鳩の撃退法の画像・ジャケット写真

鳩の撃退法 / 藤原竜也

全体の平均評価点:(5点満点)

17

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

準新作

ジャンル :

「鳩の撃退法」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

準新作

解説・ストーリー

直木賞作家・佐藤正午の同名ベストセラーを藤原竜也主演で映画化したミステリー・エンタテインメント。落ちぶれた元天才作家が執筆中の新作として語る謎めいた物語が、虚実あいまいなままにスリリングに展開していく。共演は土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司。監督は「ホテル ビーナス」のタカハタ秀太。かつては直木賞も受賞した天才作家ながら、今は東京の場末でバーテンダーをしている津田伸一。彼はバーにやって来た担当編集者の鳥飼なほみに書き途中の新作を読ませることに。それは、津田本人が主人公の物語で、富山で送迎ドライバーとして働く津田が巻き込まれていく、いくつかの不可解な事件が描かれていた。過去に津田が起こしたトラブルに巻き込まれたトラウマを抱える鳥飼は、小説が本当にフィクションなのか不安になり、自ら検証に乗り出すのだったが…。 JAN:4988105807242

「鳩の撃退法」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

「鳩の撃退法」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

藤井清美

原作:

佐藤正午

音楽:

堀込高樹

関連作品

関連作品

やんやんマチコ 3

青い鳥

ディアスポリス −異邦警察−

アキハバラ@DEEP

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全17件

あんまり

投稿日:2022/03/22 レビュアー:take

すみませんが面白くなかったです。
暗くて見えづらかったです。
鳩は、出ません

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

2.5

投稿日:2022/03/15 レビュアー:aa

分かりにくい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ややこしいよね

投稿日:2022/03/05 レビュアー:だいこんさん

最初は何がなんだかわからない。しばらくの間???で、いつやめようかと思いながら見ているとだんだんと謎解きがなされていく。
この、最初10数分を頑張れるかで評価は変わるんじゃないかな?って映画ですね。

最終的にはメデタシメデタシで終わるのてすが、なんとなく釈然としないものが残る作品ではある。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

評価のみ

投稿日:2022/02/18 レビュアー:redrose

評価のみ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

現実とフィクションの間

投稿日:2022/02/18 レビュアー:hinakksk

 原作未読です。言語と映像によるトリックアートのような映画。ちょっと「ジェントルメン」(2019)にも似ている気がするけど、スケールが全然違う。鳩を撃退しても大して意味がない。小説のように現実を書き換えることができたら…。けれど、現実はノンフィクションにはなっても小説にはならないし、その逆もまたしかり。現実とフィクションの間は近くて遠い。

 家庭というものへの癒し難い飢餓感とか機能不全家族の問題とか、ストレートに描いたらもっと心に響いたと思うけれど、パズルのピースのように扱われているので、何の感慨も共感も覚えない。アイデアは面白く、存在感のある華やかな俳優陣によって、それなりに雰囲気のある作品になっているのに、ストーリーの重みがないので、だからどうした、としか私には感じられなかった。

(余談) ピアノ曲が好きで、どうでもいいことにすぐに反応してしまいます。沼本が働くカフェで、深夜に津田が幸地と初めて出会うシーンで背後に微かに流れているのは、ベートーヴェンのピアノソナタ第8番「悲愴」の第2楽章。(この曲はいろんな映画に使われていて興味深いです。)津田が日中に川島社長とカフェで待ち合わせするシーンでは、モーツァルトのピアノソナタ第15番の第1楽章が使われています。視覚だけではなくて耳をすませていると、色々発見があって面白いです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全17件

鳩の撃退法

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:17件

あんまり

投稿日

2022/03/22

レビュアー

take

すみませんが面白くなかったです。
暗くて見えづらかったです。
鳩は、出ません

2.5

投稿日

2022/03/15

レビュアー

aa

分かりにくい。

ややこしいよね

投稿日

2022/03/05

レビュアー

だいこんさん

最初は何がなんだかわからない。しばらくの間???で、いつやめようかと思いながら見ているとだんだんと謎解きがなされていく。
この、最初10数分を頑張れるかで評価は変わるんじゃないかな?って映画ですね。

最終的にはメデタシメデタシで終わるのてすが、なんとなく釈然としないものが残る作品ではある。

評価のみ

投稿日

2022/02/18

レビュアー

redrose

評価のみ

現実とフィクションの間

投稿日

2022/02/18

レビュアー

hinakksk

 原作未読です。言語と映像によるトリックアートのような映画。ちょっと「ジェントルメン」(2019)にも似ている気がするけど、スケールが全然違う。鳩を撃退しても大して意味がない。小説のように現実を書き換えることができたら…。けれど、現実はノンフィクションにはなっても小説にはならないし、その逆もまたしかり。現実とフィクションの間は近くて遠い。

 家庭というものへの癒し難い飢餓感とか機能不全家族の問題とか、ストレートに描いたらもっと心に響いたと思うけれど、パズルのピースのように扱われているので、何の感慨も共感も覚えない。アイデアは面白く、存在感のある華やかな俳優陣によって、それなりに雰囲気のある作品になっているのに、ストーリーの重みがないので、だからどうした、としか私には感じられなかった。

(余談) ピアノ曲が好きで、どうでもいいことにすぐに反応してしまいます。沼本が働くカフェで、深夜に津田が幸地と初めて出会うシーンで背後に微かに流れているのは、ベートーヴェンのピアノソナタ第8番「悲愴」の第2楽章。(この曲はいろんな映画に使われていて興味深いです。)津田が日中に川島社長とカフェで待ち合わせするシーンでは、モーツァルトのピアノソナタ第15番の第1楽章が使われています。視覚だけではなくて耳をすませていると、色々発見があって面白いです。

6〜 10件 / 全17件