犬鳴村

犬鳴村の画像・ジャケット写真

犬鳴村 / 三吉彩花
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「犬鳴村」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「呪怨」シリーズの清水崇監督が「ダンスウィズミー」の三吉彩花を主演に迎えて贈るホラー・サスペンス。九州に実在する心霊スポット、旧犬鳴トンネルにまつわる都市伝説をベースに、地図から消された村“犬鳴村”の謎に迫るヒロインを待ち受ける戦慄の恐怖を描く。共演は坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凜香。臨床心理士の森口奏の周りで次々と不可解な出来事が起こり始める。共通していたのは心霊スポットとして知られる犬鳴トンネルだった。そこで真相を確かめるべく現地へ向かった奏は、トンネルを抜けた先にあるという地図から消された村“犬鳴村”に足を踏み入れてしまうのだったが…。 JAN:4988101210299

「犬鳴村」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「犬鳴村」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 保坂大輔
撮影: 福本淳
音楽: 海田庄吾

関連作品

関連作品

怪奇大作戦 セカンドファイル ゼウスの銃爪(ひきがね)

極道の妻たち 情炎

リセット〜本当のしあわせの見つけ方〜

結婚できない男

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全20件

怖さと悲しみとやさしさと

投稿日:2021/02/18 レビュアー:みつほしともえ

動画配信サービスで感想を上げている動画を見て、気になったので視聴しました。最初のイメージでは心霊番組を映画にしたような感じ(ブレアウィッチ的な)かと思ったのですが、予想に反してちゃんとストーリーのあるドラマでした。テーマは家族愛(特に母と子)、血の繋がりという感じでしょうか。奪われた側と奪った側、両方の血を引き継いだ兄弟たちが因縁の地に踏み入れた時、どうなってしまうのか。怪物や幽霊が突然現れて理不尽に命を奪うという恐ろしさだけでなく、遠い先祖から引き継いだ因縁や罪悪感がどう登場人物に影響を与えているか。そんな感じのするストーリーでした。時代を超えて子供を奪われた親の悲しみがキーになっていますので、ジェットコースターのような怖さを期待していると期待外れになるかも。またお子さん(特に小さい子)のいる人はむしろうるっと来てしまうかもしれません。
元ネタが稲川淳二さんの怪談ということもあり、その繋がりでしょうか他の有名な稲川淳二さんの怪談に出てくる怖いシーンを再現したような演出が多々みられます。怪談ファンなら「おっ、これはあの話では」と思われるシーンがあって楽しめると思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

シビトよりイキビト

投稿日:2020/11/29 レビュアー:ビンス

映画完成前の時点で
世界中の映画会社からオファーが殺到したらしい
その会社の人たちは
完成した作品を観て
どう思ったのだろう
はやとちり?
思った通り?
これがジャパニーズホラーとして
世界で公開されるのは
正直恥ずかしい
そんな気持ちになる鑑賞後でした。
というかホラーじゃないんですコレ
ホラーというよりは
ファンタジーの類
ファンタジーなら
外国のほうが上手に料理できそうな感じ
逆にホラーは絶対邦画のほうが怖いと思うのですが
今回はそうではありませんでした。
題材はすごくいいと思います。
日本人の「恐怖」「怖いと思う心」に
バッチリ訴えかけてくる
心霊スポット
都市伝説
その舞台が
市よりも町なら
町よりも村なら
より怖い
それは日本人の誰もが感じることでしょう
地図から消えたいわくつきの村
日本にもたくさんありますよね
そこには必ず噂や都市伝説の類がセットでくっついてきます。
狭く
何かしらの良からぬ空気が濃く感じられるような
そんな怖さを描くなら
村、集落がベストです。
そこにあるおぞましい過去
そそりますねぇ。
さらに、ジャケットにあるキャッチコピー
「日本には行ってはならない場所がある」
そして物語の中で登場してきた看板に書かれた
「ここから先、日本国憲法通用せず」
めちゃめちゃ興奮しました。
しかし、ここがマックスだったんですねぇ。
映像の力は
言葉の力には及びませんでした。
犬鳴村の人々より
彼らの作り出す恐怖より
誰でも経験したことのある
「誰もいないところに、一瞬人がいたように見える」
この経験を映像化した部分が
怖さで言えば最たるものでした。
死人(しびと)が襲ってくるのではなく
都市伝説として語られているように
犬鳴村の生きた人間が襲ってくるという物語を作ったほうが
段違いで怖かったような気がします。
死んだ人より
生きた人が怖いんです。
この世の中は

ラストのオチが超絶にダサい

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

恐怖と刻まれた因果の輪廻

投稿日:2021/01/16 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 怖さはそこそこで、妙に謎というか奇妙な話で最終的にはしんみりするんですよね。

 それなりに怖くてじわじわくるんだけど、最終的にはなんか面白くなってくる箇所もあってどうしたらいいんだろう。
 ちょっとパラドクス要素もあったりして、なんだろうね……という感じ。

 ストーリーはいい感じなので結果的にはいい作品なんだよなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

犬鳴村

投稿日:2020/10/13 レビュアー:Goose

昔で言うと「あなたの知らない世界」、昨今のやつで言うと粗製乱造される「本当にあった怖い話」系を少し金かけて作った感じ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

借りられん

投稿日:2020/10/02 レビュアー:だいこんさん

何か月一位登録すれば借りられるんだろうね。運もあるんだろうけど、いい加減嫌になってくるよ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全20件

犬鳴村

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

怖さと悲しみとやさしさと

投稿日

2021/02/18

レビュアー

みつほしともえ

動画配信サービスで感想を上げている動画を見て、気になったので視聴しました。最初のイメージでは心霊番組を映画にしたような感じ(ブレアウィッチ的な)かと思ったのですが、予想に反してちゃんとストーリーのあるドラマでした。テーマは家族愛(特に母と子)、血の繋がりという感じでしょうか。奪われた側と奪った側、両方の血を引き継いだ兄弟たちが因縁の地に踏み入れた時、どうなってしまうのか。怪物や幽霊が突然現れて理不尽に命を奪うという恐ろしさだけでなく、遠い先祖から引き継いだ因縁や罪悪感がどう登場人物に影響を与えているか。そんな感じのするストーリーでした。時代を超えて子供を奪われた親の悲しみがキーになっていますので、ジェットコースターのような怖さを期待していると期待外れになるかも。またお子さん(特に小さい子)のいる人はむしろうるっと来てしまうかもしれません。
元ネタが稲川淳二さんの怪談ということもあり、その繋がりでしょうか他の有名な稲川淳二さんの怪談に出てくる怖いシーンを再現したような演出が多々みられます。怪談ファンなら「おっ、これはあの話では」と思われるシーンがあって楽しめると思います。

シビトよりイキビト

投稿日

2020/11/29

レビュアー

ビンス

映画完成前の時点で
世界中の映画会社からオファーが殺到したらしい
その会社の人たちは
完成した作品を観て
どう思ったのだろう
はやとちり?
思った通り?
これがジャパニーズホラーとして
世界で公開されるのは
正直恥ずかしい
そんな気持ちになる鑑賞後でした。
というかホラーじゃないんですコレ
ホラーというよりは
ファンタジーの類
ファンタジーなら
外国のほうが上手に料理できそうな感じ
逆にホラーは絶対邦画のほうが怖いと思うのですが
今回はそうではありませんでした。
題材はすごくいいと思います。
日本人の「恐怖」「怖いと思う心」に
バッチリ訴えかけてくる
心霊スポット
都市伝説
その舞台が
市よりも町なら
町よりも村なら
より怖い
それは日本人の誰もが感じることでしょう
地図から消えたいわくつきの村
日本にもたくさんありますよね
そこには必ず噂や都市伝説の類がセットでくっついてきます。
狭く
何かしらの良からぬ空気が濃く感じられるような
そんな怖さを描くなら
村、集落がベストです。
そこにあるおぞましい過去
そそりますねぇ。
さらに、ジャケットにあるキャッチコピー
「日本には行ってはならない場所がある」
そして物語の中で登場してきた看板に書かれた
「ここから先、日本国憲法通用せず」
めちゃめちゃ興奮しました。
しかし、ここがマックスだったんですねぇ。
映像の力は
言葉の力には及びませんでした。
犬鳴村の人々より
彼らの作り出す恐怖より
誰でも経験したことのある
「誰もいないところに、一瞬人がいたように見える」
この経験を映像化した部分が
怖さで言えば最たるものでした。
死人(しびと)が襲ってくるのではなく
都市伝説として語られているように
犬鳴村の生きた人間が襲ってくるという物語を作ったほうが
段違いで怖かったような気がします。
死んだ人より
生きた人が怖いんです。
この世の中は

ラストのオチが超絶にダサい

恐怖と刻まれた因果の輪廻

投稿日

2021/01/16

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

 怖さはそこそこで、妙に謎というか奇妙な話で最終的にはしんみりするんですよね。

 それなりに怖くてじわじわくるんだけど、最終的にはなんか面白くなってくる箇所もあってどうしたらいいんだろう。
 ちょっとパラドクス要素もあったりして、なんだろうね……という感じ。

 ストーリーはいい感じなので結果的にはいい作品なんだよなぁ。

犬鳴村

投稿日

2020/10/13

レビュアー

Goose

昔で言うと「あなたの知らない世界」、昨今のやつで言うと粗製乱造される「本当にあった怖い話」系を少し金かけて作った感じ。

借りられん

投稿日

2020/10/02

レビュアー

だいこんさん

何か月一位登録すれば借りられるんだろうね。運もあるんだろうけど、いい加減嫌になってくるよ。

6〜 10件 / 全20件