブ・アクチュアリー」の英国首相(ヒューグラント)
ほどユルくなく、
「ホワイトハウス」のバートレット大統領ほど堅くなく
ほどよい感じがいいのと、
やっぱりこの手のドラマに不可欠な演説シーンは◎です。

そこ一緒につれてっちゃうのかよ!とか
てか堂々と再婚しろよ!とか
ツッコミながら観るのも楽しいかも(笑


最もアメリカ的なるものはアメリカの大統領である

投稿日

2007/04/20

レビュアー

忙中有閑

見始めてオヤ?と思ったのですが、補佐官役のマーティン・シーンが出てきたところで確信し、エンドロールで脚本がアーロン・ソーキンであることを確認して納得しました。TVドラマ「ホワイトハウス(the West Wing)」と本作はどちらが先に作られたのか知りませんが同じ脚本家の作品で、TVでは大統領役のマーティン・シーンが本作では補佐官役をやっていて、私はTVの方の熱心なファンなので、本作の大統領役のマイケル・ダグラスがどうも軽めに見えて何度か笑えてしまいました。まあ本作はTVが「政治ドラマ」であるのに対して完全に「恋愛ドラマ」なので「軽め」なのは仕方がないとも言えるのですが。
それにしてもアメリカの大統領というのは我々日本人にとっては実に理解を超えた存在で、それは単に議員内閣制の日本や英国と大統領制の違いで済まされる問題では無いでしょう。あの大統領選のバカ騒ぎや毎日必ず新聞に載る露出度の高さもさることながら、映画やTVの主人公として登場する頻度(大統領を演じたことのある俳優の多いこと!)は大変なもので、それだけアメリカ国民にとって大統領というのは非常に身近な存在なのでしょうが、そのくせアメリカ人は大統領に対して非常な敬意(と言うより崇拝と言った方が適切なほど)を払っているようで、その辺は日本人が総理大臣に対して抱いている一種軽侮に近い感情と対照的であるように思えます。選挙によって選ばれれば、昨日まで一介の大学教授だった男が大統領になった途端、世界で最も大きな政治的権力を手に入れるばかりでなく、平民の女性としてはデートに誘われるのも恐れ多いような聖性を身に纏ってしまうという、アメリカンドリームの極みとして大統領という存在があります。
アネット・ベニングが演じたのは、その意味で正にアメリカ版シンデレラそのものであり、自立したインテリだがタレントに群がるミーハー女の側面も併せ持つ女性には適役だったし、マイケル・ダグラスは知性と教養は申し分無い(元大学教授という設定だから)けれど、所詮一晩にして聖性を手に入れた成り上がり者の品の無さもチラつく「アメリカの大統領」を演じるにはこれ以上のハマリ役は無いと言えるかもしれない。

マイケル・ダグラスの大統領、ハマってます!

投稿日

2005/08/31

レビュアー

Juniper Breeze

大好きな映画の1本です。 マイケル・ダグラスがアメリカ合衆国の大統領っていうところが既にハマっててそれだけで見たくなる作品。 しかも、大統領でも普通に恋をするんだなっていうのも見ていてほのぼのするし。 脇を固める、Martin Sheen, Michael J. Fox, Samantha Mathisもカナリいいです! 対立候補役のリチャード・ドレイファスも、いじめっ子ぶりを発揮してて、話も単純ですので誰でも楽しめる作品だと思います。 あと、音楽がイイですよね。 サントラ買ってしまいましたが、マーク・シャイマンの音楽を聴いてるだけで優雅な気持ちになりますよ!

ラブコメの王道

投稿日

2005/06/07

レビュアー

しみっちゃん

おすすめです。
きっと誰が見ても見終わった後すっきりした気分になること保証します。
大統領の恋愛というのが結構新しい設定ですよね。
マイケルダグラスが大統領ですが、特筆は相手役の名前は覚えてませんが、彼女がとってもキュートですね。決して若くはないのですが、清楚でかわいらしく小じわだって結構あるんですが、非常に魅力的ですね。この彼女の誰が見ても好感をもてるところが更にこの作品を魅力的にしていると思います。
見て損はしませんよ。

完見度:最初のほう

投稿日

2004/07/11

レビュアー

aiai

つまらんです。

11〜 15件 / 全43件