No.117 RANKING

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

クワイエット・プレイス 破られた沈黙の画像・ジャケット写真

クワイエット・プレイス 破られた沈黙 / エミリー・ブラント
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

24

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

音に反応する謎のクリーチャーが人間を襲う恐怖を描き、世界的にサプライズ大ヒットとなったエミリー・ブラント主演スリラー「クワイエット・プレイス」の続編。生まれたばかりの赤ん坊を抱え、新たな避難場所を求めて外の世界でのサバイバルを余儀なくされたアボット家を待ち受けるさらなる脅威を、前作を上回るスケールで描き出す。監督は引き続きジョン・クラシンスキー。音を立てた瞬間に何かに襲われる極限状況を生きるエヴリンと2人の子どもリーガンとマーカス。生まれたばかりの赤ん坊を抱え、新たな避難場所を求めて旅立った彼らは、逃げ込んだ廃工場で謎の生存者エメットに遭遇する。そんな中、マーカスが曲を流しているラジオ局の存在に気づいたことで、リーガンはある計画を思いつくのだったが…。 JAN:4988102972585

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
原題: A QUIET PLACE PART II

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

コンスタンティン

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

アイランド

恋するベーカリー/別れた夫と恋愛する場合

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全24件

謎の生物に興味がわいた ネタバレ

投稿日:2021/10/16 レビュアー:勇光

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なかなか面白かった。前作ほどのインパクトはなかったが、十分楽しめた。
エミリーよりも、今回は娘や息子が奮闘する。
ラストの逆転劇はけっこう盛り上がった。
ただ、ボートに乗って島に行ったはいいが、そのボートにあの生物が潜んでいて、せっかく楽しく暮らしていた島の住人が次々と殺されるところは楽しくなかった。あの耳の聞こえない女の子が余計なことをしたおかげでずいぶんと被害者が増えていて、そこは納得できなかった。

それはそうと、今回、謎の生命体が隕石に乗ってやってきたということがわかった。前作でもそういう説明だったのかもしれないが、よく覚えてなかった。で、今回、火にも強いことがわかった。
隕石の表面は大気圏突入時には何千度という温度になって燃え上がるわけだが、あの堅くて強靱な皮膚があったればこそ、その状況に耐えられたのだろう。で、目がないというのは、もしかすると大気圏突入時に目が焼けたということかもしれない。聴覚だけで空間認識してるわりには聴力がそれほどでもなく、すぐ目の前に人がいても、その呼吸音や心拍音などは聞こえないようで、目を使わないコウモリなどのように超音波を発して耳で周囲の状況をつかむというような高度な仕組みがないのは、もともとは目があったからということかもしれない。
尚、あの強力な筋力も隕石に乗ってやってきたという設定にマッチしている。隕石にしがみついて振り落とされないためにはあのくらいの筋力が必要だったということだろう。
ただし、どういう経緯で隕石にしがみつくことになったのかまではわからない。普通の星に棲息していた生物が宇宙に出て小惑星などに乗り移るなんてことはありえない。が、どこかでそういう状況にさらされて、そこでそれなりの進化をとげてああゆう肉体を持つに至った・・ということなのか? だとすると、無酸素状態に強いはずで、泳げなくても水中を長時間歩くくらいはできそうである。目と鼻の先の島に行けないってのはおかしい。
ちなみに、海をわたれないのであれば、日本なんかは経済的な問題が起きたとしても、国民のほとんどは生き延びているはず。自衛隊がこの生物を殺すための特殊な兵器をつくって全世界をまわり、日本政府が全世界を統治するってなシナリオになってもおかしくはない。総理が毎年交代する情けない状況が一気に解消されたりすると、けっこう面白いストーリーになりそう・・

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

SOUL電波

投稿日:2021/10/26 レビュアー:ビンス

1作目のラストを観て
その行動に
ボクは「希望が感じられない」と思いましたが
希望は
希望を持っているものに寄り添うものなのですね
強く思えば思うほど。

面白かったです。
1作目のラストから時間の経過がほぼない状態の続編
この家族の試練は
まだ終わっていませんでした。
今回は続編である「その後」と
事の「起こり」である「1日目」が描かれています。
この事態がどうはじまったのか
ラヴストーリーはいつだって突然ですが
人類を絶望に叩き落す恐怖も
いつだって突然やってきます。
日常に降り立つその非日常が
あまりにも唐突で不自然で
得体の知れない違和感と
言いしれない恐怖と
漠然とした危機がごちゃ混ぜになった人々の
逃げまあどう姿が
心拍数をどんどん上げていきました。
このあとのことがわかっているのにです。
シリーズ通して
息詰まる展開が続きまくる物語
体に力が自然に入るし
緊張感が途切れることないし
集中力もどんどん増す物語。
社会のルールと秩序が失われた後の世界を描く
この手の作品では
モンスターが登場したとて
いずれは「対人間」という
手垢のついた構図という落とし穴にハマっちゃうものですが
そこも最小限に留められ
その辺もまた面白いと思えた要因のひとつでした。
しかし
この辺は2023年公開の
さらなる続編で描かれるかもしれません。
3度も同じ展開はないでしょうから。
母親の決意と芯の強さ良し
聴覚障害の姉の心意気良し
やっちゃいけないことやっちゃうのが男の子
ストーリーを展開させたな弟よ それも良し
そして何より
家族の絆良し
最後にキマったのは
その絆を表した
サイコーのSOUL電波でした。

モンスターの弱点がさらに判明したのも良かったです。
この辺がどう続編に繋がってくるのか楽しみです。

エミリー・ブラント
あ〜〜いい
いいね
彼女の瞳には
強さと弱さが同時に輝くんですよね。
その瞳と
ちょっと開いてる唇が
非常に魅力的

悪役のイメージが強い
(バットマンのせいか?)
キリアン・マーフィーですが
今回の役はとても良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

経過が不完全

投稿日:2021/10/26 レビュアー:ゴット

未確認の生物に襲撃されるが、警察及び軍隊の抵抗状況が全くなく不自然
せめてそこが抵抗している事と全滅した事を出してほしかった!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

続編が楽しみだ

投稿日:2021/10/25 レビュアー:smart

続編は二人の子供もかなり大人になっているでしょうね
ファイナルまで何作まで続くでしょうか…
おもろしいから期待してます

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

秀作です。

投稿日:2021/10/15 レビュアー:MILES

まだ限られた中での展開で全体像を見せていないので今後の展開が楽しみです。あの赤ん坊が成長して救世主となるのだろうか。何作まで続くのだろうか。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全24件

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

謎の生物に興味がわいた

投稿日

2021/10/16

レビュアー

勇光

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なかなか面白かった。前作ほどのインパクトはなかったが、十分楽しめた。
エミリーよりも、今回は娘や息子が奮闘する。
ラストの逆転劇はけっこう盛り上がった。
ただ、ボートに乗って島に行ったはいいが、そのボートにあの生物が潜んでいて、せっかく楽しく暮らしていた島の住人が次々と殺されるところは楽しくなかった。あの耳の聞こえない女の子が余計なことをしたおかげでずいぶんと被害者が増えていて、そこは納得できなかった。

それはそうと、今回、謎の生命体が隕石に乗ってやってきたということがわかった。前作でもそういう説明だったのかもしれないが、よく覚えてなかった。で、今回、火にも強いことがわかった。
隕石の表面は大気圏突入時には何千度という温度になって燃え上がるわけだが、あの堅くて強靱な皮膚があったればこそ、その状況に耐えられたのだろう。で、目がないというのは、もしかすると大気圏突入時に目が焼けたということかもしれない。聴覚だけで空間認識してるわりには聴力がそれほどでもなく、すぐ目の前に人がいても、その呼吸音や心拍音などは聞こえないようで、目を使わないコウモリなどのように超音波を発して耳で周囲の状況をつかむというような高度な仕組みがないのは、もともとは目があったからということかもしれない。
尚、あの強力な筋力も隕石に乗ってやってきたという設定にマッチしている。隕石にしがみついて振り落とされないためにはあのくらいの筋力が必要だったということだろう。
ただし、どういう経緯で隕石にしがみつくことになったのかまではわからない。普通の星に棲息していた生物が宇宙に出て小惑星などに乗り移るなんてことはありえない。が、どこかでそういう状況にさらされて、そこでそれなりの進化をとげてああゆう肉体を持つに至った・・ということなのか? だとすると、無酸素状態に強いはずで、泳げなくても水中を長時間歩くくらいはできそうである。目と鼻の先の島に行けないってのはおかしい。
ちなみに、海をわたれないのであれば、日本なんかは経済的な問題が起きたとしても、国民のほとんどは生き延びているはず。自衛隊がこの生物を殺すための特殊な兵器をつくって全世界をまわり、日本政府が全世界を統治するってなシナリオになってもおかしくはない。総理が毎年交代する情けない状況が一気に解消されたりすると、けっこう面白いストーリーになりそう・・

SOUL電波

投稿日

2021/10/26

レビュアー

ビンス

1作目のラストを観て
その行動に
ボクは「希望が感じられない」と思いましたが
希望は
希望を持っているものに寄り添うものなのですね
強く思えば思うほど。

面白かったです。
1作目のラストから時間の経過がほぼない状態の続編
この家族の試練は
まだ終わっていませんでした。
今回は続編である「その後」と
事の「起こり」である「1日目」が描かれています。
この事態がどうはじまったのか
ラヴストーリーはいつだって突然ですが
人類を絶望に叩き落す恐怖も
いつだって突然やってきます。
日常に降り立つその非日常が
あまりにも唐突で不自然で
得体の知れない違和感と
言いしれない恐怖と
漠然とした危機がごちゃ混ぜになった人々の
逃げまあどう姿が
心拍数をどんどん上げていきました。
このあとのことがわかっているのにです。
シリーズ通して
息詰まる展開が続きまくる物語
体に力が自然に入るし
緊張感が途切れることないし
集中力もどんどん増す物語。
社会のルールと秩序が失われた後の世界を描く
この手の作品では
モンスターが登場したとて
いずれは「対人間」という
手垢のついた構図という落とし穴にハマっちゃうものですが
そこも最小限に留められ
その辺もまた面白いと思えた要因のひとつでした。
しかし
この辺は2023年公開の
さらなる続編で描かれるかもしれません。
3度も同じ展開はないでしょうから。
母親の決意と芯の強さ良し
聴覚障害の姉の心意気良し
やっちゃいけないことやっちゃうのが男の子
ストーリーを展開させたな弟よ それも良し
そして何より
家族の絆良し
最後にキマったのは
その絆を表した
サイコーのSOUL電波でした。

モンスターの弱点がさらに判明したのも良かったです。
この辺がどう続編に繋がってくるのか楽しみです。

エミリー・ブラント
あ〜〜いい
いいね
彼女の瞳には
強さと弱さが同時に輝くんですよね。
その瞳と
ちょっと開いてる唇が
非常に魅力的

悪役のイメージが強い
(バットマンのせいか?)
キリアン・マーフィーですが
今回の役はとても良かったです。

経過が不完全

投稿日

2021/10/26

レビュアー

ゴット

未確認の生物に襲撃されるが、警察及び軍隊の抵抗状況が全くなく不自然
せめてそこが抵抗している事と全滅した事を出してほしかった!

続編が楽しみだ

投稿日

2021/10/25

レビュアー

smart

続編は二人の子供もかなり大人になっているでしょうね
ファイナルまで何作まで続くでしょうか…
おもろしいから期待してます

秀作です。

投稿日

2021/10/15

レビュアー

MILES

まだ限られた中での展開で全体像を見せていないので今後の展開が楽しみです。あの赤ん坊が成長して救世主となるのだろうか。何作まで続くのだろうか。

6〜 10件 / 全24件