永遠の0

永遠の0の画像・ジャケット写真

永遠の0 / 岡田准一
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

133

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「永遠の0」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

百田尚樹の同名ベストセラーを「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が映画化した戦争ドラマ。現代の青年が、零戦パイロットだった祖父の戦死の謎を調べていく中で、戦争の不条理と向き合っていく姿を描く。出演は岡田准一、井上真央、三浦春馬。司法試験に落ちて進路に迷う青年、佐伯健太郎。ある日、今の祖父とは血のつながりがなく、血縁上の祖父が別にいることを知る。その実の祖父の名は、宮部久蔵。太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻出撃により戦死していた。そこで宮部について調べ始めてみると、かつての戦友はみな彼のことを、生きて還ることに執着した臆病者と非難した。では、なぜ宮部は特攻に志願したのか。やがて、ついに宮部の最期を知る人物に辿り着く健太郎だが…。

「永遠の0」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「永遠の0」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 山崎貴林民夫
原作: 百田尚樹
撮影: 柴崎幸三
音楽: 佐藤直紀

関連作品

関連作品

64 ロクヨン

SOIL

十一人の侍

フランケンシュタインの恋

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

131〜133件 / 全133件

名作なのに・・・。

投稿日:2014/08/07 レビュアー:ストロベリー

声が小さすぎて聞き取れないところが何か所もあり何度も巻き戻した。大きくすると戦闘シーンなどの時、音が大きすぎてボリュームを下げたりしなければならなかった。これは結構ストレスになる。

コマーシャルとかにもよくあることだが、何を言ってるのかこちらが聞き取れないものに、OKが出てしまうのは監督は脚本が字幕として頭に入っているので、演技だけでOKとしてしまうためかもしれない。名監督とか名作と呼ばれるものにはこういうことはあまりないような気がする。

もうひとつ、特攻隊員の配役が若いころと現代とで顔も個性も違い過ぎて違和感があるのもストレスになって邪魔になる。せっかく臨場感があるのにもったいない。若手を特殊メイクで老人化させた方が良かったのではと思った。

ストーリー、演技力、構成、映像どれも名作と呼ばれるのにふさわしい素晴らしい映画だったから、それらが残念でならないが、岡田君は間違いなく名優だと思う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

(*´-ω-`)・・・泣けるか?そうでもない。

投稿日:2014/07/29 レビュアー:まーらん

「泣ける」と評判の作品でしたが、私は泣けませんでした。
まぁ、「泣きのツボ」なんて「笑いのツボ」と同じく、あくまで「人それぞれ」ですから泣いた人も泣けなかった人も、
それぞれ楽しめればそれでOK。

で、私は「泣けなかったけど、そこそこ楽しめた」のでよかったなと。

ただ、現代と戦時中の話が行ったり来たりの構成はちょっと・・・でした。

今回の評価
キャスト:★★★★☆
演出:★★★☆☆
脚本:★★☆☆☆
尺:★★☆☆☆
映像:★★★☆☆


総合:★★★☆☆

最後に・・・

この作品が最後の映画出演となってしまった夏八木勲さん。
大ファンでした。。。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

昔は皆

投稿日:2014/07/17 レビュアー:♪d(⌒o⌒)b♪

大人になるのが早かった

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

131〜133件 / 全133件

永遠の0

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:133件

名作なのに・・・。

投稿日

2014/08/07

レビュアー

ストロベリー

声が小さすぎて聞き取れないところが何か所もあり何度も巻き戻した。大きくすると戦闘シーンなどの時、音が大きすぎてボリュームを下げたりしなければならなかった。これは結構ストレスになる。

コマーシャルとかにもよくあることだが、何を言ってるのかこちらが聞き取れないものに、OKが出てしまうのは監督は脚本が字幕として頭に入っているので、演技だけでOKとしてしまうためかもしれない。名監督とか名作と呼ばれるものにはこういうことはあまりないような気がする。

もうひとつ、特攻隊員の配役が若いころと現代とで顔も個性も違い過ぎて違和感があるのもストレスになって邪魔になる。せっかく臨場感があるのにもったいない。若手を特殊メイクで老人化させた方が良かったのではと思った。

ストーリー、演技力、構成、映像どれも名作と呼ばれるのにふさわしい素晴らしい映画だったから、それらが残念でならないが、岡田君は間違いなく名優だと思う。

(*´-ω-`)・・・泣けるか?そうでもない。

投稿日

2014/07/29

レビュアー

まーらん

「泣ける」と評判の作品でしたが、私は泣けませんでした。
まぁ、「泣きのツボ」なんて「笑いのツボ」と同じく、あくまで「人それぞれ」ですから泣いた人も泣けなかった人も、
それぞれ楽しめればそれでOK。

で、私は「泣けなかったけど、そこそこ楽しめた」のでよかったなと。

ただ、現代と戦時中の話が行ったり来たりの構成はちょっと・・・でした。

今回の評価
キャスト:★★★★☆
演出:★★★☆☆
脚本:★★☆☆☆
尺:★★☆☆☆
映像:★★★☆☆


総合:★★★☆☆

最後に・・・

この作品が最後の映画出演となってしまった夏八木勲さん。
大ファンでした。。。

昔は皆

投稿日

2014/07/17

レビュアー

♪d(⌒o⌒)b♪

大人になるのが早かった

131〜133件 / 全133件