No.43 RANKING

ザ・スイッチ

ザ・スイッチの画像・ジャケット写真

ザ・スイッチ / ヴィンス・ヴォーン

全体の平均評価点:(5点満点)

15

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「ザ・スイッチ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「ハッピー・デス・デイ」のクリストファー・ランドン監督がキャスリン・ニュートンとヴィンス・ヴォーンを主演に迎えて贈るホラー・コメディ。地味な女子高生が殺人鬼と入れ替わってしまい、自分の体を取り戻すために親友2人の協力を得ながら恐ろしい殺人鬼に立ち向かっていくさまをコミカルに描く。ある日、地味で冴えない女子高生のミリーは、凶悪な殺人鬼“ブッチャー”に襲われる。翌朝目覚めるとミリーはなんと、殺人鬼ブッチャーの姿になっていた。いきなり巨漢の中年男になったばかりか、殺人鬼として警察に追われる身となってしまったミリー。一方のブッチャーは、女子高生の姿になったことを利用して、ますます凶行を重ねていく事態に。そんな中、中年男の中身がミリーだと親友のナイラとジョシュに信じてもらえたミリーだったが…。 JAN:4988102959265

「ザ・スイッチ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2020年
製作国: アメリカ
原題: FREAKY

「ザ・スイッチ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ゾンビ・ナイト

ゾンビーワールドへようこそ

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

ワイルド・ガン

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全15件

玉の違い 見せつけます

投稿日:2021/09/19 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


すぐ来るのに 夜中に待ちきれずに 同時アップのUにて399円なり
で鑑賞 ごめんにゃデスカス Jブラム製作で「ハッピデスデ」の
クリスランドンで ヴィンスが準主役なら間違いないべい

スクリームにさっさと おっ始まって惨劇の後 舞台変わってハッピ
デスな雰囲気 主人公が学園を歩くと 朝に戻りそうだ 遅刻常習の
ママ想いの主人公は 自分に自信が持てない キャリーっぽい子

さてハッピデスデイが 差異と反復のゲーム感覚の才気走った脚本の
映画であるとすると 今作では 人生模様なる おセンチな主題を
導入しているので 会話シーンなどにまだるっこさがあり リズムを
崩して 前作のブラックコメディの軽快なノリは控えめとなる

この試みは成功しているとは言い難いのだが 逆に映画内に物語と
キャラの陰影を刻み付け ある種の愚鈍ささえ 味わい深い物がある
なあとか 感じさせるわけで かなり意図的なものだな 見終わった
後に満足感がじわっと来るよ

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

楽しめました。

投稿日:2021/09/04 レビュアー:いち映画ファン

「ハッピー・デス・デイ」が良かったので観てみました。
残酷な場面もあるけど、全体におかしくて面白くて楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

コメディ

投稿日:2021/10/13 レビュアー:redrose

コメディ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

見るべき!! ネタバレ

投稿日:2021/10/11 レビュアー:てんてんまま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一言で言うと「面白かった!」
父を亡くして家庭内のバランスが壊れ、自立して警官としてバリバリに仕事に
生きる姉。夫を亡くした事で心の安定を無くして、それを次女にのみ求める母。
次女は元々内気な性格だった事もあって、そんな母を受け入れる。
でも学校への送り迎えも母、着て行く洋服を買い与えるのも母となると、それは病気。
終いには卒業パーティーも行かずに母と観劇に行く事を了承してしまう。
これじゃぁ学校でイジメられても仕方ない。
そんな地味で内気でマザコン入ってる少女ミリーに絶望とも言える恐怖が襲いかかる。
とっくに逮捕されて刑務所にいた凶悪な連続殺人気が脱走して、ミリーの前に姿を現した
のだ。彼の手にはスペインの呪われしナイフが握られていて、そのナイフで相手を刺すと
その人物と中身が入れ替わるという事を殺人鬼は知っていた様だ。
その日パーティーでは無く母との観劇をチョイスしたミリーは母の車が来るのを待っていた。
しかもたった1人で!これは「襲ってくれ」と言ってる様なモノ。ミリーは懸命に走って逃げるが、やはり追いつかれてしまい肩を刺されてしまう。衝撃で気を失ったミリーが目覚めた時、
その場所は寝慣れたいつもの部屋では無く風がバンバン入ってくる汚くて寒い場所だった。
起きて直ぐ自分の異変に気付いたミリーは恐々と鏡を覗いて大絶叫!!
それもそのハズ、写っていたのは昨夜自分を追い回してナイフで刺した恐ろしい
大男だったのだ!きっと気絶するほど驚いただろう。

あまり書くとネタバレ大で、観る楽しみが減っちゃうからこれ位で!
すっごい爆笑あり涙あり激怒ありで見るのに全然飽きなかった作品です。超お勧め!!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ホラーかと思いきや

投稿日:2021/10/06 レビュアー:だいこんさん

なかなか面白いコメディでした。
入れ替わったあとの殺人鬼の乙女チックな言動と動きは笑える。

最終的にはメデタシなんですが、ヒロインは罪に問われないのか?と心配になります(笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全15件

ザ・スイッチ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:15件

玉の違い 見せつけます

投稿日

2021/09/19

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


すぐ来るのに 夜中に待ちきれずに 同時アップのUにて399円なり
で鑑賞 ごめんにゃデスカス Jブラム製作で「ハッピデスデ」の
クリスランドンで ヴィンスが準主役なら間違いないべい

スクリームにさっさと おっ始まって惨劇の後 舞台変わってハッピ
デスな雰囲気 主人公が学園を歩くと 朝に戻りそうだ 遅刻常習の
ママ想いの主人公は 自分に自信が持てない キャリーっぽい子

さてハッピデスデイが 差異と反復のゲーム感覚の才気走った脚本の
映画であるとすると 今作では 人生模様なる おセンチな主題を
導入しているので 会話シーンなどにまだるっこさがあり リズムを
崩して 前作のブラックコメディの軽快なノリは控えめとなる

この試みは成功しているとは言い難いのだが 逆に映画内に物語と
キャラの陰影を刻み付け ある種の愚鈍ささえ 味わい深い物がある
なあとか 感じさせるわけで かなり意図的なものだな 見終わった
後に満足感がじわっと来るよ

楽しめました。

投稿日

2021/09/04

レビュアー

いち映画ファン

「ハッピー・デス・デイ」が良かったので観てみました。
残酷な場面もあるけど、全体におかしくて面白くて楽しめました。

コメディ

投稿日

2021/10/13

レビュアー

redrose

コメディ

見るべき!!

投稿日

2021/10/11

レビュアー

てんてんまま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一言で言うと「面白かった!」
父を亡くして家庭内のバランスが壊れ、自立して警官としてバリバリに仕事に
生きる姉。夫を亡くした事で心の安定を無くして、それを次女にのみ求める母。
次女は元々内気な性格だった事もあって、そんな母を受け入れる。
でも学校への送り迎えも母、着て行く洋服を買い与えるのも母となると、それは病気。
終いには卒業パーティーも行かずに母と観劇に行く事を了承してしまう。
これじゃぁ学校でイジメられても仕方ない。
そんな地味で内気でマザコン入ってる少女ミリーに絶望とも言える恐怖が襲いかかる。
とっくに逮捕されて刑務所にいた凶悪な連続殺人気が脱走して、ミリーの前に姿を現した
のだ。彼の手にはスペインの呪われしナイフが握られていて、そのナイフで相手を刺すと
その人物と中身が入れ替わるという事を殺人鬼は知っていた様だ。
その日パーティーでは無く母との観劇をチョイスしたミリーは母の車が来るのを待っていた。
しかもたった1人で!これは「襲ってくれ」と言ってる様なモノ。ミリーは懸命に走って逃げるが、やはり追いつかれてしまい肩を刺されてしまう。衝撃で気を失ったミリーが目覚めた時、
その場所は寝慣れたいつもの部屋では無く風がバンバン入ってくる汚くて寒い場所だった。
起きて直ぐ自分の異変に気付いたミリーは恐々と鏡を覗いて大絶叫!!
それもそのハズ、写っていたのは昨夜自分を追い回してナイフで刺した恐ろしい
大男だったのだ!きっと気絶するほど驚いただろう。

あまり書くとネタバレ大で、観る楽しみが減っちゃうからこれ位で!
すっごい爆笑あり涙あり激怒ありで見るのに全然飽きなかった作品です。超お勧め!!

ホラーかと思いきや

投稿日

2021/10/06

レビュアー

だいこんさん

なかなか面白いコメディでした。
入れ替わったあとの殺人鬼の乙女チックな言動と動きは笑える。

最終的にはメデタシなんですが、ヒロインは罪に問われないのか?と心配になります(笑)

6〜 10件 / 全15件