危険な関係

危険な関係の画像・ジャケット写真
危険な関係 / グレン・クローズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

33

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「危険な関係」 の解説・あらすじ・ストーリー

18世紀。フランス革命前夜のパリの貴族社会。人々は贅の限りを尽くした甘美な暮らしに酔いしれ、それぞれの快楽を追い求めていた。そんな社交界の大輪として君臨するメルトイユ侯爵婦人は、彼女の恋人バスティード伯爵が若い娘と結婚するらしいという噂を耳にしたことから、かつての愛人であり、社交界きってのドンファンとして名高いバルモン子爵を使って、当のボランジュ夫人の娘である美しき処女セシルの純潔を踏みにじろうとする……。

「危険な関係」 の作品情報

製作年: 1988年
製作国: アメリカ
原題: DANGEROUS LIAISONS
受賞記録: 1988年 アカデミー賞 脚色賞

「危険な関係」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

危険な関係の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語・英語 英:モノラル/日・英字幕
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR11872 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全33件

「スキャンダル」がかすんで見える!すごく面白い!

投稿日:2007/05/18 レビュアー:tomoko

ヨン様の「スキャンダル」もそれなりに評価していた私ですが、この作品のレベルの高さに脱帽しました!特に、怪優ジョン・マルコヴィッチが、今回は女たらしのキザ男を魅力的に演じていて、時折ひょうきんなしぐさに笑えるシーンも多々あるのがいい!
メルトイユ侯爵婦人と結託し、ゲーム感覚で身持ちの堅い女性を誘惑したバルモン子爵が、不覚にも本気で愛してしまい、メルトイユ侯爵婦人の思惑にも微妙なズレが生じてくるんだよね・・。
私が思うに彼女は、自分の能力と魅力を過信しすぎていたんじゃないのかな・・。だからバルモン子爵がトゥールベル夫人を本気で愛してしまった事が許せない・・が素直に嫌だと甘え、すがることもプライドが許さない・・。トゥールベル夫人を、彼女の言うとおり惨く扱い捨てた直後、バルモン子爵が「おいで・・」と手を差し伸べ最大の譲歩をしたにも関わらず、ついに和解を拒否して宣戦布告をしてしまう!だが、それによってバルモン子爵が本気で自分を破滅させようとするとは、思ってなかったんだろうね・・!
意地を張った結果、あんな悲惨な結末が待っていたとは・・・狂った様に泣き叫ぶメルトイユ侯爵婦人がとても哀れです。また死んで幸せな恋人同士に戻れたであろう・・と思えるバルモン子爵とトゥールベル夫人に相反して、遊びで他人を振り回して楽しんでいた悪事がスキャンダルとなり、社交界を追放されるメルトイユ侯爵婦人!ラストに、化粧を剥ぎ取るシーンはついに見栄と虚勢をも同時に脱ぎ捨てた様に思えました・・・!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

☆☆/☆☆☆

投稿日:2005/03/02 レビュアー:ゆきりんご

 先月、アダム・クーパーのバレエ「危険な関係」を見に行ったのですが、もう何だかすごいのです。セリフもないので、エッチなシーンをずっと見ていただけで終わってしまいました。友達と苦笑・・だんだん爆笑。幕間には「これは娘とは見られないわ・・」というおばさんの声が聞こえるほど。というわけで、少しでも背景を知りたいと、ハリウッド版の「危険な関係」をレンタルしました。
 危険なゲームが本当の恋に・・なかなか楽しいストーリーでした。衣装も見ごたえがあります。
 ユマ・サーマンやキアヌ・リーブスも出演しています。ユマ・サーマンのヌードのシーンがありました。初々しく、きれいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪女役にグレンクローズ、女たらし役にマルコヴィッチ!

投稿日:2010/04/09 レビュアー:みむさん

社交界の大御所的悪女にグレンクローズ、
彼女と組んで女を貶める女たらし子爵にマルコヴィッチ。

このキャスティングだけで面白そうなので観てみました。

メルトゥイユ夫人(グレン)は
愛人を若い女に取られた腹いせに
バルモン子爵(マルコヴィッチ)をつかい
その若い女に迫らせ誘惑させる
っていうゲーム(?)をしかける。

引き受けたバルモンですが
彼にも狙っている女性、トゥールベル夫人がおり、
ゲームと本当の感情の間で揺れる。

なんだか、チェスの駒のようにあちこち動く人間関係と
征服欲や偽りの気持ちと本当の感情の移り変わりが激しく
画的にはゆったりきれいな映画なのに
ものすごく疲れました。

若いころのキアヌリーブスやユマサーマンも出ています。


ちょっと慌しいストーリーで、
どろどろ劇を満喫できるまでには
至りませんでしたが、
グレンとマルコヴィッチのイヤーな感じの演技は見ものです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おそるべしグレン・クローズ

投稿日:2007/08/16 レビュアー:カトリーヌ

こんな悪女を演じられるのは、グレン・クローズだけでしょう。特に最後のオペラ座でみせた、すでに人間としての心をうしなった表情、必見です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★3.0

投稿日:2007/05/22 レビュアー:TOM

狂っている!
暇をもてあました貴族達は、こんなことにエネルギーを使うしかなかったのかしら?
可哀想・・・哀れな人々なのね。
陰気な雰囲気だけが漂う、貴族の豪華な生活の風景でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

11〜 15件 / 全33件

危険な関係

月額課金で借りる

都度課金で借りる