No.11 RANKING

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの画像・ジャケット写真

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け / デイジー・リドリー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

28

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

ジャンル :

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

解説・ストーリー

2017年に公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の続編にして、1977年に「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」が全米公開されて以来、スカイウォーカー家を軸に42年にわたって語り継がれてきた壮大な「スター・ウォーズ」サーガの完結編となるスペース・アドベンチャー超大作。キャストはデイジー・リドリー、アダム・ドライヴァー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザックらレギュラー組の続投のほか、ルーク役のマーク・ハミルも再登場、さらにビリー・ディー・ウィリアムズ、イアン・マクダーミドが久々のシリーズ復帰を果たした。また、2016年に他界したレイア役のキャリー・フィッシャーも過去に撮影された未公開映像を使用して出演となった。監督は新3部作の1作目「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再登板した。 JAN:4959241779434

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: STAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ブラック・クランズマン

アタック・ザ・ブロック

奇跡の2000マイル

スター・トレック イントゥ・ダークネス

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全28件

完走賞

投稿日:2021/02/14 レビュアー:ビンス

40年以上続いた
スカイウォーカー・サーガが
遂に終わりました。
たぶん
いやきっと。
終わったことが
何より良かったです。
スペースオペラとしての「スターウォーズ」は
今後もナンバリングシリーズも
派生するスピンオフも
ウジャウジャと作られるようですが
ひとまず
スカイウォーカー家の物語は
終わりを迎えたのだと思います。
続三部作シリーズの完結編
終わった、ことを評価の第一等とし
色んな伏線の結末を知れたことを喜びとし
さて、あとは一体何が残ったのだろうか
となれば
少なくない不満ということになります。
それはこの続三部作全てにも言えることで
乱暴に総括すれば
続三部作はいらなかった
と言ってもいいぐらいです。
盛り上げ不足からの「盛り上がり」シーンや
都合のよい展開からの「興奮」シーンでは
気持ちがついていきません。
そして劣化した既視感とでも言いましょうか。
これ観たことあるな、がたくさん
長年のシリーズファンよりも
続〜からシリーズに触れる
今の若者にターゲットを絞ったような
そんな気もする仕上がりでした。
あのクライマックスで
どう気持ち昂ればいいのか
大味が過ぎるあのクライマックスで
あの接吻を
どう咀嚼して解釈したらいいのか
あの唐突な接吻で
カイロ・レンとは
一体なんだったのか
大人になりきれない悩めるナイーヴ青年の
広大な宇宙を舞台にした
八畳の自室内の葛藤のような独りよがりは
思い入れを持つことが難しいキャラクターでした。
全てにおいて
この物語の全てにおいて
深みがありません。
続三部作は
再鑑賞が一番少ないシリーズとなるだろうし
再鑑賞すらしない気もします。

一等賞は無理
最優秀も優秀賞も無理
敢闘賞も無理
「完走賞」を授与します。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

展開が強引すぎるかもねCGは相変わらず最高! ネタバレ

投稿日:2020/05/16 レビュアー:ニューノウン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

レイとベンとフィンとポーの人間模様が最終局面を迎える三作目。新顔が結構多数出てきて、おもろいっちゃーおもろい。でも登場人物が多くなると、どうしても1つ1つのエピソードや背景が薄くなる。この手の映画の難しいところです。ストーリーには文句言いません。何故ならスターウォーズとはお祭りだからです。お祭りに理屈もへったくれもありません。いや実はあるんでしょうが、純粋に楽しめばいいんです。そういう意味では、全体のトーンのベースはルーク登場の第1作。シリーズ10作品ある中の、最初に公開された4に意識が置かれている気がします。始まりと終わりの舞台が同じという設定にわざとしようとしているのかな。個人的には、色んなタイプのストームトルーパーデザインが観られて、彼らの装備の細かい設定がマニア心をくすぐります。全シリーズを通した印象では、やはり第5作「帝国の逆襲」と第4作序章にあたるローグワンが好きです。この第9作にも第5作の影響があり、その断片を探るのはファンにとっては楽しいものです。以上の結果から評価4としました。レイの物語というよりは、スカイウォーカーの一族の物語という側面が強いですね。ルークとレイアとハンソロの人生が交錯する絵巻。ボクはレイの設定が第7作での登場の時からとても気になっていたんですが、予想通りというか、ああやっぱりと思いました。第8作でバラしてても良かったのではないかと思えるほどです。映画そのものの評価よりも、ボクはツタヤ店頭で550円のPINコード付きの冊子を買って家のPCで観たのですが、まず普段Gメールを使っているのに、Yahoo IDが要るとか、新たに取得して、フォームでYahooのボタンが出てくるので何度かクリックしたら、回数オーバーですとツタヤTV自体に入れなくなったり、ほんまに使いづらいです。ツタヤの名前印刷して売ってるのに。電話したら「こちらはPIN登録までで、その他の事はこちらに電話してください」って電話かけたら20秒10円のナビダイヤルで960円使いました。550円の商品を観るのに更に960円かかったんです。アホらしいサービスです。週明けに消費者庁に連絡する予定です。希望としては店頭の商品全回収かな。こんな損するサービス売ってるのおかしいです。というのが映画を観た率直な感想です。スターウォーズは素晴らしいけど、ツタヤTVの商品は最低です。二度と買いません。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

原点回帰に走って丸く(無難に)収めた作品

投稿日:2021/03/11 レビュアー:nob77

本作は続三部作(EP.7〜EP.9)の完結編であり、シリーズ9作の完結編でもある。
続三部作の評価は難しい。
「フォースの覚醒(EP.7)」は旧三部作(EP.4〜EP.6)の続きの設定なので、旧三部作ファンとしては懐かしさを覚える作品となっている。
一方、「最後のジェダイ(EP.8)」は今までとは全く違う方向性を示しているように思えた。
本作はその延長として新しいSWを完結させるのかと思いきや、原点回帰に走って丸く(無難に)収めたように思える。
EP.1〜EP.6まではジョージ・ルーカスが脚本を担当していたが、続三部作には関わっていないことで方向性がブレてしまったのかな。
いずれにしても、旧三部作、新三部作、続三部作は別物と考えて観るほうが分かりやすいと思う。
続三部作は好きではないが、面白くないわけではないので十分楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ストーリーは満足だがB級のキャスティング

投稿日:2020/12/29 レビュアー:Sarah

先頭の迫力とワクワク感といい、ストーリー展開といい、満足です。むしろ、旧三部作並みにストーリーが分かりやすくなった気がします。予習ができてなくても、敵味方関係がわかりやすいので、ついていけます。
また、一方で旧三部作の主役三人も、だいぶ年を取りましたが出演しているので、年配ファンも喜ばせてくれます。レイア姫にいたっては、実際の女優さんは前作を遺作として亡くなっていますが、うまいこと未公開部分を接ぎ合わせて今回も登場し、つじつまが合うようになっています。
ストーリーと映像が良いだけに、残念なのがB級のキャスティング。主役に華がなく、画面が地味になってしまう。せめてカイロ・レンが美形とか、ポーがセクシーとかないと、なぜか地味。レイとカイロ・レン二人のシーンもなんかB級映画に見えてしまうのです。
旧三部作ではハン・ソロがセクシー、スカイウォーカーが甘いマスク、ダースベーダーの存在感に至っては論じるまでもなく、それぞれファンがつく存在でしたが、最近のキャストはそこまでの大スターになった様子もありません。ここまでの名作で、なぜもっと華のある役者をキャスティングしないのか謎です。おじいちゃんになったハン・ソロのほうが、映像上でカイロ・レンより華がありました。
レイ役の女優が今作で卒業するらしいので、次作ヒロインに期待したい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

勉強不足

投稿日:2020/08/07 レビュアー:310ru

店舗でレンタル出来ないので視聴をずーっと渋ってました。
SONYのTV購入キャンペーンでTSUTAYAポイント1100ポイント貰えたので、ようやく視聴する事が出来ました!
が、落とし穴あり!!
これと、アナ雪を見終わった後に気付きました!この2作品はポイント利用不可だそうです。ちゃんとクレジット精算されるそうです。ポイント利用不可くらい記載して欲しいです。
作品は満足でした。
同じ境遇にある皆さん、レンタル前に確認をして下さいねー。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全28件

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:28件

完走賞

投稿日

2021/02/14

レビュアー

ビンス

40年以上続いた
スカイウォーカー・サーガが
遂に終わりました。
たぶん
いやきっと。
終わったことが
何より良かったです。
スペースオペラとしての「スターウォーズ」は
今後もナンバリングシリーズも
派生するスピンオフも
ウジャウジャと作られるようですが
ひとまず
スカイウォーカー家の物語は
終わりを迎えたのだと思います。
続三部作シリーズの完結編
終わった、ことを評価の第一等とし
色んな伏線の結末を知れたことを喜びとし
さて、あとは一体何が残ったのだろうか
となれば
少なくない不満ということになります。
それはこの続三部作全てにも言えることで
乱暴に総括すれば
続三部作はいらなかった
と言ってもいいぐらいです。
盛り上げ不足からの「盛り上がり」シーンや
都合のよい展開からの「興奮」シーンでは
気持ちがついていきません。
そして劣化した既視感とでも言いましょうか。
これ観たことあるな、がたくさん
長年のシリーズファンよりも
続〜からシリーズに触れる
今の若者にターゲットを絞ったような
そんな気もする仕上がりでした。
あのクライマックスで
どう気持ち昂ればいいのか
大味が過ぎるあのクライマックスで
あの接吻を
どう咀嚼して解釈したらいいのか
あの唐突な接吻で
カイロ・レンとは
一体なんだったのか
大人になりきれない悩めるナイーヴ青年の
広大な宇宙を舞台にした
八畳の自室内の葛藤のような独りよがりは
思い入れを持つことが難しいキャラクターでした。
全てにおいて
この物語の全てにおいて
深みがありません。
続三部作は
再鑑賞が一番少ないシリーズとなるだろうし
再鑑賞すらしない気もします。

一等賞は無理
最優秀も優秀賞も無理
敢闘賞も無理
「完走賞」を授与します。

展開が強引すぎるかもねCGは相変わらず最高!

投稿日

2020/05/16

レビュアー

ニューノウン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

レイとベンとフィンとポーの人間模様が最終局面を迎える三作目。新顔が結構多数出てきて、おもろいっちゃーおもろい。でも登場人物が多くなると、どうしても1つ1つのエピソードや背景が薄くなる。この手の映画の難しいところです。ストーリーには文句言いません。何故ならスターウォーズとはお祭りだからです。お祭りに理屈もへったくれもありません。いや実はあるんでしょうが、純粋に楽しめばいいんです。そういう意味では、全体のトーンのベースはルーク登場の第1作。シリーズ10作品ある中の、最初に公開された4に意識が置かれている気がします。始まりと終わりの舞台が同じという設定にわざとしようとしているのかな。個人的には、色んなタイプのストームトルーパーデザインが観られて、彼らの装備の細かい設定がマニア心をくすぐります。全シリーズを通した印象では、やはり第5作「帝国の逆襲」と第4作序章にあたるローグワンが好きです。この第9作にも第5作の影響があり、その断片を探るのはファンにとっては楽しいものです。以上の結果から評価4としました。レイの物語というよりは、スカイウォーカーの一族の物語という側面が強いですね。ルークとレイアとハンソロの人生が交錯する絵巻。ボクはレイの設定が第7作での登場の時からとても気になっていたんですが、予想通りというか、ああやっぱりと思いました。第8作でバラしてても良かったのではないかと思えるほどです。映画そのものの評価よりも、ボクはツタヤ店頭で550円のPINコード付きの冊子を買って家のPCで観たのですが、まず普段Gメールを使っているのに、Yahoo IDが要るとか、新たに取得して、フォームでYahooのボタンが出てくるので何度かクリックしたら、回数オーバーですとツタヤTV自体に入れなくなったり、ほんまに使いづらいです。ツタヤの名前印刷して売ってるのに。電話したら「こちらはPIN登録までで、その他の事はこちらに電話してください」って電話かけたら20秒10円のナビダイヤルで960円使いました。550円の商品を観るのに更に960円かかったんです。アホらしいサービスです。週明けに消費者庁に連絡する予定です。希望としては店頭の商品全回収かな。こんな損するサービス売ってるのおかしいです。というのが映画を観た率直な感想です。スターウォーズは素晴らしいけど、ツタヤTVの商品は最低です。二度と買いません。

原点回帰に走って丸く(無難に)収めた作品

投稿日

2021/03/11

レビュアー

nob77

本作は続三部作(EP.7〜EP.9)の完結編であり、シリーズ9作の完結編でもある。
続三部作の評価は難しい。
「フォースの覚醒(EP.7)」は旧三部作(EP.4〜EP.6)の続きの設定なので、旧三部作ファンとしては懐かしさを覚える作品となっている。
一方、「最後のジェダイ(EP.8)」は今までとは全く違う方向性を示しているように思えた。
本作はその延長として新しいSWを完結させるのかと思いきや、原点回帰に走って丸く(無難に)収めたように思える。
EP.1〜EP.6まではジョージ・ルーカスが脚本を担当していたが、続三部作には関わっていないことで方向性がブレてしまったのかな。
いずれにしても、旧三部作、新三部作、続三部作は別物と考えて観るほうが分かりやすいと思う。
続三部作は好きではないが、面白くないわけではないので十分楽しめます。

ストーリーは満足だがB級のキャスティング

投稿日

2020/12/29

レビュアー

Sarah

先頭の迫力とワクワク感といい、ストーリー展開といい、満足です。むしろ、旧三部作並みにストーリーが分かりやすくなった気がします。予習ができてなくても、敵味方関係がわかりやすいので、ついていけます。
また、一方で旧三部作の主役三人も、だいぶ年を取りましたが出演しているので、年配ファンも喜ばせてくれます。レイア姫にいたっては、実際の女優さんは前作を遺作として亡くなっていますが、うまいこと未公開部分を接ぎ合わせて今回も登場し、つじつまが合うようになっています。
ストーリーと映像が良いだけに、残念なのがB級のキャスティング。主役に華がなく、画面が地味になってしまう。せめてカイロ・レンが美形とか、ポーがセクシーとかないと、なぜか地味。レイとカイロ・レン二人のシーンもなんかB級映画に見えてしまうのです。
旧三部作ではハン・ソロがセクシー、スカイウォーカーが甘いマスク、ダースベーダーの存在感に至っては論じるまでもなく、それぞれファンがつく存在でしたが、最近のキャストはそこまでの大スターになった様子もありません。ここまでの名作で、なぜもっと華のある役者をキャスティングしないのか謎です。おじいちゃんになったハン・ソロのほうが、映像上でカイロ・レンより華がありました。
レイ役の女優が今作で卒業するらしいので、次作ヒロインに期待したい。

勉強不足

投稿日

2020/08/07

レビュアー

310ru

店舗でレンタル出来ないので視聴をずーっと渋ってました。
SONYのTV購入キャンペーンでTSUTAYAポイント1100ポイント貰えたので、ようやく視聴する事が出来ました!
が、落とし穴あり!!
これと、アナ雪を見終わった後に気付きました!この2作品はポイント利用不可だそうです。ちゃんとクレジット精算されるそうです。ポイント利用不可くらい記載して欲しいです。
作品は満足でした。
同じ境遇にある皆さん、レンタル前に確認をして下さいねー。

6〜 10件 / 全28件