初恋の画像・ジャケット写真

初恋 / 窪田正孝
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

18

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

旧作

ジャンル :

「初恋」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

三池崇史監督が窪田正孝を主演に迎え、実力派&個性派キャスト陣の豪華共演で贈る痛快エンタテインメント・アクション・ラブロマンス。ヒロインにはオーディションで選ばれた新星、小西桜子。新宿・歌舞伎町。天才プロボクサーの葛城レオは、格下相手にまさかのKO負けを喫し、その後の診察では病に侵されていて余命わずかと告げられる。自暴自棄になり夜の街をさまよっていたレオは、必死で逃げる少女とすれ違い、追ってきた男をパンチ一発で倒してしまう。その男は、ヤクザと手を組む悪徳刑事だった。一方、モニカと名乗った少女は、父親の借金のせいでヤクザに囲われていた。こうしてひょんな成り行きから、モニカの逃亡を手助けするハメになるレオだったが…。 JAN:4943566312193

「初恋」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

日本

「初恋」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

極道黒社会 RAINY DOG

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜

BADBOYS

リアル〜完全なる首長竜の日〜

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全18件

「一番大事なのは『仁』だ」

投稿日:2020/07/22 レビュアー:hinakksk

 念じれば、車も空を飛べるかも? 銃と刀と素手による殴り合いの、(不慣れな私にとっては)邦画にはあるまじき、とんでもなく派手で過激なバイオレンスの状況に、白いシーツを被ったむさい下着姿で踊る男性の幻覚とか、とぼけてる脳神経外科のお医者様の留守電メッセージとか、どう反応していいか困るようなユーモアの味付けがしてある。

 将来を嘱望されながら、これからという時に脳腫瘍を宣告されて絶望した若手ボクサー、父親の借金のかたにヤクザに売り飛ばされ薬物中毒になった薄幸の少女、ドラッグをめぐって裏切りや抗争を繰り広げるヤクザと中国マフィア、押収した薬物の横流しをする悪徳刑事。心が寒々とする殺伐とした物語だけれど、まるでジグソーパズルのように、これらのピースが一枚一枚丁寧にはめられていって、最後に暴力と仁義と純情の、黒と赤と白の、見事な絵が完成する。

 もはや理由などどうでもいい、エナジーマックスな果し合いの悪夢の一夜が明けると、朝の光が射して、そして、エンディングシーンには白い雪が舞う。ふたりの明日と仁を信じて。
 (エピローグがもっと簡潔だったらなお良かったような気がする。)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ナマクラとカミソリとRHCB

投稿日:2021/02/18 レビュアー:ビンス

「初恋」というタイトルは
タイトルから内容が想像できるものでは
観客が観る気をなくすため
ギャップのあるものを、と考えた末に決まったものらしいです。
確かにボクは
このタイトルと
鑑賞意欲をくすぐるヴィジュアルイメージにやられて
この作品を観ました。
東映の戦略は成功です。

アンダーグラウンドの世界
やばいオトナの狂った世界
それは
切れ味の悪いナマクラ包丁のような世界
キレイに切れ味よくスパっとは切り裂いてくれず
肌に刃が入って
その刃が引かれ
押されるたび
グジャラギゴラと
皮膚が
筋が
観るも無残に壊されていく
そんなあぶない世界で
カミソリのようなシャープなボクサーと
(窪田くんハマリ役)
アンダーグラウンドに引きずり込まれた女性の
初恋を描いていく
緊張と緩和
そのバランスがよく
ハズすことも多い三池作品では
久しぶりにヒットした感覚です。
変ににひねらないラストも好きです。
染谷くんの演技が素晴らしく
あぶない世界に慣れ過ぎて
ちょっと麻痺しているような
命のやり取りが日常的になって
恐怖もありながらもどこかドライな男を
「いまどき」をブレンドしながら
見事に演じていました。
しかし
この作品の一番のアクセントは
過去のイメージを
C4爆弾で粉々に吹っ飛ばしたような
ベッキーその人です。
これは輝いていました。
輝きすぎていました。
キレッキレでした。
絶叫の完全燃焼でした。
大好きですこのベッキー
R・H・C・B
レッド・ホット・チリ・ベッキーでした。
すばらしい

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

期待を超えた三池崇史監督作品

投稿日:2020/07/19 レビュアー:ラストシアター

いつも期待を裏切られる三池崇史監督作品だが‥

この作品は、期待を超えた

歌舞伎町を舞台に、孤独なボクサーと

不遇な少女との偶然の出会いから

ヤクザの裏切りや抗争に巻き込まれる

バイオレンスアクション

監督や役者が面白い映画を作るために

なんでもやろうぜっていう勢いを感じた

出演者全員がかっこよかった

特に、ベッキーが最高!

楽しめた作品だな

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

楽しめました

投稿日:2021/05/15 レビュアー:スヌーピー

出演者が豪華で演技力も良かったです。アクションシーンはスピード感もあって怖くてゾクゾクしました。
葛城レオさん役の窪田正孝さんかっこよかったです。ベッキーさんもぶっ飛んでいて目力とかすごくて女優としても才能のある人だなと思いました。
ラストの終わり方も良かったです

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

初恋?

投稿日:2021/01/26 レビュアー:かりん

題名と内容が違くない?
ヤクザ映画じゃん!

なんだかんだベッキーがよかったなー????

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全18件

初恋

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:18件

「一番大事なのは『仁』だ」

投稿日

2020/07/22

レビュアー

hinakksk

 念じれば、車も空を飛べるかも? 銃と刀と素手による殴り合いの、(不慣れな私にとっては)邦画にはあるまじき、とんでもなく派手で過激なバイオレンスの状況に、白いシーツを被ったむさい下着姿で踊る男性の幻覚とか、とぼけてる脳神経外科のお医者様の留守電メッセージとか、どう反応していいか困るようなユーモアの味付けがしてある。

 将来を嘱望されながら、これからという時に脳腫瘍を宣告されて絶望した若手ボクサー、父親の借金のかたにヤクザに売り飛ばされ薬物中毒になった薄幸の少女、ドラッグをめぐって裏切りや抗争を繰り広げるヤクザと中国マフィア、押収した薬物の横流しをする悪徳刑事。心が寒々とする殺伐とした物語だけれど、まるでジグソーパズルのように、これらのピースが一枚一枚丁寧にはめられていって、最後に暴力と仁義と純情の、黒と赤と白の、見事な絵が完成する。

 もはや理由などどうでもいい、エナジーマックスな果し合いの悪夢の一夜が明けると、朝の光が射して、そして、エンディングシーンには白い雪が舞う。ふたりの明日と仁を信じて。
 (エピローグがもっと簡潔だったらなお良かったような気がする。)

ナマクラとカミソリとRHCB

投稿日

2021/02/18

レビュアー

ビンス

「初恋」というタイトルは
タイトルから内容が想像できるものでは
観客が観る気をなくすため
ギャップのあるものを、と考えた末に決まったものらしいです。
確かにボクは
このタイトルと
鑑賞意欲をくすぐるヴィジュアルイメージにやられて
この作品を観ました。
東映の戦略は成功です。

アンダーグラウンドの世界
やばいオトナの狂った世界
それは
切れ味の悪いナマクラ包丁のような世界
キレイに切れ味よくスパっとは切り裂いてくれず
肌に刃が入って
その刃が引かれ
押されるたび
グジャラギゴラと
皮膚が
筋が
観るも無残に壊されていく
そんなあぶない世界で
カミソリのようなシャープなボクサーと
(窪田くんハマリ役)
アンダーグラウンドに引きずり込まれた女性の
初恋を描いていく
緊張と緩和
そのバランスがよく
ハズすことも多い三池作品では
久しぶりにヒットした感覚です。
変ににひねらないラストも好きです。
染谷くんの演技が素晴らしく
あぶない世界に慣れ過ぎて
ちょっと麻痺しているような
命のやり取りが日常的になって
恐怖もありながらもどこかドライな男を
「いまどき」をブレンドしながら
見事に演じていました。
しかし
この作品の一番のアクセントは
過去のイメージを
C4爆弾で粉々に吹っ飛ばしたような
ベッキーその人です。
これは輝いていました。
輝きすぎていました。
キレッキレでした。
絶叫の完全燃焼でした。
大好きですこのベッキー
R・H・C・B
レッド・ホット・チリ・ベッキーでした。
すばらしい

期待を超えた三池崇史監督作品

投稿日

2020/07/19

レビュアー

ラストシアター

いつも期待を裏切られる三池崇史監督作品だが‥

この作品は、期待を超えた

歌舞伎町を舞台に、孤独なボクサーと

不遇な少女との偶然の出会いから

ヤクザの裏切りや抗争に巻き込まれる

バイオレンスアクション

監督や役者が面白い映画を作るために

なんでもやろうぜっていう勢いを感じた

出演者全員がかっこよかった

特に、ベッキーが最高!

楽しめた作品だな

楽しめました

投稿日

2021/05/15

レビュアー

スヌーピー

出演者が豪華で演技力も良かったです。アクションシーンはスピード感もあって怖くてゾクゾクしました。
葛城レオさん役の窪田正孝さんかっこよかったです。ベッキーさんもぶっ飛んでいて目力とかすごくて女優としても才能のある人だなと思いました。
ラストの終わり方も良かったです

初恋?

投稿日

2021/01/26

レビュアー

かりん

題名と内容が違くない?
ヤクザ映画じゃん!

なんだかんだベッキーがよかったなー????

6〜 10件 / 全18件