ガープの世界の画像・ジャケット写真

ガープの世界 / ロビン・ウィリアムズ

全体の平均評価点: (5点満点)

57

ガープの世界 /ジョージ・ロイ・ヒル

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ガープの世界」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

看護婦のジェニーは、男には束縛されず子供だけが欲しいという思いから、病院に運び込まれた傷病兵と一方的にセックスする。やがて生まれた子供はガープと名づけられた。思春期を迎えた学生ガープは、所属するレスリング部のコーチの娘へレンに恋をする。だがある日、ジェニーとガープは突然ニューヨークへ経ってしまう。親子は揃って小説家を志すようになり、ジェニーはウーマン・リブのベストセラー作家となる。ガープも作家の才能が開花し、へレンと結婚。子供も授かり、順風満帆な人生を送るかにみえたのだが…。

「ガープの世界」 の作品情報

作品情報

製作年:

1982年

製作国:

アメリカ

原題:

THE WORLD ACCORDING TO GARP

受賞記録:

1982年 NY批評家協会賞 助演男優賞
1982年 LA批評家協会賞 助演男優賞

「ガープの世界」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ミッドナイトクロス

海賊ブラッド

LOW DOWN ロウダウン

サラトガ本線

お買いもの中毒な私!

ユーザーレビュー:57件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

11〜 15件 / 全57件

悲喜劇の滋味 ネタバレ

投稿日:2010/03/15 レビュアー:港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ジョージ・ロイ・ヒル、「明日に向かって撃て」は死ぬほど好き、「スティング」はたまらなく好き、そしてこの「ガープの世界」は好き嫌い関係なしに凄いとしか言えない。タイトルどおりこの映画は一つの「世界」を過不足なく完結させて差し出しているように思えた。細部までコントロールされた名人芸を見るようだった。

 桁外れに奔放な人物たち、奇想天外な出生の秘密を持つガープとその母、彼らを取り巻くいっぷう変わった人々が、気ままに動き回ってはさまざまな異常事態、不倫、事故、暗殺を引き起こしたり、遭遇したりするのだが、最後に振り返って見れば、大きな絵のピースとしてきちんと収まっている。オープニングの空に投げ上げられる赤ちゃんが、ぐるりと回ってペリコプター上の瀕死のガープにつながる。その間に起きた出来事は、一見不条理に見えて、ガープの人生にあらかじめ用意された運命だったのだと納得してしまう。すべてを良しとして彼は悔いなく天に召されていくのだと、なんだかこちらも安らかになる。

 それはおそらくこの特異な母と息子をめぐるエピソードを、日常的なことも非日常的なことも同格に扱い断片として積み重ねて、自然に最後の場面まで引っぱっていく手法のためだろう。同じシチュエーション、同じアングルの映像が時間の経過のうちに何度か現れる。海岸で、高校のグランドで、レスリング練習場で、夫婦の寝室で。描かれるのは有名な作家になろうが変わらない淡々とした日常、夫婦や親子の感情。真実らしさは日々のくり返しのなかにこそある。どこといって盛り上がる場面を作らない方針は、最高度にドラマチックな場面、母ジェニーの受胎、ガープ一家(と妻の不倫相手の青年)の悲劇的な自動車事故、には映像を入れないまでに徹底している。それでいて実に巧みに伏線を張る。西洋チャンバラごっこの最中「ボクも死ぬ役がやりたい」と駄々をこねたウォルト坊や。選挙の応援演説に出かける母にかけた言葉がヘリコプターの爆音で聞こえなかったこと。オープニングの青空と赤ちゃんの映像も、伏線と言えば言えるかもしれない。
 断片から全体へと見る者を導く構成力の優れた映画は、声を荒げなくても奇をてらわなくても説得力をもつものだと、納得させられた。

 そしてもうひとつ、悲劇を喜劇で優しく包むジョージ・ロイ・ヒルまなざしの暖かさ。深刻な場面でこそ発揮されるユーモアに心が和み救われる。深刻ではない場面のそれにはちくりと風刺が効きこれも笑える。
 フェミニズム、当時のウーマンリブを支持している映画でもなければそれを揶揄しているわけでもないだろう。政治的には価値中立の立場だと思う。看護師のジェニーには敬意を払っているが。
 偏った考えに凝り固まり、愚かで、肉欲の虜で、すぐ誘惑に負け、ときに暴力的になる人間、それでも人間は人生は愛おしいと言っている映画です。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

大学生のロビン・ウィリアムスは痛かったけれど… ネタバレ

投稿日:2008/06/29 レビュアー:マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「子作りのため以外にはセックスしたくない、子供はほしいが夫をもちたくない」ので意識不明だがそっちの能力は残っていた兵隊さんの上に乗っかって、、、ということは、ジェニーは処女だったということになり、その後もガープ以外の子供を持とうとしなかったということは、結局処女のまんまなのか、違うのか、まあ、恐れ多くも聖母と同じという話になります。
赤ちゃんガープは可愛かったが、いきなり成長して学生になった時の「もう一寸痩せたら?」と言いたい不自然なガープには驚いた。

処女から生まれた男が女と付き合いたい衝動にかられてガールフレンドを作ろうと努力する、という対極した描き方はいかにもアーヴィングっぽい癖があって、私、こういうノリ、好きです。

小説を互いに書きあう母と息子。でも、「ママには勝てないなぁ」というマザコンっぽい部分もあるガープなのですが、そのママがかなりの器の人、つまりは母と父と指導者を兼ね備えた人間だったものなので、ガープの片思いママという形になっています。ジェシーの堂々とした性格を表現した芝居が素敵です。

『フェミニスト』運動の象徴として、去勢して女性になった「男性」が出てきます。この人も、ガープの子供と遊ぶと男に戻ったり、平常は女だったりとふわふわしていて、優しげでその他のカリカリした女性の運動家とは根っこから違っています。

そのほか、原作は一文ごとに変化を繰り返し、エピソードを変化させながら進みますので、映画化となると何時間かかるやら、どれだけの部分をカットするのやら、と思うのですが、ほぼ原作に沿ったものが出来ているという、脚本家の腕はたいしたものだなぁと何回見ても感心してしまいます。

そんなこんなで結局ガープは聖母から生まれただけあって、自己犠牲でもって生涯を閉じ、天へ昇っていくのです。

という、まぁ、いわば人間臭いキリストのような人なんです、ガープという人は。


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

グレン・クローズの映画デビュー作。

投稿日:2006/02/23 レビュアー:旭竜

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ヘンテコな話

投稿日:2003/08/05 レビュアー:a

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

「一寸先は闇」 「好事魔多し」 格言にみちてます。でも堅くない。 ネタバレ

投稿日:2008/03/14 レビュアー:やまやま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人生、「一寸先は闇」。
5分後、いや1秒後には何が起こるか全く分からない。
悲しいこと、辛いこと、事件、事故、命にかかわること…。
誰も予測することは出来ない。

そして、人間はいつか必ず死ぬ。
しかし、祖父母が死に、親が死んでも子供は産まれ、命のリレーは永遠に続いていく。
何が起きても、人間の営み、人の暮らしは絶えることがない。


主人公のガープは、人気小説家となり、学生時代から思いを寄せていた彼女と結婚する。
ベストセラーを出し、仕事は順調。
私生活では男の子二人にも恵まれ、幸せをかみしめていた。
しかし、ある日突然、妻の不倫を知る。
それが原因で車の事故をおこし、最愛の子供一人を亡くしてしまう。
また、ガープの母親は、大ベストセラーを出した有名作家から、女性運動の活動家へ華々しく転進する。
そして女性たちの絶大なる支持を得て最高指導者となり、演説途中に反対派に暗殺される。

事故のショックや母親の死からようやく立ち直り、再び幸せな普段の生活を取り戻したガープは、ある日突然、幼なじみに射殺されてしまう。


正に「好事魔多し」。
幸せの絶頂から不幸のどん底へ落ちる。

これが、人生。
これが、生きていくということか。



まあ、ざっとこういう内容ですが、決して堅苦しくありません。
ガープは結構、飄々としているし、元フットボール選手で性転換した友人がとってもいい感じです。
彼(彼女)の存在が、この映画に安定感と安らぎと優しさを与えています。
助演男優賞も納得です。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

11〜 15件 / 全57件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:57件

悲喜劇の滋味

投稿日

2010/03/15

レビュアー

港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ジョージ・ロイ・ヒル、「明日に向かって撃て」は死ぬほど好き、「スティング」はたまらなく好き、そしてこの「ガープの世界」は好き嫌い関係なしに凄いとしか言えない。タイトルどおりこの映画は一つの「世界」を過不足なく完結させて差し出しているように思えた。細部までコントロールされた名人芸を見るようだった。

 桁外れに奔放な人物たち、奇想天外な出生の秘密を持つガープとその母、彼らを取り巻くいっぷう変わった人々が、気ままに動き回ってはさまざまな異常事態、不倫、事故、暗殺を引き起こしたり、遭遇したりするのだが、最後に振り返って見れば、大きな絵のピースとしてきちんと収まっている。オープニングの空に投げ上げられる赤ちゃんが、ぐるりと回ってペリコプター上の瀕死のガープにつながる。その間に起きた出来事は、一見不条理に見えて、ガープの人生にあらかじめ用意された運命だったのだと納得してしまう。すべてを良しとして彼は悔いなく天に召されていくのだと、なんだかこちらも安らかになる。

 それはおそらくこの特異な母と息子をめぐるエピソードを、日常的なことも非日常的なことも同格に扱い断片として積み重ねて、自然に最後の場面まで引っぱっていく手法のためだろう。同じシチュエーション、同じアングルの映像が時間の経過のうちに何度か現れる。海岸で、高校のグランドで、レスリング練習場で、夫婦の寝室で。描かれるのは有名な作家になろうが変わらない淡々とした日常、夫婦や親子の感情。真実らしさは日々のくり返しのなかにこそある。どこといって盛り上がる場面を作らない方針は、最高度にドラマチックな場面、母ジェニーの受胎、ガープ一家(と妻の不倫相手の青年)の悲劇的な自動車事故、には映像を入れないまでに徹底している。それでいて実に巧みに伏線を張る。西洋チャンバラごっこの最中「ボクも死ぬ役がやりたい」と駄々をこねたウォルト坊や。選挙の応援演説に出かける母にかけた言葉がヘリコプターの爆音で聞こえなかったこと。オープニングの青空と赤ちゃんの映像も、伏線と言えば言えるかもしれない。
 断片から全体へと見る者を導く構成力の優れた映画は、声を荒げなくても奇をてらわなくても説得力をもつものだと、納得させられた。

 そしてもうひとつ、悲劇を喜劇で優しく包むジョージ・ロイ・ヒルまなざしの暖かさ。深刻な場面でこそ発揮されるユーモアに心が和み救われる。深刻ではない場面のそれにはちくりと風刺が効きこれも笑える。
 フェミニズム、当時のウーマンリブを支持している映画でもなければそれを揶揄しているわけでもないだろう。政治的には価値中立の立場だと思う。看護師のジェニーには敬意を払っているが。
 偏った考えに凝り固まり、愚かで、肉欲の虜で、すぐ誘惑に負け、ときに暴力的になる人間、それでも人間は人生は愛おしいと言っている映画です。

大学生のロビン・ウィリアムスは痛かったけれど…

投稿日

2008/06/29

レビュアー

マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「子作りのため以外にはセックスしたくない、子供はほしいが夫をもちたくない」ので意識不明だがそっちの能力は残っていた兵隊さんの上に乗っかって、、、ということは、ジェニーは処女だったということになり、その後もガープ以外の子供を持とうとしなかったということは、結局処女のまんまなのか、違うのか、まあ、恐れ多くも聖母と同じという話になります。
赤ちゃんガープは可愛かったが、いきなり成長して学生になった時の「もう一寸痩せたら?」と言いたい不自然なガープには驚いた。

処女から生まれた男が女と付き合いたい衝動にかられてガールフレンドを作ろうと努力する、という対極した描き方はいかにもアーヴィングっぽい癖があって、私、こういうノリ、好きです。

小説を互いに書きあう母と息子。でも、「ママには勝てないなぁ」というマザコンっぽい部分もあるガープなのですが、そのママがかなりの器の人、つまりは母と父と指導者を兼ね備えた人間だったものなので、ガープの片思いママという形になっています。ジェシーの堂々とした性格を表現した芝居が素敵です。

『フェミニスト』運動の象徴として、去勢して女性になった「男性」が出てきます。この人も、ガープの子供と遊ぶと男に戻ったり、平常は女だったりとふわふわしていて、優しげでその他のカリカリした女性の運動家とは根っこから違っています。

そのほか、原作は一文ごとに変化を繰り返し、エピソードを変化させながら進みますので、映画化となると何時間かかるやら、どれだけの部分をカットするのやら、と思うのですが、ほぼ原作に沿ったものが出来ているという、脚本家の腕はたいしたものだなぁと何回見ても感心してしまいます。

そんなこんなで結局ガープは聖母から生まれただけあって、自己犠牲でもって生涯を閉じ、天へ昇っていくのです。

という、まぁ、いわば人間臭いキリストのような人なんです、ガープという人は。


グレン・クローズの映画デビュー作。

投稿日

2006/02/23

レビュアー

旭竜

ヘンテコな話

投稿日

2003/08/05

レビュアー

a

「一寸先は闇」 「好事魔多し」 格言にみちてます。でも堅くない。

投稿日

2008/03/14

レビュアー

やまやま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人生、「一寸先は闇」。
5分後、いや1秒後には何が起こるか全く分からない。
悲しいこと、辛いこと、事件、事故、命にかかわること…。
誰も予測することは出来ない。

そして、人間はいつか必ず死ぬ。
しかし、祖父母が死に、親が死んでも子供は産まれ、命のリレーは永遠に続いていく。
何が起きても、人間の営み、人の暮らしは絶えることがない。


主人公のガープは、人気小説家となり、学生時代から思いを寄せていた彼女と結婚する。
ベストセラーを出し、仕事は順調。
私生活では男の子二人にも恵まれ、幸せをかみしめていた。
しかし、ある日突然、妻の不倫を知る。
それが原因で車の事故をおこし、最愛の子供一人を亡くしてしまう。
また、ガープの母親は、大ベストセラーを出した有名作家から、女性運動の活動家へ華々しく転進する。
そして女性たちの絶大なる支持を得て最高指導者となり、演説途中に反対派に暗殺される。

事故のショックや母親の死からようやく立ち直り、再び幸せな普段の生活を取り戻したガープは、ある日突然、幼なじみに射殺されてしまう。


正に「好事魔多し」。
幸せの絶頂から不幸のどん底へ落ちる。

これが、人生。
これが、生きていくということか。



まあ、ざっとこういう内容ですが、決して堅苦しくありません。
ガープは結構、飄々としているし、元フットボール選手で性転換した友人がとってもいい感じです。
彼(彼女)の存在が、この映画に安定感と安らぎと優しさを与えています。
助演男優賞も納得です。

11〜 15件 / 全57件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ガープの世界