No.32 RANKING

黒い司法 0%からの奇跡

黒い司法 0%からの奇跡の画像・ジャケット写真
黒い司法 0%からの奇跡 / ジェイミー・フォックス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

14

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「黒い司法 0%からの奇跡」 の解説・あらすじ・ストーリー

全米ベストセラー・ノンフィクションをマイケル・B・ジョーダン、ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソンの共演で映画化した実話ドラマ。1980年代のアメリカ南部アラバマ州を舞台に、冤罪の黒人死刑囚を救うべく立ち上がった若手弁護士が、差別と偏見によって歪められた司法制度の深い闇を相手に苦しみながらも、正義を求めて闘い続けた執念の軌跡を描く。監督は「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン。一流大学を出た正義感に燃える若手弁護士のブライアン・スティーブンソンは、アラバマ州でウォルター・マクミリアンという黒人男性が、証拠もないのに死刑判決を受けたとのニュースに接し、何としても彼の冤罪を晴らしたいと自ら弁護を買って出るが…。 JAN:4548967440140

「黒い司法 0%からの奇跡」 の作品情報

製作年: 2019年
原題: JUST MERCY

「黒い司法 0%からの奇跡」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

黒い司法 0%からの奇跡の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
137分 1.日本語2.英語(for the Hearing Impaired)3.吹替用 1.ドルビーデジタル5.1ch:英語
2.ドルビーデジタル5.1ch:日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000769365 2020年06月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
265枚 38人 52人

【Blu-ray】黒い司法 0%からの奇跡(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
137分 1.日本語2.英語(for the Hearing Impaired)3.吹替用 1.ドルビーTrueHDドルビーアトモス:英語
2.ドルビーデジタル5.1ch:英語
3.ドルビーデジタル5.1ch:日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000769364 2020年06月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 57人 53人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全14件

トランプ降ろしに使われてた可能性あり

投稿日:2020/07/22 レビュアー:勇光

はっきり言って前半はかったるい。意気軒昂な新卒の弁護士が人種差別と戦うことを決意して登場し、その家族が不安におののく。無実の罪で死刑囚として拘束されている準主役のオッサンは人生をあきらめていて青二才の弁護士を小ばかにする。弁護士は信頼を勝ち取るために苦心する。いよいよ戦いがはじまると、あてにしていた協力者が敵に脅されてビビリまくって退場。敵は弁護士にも悪辣な手で脅しをかける・・・このあたりの流れは今までのこの手の映画の定石みたいなものであり、新鮮味がまるでない。
だが、逆転劇がはじまると面白くなる。で、ワンクッションあったり、話が二転三転したりして楽しくなる。ラストの勝利のフィナーレはよかったよかったで感動的。

悪い映画ではないし、こういう映画は定期的につくりつづけねばならないと思う。
ただ、今、アメリカでは黒人の暴動が全国に波及しつつある。きっかけとなったミネアポリスでの事件における黒人被害者は無実ではなかったらしいし、過去にはかなり悪いことをしていたらしい。が、暴動が起きた。この映画がその暴動にいたる経緯で一役かっていたのだとしたら、ちょっとなあって思ってしまう。
ちなみに、暴動が拡散したのは、この騒ぎをトランプ降ろしに使おうとした勢力がマスコミと協力したかららしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

骨太で色々考えさせられる作品

投稿日:2020/07/06 レビュアー:Yohey

「黒人の命は大切」運動が起きている中、観てみると色々と考えさせられるものがあります。この映画の大事な部分の一つに名作「アラバマ物語」が関わっております。人種差別の愚かしさを描いた作品でしたが、検察側はそこを観光地として紹介していながら、やっていることはアラバマ物語と同じというバカげたことが起きている話でした。

アラバマ物語の舞台は1930年代だそうで、これが映画になったのが1962年。アメリカで公民権法が成ったのがその直後。しかしながら、この映画の設定は1988年。1930年代と全く同じような事件が50年後にも起きていて、同じような判決がくだされている。そして、さらにその30年後の現在は・・・そんなに変わらないんですね。

黒人=犯罪者という意識は、長い長い蓄積があってのもので、一瞬で変わることはないんだと、この年数からみても分かります。このことから「白人たちに従順で物分りのいい黒人を演じていても、なにかがあれば手の平を返したかのように疑いの目で見られる。」と訴える彼らのつらさはわからんでもないです。それでも・・・犯罪を繰り返し行う者たちが、たとえ貧困が原因であっても、彼らの仲間に多いのもまた事実。偏見を無くす運動よりも、健全を拡げていくことこその方が解決に繋がるんじゃないかと思ったりします。

でもなぁ、死刑囚の10人に1人が冤罪で釈放されるって・・・そら死刑廃止論も出るわな、冤罪の可能性が高いんだもの。そして罪に問われるかどうかわからんのやったら、疑わしきものは罰せよ、で先に銃で殺してしまうっていうのも多くなるのもわからんでもないです。

アメリカの運動の力はすごいとは思うんだけど、根本の部分で変えないといけないことが多すぎるなぁと改めて思ってしまいました。おそらく、また30年、50年たっても同じような状況が続くんだと思ってしまうような、そんなラストでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心にグサグサ刺さり、考えさせさせられる映画

投稿日:2020/07/25 レビュアー:ケースケ

事実に基づいた物語、という事でちょっと気になって観賞しました。
邦題が『黒い司法 0%からの奇跡』てのがなんとも薄っぺらく感じ、勿体ないなーと。原題である『Just Mercy』の方がしっくりきましたね(公正な慈悲、といった意味合いでしょうか)。「黒い司法」は原作本の邦題から引っ張ってきたようで。


若手弁護士ブライアン・スティーブンソン(マイケル・B・ジョーダン)は同じ黒人である受刑者の人権を少しでも向上させるため、アラバマ州でエヴァ・アンスリー(ブリー・ラーソン)とともに活動を始め、その中で“ジョニー・D”ことウォルター・マクミリアン(ジェイミー・フォックス)という死刑囚に出会う。彼が起こした事件を調べるうちに、ウォルターは完全な冤罪だと確信したブライアン。ウォルターの無実を証明するために奮闘することに・・・。


以下、本編内容に触れつつ感想。鑑賞時の感情に関わる内容も含むと思いますので、未見で気にされる方はご注意ください。









アメリカでの黒人差別による冤罪事件。黒人差別というと映画『グリーンブック』でも描かれていましたが、グリーンブックの舞台は1960年代初頭が舞台。本作では発端となった事件が起きたのが1987年。20年以上経っても根強い差別が残っていたのですね…。
ただ黒人というだけで、白いものが真っ黒にされてしまうという恐ろしさを、まざまざと見せつけられました。



ウォルターが有罪とさせられた証拠が、彼の知り合いであるラルフ・マイヤーズ(ティム・ブレイク・ネルソン)による証言のみ。しかもその証言は司法取引によってある意味無理やり供述させられたというもの。
だがしかし、劇中で弁護士ブライアンによって集められる事件に関する内容は明らかにウォルターは無関係で冤罪と思わせられるものばかり。

普通の人だったら「これだけの証拠、証言があれば冤罪である事は確実に証明されるよね」って思うのでしょうが、「嘘でしょ!?」って展開に。そしてブライアンやエヴァにも脅迫等の嫌がらせが起きるという…。
最初は怒りを感じたのですが、もし自分がこの死刑囚という立場の状況だったら絶望を味わっただろうなと、なんとも重い気持ちになってしまった。


死刑囚達の独房でも、ウォルター達と隣あう同じ死刑囚との交流等が描かれる部分が、ある種アクセントとなっていますね。
中には冤罪ではなく、実際に罪を犯した者たちもいるのですが、あの監獄内で本当の“死刑囚”は一体何人だったのだろう…。




ブライアンはウォルター以外の死刑囚にも刑の減軽や、再審などを求めて奔走するのですが、その中の一人ハーバート(ロブ・モーガン)の弁護に関するくだりがあるのですが、ここが個人的に一つ目のピークだった。
「普通の人はまさか今日が人生最後の日と思っては生きていない」
もちろん罪を犯し、裁かれた以上は償う必要があるけど、果たして本当に死刑が正しいのか、、、深く考えさせられましたね。


もう一つは終盤の起訴取り下げ請求に伴うブライアンの熱弁。もしあれで司法に伝わらないなら、正義って何なんだろうと思わせられる名シーンでしたね。セリフが心にグサグサ刺さった。泣いた。
検察側にも、ちゃんと良心がある人が描かれていたのも救いがありました。

いやー、ほんと後半は我ながらびっくりするくらい泣いた。泣けた・・・。




映画では130分ちょっとで描かれますが、ウォルターの事件に関しては6年以上の歳月が流れており、ブライアンが他に弁護を務めた人の中では実に30年ぶりに無実が証明され刑務所から出たという人も(劇中にも登場しております)。
間違いによって奪われた時間は帰ってこない。それでも冤罪における無罪を勝ち取れるのは大切な事なのだろうけど、そもそもそういった事が起きないようにするにはどうしたらいいのか、考えさせられる。


一言で「良い映画だった」っていうとちょっと違う気もするのですが、色々と考えさせられる、重く深みのある映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

震える

投稿日:2020/06/19 レビュアー:はなびらもくれん

怒りでで震えた、何度も
涙が出るとか、そんなレベルではない

絶望の中、立ち向かう弁護士ブライアン
素晴らしいの一言
彼の行動力にも震えた

この映画で、死刑のことを考えた
どんな間違いを起こしてもどんな形であれ、
人が人を殺していいのか、と

冤罪が一つでもなくなる世の中になるように

久々に長さを感じないいい映画でした

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

黒人は生まれながらに有罪

投稿日:2020/09/05 レビュアー:こうさま

折しも全米で白人警官によって窒息死させられた黒人、後ろから射殺された黒人、
過度に不当な扱いを受ける黒人容疑者の事件に対する抗議デモがおこなわれているが、この作品が真実に基づくものだと聞いてもさほどの驚きはない。
舞台は1987-1993のアラバマ州モンロビール、あの「アラバマ物語」の作者の出生地なのだそうだ。
「アラバマ物語」ではベテラン白人弁護士が黒人青年の冤罪を晴らすというストーリーだったが、本作ではハーバード大出の新人弁護士が黒人死刑囚の無実を証明するという展開になっている。
物的証拠もなく多くの黒人たちの証言も無視されたった一人の白人犯罪者の証言だけで死刑判決を受けたウォルターの事件を再調査する弁護士ブライアン、なんとか再審決定まで持ち込みたいところなのだが、彼に対する風当たりは想像以上に強い。
地元警察や検事局にとってはもう済んだ事件、メンツもあり蒸し返してほしくないという雰囲気がアリアリ、刑務所に面会に行ったら裸にされてチェックされたり、
パトカーの警官にいやがらせをされたり、新たに探し出した証人に対する迫害等々
根強い差別意識が描かれている。
ウォルターが犯人でなくても黒人が犯人に違いないからお前が代わりに罰されればよいという理屈になってしまうのだろう。
本作は黒人だという理由で正しく裁かれない、司法の場に歴然と存在する人種差別の理不尽さを浮き彫りにしながら、圧倒的不利な再審への道をどう切り開いたのか、何故ブライアンにはそれが出来たのかリアル感を持って描かれている。
相手の話を聞き自分との共通点を見出し共感するというのがブライアンの武器なのであろう。
30年前と現在のアメリカは人種差別に関してはなんら変わっていないと言っても言い過ぎではなかろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全14件

黒い司法 0%からの奇跡