すべてが変わった日の画像・ジャケット写真

すべてが変わった日 / ダイアン・レイン

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

準新作

ジャンル :

「すべてが変わった日」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

ダイアン・レインとケヴィン・コスナーがDV家族のもとから幼い孫を奪還しようとする祖父母夫婦を演じるサスペンス・ドラマ。共演はレスリー・マンヴィル、ケイリー・カーター。監督は「幸せのポートレート」のトーマス・ベズーチャ。1963年、モンタナ州。元保安官のジョージと妻のマーガレットは、息子夫婦と生まれたばかりの孫ジミーと幸せに暮らしていた。しかし息子はある日、落馬事故で帰らぬ人となってしまう。3年後、息子の妻だったローナはドニー・ウィーボーイという若者と再婚、ジミーとともに町を出てノースダコタ州にあるドニーの実家へ行ってしまう。しかしドニーがローナに暴力を振るう現場を目撃したマーガレットは、渋るジョージを押し切り、2人でローナとジミーを取り戻す旅へと出るのだったが…。 JAN:4988102994204

「すべてが変わった日」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

アメリカ

原題:

LET HIM GO

「すべてが変わった日」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

クリミナル2人の記憶を持つ男

13デイズ

ラストミッション

ワイルド・ビル

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全12件

LET HIM GO すべてが変わった日

投稿日:2022/01/13 レビュアー:ラストシアター

1963年、元保安官夫妻は、モンタナ州の牧場で息子と嫁と孫と幸せに暮らしていた

ある日、落馬事故で愛する息子を亡くしてしまう

3年後、息子の嫁が再婚して、孫を連れてノースダコタ州の実家に引っ越した

夫妻は、暴力的な家族から息子の嫁と孫を取り戻すことを決意する

ケビン・コスナーが素敵でかっこいいです

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ストロベリーと君

投稿日:2022/03/27 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


なかなか良い顔してる老年のコスナー そしてダイアンレインがの
渋いスター映画 この一家の不吉な朝 若い夫の落馬死 そう馬の映画
でもあるのだ まあまあかなの演出 そしてまたも不吉な再婚までが
10分で早い展開 編集は悪く無いか 12分で今度の夫はDV野郎だ

さて娯楽暴力映画なのか 意識高い系ファミリーの復讐譚なのか
あまり読めない 妻の強引策に気乗りしないコスナー 人生は思い通
りに行かない運命 ま 人生における疲れ 倦怠はテーマとなってるね
ここでダイアンが正義を代弁する中心なのだが こうしないと曖昧な
物語のすべてが崩れかねないので一応の形式的処置 千葉雅也なら
仮固定と言うか

さてこの無理筋な話を どう落とし所とするかは微妙だが 一応小説
が元なので無難な着地までも徹底的に暴力的w 後半は二人のスター
と地味な脇のバランスも良くなり 鈍い画調も悪くない 伏線の回収
もちゃんとしていて 合格な地味さです

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ダイアンレインは美しい

投稿日:2022/01/10 レビュアー:taki

ケビンさん、この前見たときひげ面のえらい爺さんなったと感じたが、この作品は一転、昔のような引き締まった顔で安心しました。ダイアンレインさんは老けたばあさん役でしたが、付属の撮影ストーリー編では、やっぱり美しいですね〜

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

すべてが変わった日

投稿日:2022/04/19 レビュアー:洋画2000本鑑賞済

かなり楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

3

投稿日:2022/04/13 レビュアー:aa

怖かった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全12件

すべてが変わった日

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

LET HIM GO すべてが変わった日

投稿日

2022/01/13

レビュアー

ラストシアター

1963年、元保安官夫妻は、モンタナ州の牧場で息子と嫁と孫と幸せに暮らしていた

ある日、落馬事故で愛する息子を亡くしてしまう

3年後、息子の嫁が再婚して、孫を連れてノースダコタ州の実家に引っ越した

夫妻は、暴力的な家族から息子の嫁と孫を取り戻すことを決意する

ケビン・コスナーが素敵でかっこいいです

ストロベリーと君

投稿日

2022/03/27

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


なかなか良い顔してる老年のコスナー そしてダイアンレインがの
渋いスター映画 この一家の不吉な朝 若い夫の落馬死 そう馬の映画
でもあるのだ まあまあかなの演出 そしてまたも不吉な再婚までが
10分で早い展開 編集は悪く無いか 12分で今度の夫はDV野郎だ

さて娯楽暴力映画なのか 意識高い系ファミリーの復讐譚なのか
あまり読めない 妻の強引策に気乗りしないコスナー 人生は思い通
りに行かない運命 ま 人生における疲れ 倦怠はテーマとなってるね
ここでダイアンが正義を代弁する中心なのだが こうしないと曖昧な
物語のすべてが崩れかねないので一応の形式的処置 千葉雅也なら
仮固定と言うか

さてこの無理筋な話を どう落とし所とするかは微妙だが 一応小説
が元なので無難な着地までも徹底的に暴力的w 後半は二人のスター
と地味な脇のバランスも良くなり 鈍い画調も悪くない 伏線の回収
もちゃんとしていて 合格な地味さです

ダイアンレインは美しい

投稿日

2022/01/10

レビュアー

taki

ケビンさん、この前見たときひげ面のえらい爺さんなったと感じたが、この作品は一転、昔のような引き締まった顔で安心しました。ダイアンレインさんは老けたばあさん役でしたが、付属の撮影ストーリー編では、やっぱり美しいですね〜

すべてが変わった日

投稿日

2022/04/19

レビュアー

洋画2000本鑑賞済

かなり楽しめました。

3

投稿日

2022/04/13

レビュアー

aa

怖かった。

6〜 10件 / 全12件